はじめてのトレイルラン講座

トレイルランニングなどのアウトドアツアーを関西近郊で通年開催!ブログではトレイルランシューズやザックの選び方、トレイルでの歩き方から走り方などの情報を配信中。

NEW !
テーマ:

こんにちは。

トレイルランナーズ大阪の安藤大です。


今日は関西のウユニ塩湖…いえ、大阪の茨木市でトレイルランの入門講習会を行いました。地元の方や箕面市にお住まいの方の参加が多かったですが大阪の泉南群や岡山県からも!


残念だったことには風邪でキャンセルが4人も。早くも流行り始めていますね〜多少の風邪なら山へ行けば吹き飛ぶ!が持論です。


{9CD53384-315D-4723-AEC9-DF4D6335B13E}

今日参加された方はこんな写真が撮れました!関西のウユニ塩湖?(姿は反射しません)見渡す限りの白い大地。中央に立つとまるで雪原にいるような錯覚すら覚えるほど(本当か!?)

{EE852D43-BCA6-4A36-97AC-7CFB876E79BC}

小っちゃっ!!
人間が手の平の上に乗っています?ここは標高3000メートル(ウソ)どれだけ広い場所なのでしょう。南米ペルーまで行かずにこんな写真が撮れたのだからお得感満載!

{65E17963-BEA4-485F-B568-EEF1E6C1A2C8}

今日のみんなの楽しさを表す一枚。

{A1F09013-13DD-4951-BC25-9DDCBEE544B3}

「あの奇妙な風景は何ですか?」関電です。

{121C459B-0716-45D4-B201-8DE8DB31D236}

不思議な…

{32CFBE90-19BB-479B-81C5-9FE1B9C965DB}

今日は気温15℃のぽかぽか陽気だったのでお昼寝タイム。大の大人が芝生の上に寝転がってのんびりすることは日ごろありませんからね〜

{3BAD76B1-025A-4966-A730-2CB9F7FF6004}

サッカーで試合が終了して芝生の上で天を仰ぐ選手みたいですがただ寝ているだけです。

{7F5F15B5-B46D-4E6F-817E-989728BBB3AB}

晩秋の滝。

{D6978C84-D8BB-4AC0-9D25-F3162F6A2256}

今年で紅葉のシーズンも最後、摂津峡を訪れました。摂津峡といえば夏はバーベキュー客で賑わいますが秋は岩と清流が織りなす関西屈指の渓流美が楽しる場所です。

{6B9B5735-6016-4ADA-89E0-040893069CC6}

まだまだ見ごたえがありました!帰りは温泉入浴の人と高槻市までランニングで帰る人に別れました。

{801A786C-587E-4925-B44F-1B4423F6F1E9}

ゴールすぐ僕が一押しの高槻市のローストビーフ丼の名店「牛力」さんに立ち寄りました。ラン後は10分以内にたんぱく質の補給完了(笑)消化されるのはずいぶん先ですが…写真はローストビーフ丼。

{318713BB-739C-446D-8534-88BD55253AA1}

焼肉丼。スープにサラダ、ウーロン茶、コーヒー、デザートまでついてこのボリュームで900円。コスパ高し!オフィス街で土曜の14時過ぎだというのに店内は満席近かった。



のんびりでトレイルラン13キロ、高槻市駅まで走られた方はプラス4キロ近くビルドアップで走りましたのでいいトレーニングになりましたね。


今日もいい一日でした!


【STEP1】無料メール講座で学ぶ

国内唯一の定期刊行トレイルラン情報の無料メルマガです。2012年発刊以来、多くのランナーに愛読されています。トレイルランシューズやザックの選び方から走り方まで。
はじめてのトレイルラン講座メルマガ(週1回程度)

【STEP2】ご都合の良い日の練習会やトレイルランツアーに参加する

関西近郊でほぼ毎週末にトレイルランなどのアウトドアイベントを開催!多くの方がお一人様です。安心してご参加ください。木曜日の19:30から大阪城公園で走り方の練習会も開催しています。
「スポーツエントリー」からエントリー
「イー・モシコム」からエントリー
公式サイトから直接エントリー

一度、ランニングフォームを見てほしい

「ランニング中に肩こりを感じる」「長時間走ると足首の前の部分が痛くなる」「いつもレース後半で膝が痛くなり、ペースダウンする」「上半身と下半身が連動していない」
完全予約制・個別指導のコーチング『カイゼン』
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

トレイルランナーズ大阪の安藤大です。

 

 

11月初めに福知山マラソン前に駆け込み寺でコーチングを受講された、大阪在住の女性ランナーIさんから「4時間30分から自己ベストを35分短縮しました!」喜びのメッセージがありました。

{1888AEAC-DA19-4846-B1C8-E19987C84AFC}
 

他にも福知山マラソンでは喜びの声があった一方、岡山マラソンと神戸マラソンは「自己ベスト更新はしたものの、目標のサブ4には届きませんでした」という報告を多くいただきました。


「残念」で終わりではなくどのようなレース展開をしたのかを振り返ることが大事です。ラップタイムを見せてもらいましたがみんな序盤にオーバーペースとならずいいペースを刻めていました。


しかし、です。


その後も目標タイム以下のペースで目標ペースに達することなく(むしろ落ちて)終わってしまったという方が多かったのです。


調整も万全だった。 

出だしもばっちりだった。


一つに目標タイムのペースを刻むだけのスピードの持続性がなかったということがありますが、2つに気温の影響は大きくあると思います。福知山マラソン当日の気温は8.6℃。マラソン絶好日和でした。神戸マラソンは?ご参加されたランナーの皆さまが一番実体験されたとおり気温は18℃から20℃と高く、走っている間中暑く感じられたと思います。熱中症で倒れる人が続出した大阪マラソンもおよそ20℃ぐらいでしたね。

 

僕自身も先日ミャンマーで行われたマラソン大会でスタートの7時、8時は20℃だった気温も9時、10時と時間が経つにつれ28℃にまで上昇し、レースペースに大きな影響を受けました。暑い日にレースをきっちり走るためには夏や気温の高い日にも外を走り暑さに慣れておくこと(暑熱順化)が重要になってきます。



今日、福知山マラソンを走りました。

 

ネットで3時間54分25秒でした!

 

安藤さんのトレーニングのおかげです。


安藤さんのアドバイス通り序盤は焦らず30kmまでに少しづつペースを上げていきました。練習でロング走をしたことがなかったので、後半ペースダウンしないかずっと不安を抱えたままでしたが30kmを過ぎても「あれ?まだまだ走れる!」と。

 

脚の疲れも呼吸のしんどさもあまり感じませんでした。そこから目標のサブ4を目指して一気にペースを上げ、ひたすらサブ4のペーサーを追いかけました。中盤まではペーサーの背中がちらちら見えていたのですが5km、6kmと走ってもなかなか姿が見えてきません。

 

「やっぱり私にはサブ4なんて無理なのかも...」


少し弱気にもなりました。やっと40kmの手前でペーサーが見えたときは飛び上がるほど嬉しかったです。


福知山マラソンのラスト2kmはゆるい上り坂です。トレイルランツアーを思い出し、全開パワーランでいきました!上り坂でペーサーを抜いた後は最後は自分との勝負と思い、残りの力すべてを振り絞りました。この時は時計を見る余裕もないぐらい必死だったのですが、あとで確認したらキロ4分40秒で走っていました。


ゴールタイムは3時間54分でした。


夏場のトレイルランツアーで筋力とスタミナがつき、さらにコーチングでフォームを見ていただいたことで全体的なレベルアップができたと思いましたが、フォームはまだまだ身についていないと感じました。


久しぶりに「努力は実る」という経験ができ感動しています。ありがとうございました!

 

Iさん、おめでとうございます。I さんのラン歴は3年。前回の4時間30分からおよそ35分の短縮です。僕の予測では、Iさんは2017年は3時間35分ぐらいでマラソンを走っているでしょう。

 

Iさんの場合は短い距離(10000mに5000m)の記録が非常に速かった。1500mは6分10秒で走れていました。Iさんのようにフルマラソンより短い距離は好タイムな人、たとえばハーフマラソンは1時間45分で走れているのに「フルマラソンはいまだにサブ4を切れない」という方は“何かしらの問題点"を抱えています。そうした場合その“何かしらの問題点”が修正できればタイムも大きく伸びる要素を含んでいるんですね。


コーチとしての僕の役割はそうした「そのランナーの持つ潜在能力を開花させること」です。よってタイムの伸びはその人の潜在能力によってさまざまです。


●ペーサーについていくことはあまりおすすめしない理由

 

Iさんが目標タイム達成したのにはペーサーについていかなかったことも良かったと思います。スピードタイプでしたので序盤は抑えて後半でビルドアップしていく走りがハマりました。アメリカのマラソン大会ではペーサーは誰もが気軽に登録できるわけではなく所定の厳しい審査があり、大会当日は精密機械のように決められたタイムを刻むそうですが、日本はそうではないケースがあります。ペーサーは目標タイムより遅れてしまえばランナーからクレームを受けますから、序盤はややハイペースで後半で調整することがあります。

 

5000mや1500mの全力走タイムは定期的に計測し記録のすすめ


なぜなら5000mや1500mの短い距離のスピード向上をないがしろにしてマラソンの記録は伸びてはいかないからです。

 

【STEP1】無料メール講座で学ぶ

国内唯一の定期刊行トレイルラン情報の無料メルマガです。2012年発刊以来、3,000人以上の愛読者がいます。トレイルランシューズやザックの選び方から走り方まで。 はじめてのトレイルラン講座メルマガ(週1回程度)

【STEP2】大阪城公園での練習会やトレイルランイベントに参加する

関西近郊でほぼ毎週末にトレイルランなどのアウトドアイベントを開催!多くがお一人様です。安心してご参加ください。平日夜の19:30から大阪城公園で走り方の練習会も開催しています。 「イー・モシコム」からエントリー 公式サイトからエントリー(エントリー手数料無料)

一度、ランニングフォームを見てほしい

「ランニング中に肩こりを感じる」「長時間走ると足首の前の部分が痛くなる」「いつもレース後半で膝が痛くなり、ペースダウンする」「上半身と下半身が連動していない」 完全予約制、1対1の個別指導ランニングフォーム診断KAIZEN「カイゼン」
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

トレイルランナーズ大阪の安藤大です。

 


先日テレビ番組「ランスマ」を見ていて「ランニングで足が痛くなったところベスト5(ランナーズのアールビーズ調べ)」が紹介されていました。

 

【ランニングで足が痛くなったところベスト5】

1位 ひざ

2位  腰

3位 ふくらはぎ

4位 足首

5位 股関節

 

 

年間何千人とのランナーにお会いし、僕が話を聞く中でもその通りの順だなと思います。

 

僕が今までランニングのコーチングをしてきた方々には共通する感想があります。

 

それは、人間本来の走りに戻れば、それまで抱えていた足の痛みが激減するということです。ヒールフットストライクは人間本来の走りではない」と僕は考えていますが、およそ我流でランニングをされているランナーの8割の方がその人間本来の走りではない走り方をしています。(だから上記の5つのいずれかに悩まされています)



僕もテレビ番組の「ランスマ」のファンで観てていますが登場するほとんどのランナーがヒールフットストライクです(ここだけを強調すると誤解を招く恐れがありますが…)僕はコーチですので「今日はどんなレッスンか」を観るのではなく「レッスンによってその人がどう変わったか」をチェックしています。

 


過去5年にわたる練習会開催やコーチング実績からベスト5の1位、「ひざ」の痛みはおよそ解決できると自負しています。正しい走り方ができていればランニングで「ひざ」が痛むことはないのです。生きた証拠に継続参加練習生やコーチング受講者の多くが「ひざ」の痛みの悩みは抱えていません。


 

ただし、体重が適正よりも大きく超過している方やランニングをはじめてまだ筋肉のついていない方、はその例外となる場合があります。

 


ごく稀にコーチング受講者でも「ひざがまた痛くなり始めました」という方がいます。


 

一度痛みが消えたのになぜ再発するのか?

 

それは「原因を正しく究明し解決しようとしていないから」にほかありません。

 


「ちゃんと教えたフォーム改善のトレーニングは継続していますか?」とヒアリングしてみると「調子が良くなったのでやめてしまいました」「仕事が忙しくてあまり練習できていません」「また別の先生に教わってほかの新しい方法も試しています」という答えが返ってくることが多く、ランニングフォームを見させていただくと案の定元の悪いフォームに戻っています。(微修正することで「再び痛みがなくなりました」という声が多いです)

 


ゴルフでも気が向いたときに月に1度打ちっぱなしに行くだけでは上達しないように、ランニングも定期的なフォームの見直しが必要です。日常生活の姿勢や疲れによってもフォームはブレてきます。

 


人間って不思議なもので、効果がでないものはやめてしまうのは当然ですが、効果があるものまで自分で飽きてやめてしまうことが多いのです。効果があるものは効果が出ているのですからぜひやり続けましょう。

 

ランニングの基本を初めて学んだころは少なくとも3ヶ月は集中してトレーニングをして動作を身に着けることがその後のランニング人生を長く楽しみ続けるために重要になりますよ。^^

 

【STEP1】無料メール講座で学ぶ

国内唯一の定期刊行トレイルラン情報の無料メルマガです。2012年発刊以来、3,000人以上の愛読者がいます。トレイルランシューズやザックの選び方から走り方まで。 はじめてのトレイルラン講座メルマガ(週1回程度)

【STEP2】大阪城公園での練習会やトレイルランイベントに参加する

関西近郊でほぼ毎週末にトレイルランなどのアウトドアイベントを開催!多くがお一人様です。安心してご参加ください。平日夜の19:30から大阪城公園で走り方の練習会も開催しています。 「イー・モシコム」からエントリー 公式サイトからエントリー(エントリー手数料無料)

一度、ランニングフォームを見てほしい

「ランニング中に肩こりを感じる」「長時間走ると足首の前の部分が痛くなる」「いつもレース後半で膝が痛くなり、ペースダウンする」「上半身と下半身が連動していない」 完全予約制、1対1の個別指導ランニングフォーム診断KAIZEN「カイゼン」
いいね!した人  |  リブログ(0)