ようこそ。

 1999年より16年間ニューヨーク在住の後、2015年9月末に帰国しました、増田奈奈です。
 ホームページ http://nanamasuda.com

 2002年より「A Course In Miracles(ACIM/奇跡のコース/奇跡講座)」を学んでいます。 
 毎日の中心にACIM学習を置いてます。
 
 「ACIMってなに?」という方は→こちら



 ニューヨークでは香咲弥須子が主催する、ACIMをベースとしたヒーリングセンターCRSのスタッフ/ACIMクラス講師として、2004年のオープン当初より活動の他、カウンセリングの個人セッションも行って参りました。

 オーラソーマカラーセラピーのレベル2プラクティショナーでもあります。

 ベリーダンスも少し。

 このブログはそんな私の日々の学びの記録、気づきや喜びの他、日常のことなどをシェアさせていただく場所です。


ニュースレターへのご登録もよろしかったらお願いします。ホームページのトップにフォームがあります。http://nanamasuda.com
  • 27 Jun
  • 26 Jun
    • 7月8日午後9時〜 Skypeメディテーション

        Skypeメディテーションサロン、今回は土曜日午後9時! 誰かのことを「理解できない!」と思ったことはありませんか? 誰かの言動、反応、生き方、考え方、笑いのツボ、怒るポイント、感動するポイント、傷つくポイントなどなど。 世の中に、自分と全く同じ考え方や物の見方(などなど)を持った人は一人もいません。 世の中には無数に考え方や物の見方が存在しています。 もちろん、ご自分の持っているものはそのまま持っていて良いのですが、でも、ちょっとの間だけ、そこから離れてみる体験も面白いのではないでしょうか? もしかしたら、新しい発見があるかも知れません。 それは心の中の小旅行のように、ちょっとした気分転換になるかもしれないし、もしかしたら、人生を変える大発見の可能性もあります。 ご一緒に瞑想の中で、「いつもの自分からちょっと離れる」を、やってみましょう。 今回も40〜45分間の瞑想を行います。 初めての方も お気軽にご参加ください。 (Skypeは音声のみの利用ですので、すっぴんでも、お部屋が散らかっててもご心配なく!) 私がガイドいたしますので、リラックスして音声を聞きながら、それに沿って意識を合わせていただくだけでオーケーです。 毎回、純粋にメディテーションのみの会です。 時間になりましたら私の方から通話をおかけし、全員揃いましたら瞑想に入ります。 もちろん、日本国外からの参加も大歓迎です。 日時:2017年7月8日(土)午後9時〜 (9時45分か50分ごろ終了予定です) 参加料金:500円 お申し込み締め切り:7月6日(水) お申し込み、お問い合わせ:nana@nanamasuda.com もしくはFBのメッセージからでも。 ご質問などありましたらお気軽にメールください。 *ニューヨーク時間は7月8日(土)午前8時です!

      3
      テーマ:
  • 24 Jun
    • レッスン187 わたしは、わたし自身を祝福するのでこの世界を祝福します

        豊かさの力学 (『奇跡のコース』のワークを学ぶガイドブック8)       レッスン187 わたしは、わたし自身を祝福するのでこの世界を祝福します                 さて、本日4記事目の更新です。     東京に行ってる間にブログをゆっくり更新できなかったのでまとめて書いています。     つまり、このあたりのレッスンは東京に行った時にしていたということです。             ・・・なのですが、その数週間前にも、このあたりをやっていました。             このあたりをやった後、ブログの更新が遅れていたので、前回の復習のところに戻ったら、どうしてもそちらをもういちどやりたくなって、そこに戻って、そこからまた順番どおりに続けています。       というような「少し戻る」を、わたしは自分の気分次第で自由にやっているのですが、そんな「自分の気分次第」で、「自由に」やった結果が、いつも「ずばり、今必要なレッスン」になるので驚きます。                     この187は「東京ACIMサロン」の日にやっていました。       このブログでも書きましたが、数週間前からサロンに向けて、内容を練っていました。       わたしがクラスの準備をする時はいつも、タイトルを直感で決めて、それから内容を練っていきます。   自分で考えるというより、タイトルを決めたらそれに沿って教えてくれる出来事が次々やってくるので、それをキャッチしてまとめていく感じです。         今になって振り返って気づくのですが、今回はタイトルを決めた直後から、クラスやセッションで「祝福」という言葉が多く出てきていました。             もしかしたらお気付きの方もいるかもしれませんが、わたし自身はコースで出てくるメジャーな言葉の中でも「祝福」ってあまり使わないんですね。     特にさけているわけではないのですが、「なるべく誰が読んでも誤解のないように」と思うと、自然とあまり出てこないのかも知れません。             それがなぜだかタイトルを決めてからは「祝福」が、まずはわたし以外の人たちから多く出るようになって、その話の流れでわたしも口にするようになって。               サロンの内容は、テーマである「戻れない一線を越える」に沿ってまとめていて、その段階でもまだ「祝福」という言葉は目立って出ては来なかったんですが、サロンの日の朝、レッスンをしようとしたらこのレッスンで・・・                 (ああ、今日わたしがやろうとしているテーマは「祝福」なんだな)と、ようやくはっきりと自覚したのでした。                 そして、サロンの中で瞑想をしたら、やはり参加者の方も「祝福」というメッセージを受け取られていました。               サロンと、そしてそれに向けての数週間は「祝福」を学ぶときだったんですね。         (もちろん、これからもですが)                                     祝福は・・・                   やったもん勝ちです(笑)                     ほんとに、祝福すれば、勝ちます。                           「何に勝つの?」って?                         やってみてください。(笑)                               毎日、誰かを思い浮かべ(特に大切な人と、特に苦手(嫌い)な人がいいです)、「あなたを祝福します」って、ただ唱えるだけで・・・                         奇跡が起こります。                               毎日のレッスンとは別に、これも毎日、やってもいいと思いますよ。                        

      5
      テーマ:
    • レッスン186 この世界の救いは、わたしにかかっています

        豊かさの力学 (『奇跡のコース』のワークを学ぶガイドブック8)       レッスン186 この世界の救いは、わたしにかかっています           かなり前に、こんな話を聞いたことがあります。                 マリア様はどうして、神の子イエスの母になれたのか?         それは天使が「あなたは神の子を身ごもりました」と告げた時           「はい。わかりました。」と受け入れたから。                     そこに抵抗や恐れがあったら、取り消されていたというのです。                     この話を最初に聞いた時も感動しましたが、               あれから十数年たってもういちど思い返してみると           (ほんとにそうだな〜)と、つくづく思います。                 どんな素晴らしい奇跡も、受け取る側に抵抗や恐れがあると受け取れない・・・というか、与えられていることに気付けないですものね。                     もし「あなたは神の子を身ごもりました」と言われたら、たくさん質問が出てくると思います。         それってどういう意味ですか?   ほんとに妊娠しているってことなんですか?   やっぱ10ヶ月ほどで生まれるんでしょうか?神の子って、人間の子とは違うんでしょうか?   産んだ後もわたしが育てるんですか?   名前はどうすればいいんですか?   神の子は安産で生まれるんでしょうか?   養育費は?わたしお金ないんですけど?       ・・・なんて。           「どうなるのか?」を一切聞かず、「はい。わかりました。」は、信頼がないと言えないと思います。                         このレッスン「この世界の救いは、わたしにかかっています」も、同じように信頼が必要なレッスンだと思います。               説明文が長いですが、じっくりと落ち着いて読むと、私のまだまだ弱い信頼をそっと後ろから支えてくれる感じがします。                 ホーリースピリットの導きはとても優しく、わたしがラクに「はい。わかりました。」と言えることだけを使ってくれるので、安心して身を委ねたいと思います。                                  

      テーマ:
    • レッスン185 わたしは、神の平和を望みます

        永遠の生命 (『奇跡のコース』のワークを学ぶガイドブック7)         レッスン185 わたしは、神の平和を望みます                 5段落目の「神の平和を望むという意味は、すべての夢を放棄することです」とか       6段落目の「平和だけを望むことを本気で思う心は、他の心とつながらなければなりません」       とかを読んで「そうしなくちゃいけないんだな」と思うと難しそうに感じたりすると思うのですが、実はそうでもありません。                 「金輪際、すべての夢を放棄して、一生そのままでいないといけない」とか、「他の心とひとつになり、ずっとそのままでいなくてはいけない」と、文章内に無いことまで勝手にくっつけて、難しくして、「できそうにないから」と言って挑戦しないのはやめましょうね!                 一瞬でも「すべての夢を放棄できれば」、一瞬でも「他の心とひとつ」になれれば、十分奇跡を体験できるんですから。               そしてその体験が、「また次の一瞬」を持つための、心強い励ましになってくれるのです。               そうやって、「一瞬」が増えていきます。                   ・・・と、第一段落に書いていたでしょう???(笑)           「もしあなたがほんの一瞬でも本気で思うなら」って。                     手放せない「あのこと」について、1日のうち23時間59分考えていても良し!     残りの1分だけ、騙されたと思って、奇跡に捧げてみましょう。             (そもそも「あのこと」について、実は23時間59分も考えてないし!いくら「あのこと」で頭がいっぱいと思っていても「何食べようか?」とか「メールの返信しなきゃ」とか「乗り換えの駅までいくつだろう?」なんてことに、かなりの時間を費やしているはず!)                     それに、やってみるとわかるのですが「すべての夢を放棄」も「他の心とひとつ」も、「神の平和を望む」のも     「今はできてないけどしなくちゃ」       じゃなくて、         心の奥の奥の奥の奥にある自分の本心、正直な思い         なので、           それを認めてあげるだけで良いのです。                

      テーマ:
    • レッスン184 わたしは、神の名を受け継いでいます

        永遠の生命 (『奇跡のコース』のワークを学ぶガイドブック7)         レッスン184 わたしは、神の名を受け継いでいます       私たちは   「目にするすべてのものに名前を作り上げ」   「そのひとつひとつが分離した存在となり」   「それを取り囲む空間を強調させて他のものから目立たせ」   ていると、第一段落目に書かれています。             分離させて、特別視する。         その特別視しているものを、さらにいくつもの「特別なもの」に分割している。                   ・・・のだけど、8段落目、   「この世界を自分が作ったなどと思わないように。あなたは幻想をつくりました。はい、そのとおり!ただ、地上であれ天国であれ、真実であることはあなたが名前をつける範囲を超えています。あなたがひとりの兄弟を呼ぶとき、あなたはその人の身体に対して呼びかけています。その人の真のアイデンティティは、あなたが信じているその人の現実の姿によってあなたから隠されています。」             結局は幻想を見ているにすぎない。                     「幻想」っていうと、大げさな感じがするけど、要するに「思い込み」             人に対しても、この世の他のものに対しても「思い込み」だけでものを見て、判断して、右往左往している私たち。               そしてその「思い込み」のすべては「自分は弱い存在で、どうにかして頑張って自分で自分を守らなくては」という「思い込み」から始まっています。                 ・・・なんてのは、ちょっと冷静になれば、気づけること。               気づかないふりをしたくても、「気づいてしまっている自分がいる」ということを、100%否定することはできませんね。                           ですので、抵抗を諦めて、       13段落目     「神の名を求めて、失敗する人などひとりもいません。経験が必ず言葉を補ってくれるようになります。でも、あなたはまず、現実のすべてに対して神の名を受け入れ、あなたがその側面へ与えた多くの名前は、あなたが見るものを歪めてはいても、まったく真実を妨げているわけではないことを受け入れなければなりません。」                 14段落目   「わたしたちは、神の子のある側面を自覚し、そのひとつひとつにそれぞれの異なった名前を使っていますが、それらは神が授けられたただひとつの名を持っていることを理解します」         ということをやっていきたいと思います。                

      テーマ:
  • 14 Jun
    • レッスン183 わたしは、神の名を、つまりわたし自身の名を呼びます

        永遠の生命 (『奇跡のコース』のワークを学ぶガイドブック7)     レッスン183 わたしは、神の名を、つまりわたし自身の名を呼びます               (神の名を呼ぶ?)         これこそ、頭(エゴ)で考えても全くわからないレッスンですね             でも、他のレッスンもほんとは全部、頭で考えてわかるものではありません           「わかったつもり」になることが難しいこのレッスンこそ         だからこそ頭を空っぽにして向き合えるので                   逆にわかりやすいレッスンのように、わたしは感じます。                       神の名を、わたし自身の名を呼ぶ         朝にはどういうことかわからなくとも、このレッスンと共に過ごす1日は         (ああ、そういうことか)の連続             体験を通して、いろんな角度から、教えていただきます                       自分が向き合っているひとつひとつの、日常の細々とした小さな問題の答えが           一つ残らず、与えられます                       参加お申込み受付中   6月 東京ACIMサロン 〜引き返せない一線を越える〜   グループリーディング&リーディングクラスin東京                    

      14
      テーマ:
  • 11 Jun
    • レッスン182 ほんのしばらく心を鎮め、わたしは我が家へ帰ります

        永遠の生命 (『奇跡のコース』のワークを学ぶガイドブック7)       レッスン182 ほんのしばらく心を鎮め、わたしは我が家へ帰ります           時々、レッスンをしながら、このブログを書くのが嫌になることがあって     それはどうしてかというと、レッスンがあまりに壮大で、そこで受け取ること、経験させていただくことを、とでもここではシェア仕切れないと感じるから             どこをシェアすれば良いのかもわからないし     選べない             これを読んでくださっている人と、いっそじっくり3時間くらい(いや、もっと?)時間をとってシェアしたい                       でも、いつも、そこをぐっとこらえて、ほんのカケラのようなシェアをここでさせていただいているというわけです               ほんのカケラの、感想とも言えないようなブログなのに、そこからみなさんが、それこそ奇跡としか言いようのないほど、たっぷりと受け取ってくださっているので、それを励みに今日もカケラをシェアし続けています。               「カケラ」とか、それもわたしの判断でしかなく、使ってくださるのはホーリースピリットですから。                     「今日のわたしの体験としての我が家へ戻るということ」に関して、先ほどニューヨークのスカイプクラスの中で、リーディングでメッセージをいただきました。           それは4歳の子供が遠足に連れて行ってもらう感じ。             信頼できる人に手を引かれて、わかっているのは「たのしいところにいく!」ということだけ。             自分で計画は立てません。         ですから、計画通りにいかなくてイライラしたり。。。ということもありませんし、計画をコントロールしようとすることもありません。               ただ「経験する」だけ、「受け取る」だけ、目の前にあるものを100%感じるだけです。                     そしてこれは「愛の遠足」なので、そこに痛みや失望は生まれ得ません。                   では、遠足に行ってきます。           参加お申込み受付中   6月 東京ACIMサロン 〜引き返せない一線を越える〜   グループリーディング&リーディングクラスin東京    

      9
      テーマ:
  • 10 Jun
    • レッスン181 私は私とひとつである兄弟を信頼しています

        永遠の生命 (『奇跡のコース』のワークを学ぶガイドブック7)     レッスン181  私は私とひとつである兄弟を信頼しています            兄弟の中に、わたしたちの無罪性を見せてもらう(見せてもらおうとする)レッスンです。      説明文に   過去は過ぎ去ったことであり、未来は想像されているものに過ぎない    ということ、        そしそれらに意識が行くのは    今、ものの見方を変えようとすることへの抵抗だと書かれています。            過去や未来に意識を向けるのは、奇跡から逃げようとすることなんですね。                    どうしても過去のあれこれを考えてしまう      未来のことを考えてしまうのが        奇跡からの逃亡だということは            奇跡を経験しようと思ったら、ただ単に「今」に焦点を当てれば良いのだということがわかります。                シンプルですね!                    今、目の前にあるもの                  それに意識を向け続ける1日をお過ごしください。                       参加お申込み受付中   6月 東京ACIMサロン 〜引き返せない一線を越える〜   グループリーディング&リーディングクラスin東京

      3
      テーマ:
  • 09 Jun
    • レッスン180 169と170の復習

        永遠の生命 (『奇跡のコース』のワークを学ぶガイドブック7)       レッスン180 神とは、ただ愛であり、それゆえ、わたしも愛です    169 恵みによって、わたしは生きます。恵みによって、わたしは解放されます。    170 神には残酷さはないので、わたしにもありません            毎日を、レッスンをするためだけの1日にしましょう。      その他のことはなにもしないということではなく、何をしていても、すべて、レッスンの機会にしましょう。            働きながらでも、家事をしながらでも、遊びながらでも、ずーーーーっとレッスンすることは可能です。                ただし、止めなくてはいけないことがひとつだけ。        それは「自分で解釈する」ということ。                目の前で起こる物事、出会う人、出来事、見聞きしたことのすべてを、まるで初めて出会うかのように受け取ります。            いつものわたしだったら、相手のこういう態度に傷つくとか      こういう仕事を頼まれると面倒だとか      「考える」と意識する間も無くすぐに自分の判断にあてはめているわけですが              レッスンをするには、それらをやめます。                相手のその態度の前でも(わたしは愛)(恵みによって解放される)        面倒な仕事を頼まれても(わたしは愛)(残酷さは持ち合わせていない)          と、レッスンを思い出します。                    自分が愛だなんて、何十年もそうは思っていなかった。        それとは反対のことを教え続けていたのですから、最初はピンと来ません。        でも、めげずにやっていきましょう。              ピンと来るか来ないかは問題ではありません。                    ・・・と、そろそろ折り返し地点のレッスン180にして、再度確認してみました。                今回の復習もこれで終わり、明日からまた、先に進みます。                 参加お申込み受付中   6月 東京ACIMサロン 〜引き返せない一線を越える〜   グループリーディング&リーディングクラスin東京

      3
      テーマ:
  • 06 Jun
    • レッスン179 167と168の復習

      永遠の生命 (『奇跡のコース』のワークを学ぶガイドブック7)     レッスン179 神とは、ただ愛であり、それゆえ、わたしも愛です    167 ひとつの生命があり、それをわたしは、神と共有しています    168 あなたの恵みはわたしに与えられています。わたしは今、それを自分のものだと宣言します                 こうなったら幸せ     ああなったら幸せ     幸せとはこういうもの           という「なんとなくみんなが描いている共通のもの(だとそれぞれが思い込んでいるもの)」というのは誰の中にもあって・・・           でもみんな、心の奥では「実はそうではない」ということも知っていて・・・                   こうしてレッスンを重ねていると、(わたしの中にもまだあった、こんなこだわり)みたいなものは相変わらず発見しますが、でも出てくるたびに、炭酸水の泡のようにシュワシュワと消えていきますね。             CRSにいたころ、よくヒーラー仲間たちと「まだこんなこと思ってたんだなって発見したの!」と、シェアしあって笑いあっていました。       未熟な自分を発見する嬉しさ。       そんな自分もすでに恵みの中にずーーーーーーーーーーと居たんだという喜び。                     「幸せとはこういうもの」と、堅く信じているはずが実はそれが真実でないと知っている、あの心もとない地に足の付かない感じではなく                       ひとつの生命があり、それをわたしは、神と共有している   あなたの恵みはわたしに与えられている           というのを、揺るぎないものとして実感できるこの確実な感じ                           今日もこの確実さから離れない1日を過ごしたいと思います                     参加お申込み受付中   6月 東京ACIMサロン 〜引き返せない一線を越える〜   グループリーディング&リーディングクラスin東京        

      10
      テーマ:
  • 05 Jun
    • レッスン178 165と166の復習

        永遠の生命 (『奇跡のコース』のワークを学ぶガイドブック7)       178 神とは、ただ愛であり、それゆえ、わたしも愛です    165 自分の心に神の思いを否定させないようにします    166 わたしは、神の贈り物を委ねられています         神の思いって愛ですよね   平和ですよね   よろこびですよね       と、安易に飛びつくのをやめて、もういちど、わたしが知らない神の思いを否定しないように、導いてもらいたいと思います       知らないはずのものをどうやって、否定しないようにするのか?       その方法さえも、わたしたちは知りません       知らないって、とても嬉しいことです       なぜって、「知らない」ことは導いてもらえるもの、教えてもらえるものだから               コースを「自分」で学ぼうとするのをやめて、導いてもらいましょう       そのために神の声に耳を傾け続けましょう               とても小さな声で心の中でささやき続ける声に、心を鎮めて耳を傾けながら過ごします。         そうするときっと、贈り物も見えてきます           参加お申込み受付中   6月 東京ACIMサロン 〜引き返せない一線を越える〜   グループリーディング&リーディングクラスin東京  

      4
      テーマ:
  • 04 Jun
    • レッスン177 163と164の復習

        永遠の生命 (『奇跡のコース』のワークを学ぶガイドブック7)       レッスン177 神とは、ただ愛であり、それゆえ、私も愛です。    163 死は存在しません。神の子は自由です。    164 今や私たちは、私たちの源である神とひとつです。                 私も愛です     愛は愛でしかないのだから、それ以外の思考を持っている時、私たちは本来の自分ではなくなっているけれど、それでもその真実は変わらない         私が自分をどう思っていようが、真実は変わらない           そして、私たちがどんなに死を絶対的なものと信じていようが、それでもしは存在しないという真実は変わらない                   変わらない真実について学ぶって、それだけで安心感がありますね。                 今日も、いろんな心の動きを経験するでしょう。             いろんな反応をして、いろんな言動をとるでしょう。                 それでも、真実はなにも変わりませんから、安心していましょう。                     参加お申込み受付中   6月 東京ACIMサロン 〜引き返せない一線を越える〜   グループリーディング&リーディングクラスin東京                

      5
      テーマ:
  • 03 Jun
    • レッスン176 161と162の復習

        永遠の生命 (『奇跡のコース』のワークを学ぶガイドブック7)       レッスン176 神とは、ただ愛であり、それゆえ、私も愛です    161 聖なる神の子よ、わたしにあなたの祝福を与えてください    162 わたしは、神が創造されたままのわたしです                 おはようございます。         今日は「まわりの人から祝福を受け取る1日」にしましょう!           「祝福ってなに?」という方   レッスンをここまで進んで来たものの、自分が愛だなんて思えないという方   奇跡のコースをご存じなく、たまたまこのブログにたどり着いた方も           とりあえず「祝福を受けとる1日にしよう」と心に決めて、そしてそれを忘れずに過ごしてみてくださいね。                   祝福ってなに?   それは、受けとることで学んでいきましょう。   受け取った(と実感した)ことがないのにわからないのは当たり前です                 レッスンをここまで進んで来たものの、自分が愛だなんて思えないという方   自分の思いは、レッスンに取り組むにあたって、あまり関係ありません。                     奇跡のコースをご存じなく、たまたまこのブログにたどり着いた方   まあ、やってみてください(笑)   別になにも損しませんし                         そして同様に、「神が創造されたままのわたし」も、今は意味がわからなくても、少しずつ「こんな感じかな?」というのを経験し始めます。       ・・・と、いうとよく「ななさんは経験済みなんですか?」と聞かれますが、答えは「ちょこっとyes」と言った感じ。       「ああ、こういうことか」という経験をするたびに、自分のその経験がほんの断片であることが同時に感じられるので、自分の経験がまだまださりげないものであることがわかるのです。     もっと深く、受け入れてみたい。     「その先」がまだまだある、その大きさに圧倒されそうになります。              

      4
      テーマ:
  • 02 Jun
    • レッスン175 159と160の復習

        永遠の生命 (『奇跡のコース』のワークを学ぶガイドブック7)       レッスン175 神とは、ただ愛であり、それゆえ、わたしも愛です    159 わたしは、受けとった奇跡を与えます    160 わたしは、我が家にいます。ここでは、恐れはよそ者です。             「奇跡を与える」だなんて、まるで天使か女神さまのようですね。         コースに出会った当初は、これを勉強すると天使や女神さまのようになれるのかと思っていました。                   学び続けるうちに、自分が天使や女神さまのようになるというよりは、周りの人がみんな本当は天使や女神さまなんだと気付けるようになるのがコースなんだとわかりました。             日常生活に追われていると、ついその事実を忘れてしまいがちですが、せめて1日のうちに何度かは、ふとそれを思い出せるようでありたいですね。                     (とてもそういうふうには思えない)というところから、(そうなんだ)と気づく奇跡。             (そうなんだ)で見ている世界、そこはまさしく「我が家」です。                 今日も奇跡の1日をお過ごしください。                            

      4
      テーマ:
  • 01 Jun
    • レッスン174 157と156の復習

      永遠の生命 (『奇跡のコース』のワークを学ぶガイドブック7)         レッスン174 神とは、ただ愛であり、それゆえわたしも愛です    157 わたしは今、キリストの面前へと、進み出ます    158 今日、わたしは、受け取りながら与えることを学びます              以前、このレッスンを初めてした時のことを思い出します。        「キリストの面前へと、進み出ます」ってどういうこと?    どうすればいいの?          そう思いながら瞑想をしていました。            それでも答えがわからず、もう一度レッスンを読もうとページを開いた時、となりのページのレッスン173の「155 わたしは引き下がり、神に先導してもらいましょう」が目に入りました。              ああ、そうだった。    自分でやるんじゃなかった。    先導してもらうんだった。              前の日に「先導してもらう」レッスンをしているはずなのに、一晩寝て目が覚めたらもう忘れてしまっているんですね。                    これはいつもクラスでも言っていることですが        朝起きたら私たちは、もうエゴの看板を掲げている。        エゴに意識がある状態に戻ってしまっていると、思っていた方が良いです。                そのまま意識を戻さずに1日を始めると、エゴに意識を置いたまま過ごしてしまいます。    つまり、自分の妄想の中で生きていることに。                    でも、ほんの少し時間をとって、意識を切り替えてあげると、まったく違った1日が始まります。            ほんの少し。            もちろん、しっかり時間を取って焦らずレッスンをするのがいちばんですが、それが無理な時にはほんの数秒、心を整えるだけでも大きく違います。                  人生の時間を妄想に浪費するのも自由。              でも、ほんの少しの意識で、それとはまったく違うものにすることも、自分次第で可能です。                。。。。と、いうことを、レッスンを174までも続けてきた方はみなさん実感されていますね。                    今日も愛に溢れた1日をお過ごしください。                                            

      7
      テーマ:
  • 31 May
    • 資格取得講座開講

      実は・・・     「虹のしずくポジティブカラーシステム」のカラーセラピストの資格取得講座のインストラクターとして活動させていただけることとなりました。     まずは「色彩言語マイスター」と「カラーセラピスト」の資格講座を開始いたします。     「色彩言語マイスター」の講座では、色についての基礎知識やそれぞれの色の持つ意味や効果を学んでいきます。これらの知識はカラーセラピーの基礎となるだけでなく、デザイナーやネイルアーティストなど、色を扱う職業の方にも役立つものです。     もちろん、プレゼント選びなど日常生活にも役立てることができます。               さらにセルフカウンセリングにも役立ちます。例えば最近私が色に惹かれて買ったこのティンカーベルのアクセサリースタンド。       色の組み合わせを見ると今の心理も「なるほどね〜」とわかったりするのです。   自分のことってなかなか客観的には見ることができないですが、選ぶ色が心の鏡になってくれるんです。     詳細は近々ご案内しますので、興味のある方はチェックしてみてくださいね。                 参加お申込み受付中   6月 東京ACIMサロン 〜引き返せない一線を越える〜   グループリーディング&リーディングクラスin東京            

      11
      テーマ:
    • レッスン173 155と156の復習

      永遠の生命 (『奇跡のコース』のワークを学ぶガイドブック7)     レッスン173 神とは、ただ愛であり、それゆえ、わたしも愛です。    155 わたしは引き下がり、神に先導してもらいましょう    156 わたしは、完璧な神聖さの中で、神と共に歩みます              いつでもどこでも「先導してもらう」という言葉を聞くと、テキストの「わたしはあなたにランプを与え、あなたと共に行く」というのを思い出します。      それを思い出したら、胸の中にぽっとランプが灯り、一緒に行ってくれる存在を感じます。              ああ、またこの状態を忘れていたな。と、いつも反省。              いえ、忘れるということは、本当に反省していないのですね。                でもそんなわたしも許されているし、何度忘れても何も変わらずにいてくれるというのは本当にありがたいですね。                                最近、毎朝のレッスンの後に川上コオさんから毎朝届くメルマガ「インナーメッセンジャー」を読むのが日課になっていて、とても楽しみにしています。    もうわたしにとってはレッスンとインナーメッセンジャーはセットになっています。    レッスンの仕上げにコオさんの心と握手をするような、そしてコオさんを通してさらに多くの人の心と握手をするような感じがします。    「みなさん、今日も1日よろしくお願いします」と、ご挨拶をしているようです。            

      4
      テーマ:
  • 30 May
    • レッスン172 153と154の復習

        永遠の生命 (『奇跡のコース』のワークを学ぶガイドブック7)     レッスン172 神とは、ただ愛であり、それゆえ、わたしも愛です。    153 防御しなければ、安全でいられます    154 わたしは、神の代行者のひとりです           また自分のレッスンのペースが、このブログより先に進んでしまっていたのですが、この復習5のイントロダクションを読むと、あまりの素晴らしさにまたぜひ体験したくなって、ここに戻っています。       やっぱ好きやぁ❤️復習5❤️               まあ、こんな「すききらい」というのも、もちろんエゴなのですが、それもゆるして受け入れてあげたら良いのですね。         コースを学ぶ(わたしのまわりの)初心者の方は真面目な方が多くて、たとえばこんなことにも「これってエゴですよね!ダメなんですよね!」なんてふうになっちゃったりするのですが、「ダメ」なんてものは何もないのです。         超基本的なことのおさらいになりますが、エゴは無くそうとするのではなくて、そのままで良くて、ただそれを受け入れてあげると、受け入れた瞬間に「エゴ」とは違う「受け入れるわたし」が出現するのです。       コースを学ぶのはこの「受けれるわたし」の方。     この「受け入れるわたし」の出番を増やしてあげてくださいね。                     「防御しなければ安全でいられます」と言っても、エゴは防御しようとするもの。   「受け入れるわたし」は、そんな「防御するわたし」のことも、「ああ、怖がっているのね」と、優しく見守ります。   「怖がっている」と、気付いてさえあげれば、そこから流れはかわります。             また、神の代行者のわたしも、この「受け入れるわたし」の方。   でもエゴは実はそれを邪魔するのでもなく、それどころかちゃんと、従ってくれたりします。             だからエゴと「受け入れるわたし」との間でも、一切の戦いをやめましょう。         愛には戦いはありません。         愛は、愛しか存在しないと知っているので、どこにも、一切、戦うべき相手はいないと知っているのですから。                   参加お申込み受付中   6月 東京ACIMサロン 〜引き返せない一線を越える〜   グループリーディング&リーディングクラスin東京                

      4
      テーマ:
  • 29 May
    • レッスン171 151と152の復習

        永遠の生命 (『奇跡のコース』のワークを学ぶガイドブック7)       レッスン171 神とは、ただ愛であり、それゆえ、私も愛です    151 すべてのものは、神の声のこだまです    152 決心する力はわたしのものです。                 5回目の復習です。   ここの、イントロダクションは祈りのようで、読んでいるだけで心がすーっと落ち着いてきますね。             パラダイスを読んでくださった方はご存知のとおり         わたしの心に一番最初にコースが響いたのは、弥須子さんの「あなたは愛なのよ」という一言でした。   (そのときはまだ、コースを知らなかったのですが)               ですので、この「神とは、ただ愛であり、それゆえ、私も愛です」を主題とした復習5は、わたしにとってコースと出会った衝撃の、あの初心に還らせてくれるものです。                   「すべてのものは、神の声のこだまです」     そう、意識するだけで、ほんとうに、すべてのものが違って見えます。               「決心する力はわたしのものです」     「この世」の被害者になるのではなく、「わたし」が、決心します。           この「わたし」は、ケン・ワプニックさんの言い方でいうと「デシジョンメーカー」の「わたし」ですね。         テキストを読むときも、「あなた」と言われているとき、この「わたし」が読んでいるのを実感します。                  

      4
      テーマ:

プロフィール

NANA

性別:
女性
血液型:
不明
自己紹介:
大阪で役者/ダンサーとして活動した後1999年に渡米。Dance Space Center(ダンス学...

続きを見る >

読者になる

AD


パラダイス




人気ブログランキングへ

奇跡講座/奇跡のコースの原本はKindleでも購入可能

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

旧ランキング

メンタルヘルス
787 位
癒しブログ
1150 位

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。