音楽からそろばんまで 京都四条 poco四条 075-231-2993

京都四条のレンタルスペース&カルチャー教室のpoco四条です。
アイリッシュハープ指導をしております中西がぽこあぽこの
カルチャー全般(バイオリン、そろばん等)や演奏、日常の
ことなどを書いております。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

◆poco四条のHP   http://harp.jp 


◆そろばん(さくら珠算教室)のHP http://sakura-soroban.com/ 


◆ぽこあぽこLepton二条教室  http://lepton-kyoto.jimdo.com/ 


ようこそ、 poco四条&さくら珠算教室&ぽこあぽこLeptonへ

ハープ、バイオリン、ホルン、トロンボーン、ピアノ等音楽の教室と
そろばん、英語教室を運営しています。
またレンタルスペースも運営しています。

詳しくは上記HPをご覧ください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
NEW !
テーマ:

珠算修練会さくら珠算教室

 

中西です。

 

さて、平均して月に1回は何かのセミナーや研修に行っているように思います。

今月は算数セミナーに行ったのと、この月末に母親が子供をサポートする会に行ってきます。

 

また来年の1月に日珠連の講習会(1泊二日)があるのですが、前からHPをチェックしても

ちっとも詳細が発表されず、あれ?まだ?あれ?まだ?

 

となんどもチェックすることに。。。

それでも11月も下旬になってもまだ公開されないので、

何の気なしに、講習会名でネット検索すると、情報があったのです!

 

どうやらリンクが貼られていないだけで、すでに書類は仕上がっているよう!

しかも締め切りが11月末ということでびっくり!(日珠連の所属の方は会報でご存知でしょうが)

慌てて今日ファックスで申し込みしました。

 

まさか、こんなことがあるなんて思わかなかったのですが、ほかの連盟に参加されていたり、

私のようにどこにも所属していないけれど、どんどん吸収したいと思っている一般枠の方って

少数派ですが、いつもかならず数名~10名程度はどの講習会でもお見掛けするので、

他の人たちが無事たどり着けるように、、と

貼り付けておきますね。

 

http://www.shuzan.jp/renmei/schedule/sidousyakousyuu/hamamatsu.pdf

 

といっても、どれくらいの方がこれをご覧になられているのかちっともわかりませんが。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

珠算修練会さくら珠算教室です。

 

今日は二条教室で暗算のオリジナルアプリ、あんざんコンプリート(略してあんざんコンプ)

のお披露目の日でした。

まだタッチの反応なので調整がいるのですが、基本的には問題なく作動するので

子どもたちに使ってもらい、反応を見ました。

 

みな、とてもよく食いついて興味津々、楽しそうに解いていました。

さっそく抜け道(バグ)も見つけてくれて、さすがだな、、と思いつつ(苦笑)

やっぱりこうやって、実際に指導で使ってみて改善していけるのは

教室が開発しているからこそ、といった感じです。

 

あんざんコンプ楽しみにしててくださいね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

珠算修練会さくら珠算教室

poco四条 中西です。

 

ライブ案内です。今回富士ラビットのライブに

オカリナの方がご出演されます。

 

急遽のピンチヒッターで時間があればアンサンブルなども

楽しんでいただけたかもしれないのですが、今回はソロで

本日11月17日(金)

夜8時半から9時半

ライブチャージは1000円(ドリンク500円程度別途)

場所は七条新町西南角です。

1時間たっぷりオカリナのソロをお楽しみください。

 

ちなみに12月はそのオカリナの方と私がDUOで演奏です。

お楽しみに。

 

~~~~~

先日ハープの生徒さんが、古民家でボランティア演奏したときの様子を

お便りにしていただいたとのことで、写真付きの様子の載ったお便りを拝見しました。

今度は保育園で、演奏とのことで、手遊びのことや、参加型にすることなどお話しつつ

デュオの曲を練習していただきました。

 

もうお一方、生徒さんも来年の1月に京都コンサートホールで市民オーケストラの中で

ハープ演奏担当で出演されるとのことでチラシをいただきました。

 

皆さんが、めきめき活躍されるのをうれしく思います。

 

そろばんの生徒(小2)も1名今月アバカスサーキットに参戦しました。

(アバカスサーキットとはそろばん雑誌上で戦うそろばんの記録会です)

F1 が260点

割り算は1分以上余らすのですが、みとりとかけが時間切れなので

まだ290には遠いですが、近い将来金文鎮(点数によって色が違う文鎮をてにいれることができる)

を手にするのではないかとわくわくします。

 

教室だけで井の中の蛙にならずにより広い海を見て戦ってほしいと思います。

 

お正月はお休みしますが、一部、コマ数消化のためにも冬期講習をしようと思っています。

それを各1時間のアバカスサーキット記録会(少なくとも2回~3回弱ははかれるので)

にしようと思います。紙面の参戦はするかどうかはともかく教室内で記録をだしていってくれるといいなと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

珠算修練会さくら珠算教室です。

 

今日は田中博史先生の講演会に行って参りました。

田中博史先生は学校の先生であり、算数指導でたくさんの本を書いておられます。

集団の子どもとのかかわり方といったことでも本で感銘を受け、

そろばんも算数の一部ということで、今日は小学校の先生が99%と思われる中、

混じってお話を聴きに行って参りました。

 

さらに、九九のカードや分数のカルタ、文章題のカルタなど授業で使えそうなものも

購入できてよかったです。

 

話を伺いつつやはり、「どう、子どもに興味を持たせて、理解させるか」

ということを掘り下げて、そもそもの分数とは、割合とは、時間とは

といった概念をただ教えるのではなく、どう工夫して伝えるか、会得してもらうかというところに

とても感銘を受けました。

 

そして、お話を伺うにつれ、「算数・数学ができるようになるそろばん教室」

というのがこれからの私の目指すそろばん教室の方向性だな、という

新たな目標が出来て、とてもいい経験でもありました。

 

集中力が付く、成功体験がある、努力が一番大事だと実感できる、

暗算が出来るようになる、など学力にも意味のあることが身に付くのが

そろばんのよさですが、そろばんができる=全員高学年まで算数が得意

 

というわけではありません。

計算は得意になるでしょう。でも時間や速さや分数や図形がそれで

必ず得意になるとはいえません。(文章題で式の作り方がわからなければ解けません)

 

 

でも保護者はそれを期待している。

そろばんでは、保護者に成果という意味で長い目で見ていただいています。

でも保護者が、結局、ああ、そろばん通ってよかった

と本当に100人中100人に思ってもらうためにはここが大事なんだなと思いました。

 

でも、そろばん指導の中でそれをするには勉強の時間を作らなくてはいけない、

そもそも学年別ではないし、塾でもないので、どうそろばん教室として

算数とかかわっていくか、ということを改めて考えたとき、

もっと、分数とか時間とか概念として把握することが大事なんだと

経験としてたくさんつんでいく(問題をたくさんとくという意味ではなく)

必要があるんだと改めて思いました。

 

だから、ドリルを解こうとか、一斉授業で解き方を学ぼうじゃなくて、

そろばん教室として使えるやり方を模索していかなくちゃいけないな、と

改めて思いました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)