音楽からそろばんまで 京都四条 poco四条 075-231-2993

京都四条のレンタルスペース&カルチャー教室のpoco四条です。
アイリッシュハープ指導をしております中西がぽこあぽこの
カルチャー全般(バイオリン、そろばん等)や演奏、日常の
ことなどを書いております。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

◆poco四条のHP   http://harp.jp 


◆そろばん(さくら珠算教室)のHP http://sakura-soroban.com/ 


◆ぽこあぽこLepton二条教室  http://lepton-kyoto.jimdo.com/ 


ようこそ、 poco四条&さくら珠算教室&ぽこあぽこLeptonへ

ハープ、バイオリン、ホルン、トロンボーン、ピアノ等音楽の教室と
そろばん、英語教室を運営しています。
またレンタルスペースも運営しています。

詳しくは上記HPをご覧ください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
NEW !
テーマ:

珠算修練会さくら珠算教室です。

 

実は将来的にできたらいいな、と思っていることがあります。

それは幼稚園の時間外のなかでのそろばん指導です。

 

幼稚園では、通常の通園後にそのまま延長の形で

習い事をしていることがあります。

 

英語だったり体操だったり、保護者のご希望などに合わせて

色々な個性豊かな講座を外部から取り入れて提供されているのですが、

その幼稚園のなかにそろばん教室を取り入れてほしいな、と思っているところです。

 

まだ、実際の行動には移せていませんが、そろばんを幼稚園児でやることのメリットがあります。

 

それは、小学生になる前に数の概念がはっきりして、筆算の前にそろばん式暗算が

できるようになることです。

 

実は小学生になってから入塾している一部のメンバーでおやおや、と

困ることがあります。それは、暗算を筆算(頭の中の筆算)で解いている、ということです。

 

頭の中なのですぐには発見しにくいのですが、

透明そろばんを思い描いて指を動かして、といったときに指が適切に動いていないと

わかったところで、判明したりします。

 

これは、そろばんより今は筆算の方が早い、そろばん式暗算しろ、と言われているけれど、

目先の点や○に気持ちが奪われて、ついつい筆算式の暗算になってしまうという問題が起こるのです。

 

それが判明した時点で、即刻簡単な問題に戻り、基礎からやり直すのですが、現在も二条教室では2名ほどそういう生徒がいたことが判明し、おおお、今までの労力が、、、、と

がくんとくることがあります。

 

暗算だけでなくそろばんでもたとえば、5+7を解かせて目を離すと12ととけているのですが、

横ではじくのをばれないようにこそっと見ていると、5をいれて、それからまずすべてを消して12を入れている、とか、それも入れずに珠を動かさず答えを書いているとかになり、

どう?と声をかけた瞬間そろばん式にしようとして、でもできなくて手が止まる、というような

こともありました。

 

勿論、そういう子を見つけたら重点的にサポートしますのでそのうちなおってくるのですが、

これが、年長ぐらいからだと、そもそも筆算式が身についていないので、

そろばん式でしか解けません。数の基本がそろばんでスタートするのです。

こんなにすばらしいことはありません。

 

勿論小学3年からスタートしてもちゃんとこつこつとそろばん式で頑張ってくれる子もいます。

筆算式でやっている子だって、やりたくてやっているわけではなく、

そろばん式より目の前に簡単に解ける方法を知っているが故につい誘惑に負けちゃう

というだけですので、できる限りそろばん式で解く大切さを説明したり

(1級の問題を見せてこれが1分で1問解けるんだよ、筆算では無理でしょ?そろばんって

すごいよ!といったり)

こまめに、ちゃんと解けているか確認したりとしますが、

そういった最初の最初でスムーズな導入ができるなんて良いだろうなとは

前から思っていました。

 

ただ、自分の子供がお世話になったのは保育園ですので、幼稚園にルートもありません。

色々飛び込んでいくことに平気な私ではありますが、やっぱり

幼稚園にいきなり連絡を取るのは勇気が要ります。。。。

 

ということで、ひとまず気持ちを書いてみました。。上京区中京区の幼稚園さん、

良ければ声かけて下さい。。。

勇気が出たら私からも声かけたいと思いますが。。。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>
NEW !
テーマ:

京都のそろばん教室

珠算修練会さくら珠算教室です。

 

結構シャイな生徒さんがいらっしゃいます。

実は私も子供のころはとても静かな子でした。

家ではそれなりに話しますが、外に出るとなかなか

人前で話すことができませんでした。

 

だから、シャイボーイ、シャイガールの気持ちはよくわかります。

でも、シャイなことで、得することは実際少ない。

少しでも自分から声を出すことを繰り返して大人になった時には(私みたいな図太い)

はきはきと人前で発表できる人になってほしいと思っています。

 

さて、その一環として、当教室(特に二条教室)ではビンゴをしています。

ビンゴに当たると自分から「はい!」といって手をまっすぐ上げる、ということを

お願いしています。

 

他のことだと早々、実践してくれませんが、こと、ビンゴがからむと

皆、積極的に取り組んでくれます。

 

それでも、声が出なくて手だけ上げる子もいますが。。そういうときは

「こんどから大きい声で教えてね」と言っています。

 

そんなことを繰り返していて、先日そのシャイな子がビンゴに当たった時

はじめて、「はい!!!」ととてもはっきりとした声とともに、まっすぐ手が上がっていました。

 

ビンゴのおかげだけではなく、他保護者、学校の先生、そして何より

本人の努力のおかげですが、そうやって、色んなものが積み重なって

その結果、この日はっきり大きな声で当たったことを教えてくれたこと、につながったこと、

本当にうれしかったです。

 

その子はそろばんももくもくと取り組みます。

ひたすらもくもくと取り組みます。

 

だから他の生徒以上に「やれば実力は絶対伸びる」という

努力と成果の因果関係をとっても良く理解している子です。

 

自分ではっきり喋りたいな、と思っているもやもやした気持ち

でも、なぜか声を出すことに勇気がいる気持ち、

自分に自信がなくて、声が出せなかった子が、「はい」を堂々と言える子になってきた、

それってその行動の裏には本人に自信がついてきたからだと思います。

(慣れもありますが)

 

一度はいって言えるようになるとどんどん言えるようになります。

この小さな火種を消すことの内容これからも指導を続けていきたいです。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

珠算修練会さくら珠算教室 出水教室

代表の中西です。

出水教室は堀川下立売から徒歩5分ほどのところにあります。

(通りで言うと、大宮出水です)

 

こちらで10月からすららが本格スタートします。

すらら、とは、PCを使った自立式学習のコンテンツです。

下記のすららの体験会を10月、4,6日とあと1日(調整中)で実施いたします。

詳しくは075-231-2993まで。

 

そろばんをしている子もしていない子もお気軽にどうぞ。対象は小4~中3です。

===========================

 

そろばんは子どもの暗算力、集中力、挫折からの立ち直りなど様々な成長を促すとても良い習い事です。 集中して取り組むことで勉強を自立的にするということなどが身につくと思っていますが、直接的にはそろばん指導では文章題に強くなることはできませんし、英語の文法の説明をすることもできません。

 

そのため、中学になると塾に、クラブに・・・と退塾されこれからの成長に携われないのを少しさびしく、残念な思いで見ておりました。

 

そんな経緯があり、そろばん教室でありつつ、塾でもある、という形を模索して、「すらら」にたどり着きました。

 

すららは、自立学習を目標にしています。PCのキャラクターが丁寧に解説してくれます。

 

また豊富なPCの中の問題のどこで躓いているか、何が原因でこの問題が解けないかがはっきりするため、通常の塾でありがちな「自分で理解していないところがどこかわからない」ということがありません。

 

毎週火曜日は出水教室にて「すららコーチ」によるアドバイスも受けることができます。

 

 

基本は自宅やそろばん教室での自習です。

 

そのうえでわからないところ、困ったことがあればいつでもメールで確認していただけますし、火曜日に出水教室に来て、すららコーチに質問することもできます。

すららの画面はこのようにカラフルで、動く映像でわかりやすく説明をいたします。

 

ただの動画ではなく、その都度確認のため各部分で尋ねてくるのでそれに答えているうちに理解が自然と進むことになります。

 

動画が終わったけれど、理解のないまま次に進むということはありません。

 

また、そろばんのように、どれだけ頑張ったか、それぞれ記録が残るので、生徒同士が切磋琢磨できます。

 

また、すららコーチは自宅でどれだけ頑張ったかも把握することができるので、おうちでの学習が進んでいないときや躓いているときなど適切なアドバイスをすることができます。

 

苦手な科目には一つ簡単な問題にさかのぼり、基礎を徹底的に復習したうえで現状の問題が解けるように順を追って問題を出題します。

 

また、得意な科目は無学年方式ですので、どんどん理解を進め、予習としての勉強ができますので、実際に学校で学ぶころには応用問題の方に力を注ぐこともできます。それぞれがそれぞれのペースに合わせて解くことができる、というのが一番の利点です。

 

 

ぜひ、10月に体験受けてみませんか。

また低学年のコンテンツも少しずつ準備が進んでいるようです。

12月に低学年の体験会も予定していますし、来年春からは1年生からの通常指導もスタートします。ぜひこの機会にご検討くださいね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

珠算修練会さくら珠算教室です。

 

九九、うちでは九九表OKにしています。

というのも初歩教材で結構苦戦して、やれやれ、と9,10級に入ると

次は九九の山が待っています。

そうするとモチベーション的に辛いものがあるので、九九表をまずは見てもいいから、

掛け算のかけ方の方法をマスターして合格証書目標に、そして

計測するみんなと一緒に競争する楽しみを味わってほしい、との思いから

九九には少し甘くしています。

 

その分8級、7級になっても、少し九九が不安、という子もいます。

でも、上になればなるほど、九九を覚えていないとハンデになります。

 

だから、1~3年は(3年でもわり算で九九が出てくるのがゆっくりという生徒もいるので)

九九の確認のテスト(九九大会)をすることにしました。

 

1年生で丁度昨日から3級の勉強に入った子がいます。

勿論九九は完璧に覚えています。九九にエネルギーを奪われないから先に進める、

九九はそろばんの上達の要です。

 

さあ!九九ぜひこの秋にすっきりマスターしましょう!

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

poco四条

中西です。

 

10月16日の発表会が近づいてまいりました。

発表会出演希望のハープの生徒さん10名、ピアノの生徒さん10名、

そのほかの楽器の生徒さんで実施いたします。

 

会場は昨年と同じく京都市国際交流会館ホールです。

スタインウェイのピアノのある響きのいい丁度いい広さのホールです。

駅からも近く、気に入ったのでここ3年ほど同じ会場を使い続けています。

 

毎年、実施日は悩むところですが、今回運動会とかぶった生徒が1名。。。

本当に秋はイベントが多くて大変です。

 

私事ですが、10月1日は息子の運動会、2日は珠算大会の引率、

16日は発表会で、10月22日は英語検定JETの実施、10月23日は日珠連の検定。。。。

うまいことなんとかかぶらないように、と例年のスケジュールから考えて

発表会を16日に1年前から設定しましたが、

本当にかぶらなくてホッとしました。

 

ちなみに今日は全珠連段位検定の日(うちでは全珠連は段位のみ受けてもらっています)

今回は暗算中心ですが、また珠算受験メンバーもぜひ11月に頑張りましょうね。

結果は一週間後です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)