1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2010-07-18 00:43:53

メガドロイド

テーマ:メタトレーダーを使ったトレード
AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2010-07-17 13:32:32

自動売買について

テーマ:ブログ
ツールバーの説明については、殆ど終了する事ができましたので、とりあえずは休憩していましたが、自動売買についての設定方法、本当に儲かるのかの検証していきたいと思います。

実際にトレーダー仲間にも聞いてみたところ、メガドロイドが一番成績が良さそうです。

これを材料にEAの混入方法やインストールから実際の運用過程までレポートしていきたいと思います。


国内のレバ規制により海外のブローカーも選ばなければなりません。

今のところFXDDを考えております。

国外の口座開設についてもレポートしていきたいと思います。

FXDD 口座開設


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-07-04 15:37:56

GMMAチャート

テーマ:メタトレーダーを使ったトレード
上昇トレンドの中の押し目なのか、反転したのか、下降トレンドの戻り売りなのか迷う場面があります。
時間軸はどれでも構いません。
古典的な方法ですが精度の高い方法があります。
ダリル・グッピー氏により紹介された"Guppy Multiple Moving Average"、略してGMMAです。
12本のEMAを同時に1画面のチャートに表し、短期的な方向と長期的な方向や、両方の位置関係、広がり具合でトレンドの判断します。

EMAの数値は以下の通りです。

青系色 =  3, 5, 8, 10, 12, 15 の6本 = 短期
赤系色 = 30, 35, 40, 45, 50, 60 の6本 = 長期

メタトレーダーの使い方入門


Aの地点では長期線の束と短期線の束が複雑に絡んで長期戦、短期線とも感覚が狭くなっています。
こういったところでは、ハッキリとしたトレンドがなく、一定方向のトレードはできず、短い時間軸でのレンジの短期逆張りのトレードをしなければなりません。

Bの地点では長期線の間隔が広く、強い下向きのトレンドがでているのがわかります。
短期線が、長期戦に近づいてきたときが絶好の戻り売りのポイントとなります。

お使いの手法を使う時に、現在の時点がどういった位置かを確認するのにも役に立ちますので、チャートの端にでも設定しておく事をお勧めします。

MT4には、一本づつ設定するのが面倒ですが、便利なインジケーターがあります。


GMMAはコチラにインジケーターがあります。⇒MT4インジケーター



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2009-11-08 09:51:21

ツールバー  チャート編   Part8

テーマ:基本編  ツールバーの説明
ツールバー→チャートの説明です。


メタトレーダーの使い方入門
罫線分析ツール    現在チャート上で使用している罫線分析ツールを表示されます。

メタトレーダーの使い方入門
ライン等の設定

メタトレーダーの使い方入門
表示中のラインや矢印のプロパティを表示できます。
一括削除や特定のライン矢印の削除等に便利です。

バーチャート

ろうそく足

ラインチャート            チャート上にあらわす罫線の種類を変えることができます。

周期設定                時間軸の変更が出来ます。

チャート前面表示       

移動平均線や一目均衡表などをローソクの後ろにすることができて見やすくなります。

更新

新規チャートを開いたときに、たまにローソクがある期間表示されないことがあります。
抜けているところもデーターの更新がされます。

グリッド

チャート上の格子を消すことが出来ます。

出来高

出来高を示します。通常お使いのサーバーの業者の取り扱いだけになることが多く、あまりあてになりません。

自動スクロール

時間とともに最新のローソクを表示することができます。

チャートの右端に移動


ローソクより右側に余白を作るか無くすかの調節がワンタッチで出来ます。

ズームイン・ズームアウト

ステップバイステップ

表示されている時間軸ごとに移動する事ができます。

プロパティ

ここでチャートの中の詳細のいろいろな設定が出来ます。

日本時間表記で使いやすい。




いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2009-10-12 18:40:34

ツールバー  挿入   part7

テーマ:基本編  ツールバーの説明

メタトレーダーの使い方入門

チャンネル(C)

各種チャンネルラインが引けます。

ギャン(G)

ギャン理論のラインが数種類引けます。

フィボナッチ(F)

フィボナッチの各種ラインが引けます。

図形(S)

長方形、三角、四角のマークをつけることができます。

矢印類(R)

色々な目印になるマークをつけることができます。
またプライスをピンポイントで表示させることもできます。

アンドリューズ・ピッチフォーク(A)

三本の平行線を引くことができます。
高値安値を任意の位置で決め手、一番下のラインの起点で調整させることができます。

サイクルライン(Y)

時間軸に一定の間隔でラインを引くことができます。

テキスト(X)

チャート上にテキストを挿入できます。
時間とともに左にスクロールされていきます。

テキストラベル(B)

チャート上にテキストを挿入できます。
時間が過ぎても定位置で表示されたままになります。



世界の相場の強弱がひと目で見れるソフトHorizontal Candle Analysis
をプレゼントさせて頂いてます。 
私のトレードブログ ポン円スキャル・デイトレFXブログ  をご覧ください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。