とうとう2006年も最後になりましたねっ、そんで「今年のベスト映画は?」ってぇ~のをやってたりすると反対にワースト映画の方が思い出してしまう、ひねくれ村長です。

今年は映画館へ足を運ぶことが一番少なかった年だったよーな気がします つーか、私の見たいバカ映画の公開が日本でされないこと、なおかつ私の住む北国にはもっと公開されないという悲しさ…


そんで今年最後に私が映画館まで行って「なっ、なんじゃこりゃぁぁ~金返せ!」と思ったベスト3をご紹介


第三位

「エラゴン」

ファンタジー恐怖症?!の私が俳優見たさに見に行った映画。20年以上ファンタジー映画は見ていないのに、勇気を振り絞って見たが、やっぱりダメでした。悪を倒す為、ドラゴンに乗るドラゴンライダーとその友情みたいなっ…うっ、うう~ん どーも非現実的な動物が体に合わず、変な気持ちになり?途中でポップコーンのカップをひっくり返してしまって 私の足元だけが汚ぇ~の。やっぱダメでしたファンタジー。でもCG合成バリバリのR・カーライルに笑ってしまったので 第三位にしておきましょー。

  

第二位  

「ワールドトレードセンター」

拍子抜け…その一言ですかねぇ~?ケイジの痩せたちょび髭じじぃ~に笑ってしまったが、事実に基づいて作ってる割には印象に残らなかった映画だ、ケイジの建物内のガレキに押しつぶされた時の迫真の演技???が臭くて…私にはダメだった映画。



輝く、第一位

「オーメン 2006」

わざわざ2006年6月6日にあわせて(バカでした…)見に行ったが、往年のオーメンファンをがっかりさせたリメイク。ミア・ファーロを出したのはよかったが、オカルトという言葉は消えてしまって「ホラーでビックリだぁ~」と、ヌルヌル作品になっていたことが残念でした。そして、30年近く映画館で映画を見てきた私が、「他人にやられ、おいしーシーンを見逃す!」という失態を犯してしまった記念すべき映画でした。


他人にやられた話の詳細はコチラ

そして2006年もあと数時間で終わっていきます、今年は新しい読者の方々が増えたり、バカ映画つながりで仲良くなった方々、こんな、くだらない内容にもかかわらず読んでくれた常連村民?!の皆様、おバカな村長にコメント等をありがとうございました。

来年もグタグダと続けていきますので、お暇な時はおバカ村に遊びに来てくださいね。

来年もよろしくお願いいたします。


    

村長より村民の皆様へ 今年感謝の気持ち画像

村長格言!「大きいことはよい事だ」




AD

都内では既に公開中の「プレスリーVSミイラ男」この手のバカ映画はもち、好きだ!


エルビスといえば、ウチの父親(65歳)が「オトは学生時代プレスリーだった」と一枚の古い写真を見せてくれたことがあった…がっ、ガクランの袖に細い紐をたくさんつけてギターではなくウクレレ(後にハワイアンへ転向する)を持ってポーズする姿…しかも1950年代の遠い昔の話を、目を細めて話してくれたことがあった。(バカ親子ですわっ)


まぁ~エルビス世代にはキング・オブ・ロックンロールをバカにするなっ!と怒られそうな映画(笑)

「死霊のはらわた」等でのおなじみ、ブルース・キャンベルさん いまだ低予算映画で輝く。センギュー♪

 

ストーリーはアメ公(失礼!)が大好きなネタ「エルビスは生きていた!」まんまです(笑)

1977年に死んだエルビスは、実は替え玉で、本人は現在70歳で老人ホームで余生をおくっている。もちろん「わしゃ~エルビスだっ!」といってもヘルパーさんたちは、ボケじじーのたわ言と誰も信じず。

 ある日「ミイラ展」で4千年前のミイラが盗まれた、そのミイラの呪いでホーム内の老人たちがバタバタと死んで行く、そこで老人エルビスが相棒の黒人老人(彼は、実は暗殺されなかったJFKで政府に黒人にされたといっている)と共にミイラに戦いを挑む!

歩行補助機のエルビスと車椅子のJFK(アホかっ)

 

しかし、こんな映画を自由に作れる、自由の国アメリカ(バカ国) 軽くうらやまし~(笑)

だけど、ドーナツとピーナツバターサンドが大好きだったエルビス、「あちらの街に美味しいドーナツ屋さんができたよ」と聞けば、自家用ヘリで飛んでいったという本当の話、バカ丸出しで好きです。センギュー♪




AD

毎年恒例のクリスマスワイルドパーティーが終わった、年々衣装が本格的になり、このままでは小林幸子の衣装(舞台装置!)を借りることになりそう(笑) しかし今回は後半ドラッグクィーン祭りになってしまって 誰だかわからない状態になった。


私は友人とNYゲイではお馴染みのベタベタなライザ・ミネリーとシャーリー・マクレーン風になってみたが…

本物のライザとシャーリー (しかしコワイなぁ~その顔)


男がやるドラッグクィーンより汚い、そして下品な仕上がりになった(笑)

誰だよコレ!ゲロロ~

  

   

気持ち悪いので関連映画?のご紹介

「コニー&カーラ」 2004年

子供の頃から一緒に歌い、大人になってもそのまんまのダサイ曲をラウンジで歌っているコニーとカーラ。

ある日、殺人現場を見てしまったことからギャングに追われることになり、二人は街を出る。そして女性ということを隠し、ゲイ専門クラブの歌い手になり男として隠れ続けるが、どんどん人気が出るにつれて とうとうギャングに知られてしまう。


そっち系の方はモチロン、そーでない方も楽しめるコメディーです、彼女らのドラッグクイーンメイクを見習いたいほどでした(笑)

AD