映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)

ペップトーク(Pep Talk)とは人を元気にする短いスピーチで、コーチングの最後のスキルとも言われているそうです。映画に出てくるペップトークを通して、みなさんにもペップトークを知っていただければ幸いです。


テーマ:
バスケットボールにカテゴライズするか、野球にカテゴライズするか迷ったのですが・・・
Top 10 Basketball Movies
We kickoff March Madness with a hoops flick countdown. March 18, 2008
というサイトで第9位にランクされていたので
(だから何?って感じですけど、他の野球映画のランキングには入っていなかったので)
とりあえずバスケにしておきました。

バスケットボール+野球で新しい競技を作った・・・というコメディ作品なのです。

ベースケットボール 裸の球を持つ男 [DVD]
トレイ・パーカー,マット・ストーン,アーネスト・ボーグナイン
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

サブタイトルの「裸の球を持つ男」の意味がよくわかりませんが・・・???
このブログではまだ紹介していないんですけど、アメリカのスポーツ映画を紹介するサイトの2つで(先日紹介したのとは違うサイト)ランクインしています。

Top 100 Sports Movies of All Time:80位
The 100 Greatest Sports Movies of All Time:83位

ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆

【ストーリーと背景】

女にもてない2人の男が、パーティでもてる男に賭けで勝つために、勝手なルールで勝負にいどんだのがそもそものキッカケ。
単にワンオンワンのバスケットの勝負では体力的に勝てないが、邪魔されずにシュートを放てるなら勝算があると、野球のルールを持ち込んだ。

それ以来、ストリートでこのベースケットボールで遊んでいたところ、お金持ちがスポンサーとなってプロ化。

既存のプロスポーツの年俸の高さや選手のCM出演が、本来のスポーツの純粋さを無くしていると思っていた主人公とスポンサーは、これらを改善する運営システムを作って、ベースケットボールの人気は急上昇。

しかしスポンサーの突然死により状況は一変。

お金に群がる連中や、ギャラに不満を持っていた選手たちが心変わりして・・・

【ペップトークの見所】

まあ、はっきり言って下品な部分も多々あります。

でも、コメディとして素直に楽しめる部分と、純愛やスポーツに対する真摯な思いとか、友情とか連帯とか・・・すごく純粋な部分もあって・・・個人的には良い作品だと思います。

先日のベーブ・ルースとルー・ゲーリックの「ホームランの約束」のように、病気の少年を励ますシーンがあったり・・・

主人公自身が野球場でホームランボールをキッチした子どもの頃の純粋な心が描かれていたり・・

ペップトークとはちょっと違うかもしれませんが、仲間の一人が、友情を訴える印象的なスピーチシーンです。
Chapter:18 1:24’35”~

↓の、youtubeでみつけたPep Talkの動画の31秒のところから、パイナップルの着ぐるみの妙なシーンが出てきて、前から気になっていたのですが・・・このシーンでした(笑)。




* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓
人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ペップトーカー見習い001号さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。