就寝中の父親(40)を文化包丁で刺し、顔や背中などにけがを負わせたとして、千葉県警茂原署は16日、傷害の疑いで、茂原市の県立高校3年の男子生徒(18)を逮捕した。父親は病院に搬送されたが、命に別状はない。男子生徒は容疑を認めている。

 調べでは、男子生徒は16日午前1時40分ごろ、自宅2階の寝室で就寝中の父親を、刃渡り約15センチの文化包丁で数回にわたって刺し、顔や背中、左腕にけがを負わせた疑いが持たれている。

 同署によると、男子生徒は祖父に伴われて同署に出頭し、「父親の日常的な家庭内暴力に恐怖を感じた」と供述しているという。事件前日にも父親が、家族に対して暴力を振るったと話しており、同署では詳しい状況を調べている。

【関連記事】
引きこもり殺人勃発…“爆弾”を抱える家族の実態
小さな体はミイラのようだった…ネグレクトの果てに
家庭内暴力認め夫絞殺の72歳女性に猶予付き判決
戸塚ヨットスクール、親に「自殺を防げないかも」と伝えていた
女性はやっぱり弱い存在? 仏でも家庭内暴力問題
少子化を止めろ!

マンション火災、隣接小で避難 大阪・東成(産経新聞)
鈴木俊一・元東京都知事死去(産経新聞)
北陸新幹線の延伸 もんじゅと別問題 国交相、福井県要望に(産経新聞)
雑記帳 足利名物「ポテト入り焼きそば」を漫画で紹介(毎日新聞)
障害者団体発起人に有罪=村木被告共謀、実質判断せず-郵便料金不正・大阪地裁(時事通信)
AD