今日で着工146日目。
ミサワホームが基礎工事開始から工期開始です、と言い張るのでその日数なっています。
実際に作業開始した日から数えたら、160日はオーバーしてます。

そんな状態ですが、ミサワホームから12/6(日)に再び竣工立会をしたいと連絡をいただきました。

・設計と違う建具
・ゼッチ申請の確認
・ガレージドアの高さ間違え
・全ての工事が完了しているか
・玄関棚の高さ間違え
・建具の細かい仕上げ修正
・雨水配管の逆勾配の疑い

上記内容が、前回の竣工立会で確認できなかった項目です。

図面通りに完成しなかった、そして修正も不可能、ドアの高さが43cmも上がった状態では

ケガをする可能性もあります。
この状態で引き渡すつもりならば、事故があった場合の責任についても一筆いただかないといけません。

前回の竣工立会から1週間以上、経過しましたがミサワホームから明確な返答は何ももらえません。
正式な会社からの謝罪もありません。
ミサワホームの上の人間は大した問題ではないと考えているようです。
こんな会社、普通ではありません。


この家を施工した
㈱ミサワホーム静岡
の今までのミスの言い訳は、

・水浸しになっても乾けば性能は同じです。

・間違えた部材は、取り換えれば問題ありません。
・割れた木質パネルは接着剤でくっつければ大丈夫です。
・カビは業者に除去させるので大丈夫です。
・ゼッチの申請は必ず間に合わせます。(かなり怪しい)
・開口した防蟻シートは部分補修で大丈夫です。
・施主の名前を勝手に使用して行政に申請していた件は、今後このような事は無い様に社内で徹底する。
 (それで済んだら警察は要らないと思いますが)

ドアの高さ違いについては、どんな理由で押し通すつもりなのでしょうか。
どんな屁理屈が用意されているか解りませんが、納得できる訳がありません。
12/6の竣工立会も、答えが用意されていないならば行きません、と伝えました。

正月は外構まで終わった新居でゆっくりできると楽しみにしていましたが、外構業者からは、ミサワホーム静岡の引渡予定の目処が立たないので、年内の外構完成は無理だと言われました。
私達の楽しみにしていた、完成された新居では年末年始を過ごせない事が確定しましたので、急ぐ理由が全く無くなりました。
工事代金+今まで使った時間+精神的苦痛を金額で清算していただきたいです。

この家は正直、希望したガレージでは無いので要りません。

今までも私は可能な限り、ミスを見つけて直させて来ました。
細かい仕様に間違いが無いか確認したくて、図面資料も全部見せろと言いましたが断られています。
全ての図面さえ確認させてくれれば、一応私も設備屋ですので着工前にガレージのドアミスについて自分が気が付いた可能性もあったのですが、その機会もミサワホーム静岡に潰されています。
完全にミスはミサワホーム静岡にある事は明確です。

こんな状態になった家をミサワホーム静岡は、どんな方法で施主に引き渡しさせようとするのか、ブログで記録していきますので、これから家を新築される予定がある方は、是非参考にしてください。

ミサワホーム静岡は考えが甘すぎ、スイーツかよ。

先ほど仕事の取引先から差し入れに頂いただいたスイーツは、甘くて絶品でしたがにひひ


---------------------------------------------------------------
いつも御覧くださり、ありがとうございます。
是非、下記のリンクから気になるランキングをチェックしていって下さい≧(´▽`)≦

日本ブログ村の「一戸建ミサワホーム」では、ミサワホームで建築されたオーナーさん達による情報が、非常に参考になります。




日本ブログ村の「マイホーム計画中」では、こだわりのマイホーム作りの日々や、建築前に知っておきたい情報が盛りだくさんです。

にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ


 

日本ブログ村の「ガレージハウス」では夢のガレージライフを満喫されてる方達の情報が満載。
ガレージを考えている方は必見です。

AD

コメント(16)