2013-05-05 10:00:00

トースティング・フォーク (Toasting Fork)

テーマ:アイテム解説

この長ーいフォーク、何だと思いますか?


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ

これはトースティング・フォーク、もしくはトーステッドフォークといいます。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


もともとはパンを差して、暖炉の炎でトーストするためもの。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


機能的には、鉄製で、熱くないようになるべく長く、

先は3つに分かれて、反対側は引掛けられるように輪になっているのが定番。

こんな感じでキッチンにあったのでしょう。



東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


こちらはいろいろなモチーフが施されたもの。

真鍮製で、多分どこかのお土産物だったと思われます。


東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


現代でもこのフォークは使用されています。

暖炉で本当に使うときもあるし、

ガスの炎でパンを焼くときも。


ちなみに英国のamazonで買おうとするとこんな感じです。

お値段は8ポンド(約1200円)くらい。



東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


Tecnical Details

  • Non-stick coating
  • Oven safe - replaces ordinary foil and grease proof paper
  • Re-usable approximate 1000 times
  • Trims to size of tray/pan if required
  • Dishwasher safe, Size - 80cm x 33cm

長さ80cmって・・・長すぎませんか!?


このフォーク、ご来店のお客様にお見せすると、多くの方はこうおっしゃいます。

「・・・孫の手?」


そのようにご使用いただいても構いませんが、

強く掻きすぎると・・・・痛いと思います。ご注意くださいませ~。



東京の高級アンティーク家具店パンカーダのブログ


by N



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

東京の高級アンティーク家具店パンカーダさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿