インテリアコーディネートの専門知識をもつアンティークコンシェルジュと、経験豊富な熟練した修復士の常駐する安心・信頼できるお店です。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-19 10:00:00

エリザ・クックの詩をうたう小さな肘掛け椅子

テーマ:暮らし・生活

パンカーダ田園調布、ビューローの上にある、小さなクレステッド・チャイナの椅子。

 

今日はこの椅子のお話しです。

 

Crested China/クレステッド・チャイナとは、街や場所の紋章がついている小さな陶器のこと。主にヴィクトリア時代後期から1930年代頃までに多く作られました。

 

ヴィクトリア時代、英国では鉄道網が発達し、一般庶民でも旅行を楽しむことができるようになりました。そして、旅行に行った先で欲しくなるものは、お土産。

 

 

沢山の物を飾り付けるヴィクトリアンの室内装飾において、お土産の小物はまさにうってつけのアイテムだったことでしょう。ただ、庶民が旅行に行けるようになった、といっても、まだまだいけない人は沢山いたでしょうから、行った先が一目でわかるようなものであれば、家に来たゲストにさりげなく自慢ができるというもの。

 

 

そんな理由から、小さくて持ち運びが容易、そしてご当地の紋章が描かれているクレステッドチャイナは、たいへんな流行となりました。

 

 

この小さな肘掛け椅子もそのうちのひとつ。

 

座面には「ROYAL MILITARY COLLAGE CAMBERLY」の紋章が、背には「THE OLD ARM CHAIR」というタイトルの詩が数行記されています。

 

 

実はこのような肘掛け椅子のクレステッド・チャイナはあちこちで作られていて、背にこの「THE OLD ARM CHAIR」の詩が記されているのは、ひとつのスタイルとなっていたようです。

 

「THE OLD ARM CHAIR」の作者はイングランドの女流詩人Eliza Cook/エリザ・クック(1818 -1889)。

 

 

詩はもっと長いものですが、冒頭の数行だけが使われており、内容としては肘掛け椅子にからめて母親の思い出を綴った詩となっています。

 

英国人にとっては、古い肘掛け椅子といえば思い出される定番の詩なのかもしれません。


人の気配を感じさせる家具、肘掛け椅子。

 

 

貴方の気配を移すとっておきの1脚を、ぜひお側に置いてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

by N

 

*肘掛け椅子のクレステッド・チャイナはサイト未掲載です。詳細はお問い合わせください。

 

 

アンティークファニチャーパンカーダ
TEL:03-5701-7380
MAIL:meguro-pancada@vivid.ocn.ne.jp
12-18時 水曜定休

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-12 11:00:00

東京都S様 ミッドヴィクトリアンハイバックサロンチェア納品

テーマ:納品事例・お客様の声

都内の閑静な住宅街に、ご自宅とは別の、こだわりの空間をお持ちのS様。

 

華麗な壁紙、最高級のカーペット、キャビネットに納められた陶器やシルバー、ガラスなどの素晴らしくも膨大なコレクション、絶妙に配されたアンティーク家具。

 

さながら美術館のような趣をもつ、濃密な美意識を感じさせる空間です。

 

この度、光栄なご縁をいただき、その場所に当店からミッドヴィクトリアンハイバックサロンチェアを納めさせていただきました。

 

 

150年近くを経た艶めくマホガニーと、フランス・タシナリ&シャテル社のシルクジャガードが空間を華やかに彩り、さらにセットでご購入いただいたことで、まるで王と王妃が手を携えて佇んでいるような印象をうけます。

 

 

S様、この度は誠に有難うございました。

 

まるでひとつの絵の様に美しいS様の空間に、当店を経由したアンティークを加えて頂くことができ、嬉しい思いでいっぱいです。


いつまでも変わらない美の価値を教えていただき、重ねてお礼を申し上げます。

 

今後ともどうか当店をよろしくお願い申し上げます。


by N

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-03 11:01:28

2017年も宜しくお願い申し上げます。

テーマ:パンカーダニュース

本日よりパンカーダは2017年の営業を開始いたしました。

 

 

 

新年を迎える度に頭をよぎるのは、子供の頃にブームになった「ノストラダムスの予言」。

 

 

 

それによれば1999年には世界は滅ぶことになっていて、自分の年齢を数えてみては、そこまでで人生は終わってしまう!どうしよう!と考えあぐねた記憶があります・・・。

 

 

それからもう18年。

 

世界は混沌としながらも継続し、私の人生も続いております。

 

今年はどんな年になるのでしょうか。

 

不安と期待、面倒くささとお愉しみがまぜこぜになりつつも、不思議と平らかな気持ちで迎える新年。

 

二度と来ないこの一年を、丁寧に迎えたいと思います。

 

 

 

 

どうか2017年も宜しくお願い申し上げます。

 

by N

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-29 09:40:01

2016年 有難うございました。

テーマ:パンカーダニュース

本日、12月29日はパンカーダの2016年の最終営業日となります。

 

気がつけば、あっというまの一年。

思い返せばいろいろなことがありました。

 

 

個人的にも、仕事や家族とのかかわりを見直した年でもありました。

 

自分はそれほど変わっていないつもりでも、いろいろなことが少しづつ、時には大きく、変わらざるを得ないのがこの世の常・・・なのでしょうか。

 

 

そんななか、ふと見まわせば、周りには100年200年を泰然と過ごしてきた家具たちがいて、「大丈夫、大丈夫。」と言ってくれている気がします。

 

 

パンカーダは2017年は1月3日火曜日より営業いたします。

 

 

皆様にとりまして、よい年末年始となりますことを、心よりお祈り申し上げます。

 

by N

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-26 11:52:00

ボクシング・デー -Boxing Day-

テーマ:パンカーダのこだわり

 

欧米ではクリスマスは一年のうちで最も大きなイベントのひとつ。


昔のお屋敷では使用人たちが最も忙しくしていた時期です。

12月26日はそんな彼らが仕事を終えてクリスマスプレゼントのボックスを開けられる日としてボクシングデーという休日になっています。

 

諸説ありますが、ともあれスポーツのボクシング/Boxingとは別とのことです。

 

 

 

 

主も使用人も一大イベントを終えた後は家族でゆっくりとお茶を飲んでいたのではないでしょうか。


パンカーダにもそんなくつろぎのひと時にふさわしい家具がございます。

 

 

 

ダブルペデスタル オーバル コーヒーテーブル No.9165-021

コンパクトなサイズと、美しいフォルムが秀逸なコーヒーテーブル。古くからお屋敷のなかで便利に使われてきました。深い表情をもつ天板はウォールナットの化粧張り。杢目の複雑な形状が溶け合い、ひとつの美しい絵画のような趣をたたえています。リビングルームのローテーブルとして、もしくはプライベートルームのサイドテーブルとしてお使いいただけます。


何かと忙しい12月ですが、時には心落ち着く家具に囲まれ、1年を振り返ってみるのも良いのではないでしょうか。

 

by A

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-17 15:33:50

クリスマスバード

テーマ:季節の話題

もうすぐクリスマスがやってきます。

 

英国ではこの時期特に人気者になる鳥がいます。
ロビンです。もうお馴染みかもしれません。
正式名称はヨーロッパコマドリ。胸のところが赤みがかったオレンジ色をしています。
イエス・キリストの茨の冠を取ろうとした時、イエスの血がロビンの胸を赤く染めたと言われ、また新年の魂を宿すとして、クリスマスに欠かせない存在です。

 

 

 

 

日本で言うところのスズメのような身近な存在。
あのふっくらとしたフォルムとつぶらな瞳に心が和みます。

 

英国で家具修復の学校に通っていた帰り道、初めて本物を見たときは感動しました。
本当に赤くて丸い!
実際は、胸はくすんだオレンジ色、体はもう少しスリムでしたが・・。

 

今年のクリスマスツリーにロビンを乗せてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

by A

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-15 12:00:00

年末年始の営業日のご案内

テーマ:パンカーダニュース

年末年始、パンカーダは以下のスケジュールで営業いたします。

 

12月27日 火曜日 通常営業*

12月28日 水曜日 定休日

12月29日 木曜日 通常営業*

12月30日 金曜日 冬季休業

12月31日 土曜日 冬季休業

1月1日   日曜日 冬季休業

1月2日   月曜日 冬季休業

1月3日   火曜日 通常営業*

1月4日   水曜日 定休日

1月5日   木曜日 通常営業*

 

*パンカーダ田園調布12-18時 / パンカーダ自由が丘完全予約制

 

 

皆様も良い年末年始を過ごされますよう、心から願っております。


by N

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-08 16:54:56

12月のパンカーダ田園調布

テーマ:パンカーダニュース

小春日和から急に冷えて。
風がふいて、やんで。
またちょっと暖かくなって。
そして、窓がひんやり白く曇る朝が増えていく。

 

行きつ戻りつを繰り返しながら、季節は確実に冬の真ん中に向かっています。


クリスマスを迎えるこの時期、年末年始をとおしてパンカーダではちょっとしたイルミネーションを愉しみます。

 

今年はバードケージのシャンデリアを中心としたサーカス風。

シャンデリア脇には冬らしいプランツを吊り下げて。

 

 

 

ふわふわ、くるくると垂れ下がるエアプランツのウスネオイデス

ころんと赤い実の山帰来

深く、きれいなグリーンはヒムロ杉

 

 

とりどりの自然な色味は、アンティーク家具のもつ深い古艶と良く合って、いつまでも眺めていたくなりような気持ちにさせてくれます。

 

 

店内には、メンテナンスが終わり、まだサイトではご紹介できていない家具もございます。


皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

 


by N

パンカーダ田園調布
大田区西嶺町15-10 4階
OPEN:12-18時
CLOSE:水曜日

*パンカーダ自由が丘は完全予約制です。
(通常は閉まっています)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-17 11:00:00

遅く起きた朝に:ハウス&ガーデン誌のレシピでつくるブルスゲッタはいかが

テーマ:暮らし・生活
英国を代表するインテリア雑誌、House & Garden/ハウス&ガーデン。
 
優雅でクラシカル、それでいてどこか新しいインテリアや暮らし方を提案しており、とても人気の雑誌です。他の国でも違うバージョンで発刊されていますが、おそらく英国判が一番認知されていのではないでしょうか。
 
 
ウェブサイトも充実していて、コンテンツもざっと見るだけで「ベッドルームのアイデア」「ベストな壁紙一覧」「休日の提案」「シャンパーニュ・エッグノックのレシピ」等々、素敵な暮らし方の提案が満載。
 
今日はその中から、「APPLE, GORGONZOLA AND PANCETTA BRUSCHETTA/アップル・ゴルゴンゾーラとパンチェッタのブルスゲッタ」を試作です!

1:フライパンでパンチェッタをじっくり炒め、油をだす。
 
 
2:キツネ色になったら、キッチンペーパーに置いておく。
 
3:パンチェッタからでた油で、パンの両面をこんがり焼く。
 
 
4:焼けたパンをお皿に置き、フライパンは少し冷まして、無塩バターとオリーブオイルをしく。
(ゴルゴンゾーラチーズと、パンチェッタの塩気が強いので、バターは無塩がおすすめです。)
 
5:そこで、薄めに切ったリンゴを焼く。
 
 
6:パンの上にリンゴ、ゴルゴンゾーラチーズ、ロケット(ベビーリーフでもOK)、パンチェッタを彩りよくのせて完成。
 
 
リンゴの香りとチーズの臭み、パンチェッタのコクが一体となって、なんともいえない美味しさ。遅く起きた朝にぴったりの、おしゃれなブランチが出来上がりました。
 
インテリアだけではなく、美味しい食事も楽しんでこそ、暮らしの達人。
 
皆様もぜひ、お試しください。
 
 
House & Garden オフィシャルサイト(英語版)
http://www.houseandgarden.co.uk/
 
APPLE, GORGONZOLA AND PANCETTA BRUSCHETTAのレシピ(英語版)
http://www.houseandgarden.co.uk/recipes/breakfast-brunch/apple-gorgonzola-pancetta-bruschetta
 
by N
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-10 11:00:00

心和む古民家カフェ・蓮月

テーマ:久が原・鵜の木散策

パンカーダ田園調布、最寄りの駅、久が原。

 

その東急池上線沿いの名刹、池上本門寺のすぐそばに、素敵な古民家カフェがあります。

 

 

 

 

名前は「蓮月(れんげつ)」。

 

 

 

かつてはお蕎麦屋さんだったという、昭和初期に建てられた木造二階家は、古き良き日本の佇まいそのままに、誰もが思わず足をとめるような風格をもっています。

 

 

 

内部は、昭和の意匠をそこここに残しながら、素敵なカフェとして営業中。

 

 

 

かつてはお蕎麦をうっていたのでしょうか、お店の真ん中にある屋根がついた小さな家のような場所は、今はスタッフの優しいおにいさんが薫り高いコーヒーを入れる場所になっています。

 

 

 

店内奥にはご年配の団体様。

 

テーブル席にはパソコンをたたくおひとり様。(フリーWiFiです)

 

なにやら書き物をしている方。

 

仲良さげなカップル・・・。

 

 

 

それぞれが、それぞれの居場所をみつけたように寛いでいました。

 

 

ランチの豆カレーも魅力的でしたが、今日は「よくでますよ~」と、お鬚のスタッフの方、お勧めのレモンケーキをいただきました。

 

 

 

 

・・・和菓子のような形が可愛らしく、外はカリッと、中はほろっと。

他のケーキもきっと美味しいんだろうな、と思わせる、誠実なつくりのお味でした。

 

 

 

 

店の奥には庭が広がり、自然光が柔らかく差し込んでいます。

 

 

 

 

高い天井、とまった時計。

 

 

 

 

いつまでも居たくなる。

 

一人で来たくなる。

 

そして、きっと誰かを誘いたくなる。

 

 

 

 

そんな特別な場所。

 

 

 

 

池上散策にお越しの際には、ぜひ行ってみてください。

 

 

 

そして、久が原下車徒歩5分、パンカーダ田園調布でお待ちしております。

 

 

古民家カフェ 蓮月 オフィシャルサイト

http://rengetsu.net/

 

by N

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>