インテリアコーディネートの専門知識をもつアンティークコンシェルジュと、経験豊富な熟練した修復士の常駐する安心・信頼できるお店です。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-16 10:00:00

旅の途中:パンカーダで羽を休める宝物たち

テーマ:パンカーダのこだわり

英国から自社にて直接買い付けを行ってるパンカーダ。

僭越ながら、「こだわりの仕入れ」を自負しております。


倉庫を兼ねたパンカーダ田園調布には、まだ皆様にご紹介しきれていないお宝のようなアンティーク達が、長い時間の旅の途中で、そっと羽を休めています。

今日はその中から、少しだけその横顔をご紹介させていただきます。


カーヴィングが見事なセンターテーブル。

 

 

触れていると時間を忘れてしまいそうです。
 

 


ダンヒルのヒュミドール(葉巻入れ)。

 

 

艶めくウォールナットの小箱は、どんな紳士の持ち物だったのでしょうか。

 



オルモルとマーケットリーが美しいフラップテーブルはミッドヴィクトリアンの逸品。

 

 

 

自然の造り出した杢目と、匠の技のコラボレーションは美しい実を結んで。

 

 

 

 

 

そして、トリを飾るのはアンティークタイムズ最新号で少しだけご紹介している、イタリアから来た珠玉のひと品。

 

 

 

 

2017年の今、ここに在ることの奇跡を感謝したくなる品々ばかり。

アンティークの魅力は尽きることなく溢れ出ています。




*すべてサイト未掲載です。
*お問い合わせをお受け致しますが、ご返事にはお時間を頂く場合がございます。ご了承ください。

by N


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-09 11:00:00

パンカーダ アンティークタイムズ 発刊されました

テーマ:パンカーダニュース

パンカーダ アンティークタイムズ 2017年2月号発刊されました。

 

大変お待たせいたしました!

 

しばらくぶりの発刊となってしまいましたが、今回はウォールナット特集、サイト未公開のミュージアムクラスの逸品をちょっとだけご紹介、そしてその他コンテンツも充実した読み応えのある号となっております。

 

 

アンティークタイムズは、今までパンカーダよりお買い物をしていただいたり、ご案内希望などでお名前をいただいた方に発送しております。

 

順次お手元に届いているかと思いますが、もし届かず、アンティークタイムズをご希望でしたら、恐れ入りますがその旨ご連絡ください。

 

 

アンティークタイムズはどなたにも無料でお送りしております。

ご希望の方は、メールもしくはお電話にて、お名前とお届け先を添えてお申し込みください。

 

メール

meguro-pancada@vivid.ocn.ne.jp

 

電話

03-5701-7380 (12-18時 水曜定休)

 

 

なお、こちらのアーカイヴでは、前号までの分をご覧いただく事ができます。

どうぞ覗いてみてください。

 

 

パンカーダ田園調布店頭でも、最新号、そしてバックナンバーを配布中です。

ご来店を心よりお待ちしております。

 

by N

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-03 11:45:36

銀座で愉しむ甘い散歩

テーマ:季節の話題
チョコレート・フェスと化す日本のヴァレンタイン・シーズン。
 
晴れた冬の日、銀座でチョコレート三昧と洒落てみました♪
 
 
一軒目は、ご存知「ピエール・マルコリーニ」。
 
 
ランチ代わりに「マルコリーニ ブリュッセル ワッフル」を。さくさくのワッフルにアイスクリームとクリームがしなやかに混ざり、ナッツがよいアクセントとなっています。
 
 
お土産はバレンタインスペシャルのレディバード(てんとう虫)がついたハートの缶入りトリュフ。可愛らしいモチーフも、大人っぽく仕上げられているのは流石です。
 
 
二軒目は、ちょっとした穴場、花椿通り「ブロンデル」。
 
スイス、ローザンヌに本店をもつ創業160年のスイスの老舗ショコラティエです。
 
 
初めての支店は、なんとここ銀座だそうです。
 
非常にニッチな表現で申し訳ないのですが、漫画界の巨匠・山岸涼子先生のファンであれば『「テレプシコーラ」の「ローザンヌの、あの、チョコ」』といえばわかっていただけるはず。
 
いろいろなチョコがありますが、名物は約30種類のフレーバーがある板状チョコを割って量り売りで販売する「マルトー」。
 
 
素敵な箱もありますが、1枚だけ買っても美しいローザンヌの地図がプリントされた、輝く袋にいれてくれます・・・。
 
 
どのデパートでも、地下の食料品売り場はもちろん、上階の特設会場で、ありとあらゆるチョコレートが山盛り。
 
この時期は、自分用にも、大切な人へのギフトにも、選択肢がぐっと広がっています。
 
・・・例えば、選び抜いたチョコレートに、パンカーダのアンティーク小物を添えて。
 

貴女だけの気持ちをこめた、スペシャルなギフトをしつらえてみるのはいかがでしょうか。
 
パンカーダのアンティーク小物、どうぞこちらからご覧ください。
 
 
by N
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-28 14:40:37

家具の博物館 -ジェフリーミュージアム-

テーマ:美術館・博物館巡り

ロンドンの地下鉄リバプールストリート駅から少し離れたところにジェフリーミュージアムという家具の博物館があります。

 

ハーブガーデンや読書スペースも設けられ、静かで穏やかな時間が流れる場所です。ジェフリーミュージアムでは、ピリオドルームと呼ばれる部屋に各時代に使われていた家具やインテリアを当時の様子を再現しながら展示しています。

家具は英国中流階級の一般家庭で使われてきたもの。大きい博物館ではありませんが、時代ごとに変わる家具を順を追って見ることができるのでわかりやすく、家具の歴史を知るうえで貴重な博物館です。

 

 

今回は博物館の展示シーンと、本当にそこにあるかのようなパンカーダのコレクションを合わせてご紹介いたします。

 

 

ひとつめの部屋は1600年代から始まります。
1630年代と題されたこの部屋の家具はジャコビアン様式で、直線的な作りに凝ったカーヴィングが施されています。この時代はオークの時代といわれ、、重厚な意匠とオークの力強さが特徴です。

 

 

 

パンカーダにも最高級無垢材のオーク材にカーヴィングが施されたベンチがございます。

http://pancada.net/item/chair/cat50/post_1259.html

 

 


1745年のPalour(居間や客間)の部屋にはカブリオーレレッグが目を惹くクィーンアン様式のチェアが並びます。

18世紀の英国を代表するこの様式はアン王女の時代に確立され、優美で曲線的なスタイルは大流行し、後にロココ様式へと続きます。暖炉やテーブルには中国趣味の影響と思われる壺やティーセットが置かれています。シノワズリとよばれる中国趣味は17世紀半ばから流行し始め、18世紀の中ごろにピークを迎えます。この部屋に見られるロココ様式とシノワズリは、貿易により自国と海外の文化が入り混じった時代を象徴しているかのようです。

 

 

 

こちらは森の至宝ウォールナットを使ったクィーンアンチェア。伝統の美しさは進化を遂げながら受け継がれています。

http://pancada.net/item/chair/cat47/post_1319.html

 

 


さらに部屋は19世紀へと続きます。

このDrawing room(客間、多目的ルーム)には主に女性たちが集い、読書やゲーム、音楽などを楽むために使われていました。ゆったりとしたソファや移動しやすい小さめの椅子などが置かれています。椅子の座面生地とカーテン生地の素材や色調を合わせるなど、統一感を持たせ、美しさと寛ぎの空間を演出しています。

 

 

 

英国を代表する家具デザイナー、トーマス・チッペンデールにより作り上げられたスタイルのゲームテーブル。アンティークの粋が集結した逸品です。

http://pancada.net/item/table/cat45/post_1430.html

 

 


その後、部屋は20世紀へと進み、私たちが知る現代の部屋に近づいていきます。

 

家具の角度から見る時代返還。
実際に触れてみると歴史を感じます。

 

 

ピアスドカーヴドショーフレームヴィクトリアンセティ

            http://pancada.net/particular/cat77/post_1394.html

 

 

トップページは日本語で表記されています。家具の博物館、訪れてみてはいかがでしょうか?
ジェフリーミュージアムオフィシャルサイト
http://www.geffrye-museum.org.uk/multi-language/?lang=JP

 

by A

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-19 10:00:00

エリザ・クックの詩をうたう小さな肘掛け椅子

テーマ:暮らし・生活

パンカーダ田園調布、ビューローの上にある、小さなクレステッド・チャイナの椅子。

 

今日はこの椅子のお話しです。

 

Crested China/クレステッド・チャイナとは、街や場所の紋章がついている小さな陶器のこと。主にヴィクトリア時代後期から1930年代頃までに多く作られました。

 

ヴィクトリア時代、英国では鉄道網が発達し、一般庶民でも旅行を楽しむことができるようになりました。そして、旅行に行った先で欲しくなるものは、お土産。

 

 

沢山の物を飾り付けるヴィクトリアンの室内装飾において、お土産の小物はまさにうってつけのアイテムだったことでしょう。ただ、庶民が旅行に行けるようになった、といっても、まだまだいけない人は沢山いたでしょうから、行った先が一目でわかるようなものであれば、家に来たゲストにさりげなく自慢ができるというもの。

 

 

そんな理由から、小さくて持ち運びが容易、そしてご当地の紋章が描かれているクレステッドチャイナは、たいへんな流行となりました。

 

 

この小さな肘掛け椅子もそのうちのひとつ。

 

座面には「ROYAL MILITARY COLLAGE CAMBERLY」の紋章が、背には「THE OLD ARM CHAIR」というタイトルの詩が数行記されています。

 

 

実はこのような肘掛け椅子のクレステッド・チャイナはあちこちで作られていて、背にこの「THE OLD ARM CHAIR」の詩が記されているのは、ひとつのスタイルとなっていたようです。

 

「THE OLD ARM CHAIR」の作者はイングランドの女流詩人Eliza Cook/エリザ・クック(1818 -1889)。

 

 

詩はもっと長いものですが、冒頭の数行だけが使われており、内容としては肘掛け椅子にからめて母親の思い出を綴った詩となっています。

 

英国人にとっては、古い肘掛け椅子といえば思い出される定番の詩なのかもしれません。


人の気配を感じさせる家具、肘掛け椅子。

 

 

貴方の気配を移すとっておきの1脚を、ぜひお側に置いてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

by N

 

*肘掛け椅子のクレステッド・チャイナはサイト未掲載です。詳細はお問い合わせください。

 

 

アンティークファニチャーパンカーダ
TEL:03-5701-7380
MAIL:meguro-pancada@vivid.ocn.ne.jp
12-18時 水曜定休

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-12 11:00:00

東京都S様 ミッドヴィクトリアンハイバックサロンチェア納品

テーマ:納品事例・お客様の声

都内の閑静な住宅街に、ご自宅とは別の、こだわりの空間をお持ちのS様。

 

華麗な壁紙、最高級のカーペット、キャビネットに納められた陶器やシルバー、ガラスなどの素晴らしくも膨大なコレクション、絶妙に配されたアンティーク家具。

 

さながら美術館のような趣をもつ、濃密な美意識を感じさせる空間です。

 

この度、光栄なご縁をいただき、その場所に当店からミッドヴィクトリアンハイバックサロンチェアを納めさせていただきました。

 

 

150年近くを経た艶めくマホガニーと、フランス・タシナリ&シャテル社のシルクジャガードが空間を華やかに彩り、さらにセットでご購入いただいたことで、まるで王と王妃が手を携えて佇んでいるような印象をうけます。

 

 

S様、この度は誠に有難うございました。

 

まるでひとつの絵の様に美しいS様の空間に、当店を経由したアンティークを加えて頂くことができ、嬉しい思いでいっぱいです。


いつまでも変わらない美の価値を教えていただき、重ねてお礼を申し上げます。

 

今後ともどうか当店をよろしくお願い申し上げます。


by N

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-03 11:01:28

2017年も宜しくお願い申し上げます。

テーマ:パンカーダニュース

本日よりパンカーダは2017年の営業を開始いたしました。

 

 

 

新年を迎える度に頭をよぎるのは、子供の頃にブームになった「ノストラダムスの予言」。

 

 

 

それによれば1999年には世界は滅ぶことになっていて、自分の年齢を数えてみては、そこまでで人生は終わってしまう!どうしよう!と考えあぐねた記憶があります・・・。

 

 

それからもう18年。

 

世界は混沌としながらも継続し、私の人生も続いております。

 

今年はどんな年になるのでしょうか。

 

不安と期待、面倒くささとお愉しみがまぜこぜになりつつも、不思議と平らかな気持ちで迎える新年。

 

二度と来ないこの一年を、丁寧に迎えたいと思います。

 

 

 

 

どうか2017年も宜しくお願い申し上げます。

 

by N

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-29 09:40:01

2016年 有難うございました。

テーマ:パンカーダニュース

本日、12月29日はパンカーダの2016年の最終営業日となります。

 

気がつけば、あっというまの一年。

思い返せばいろいろなことがありました。

 

 

個人的にも、仕事や家族とのかかわりを見直した年でもありました。

 

自分はそれほど変わっていないつもりでも、いろいろなことが少しづつ、時には大きく、変わらざるを得ないのがこの世の常・・・なのでしょうか。

 

 

そんななか、ふと見まわせば、周りには100年200年を泰然と過ごしてきた家具たちがいて、「大丈夫、大丈夫。」と言ってくれている気がします。

 

 

パンカーダは2017年は1月3日火曜日より営業いたします。

 

 

皆様にとりまして、よい年末年始となりますことを、心よりお祈り申し上げます。

 

by N

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-26 11:52:00

ボクシング・デー -Boxing Day-

テーマ:パンカーダのこだわり

 

欧米ではクリスマスは一年のうちで最も大きなイベントのひとつ。


昔のお屋敷では使用人たちが最も忙しくしていた時期です。

12月26日はそんな彼らが仕事を終えてクリスマスプレゼントのボックスを開けられる日としてボクシングデーという休日になっています。

 

諸説ありますが、ともあれスポーツのボクシング/Boxingとは別とのことです。

 

 

 

 

主も使用人も一大イベントを終えた後は家族でゆっくりとお茶を飲んでいたのではないでしょうか。


パンカーダにもそんなくつろぎのひと時にふさわしい家具がございます。

 

 

 

ダブルペデスタル オーバル コーヒーテーブル No.9165-021

コンパクトなサイズと、美しいフォルムが秀逸なコーヒーテーブル。古くからお屋敷のなかで便利に使われてきました。深い表情をもつ天板はウォールナットの化粧張り。杢目の複雑な形状が溶け合い、ひとつの美しい絵画のような趣をたたえています。リビングルームのローテーブルとして、もしくはプライベートルームのサイドテーブルとしてお使いいただけます。


何かと忙しい12月ですが、時には心落ち着く家具に囲まれ、1年を振り返ってみるのも良いのではないでしょうか。

 

by A

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-17 15:33:50

クリスマスバード

テーマ:季節の話題

もうすぐクリスマスがやってきます。

 

英国ではこの時期特に人気者になる鳥がいます。
ロビンです。もうお馴染みかもしれません。
正式名称はヨーロッパコマドリ。胸のところが赤みがかったオレンジ色をしています。
イエス・キリストの茨の冠を取ろうとした時、イエスの血がロビンの胸を赤く染めたと言われ、また新年の魂を宿すとして、クリスマスに欠かせない存在です。

 

 

 

 

日本で言うところのスズメのような身近な存在。
あのふっくらとしたフォルムとつぶらな瞳に心が和みます。

 

英国で家具修復の学校に通っていた帰り道、初めて本物を見たときは感動しました。
本当に赤くて丸い!
実際は、胸はくすんだオレンジ色、体はもう少しスリムでしたが・・。

 

今年のクリスマスツリーにロビンを乗せてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

by A

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>