警察の家宅捜索も、「総研」をピラミッドとした構造を前提に進んでいる。

そして、ヒューザーの小島社長は、証人喚問に出ると言っているのに、再び証人喚問が行われる気配にない(もしかしたら、党首会談の後実現か?)

まぁ、小島社長の場合は言動不一致や朝令暮改が多く、証人喚問が再度行われないことを前提に「出る」と言っているフシがあるので、彼の発言は鵜のみにはできないが・・・


ところで、拙ブログ「総研を「黒幕」にしてはいけない 」でも記した通り、総研を黒幕とするルートだけでこの問題の幕引きを図るのには無理がある。


様々な新情報が踊り、少し古い情報は既に消費されてしまいがちであるが、事件の解明に忘れてはならない「事件」があった。11月26日の共同通信配信である。

「姉歯」発注の代表自殺 鎌倉の海岸、遺体発見  (Yahoo Japan News 共同通信)

(引用ここから)

耐震強度偽造問題で、姉歯建築設計事務所に構造計算を発注し、行方不明だった東京都狛江市東和泉、森田設計事務所代表の建築士森田信秀さん(55)が26日、神奈川県鎌倉市の海岸で、遺体で見つかった。家族が身元確認した。鎌倉署は状況から自殺とみている。
森田設計事務所は22日、建築士法に基づき東京都の立ち入り検査を受けていた。
調べでは、26日午前11時半ごろ、服を着たままの森田さんが海岸岩場の海面に浮いているのをサーフィンをしていた会社員(48)が見つけた。
鎌倉署員が駆け付けたが既に死亡していた。右足を骨折しており、同署は、付近のがけから飛び込んだとみている。
森田さんは問題発覚後に行方不明になり、家族が24日夜、警視庁調布署に捜索願を出し、森田さんの乗用車が神奈川県茅ケ崎市内の駐車場で見つかっていた。

(引用ここまで)


不思議なことに、ホテルルートは、「総研」-木村建設-姉歯建築事務所。

マンションルートは、ヒューザー-木村建設-姉歯建築事務所。という構図で語られ、姉歯氏に構造計算を発注していた森田氏の「も」の字も出てこない。

これは、事件に無関係だからなのか?


もう一度整理してみよう。

ホテル施工の「手抜き」を指示したのは、「総研」らしい。

「総研」のセミナー講師を姉歯氏も行っていることから、総研流の鉄筋減らしへの姉歯氏の理解は高かったのであろう。


では、マンションは誰が指示をしたのか?

姉歯氏の証人喚問では、木村建設の元東京支店長の間接的な「指示」となっている。

木村建設は、ホテル建設の鉄筋減らしでアジをしめ、マンションにそれを勝手に応用したという図式でマンションルートは現在語られている。


さらに、ヒューザーも木村建設も関わらない別のマンションも偽造されていた。

これは、姉歯氏がアジをしめ、プレッシャーのかからない他の物件でも「勝手」に偽造したということなのか?


「総研」を黒幕とすると、無理がありすぎる。


マンションルートでは、別の思惑が働いていたと見るのが正しかろう・・・


その目で再び、先の記事を読んでいただきたい。

姉歯氏に「構造計算」を発注している、森田氏が自殺しているのである。

そして、この事件以降、姉歯氏は恐怖の為、行方をくらませている。


もし、姉歯氏が勝手にやっていて、偽造を見抜けなかったのなら、自殺する動機が薄くなる。

森田氏も偽造を知っていたと見るのが自然であろう。


さらに、偽造を知っていただけでなく、指示する側の人間だったのではなかろうか?

それ故に、口封じの為に「自殺」した・・・。


森田氏の自殺の深層(真相)を解明することが、マンションルート解明の近道なのではなかろうか?

そして、為政者が隠蔽したい真実は、ココに隠されているように思えてならない。


rank2

うん!納得!!という人も、イマイチだったとい人も「ポチ」っと・・・





***** 以下、PR *****

楽天が買収する前から、宿泊予約はこのサイト

AD