またも 「進撃の巨人」ネタですが、最新話の
第101話
が 余りに凄い内容で、私の脳内は
年頭から 進撃されっぱなしなのです。(笑)
今ようやく冷静になり、少し斜め?から考えられる
ようになったので、最新話について現在公開可能な
考察を述べたいと思います。
(またも、進撃ファン向けの内容をご容赦下さい。)

              +

 

斜め考察1. 戦鎚の巨人の意外な正体と能力
進撃ファンの皆さん。 戦鎚の正体が ヴィリーの
妹だと思い込んでいませんか?

これは、ヴィリーを喰ったエレン巨人に向かって
「兄さん」と言っているので そう見えるようです。
ところが、戦鎚の黒髪女性の足元を見ると。
そこに戦鎚の有力候補だった、ノッポ兵士が無残に

下敷きになった姿が描かれています。
「兄さん」とは、このノッポ兵士に言っていると見え

ないだろうか?
「タイバーの務め、大変ご立派でした」
この言葉も、ノッポ兵士が タイバー家に近衛兵として

立派に役目を果たした事を言っているととれます。
つまり、戦鎚の黒髪女性とノッポ兵士が兄妹 という
可能性もあるのです。

 

そこで、地面からのトゲ攻撃や 巨大ハンマー出現の
謎です。 地面から 何でこんなのが、ニョッキと出て
くるんだ!?
ここに ノッポ兵士が絡んでいると思います。
エレンを貫いた巨大トゲは、ノッポ兵士の居る場所
から出ている
ように見えるのです。
私は「戦鎚=戦対」であり、黒髪女性とノッポ兵士で
一対の能力を持つと考えています。
だから、ノッポ兵士にも特殊能力があるのです。

 

例えば、ノッポ兵士は 硬質化の巨人化薬を体に潜ま
せていて、ある合図で ノッポ兵士は “トゲ型巨人”
“ハンマー型巨人”
に変化したのではないか?

その合図とは、マガトが放った一発の銃弾であり、
その直後に 戦鎚の片目が光り、巨大トゲがエレンを
貫くのです。
マガトが その銃弾を 「反撃の一番槍」と言ったのも
うなづけるのです。
黒髪女性とノッポ兵士は兄妹であり、巨大トゲや
巨大ハンマーは ノッポ兵士の巨人化した姿である

この考察結果 どうでしょうか?

               +

 

斜め考察2. パラディ島勢力の意外な黒幕とは?
エレンとミカサの見事な連携によって、戦鎚の巨人を
撃破!! これを誘ったのが、エレンのファイティング
ポーズなのです

このポーズをとれば、戦鎚は必ずハンマーを打ち込ん

で来る。 エレンはそれを知っていて、 あえてガードして

囮となった。
一方この時、戦鎚のうなじは がら空きとなり、そこを狙い
ミカサが雷創を打ち込んだ。
まるで、戦鎚の特徴を熟知している様な作戦なのです。
これを一体 誰がエレンたちに伝えたのか?

 

あのファイティングポーズは、アニの戦闘ポーズと呼ば
れます。
あのポーズは ガードも取りやすく、そのガードを先ず
ハンマーで破壊するのが、戦鎚の勝利パターンである。
このような戦鎚の特徴を、アニがエレンたちに教えた

考えられないだろうか。
(戦鎚の巨人は 実戦経験が乏しいようですが、訓練で
 アニと戦鎚の対戦があったと思われます。)

 

では、アニはどうやって硬質化結晶から出てきたのか?
そこで思い出すのが、巨人の処刑台という対巨人兵器

です。 これを硬質化し、上から落下させ、結晶体を叩き

割るのです。
もちろん、中に居るアニの体にダメージが加わりますが、
そこは巨人の力で回復するでしょう。
もし そうであれば、アニはマーレの情報を どこまで伝え

ているのか? 非常に興味深いです。

 

AD

世間様におかれましては、クリスマスムード
一色でありまして。
店には クリスマスソングが流れ、クリスマス
ツリーが飾られ、店員さんたちは サンタやら
トナカイの格好に衣替え。
TVやラジオからは、クリスマスと名の付く
有名曲のオンパレード。
毎年毎年、それはそれは賑やかなことで…

 

ところが、ところがです!
12月24日が過ぎるや否や、ついさっきまで
騒いでいたクリスマスはどこへやら。

瞬時にして 年末年始モードに早変わり!
クリスマスツリーは門松に、ケーキは鏡餅に、
サンタやトナカイは お正月のはっぴ姿に。
いつも思うことですが、この変わり身の早さは
どうなのか!?

 

ハロウィンやバレンタインデーもそうですが、
その日が過ぎれば さっきまでのお祭り騒ぎは
どこへやら。 
さあ次のモードに切り替えだ。
しかし、その記念日の 本来の教義も考えず、
お祭りムードに 流されるだけというのは どう
なのか?
 それで良いのか?
商業ベースに 乗せられているだけではないか。
私のような 斜に構える人間は、いつも疑問に
感じるのです。

 

そもそも クリスマスとは、キリスト教の預言者
イエス様の お誕生日…  と言ってはならない。
降誕日なのです。
救世主が人の姿となって、この地上に降りて来て
下さった。 それはそれは 非常に有り難いことで、
そこに 感謝の気持ちを込めなければならない。
その気持ちがあってこその、お祭りではないのか。

 

そこで私は こう考えるのです。
このギスギスした刺々しい 娑婆世界-
そこには 魂の安寧という事が必要なのです。
古来から人々は、それを宗教に求めてきた訳です。
だけど、どうしても特定の教義を信仰しなければ
ならないのか?
それは 普段の心がけ一つなのではないか。
例えば、クリスマスとは-
「苦 離 素 増」
「苦しみから離れ、素敵なことが増えてくる。」
それを 心に思えば良いと思うのです。

 

娑婆世界というのは、しみの連続…
かもしれないが、
そこに 固執せず、一旦 れて に帰って観れば、
新しい発見も えてくるのではないか

これは クリスマスに限ったことではなく、日々その

ように 心掛けることだと思います。
クリスマスは 一日だけじゃない。
毎日が 「苦 離 素 増」。

 

AD

「進撃の巨人」の 9つ目の巨人、「戦鎚の巨人」。

その正体とは?

現在、サイトで大いに盛り上がっております。

そこで、当ブログでも 緊急投稿。

私めの新説を ご紹介したいと思います。

(進撃ファン向けの内容を、ご容赦下さい。)

 

 

         ☆話題の ノッポ兵士黒髪女性

           「戦鎚の巨人」の最有力候補は誰?

   

 

先ず、タイバー家の子供たちを見ていきましょう。

金髪の子と 黒髪の子とがいます。

これは、両親の髪の色が違うという事です。

ヴィリーは金髪なので、どうやらこの黒髪女性は

子供たちの母親、“ヴィリーの妻”という線が出て

きました。

(ちなみに 子供たちシーンで、ヴィリーが

 「戦鎚の巨人」が誰かを質問しているので、この

 シーンには ヒントが隠されていると思います。)

 

次に、ヴィリーはタイバー家の面々を 家族と呼ばず、

「一族」 と呼んでいます。

つまり、タイバー家は貴族出身だが、違った系統の

人物も含まれているという事です。

例えば、タイバー家の地位向上のため、王族を迎え

入れたと充分考えられます。

とすれば、この黒髪女性は 9つの巨人を継ぐ“王族

出身者” である線も出てきたのです。

 

ならば、王族であり 妻となった人物の、戦闘能力は

どうなのか?

巨人の戦闘力は、人間時のそれを反映しています。

黒髪女性の巨人化した戦闘力は、それほど高くは

ないと思われます。

そこで、ノッポ兵士の出番です。

戦闘力には “巨人の力”が 新たに補われ、その力を

ノッポ兵士が持っている思うのです。

 

では、本来の 「戦鎚の巨人」 の役割 とは何か?

それは 人類の歴史を汲まなく記憶し、継承して、

伝えることではないか。

その正統な記憶が、ヴィリーたちタイバー家に伝え

られ、現在その役目を 黒髪女性が担っていると考え

られないだろうか。

 

つまり 「戦鎚の巨人」とは、記憶、伝承に 特化した

巨人であり、戦闘力は別の人物によって補完されて

いる 特異な巨人 だと思われます。 即ち、

黒髪女性は 「戦鎚の巨人」 の “記憶”を継承し、

ノッポ兵士は「戦鎚の巨人」 の “力”を補完した。

ここに、“戦鎚二人説” が浮上してきたのです。

(ちなみに、ヴィリーがこの二人に 「お前たち」と言う

 ところを、「お前」と言ったのは、どうしても 妻の方に

 情が入ったからではないか…)

 

さて 奇しくも、「戦鎚(せんつい)」が 「戦対」という、

戦う対(つい=ペア) となりました。(笑)

ただし、この二人がシンクロして 一つの巨人を動かす

となると、これは相当に難しいと思われます。

そもそも 兵士と 王族出身の妻、なかなか波長が合わ

ないのではないか?

「戦鎚の巨人」が 過去に実戦投入されなかったのも、

シンクロの難しさが大きな要因 とも思えます。

 

けれど今回、ヴィリーの死を受けて 「戦鎚の巨人」の

発動があるやもしれません。 その時-

ノッポ兵士が先ず巨人化し、黒髪女性をパクリと喰う!

そして うなじの中には、人間二人の姿が。

そんな衝撃的な合体となるか、楽しみになってきました。

 

(もし外れたら、この話はファンタジーとしましょう。(笑))

 

AD

今なお、絶大な人気を誇る 「進撃の巨人」
その世界が この一年で大きく様変わりし、今
大変な展開となっています。

それを事細かに書くと長~くなるので、かい摘んで
紹介したいと思います。

 

「進撃の巨人」 その当初の世界では、人類は巨人に
よって滅ぼされ、残された人類は 壁の中に居るだけ。
壁の外には、恐ろしい巨人が ウヨウヨといる そんな
世界でした。
ところが、それは壁中を支配する王家による 歴史の
ねつ造
だった。 本当は、壁の外にも 人類の世界が
広がっていたのです。

一方、その壁の外の世界では、壁の中には 悪魔の

末裔たちが住んでいると教えられ、壁の中を恐れて

いたのです。 つまり、
壁の中では 外の巨人を恐れ、
壁の外では 中の悪魔を恐れていた。

双方が、他の世界は恐ろしい場所だと教え込まれ、
洗脳されていたのです

この世界観の転換が 先ずおもしろい。

 

では、なぜ そうなってしまったのか?
事の発端は、昔々のその昔、ユミル・フリッツ
というエルディア人の始祖が “大地の悪魔”
契約を交わし、「巨人の力」 を手にした事に始

まります。
その結果、エルディア人は あるきっかけで巨人に
なってしまうという、恐るべき遺伝子が植え付け
られてしまい、それが子々孫々まで繋がっていく
のです。

(恐怖の的だった巨人に、実は自分たちがなって
 しまうという、この転換もまた面白い。)
エルディア人は 巨人の力で栄え、大陸を支配して
いた マーレ国を追い落とし、帝国を築き、王家を
打ち立てて繁栄していきました。
が、一方で王家同士の内紛や、マーレ国の反抗も
絶えなかったのです。

 

時は流れ、145代目の王は そんな状況に嫌気が
さし、近隣の島 パラディー島へと逃げてしまいます。
さらに その島に “壁” を築き、大陸とは絶縁して
しまったのです。
そして、大陸から王と共に渡ってきたエルディア人
の子孫たちに、壁の外は巨人に制圧された恐ろしい
世界だと洗脳
したのです。
その一方、大陸に残った王家は、島にはいつ巨人化
するか分からない、悪魔の末裔たちが棲んでいる

教え込んだのです。
ここに、お互いを恐ろしい存在とする世界観が生まれ、
悲劇が繰り返されるのです。
(要約したつもりですが、長くなってしまいました。)

 

では、そもそも “大地の悪魔” なんていう 怪しい奴
から 巨人の力なんか借りなければ、こんな可笑しな
世界にならなかったのではないか?

否、そこが根本の問題なのです。
始祖ユミル・フリッツの昔、世界は “悪魔”から巨人の

力を借りなければならないほど、荒れ果て、荒廃して

いたと思えるのです
本当は 悪魔なんかと契約したくない。 が、そうしな
ければならない程、世界は酷い状況だったのでしょう。
そこで 巨人の力の恩恵を受け、荒廃から脱出できた。
ここがミソなのです。

 

だからもし、巨人の力を得なかったとしても、人々は
きっと それに類するものにすがっていった
思います。
現に科学技術がそうだし、また巨人の力とは核兵器に
比喩しやすい
と思います。
実は、“壁”の中には 幾千万もの超大型巨人が居て、
一度それらが動き出せば、とてつもない破壊力を発揮
するのです。
壁内が守られていたのは、壁の脅威があったから。
壁は 戦争抑止力そのものなのです。
現代社会も、核兵器のにらみ合いで平和が保たれている、
それを見事に投影しているのです。

 

しかしこの先、この均衡が破られる、恐ろしい事態も
想定されます。 物語では今、まさにその状況を描いて
いくのではないかと思います。
が、主人公はこうも語っています。
「壁の外も中も 同じだった」
今まで 悪魔とか巨人とか、大人たちから吹き込まれて
きたが、それ以前に 同じ人間同士じゃないか。

この言葉に 一縷の希望を感じるのです。

 

ところで、そもそも最大の黒幕である “大地の悪魔”
とは何奴なのか!?
恐らく 世の中が荒廃し、人心が乱れ切ったのを観て
そこに付け込んで やって来る存在
かもしれません。
「進撃の巨人」では “ループ” という現象が、重要な
キーワードになっています。
ループとは、ある周期をもって、同じ様なことが 繰り

返されること。 文明の盛衰も、ある意味それに当て

はまるのではと思います。
然らば、今の現代文明はどうなのだろうか?
それを思う時、今そこかしらに 大地の悪魔の

足音が… @#$*¥&?~!

 

ゴジラがアニメ化? ゴジラは特撮だろう。
アニメ化なんぞ、薄っぺらくて違和感ありありでは
ないか!? 
そもそも 「シン・ゴジラ」の大ヒットに
便乗しただけじゃないのか!?
そんなガッカリな第一印象で、当初は観に行く予定
ではありませんでした。
なれど、ゴジラシリーズを 欠かさずに観てきた者と
して、観ない訳にもいくまい。
ということで、物見遊山で行ったのですが…

 

いや~ これが 予想外に熱かったし、面白かった!!
特に、ゴジラを畳み込むように追い込み 殲滅する、
その戦略や、小気味良く スピーディーな展開

戦記ものとして見応え充分でした。

アニメ制作にも 気合が入っていて、ヤマト、ガンダム、
エヴァ等のエッセンスを結集し、難敵ゴジラに挑む!
日本のアニメ、ガンバってるなー! そう感じました。
(「進撃の巨人」ぽさもあり。エルヴィン登場(笑))

 

 

さて、今度のゴジラで出色なのが 異星人の協力です。
エクシフ人と ビルサルド人
2種類もの異星人が、時を同じくして、怪獣災害に苦し

んでいる地球に 移民を求めて来る。
これ自体で、もうお腹一杯な展開です。
言葉や生活、文化、それに体の構造も違うはずなのに、
それを どうやってまとめていったのか?
これだけで、ストーリーが幾つも出来てしまいます。
ただ今のところ、ゴジラという 共通の敵がいるお陰で
まとまりが付いている状態なのか?

 

そもそも、何万光年と離れていて 環境の違う星人が、
同じ背格好をしているのが考え難いのです。
つまりは 太古の昔、超古代文明の時代から、地球、
エクシフ、ビルサルドの間で交流があった?
(あるいは超古代文明の頃、エクシフやビルサルドは、

 地球からの移民星だった?)
そして 怪獣に滅ぼされた星人同士が、地球に結集し、
リベンジを果たそうということなのか。
実は、宇宙で大きな変化が起きていて、最後はその
宇宙の破壊神との戦いが待っているのではないか?

そんな大スケールの ワクワクな展開が予感されるの
です。 (オールドファンには、最後の敵は アレだと
察しがつくでしょう…)

 

とにかく 絵の迫力、ゴジラやメカニック、背景の描写
などは緻密で観応えありました

ただ残念なのは、人の描写なのです。
人物がいかにもアニメアニメで、ゴジラなどの描写と

比べて 薄っぺらなのです。 スタイリッシュで良いの

かもしれませんが、特撮ファンにとっては物足りない
ところなのです。
人物は、格闘ゲームのキャラ的に 書き込んで欲しい
ものです。 
例えば 「鉄拳」シリーズの 三島平八や
デビル仁 ばりの絵で、ようやくゴジラとつり合いが

とれる というものです。
次回作は、人物描写を ゴジラと負けない位に濃密に。
それを期待しております。