お正月といえば、ゴジラ映画。
一昔前まで、それが楽しみなものでした。
昨年は 「シン・ゴジラ」の大ヒットもあって、
1993年版 「ゴジラ VS メカゴジラ」

久々に観たくなりました。
これは、私が好きな映画の筆頭にあげる

傑作中の傑作なのです。
(「シン・ゴジラ」の一番最後に流れた、もの

  凄く勇壮な曲、その作品です。)

 

とにかくこの映画、ただの怪獣映画と思うなかれ!
もうチョットだけ、尺をとって 作り込んであれば、
日本の映画史に残る、否、世界の映画史上にも輝く
“普及の名作”になっていた可能性が 充分にある!

それほど 凄い作品なのです。
何がそれほど凄いのか?

先ずはそのテーマ。 ゴジラ映画のテーマといえば、
・戦争や 核、放射能の恐怖としてのゴジラ
・悪を倒す 正義のヒーローとしてのゴジラ

主にこの二つに大別されます。
しかし、「ゴジラ VS メカゴジラ」のテーマは、この

どちらでもありません。それは-
「“命”の連携 VS 機械文明」
という、物凄く深淵なテーマなのです。
そのため 怪獣たちの登場には、意味が通っている
のです。

 

そもそも、ゴジラとラドンは 「托卵」 で結びつい
ていた、この卓越したアイディアです

「托卵」とは、卵の孵化を他の生物に託すことです。
これは実際、鳥類に多く見られる行動とされます。
これに則り、ゴジラもその卵を ラドンに託して孵化
させていた。 なので、生まれた幼体は兄弟。
つまり ゴジラとラドンは、兄弟に近い親密な関係
にあった。
これは それまでのゴジラ映画の設定を
刷新する、まさに天才的な設定です。
もちろん、托卵関係は “後付け” であり、第一作
からあった訳ではありません。
しかしながら、ラドンを鳥に見立て、托卵の関係を
引き出すとは、後付けながら絶妙に納得してしまう

のです。
ゴジラとラドンの兄弟に近い関係、これがストーリー
の骨子= 命の連携へと繋がっていくのが、実に見事
なのです。

 

その 命の連携に抗するのが、人類文明=メカゴジラ。
本作では ほぼ全編に渡って、怪獣VS人類の 激しい
戦いが繰り広げられるのです

上映時間 約100分の間に、
 ・ゴジラ VS ラドン
 ・ゴジラ VS メカゴジラ(一回戦)
 ・ゴジラ VS Gフォース
 ・ガルーダ VS ファイヤーラドン
 ・メカゴジラ VS ファイヤーラドン
 ・ゴジラ VS メカゴジラ(二回戦)
 ・ゴジラ VS ガルーダ
 ・ゴジラ VS スーパーメカゴジラ
 ・スーパーゴジラ VS スーパーメカゴジラ

9つもの戦いが、ほぼノンストップで 華々しく展開
され、圧巻の見応えです!

その一方で、戦闘の合間に人間ドラマ、科学的説明、
作戦展開、さらにはラブコメ要素も盛り込まれていて、
ドラマとしても 秀逸なのです。

 

そして物語の白眉である、幕張の最終決戦へ。
劣勢のメカゴジラは、飛翔型攻撃機ガルーダと合体。
「スーパーメカゴジラ、合体完了!」
くうぅぅぅーーー! これぞ男のロマンです!!
スーパーメカゴジラ となって 格段にパワーアップし、
ゴジラを絶命寸前まで追い込みます。
ゴジラは もはやこれまでか…

 

だがしかし! そこに 怪獣チームの “奇跡の連携”

発動するのです
↓瀕死のゴジラが断末魔を張り叫ぶ。
   親の危機を悟ったベビーゴジラが、さらに絶叫する。
↓兄弟であるベビーゴジラの叫びに応え、ラドンが
   最後の力で飛び立つ。
↓ラドンがゴジラと重なり、ゴジラに生体エネルギーを
   与えて風化する。
↓ゴジラがラドンのエネルギーを得て、大復活!
   スーパーゴジラ誕生。
↓ゴジラの究極奥義、
赤い放射熱線(バーンスパイラル
   熱線)が スーパーメカゴジラに炸裂、大破!

   怪獣チームの大逆転勝利!

この一連の流れが本当に熱い、何度観ても熱いのです。
バックに流れる 「ゴジラのテーマ曲」も どハマりで、
映画史に残る名シーンだと思います。

 

出色のシーンは まだまだあります。

冒頭のメインタイトル- さらに メカゴジラの出撃、
攻撃シーンで流れるテーマ曲
が、超痺れるのです

また、平成ゴジラシリーズのヒロイン、三枝未希が
ゴジラと直接対決
するシーンも素晴らしい。
未希がゴジラを倒すことをためらうが、ついに決断。
その目からは涙が…
ところが、復活したゴジラのエネルギーが逆流し、
未希に襲い掛かる、その展開がまた熱いのです。

 

エンディングシーンも見入ってしまいます。
未希が髪を解かして、テレパシーでベビーゴジラを
誘導し、帰るべき場所を教えます。

そしてゴジラは、静かに海へと帰っていく。

ここは とても美しい流れです。
その 最後の決め台詞も 良いのです。
「勝負を決めたのは、結局 “命”だった」
「命ある者と 無い物の差」
「ヤツには 何としても、守らなければならないものが
  あった…」

このように、ゴジラ映画のテーマが “生命の繋がり”

として描かれた、傑出した作品なのです。

 

あと もう一つ書いておきたいことが。
この93年版 「ゴジラ VS メカゴジラ」のインパクトを
受けて、95年に「平成ガメラ」がスタート。
「エヴァ」のTVシリーズも95年。
97年には「平成ウルトラマン」が、2000年には
「平成仮面ライダー」と、次々と人気ヒーローたちが

復活、登場してきています。
現在にも続く 人気シリーズの火付け役となった本作
「ゴジラ VS メカゴジラ」は、本当に偉大な作品だと
私は思うのです。

 

AD

2016年の後半以降、そこで特筆されるのが

映画界の賑わいです。
私は、年に 4,5回も 映画を観れば多い方です。
そんな私が、昨年は-
 ・天使にアイム・ファイン1回
 ・ズートピア 1回
 ・シン・ゴジラ 4回
 ・君の名は。6回
 ・この世界の片隅に 6回

と、計18回も 映画を観てしまったのです。
これは私的に 4,5年分にも相当する回数なの
です。 特に後半の3本には ハマりました。
(この3本に、いくら注ぎ込んでしまったか…
 (苦笑))

 

前半こそ 「天使に~」に期待していたのですが、
う~ん? まあ映画にすればこんなもんかという
程度でした。
「ズートピア」は面白かったですが、振り返れば
まあ王道という感想です。
なので、2016年も 映画界は凡庸な感じなのか
と思っていました。
実は 後半の3本も、私はそんなに期待していま
せんでした。
「シン・ゴジラ」は、不気味な姿に違和感がある。
「君の名は。」は、よくあるラブコメものだろう。
「この世界~」は、原作を上手く踏襲できるのか。

 

ところが、そんな流れを 大きく変えたのが、

「シン・ゴジラ」 だったのです。

その映像、音楽によって 元気が沸いてくる。

映画で そんな高揚感を味わうのは久方ぶりです。
その「シン・ゴジラ」を凌ぐ、との評判で観たのが
「君の名は。」
さらに、その「君の名は。」を凌ぐ評判で観たのが
「この世界の片隅に」 だったのです。
まさに 「シン・ゴジラ」を起点に、ドミノ倒し のよう

にやって来たという印象です。

 

その 「シン・ゴジラ」ですが、確かに面白かった
が、やはり “敵怪獣”という “華”が欲しい!
ゴジラシリーズの人気は、優れた“敵役”の人気
でもあるのです。
次回作では、キングギドラや メカゴジラクラスの
華のある敵怪獣との対戦を、ぜひ望みたいです。

 

「君の名は。」 と 「この世界の片隅に」

この二つは 作風の違う名作ですが、意外にも

共通点 もあるのです。
どこにでもいるような主人公たち。
そこに “入れ替わり” とか “戦争” という異常事態
が入り込んでくる。
それでも主人公たちは、日常を淡々と送っている。
が、ついに彗星や空襲という 大災害が降りかかっ

てくる。
けれどその後も、主人公たちの日常は続いていく。
そして最後には、未来への希望が…

という共通する流れ、即ち 「起承転結」がハッキリ
しているのです

ので、話が多少ややこしくても、テンポが速くても、
話が予想しやすく 入り込みやすい。
このような 流れの分かりやすさに、スタイリッシュ
かつ懐かしく美しい絵の魅力、それに声優の巧さ

などが加わり、大ヒットに繋がったと感じるのです。

 

                               ×
では、今年の映画シーンも この盛況が続くのか?
残念ながら、私的には どうもそうはならない…
その理由の一つに、やたらと「青春胸キュン映画」
とか 「人気マンガ原作」が多いのです。

「君の名は。」 が 大ヒットしたからといって、また
この路線なのか?  もういい加減飽きてきたぞ!

という、人気減速の典型的パターンに入ってきた
と感じるのです。
どうしても、大ヒットした「君の名は。」の 後追い
みたいになってきてしまう。 もちろん そのことを
制作サイドも重々承知で、似た風には創らない

はずです。
ところが、そこが人間の悲しい性で、成功経験と

いうものが、どうしても心の片隅に居るものです。
創る側も 観る側も、大ヒットの余韻を受けてしまう
ものなのです。

 

それでも 70~80点の作品にはなるでしょう。
ところが エンタメの世界では、それではすでに
後退なのです。

前作が120点なら、次は 200点、300点を
取らねば トントンに観られないのです。

120点の延長線で考えても、とうてい及ばない
ことです。
今一度、2016年の盛況をぶち壊す!!
その位の気持ちで、制作サイドは 初心に帰って
映画創りに臨むべしと思うのです。

 

AD

年の初めの 片隅に…

テーマ:

子供の頃は、新鮮でワクワク感を覚えた年末年始。
ですが、歳とともに薄らいでしまい、今では
正月なんて 365日の1日じゃないか?

という思いなのです。
そもそも、地球が太陽を 一周した事に過ぎない、
それが重要な意味をもつのか?
あくまで、時間の目安、計りとして便利なだけでは

ないのか?

 

実際、12月31日から1月1日になって、物理的な

何が変わるのか?

人為的に、新たな始まりだと 決めているだけでは

ないのか。
物事を大きく俯瞰した時、1年きっかりで変わった
なんて事はないのです。
数年、十数年で 徐々に変わっていく、あるいは
三月、半年で ガラッと変わっていく、それが実際

であり、1年という単位は 余り意味を成さないの
ではないか。

 

そこで私は、1年という単位を気にせず、それに

代わり フェイズ=局面の変化に 意識を向ける

ようになりました。
フェイズの変化とは、一例で分かりやすく言えば
3.11以降です。
防災、危機管理、省エネ、環境、反原発などなど

明らかに 世の空気が変わってきました。
が、それ以上に重要なのが-
 「全く 想定もしていなかった事が起きた」
これなのです。 これがフェイズの変化なのです。

 

そもそも人間の想像力なんて、知れたものです。
プロの作家や 知識人たちが、いくら奇想天外な
ことを想像しても、所詮は人間の想像の範囲内の
ことなのです。
そんな想像をあざ笑うかのように、想像を絶する
ことがやって来る、それが現実世界なのではないか。
なぜそうなるのか?

 

これは決して、未知の力や 神秘性ではありません。
人間の想像力の偏りなのです。
人間はどうしても、延長線上を考えてしまう 悲しい
生き物なのです。

どれだけ 発想の転換を言ったところで、過去の
イメージの延長線上であることが多いのです。
言い換えると、平面上のパズルを ああだこうだと

並べ替えているだけではないのか。

 

だがしかし、現実世界は上下にも動いているのです。
我々凡人は、日々 直線上を歩んでいるものと思い
込みがちです。 が、それが大きな勘違い!
現実には、日々坂道を 上り下りしているようなもの
ではないか。
上下方向に居るにも関わらず、どうしても平面を
向いてしまう。 それが人間の悲しい性です。
ところが、気付きにくい 上下方向の変化が 徐々に
起きていて、それが身近にもやって来る

それが “フェイズの変化” というものではと思います。
1年という 平面的な画面にとらわれずに、段階、位相

という 立体的なフェイズを考えていくべきと思う、今日

この頃なのです。

 

 

但し、上下方向や立体的というのは、一つの例えに
過ぎません。
  目に見えない、気付き難い、思いもかけない、
  そんな 匂いや感触…

そこに注視し、考えてみたいという事です。

 

AD

年末年始の話題作ラッシュの中、「君の名は。」のかつての
勢いは 流石に薄れてきたようです。
が、しかし そんな時だからこそ、この作品の隠れた魅力を

改めて探ってみようではありませんか。

 

もう何度も書いていますが、この映画にはスーパーヒーロー
がいて、超能力や超メカニックを使ってド派手に大活躍!
なんて事は一切ありません。
「入れ替わり」はあっても、いたって普通の日常がベースに
あって 淡々と進んでいる。
そこが この作品に入り込み易い
キモなのかと思います。
その一方で、ミステリー雑誌「ムー」が出てきて、
「エヴェレット解釈に基づく、精神のマルチユニバースとの
 接続…」
とか、超科学的な伏線を さり気なく噛ませている
のが見事です。
それを匂わす、日常で起こっている超自然現象、それが
「カタワレ時」。

「たそがれ時~カタワレ時」 こそが、最大の魔法なのです。

(ちなみに 「君の名は。」は、別名 「この世界のカタワレに」

  でもおかしくないと思います。 パクリみたいですが(笑))

 

では タソガレと カタワレについて、先ず

「たそがれ時」とは「誰ぞ彼時」
これは 日が沈む夕刻を表します。
これを逆さにしたのが、
「彼は誰時」=「カワタレ時」
これは 日が昇る明け方を言うのです。
さらに、古い万葉言葉で これをひっくり返したのが
「カタワレ時」。

これでまた、朝方から夕方に戻ってしまったのです。
しかも、ただ戻ったのではありません。
カタワレとは 「片割れ」。
この世界の 隠れたもう一つの部分
を表す、物凄く深い
言葉でもあるのです。 つまり、
誰そ彼→ 彼は誰→ カタワレ→ 片割れ
片割れの語源は、夕方の黄昏時から来ているみたいです。
その「カタワレ時」に、一体何が起きているのか?

 

この映画では、重要な場面が夕方によく起きているのです
夕方といえば 「カタワレ時」に近い時間帯です。
その時に 二人は糸守で再会しますが、他にも、
 ・瀧が三葉と 東京で初めて逢い、組紐を渡された時
 ・瀧が奥寺と東京デートで、糸守の絵を見て思い出した時
 ・瀧が糸守へ行き、そこで 三葉のスマホメモが消えた時
 ・瀧が彗星衝突の8年後、東京で三葉の後ろ姿を見た時
 ・瀧が奥寺と再会し、5年前 糸守へ行った事を思い出した時
このように、けっこう大事なシーンが 「カタワレ時」に近い
夕方に起きていて、ここは重要なのです。

(前記事、〈改訂版〉よく分かる「君の名は。年表」を 参照

  ください。
  歴史Aと 歴史Bが 見事にパラレル進行 していることも
  分かると思います。)

 

「カタワレ時」というのは、
「昼でも夜でもなく 世界の輪郭がボヤけ、人ならざる者が
  観えるかもしれない時間…」

そう言われる、摩訶不思議な時間帯です。
昼と夜、光と闇とが拮抗する時間。
これは丁度 “夕凪” と似ていると思います。
夕凪では、陸側と海側の温度差がなくなり、風が起きなく
なります。
無風で静かな状態ですが、エネルギーが失われたのでは
ありません。 温度が拮抗しているため、エネルギーの移動
が起きないだけなのです。
もっと言えば、台風の目の中に居るようなものです。
目の中心は静かな無風状態だが、少し外側には物凄い暴風

が渦巻いている
これが カタワレ時の正体なのではないか?
昔から「カタワレ時=黄昏時」には、神隠しに逢うという 言い

伝えもあるようです。
この時空の渦巻く凄まじいエネルギー。
それに、太古より 彗星の未知なるエネルギーを 宿している
宮水神社のご神体のパワー。
それらが重なって タイムワープを引き起こし、二人を出合わ
せたのではないだろうか。

     

 

「カタワレ時」には、光と闇とが拮抗し、共鳴し合い、
高いエネルギー振動が生ずる

それが 見えない高次元世界に作用し、魔訶不思議な
現象を巻き起こす
のではないだろうか。

 

例えば、タイムワープなどで 歴史が変わった時、矛盾が
生じないように、高次元から 歴史の歪を修正する力が
働く
と考えられています。
これは “検閲官” システムと呼ばれています。
あたかも 歴史の歪みをパトロールする、見えない検閲官

が居るみたいだからです。
これは 一概に都合のいい解釈ではなく、理論に基づいて
提唱されている 歴とした学説なのです。
つまり、この映画では 「カタワレ時」が “検閲官” となり、
矛盾が起きないよう 主人公たちを陰でサポートしてきた

「カタワレ時」こそが、歴史を調整していた影の立役者

あった。 そう読み取れると思うのです。

 

 

だがしかし! 最後に どんでん返しが待っているのです。
物語のラストシーン-
瀧と三葉が 出逢うシーンは、夕方ではないのです
晴れ渡る明るい空に、白い雲。
光がさんさんと輝く世界で、二人は出逢うのです。
二人の精神がマルチユニバース(第二の歴史)に辿り着き、
ここで初めて、二人は「カタワレ時」の “検閲” を解かれ、
歴史の歪みから解放された

それを象徴する、日中の明るい空だと思います。 そして、
晴れて この現実世界での “結び” へと繋がっていく-
それを暗示させる、深いエンディングシーンだと 改めて
感じるのです。

   

       

絶賛上映中の映画 「この世界の片隅に」ですが、
公開がもう少し早ければ、今年の流行語大賞の
候補に 間違いなく  「クラウドファンディング」

入っていたはずです
「クラウドファンディング」 とは、ある目的のため
ネットを通じて、一般の人々が財源の提供や協力を
行うことです。 これは今後さらに、社会的影響力が
出てくると思われます。

 

私がこの映画の どこに一番感動したのか?
それが、エンドロールの最終盤-
「クラウドファンディングで 支援くださった皆様」
このテロップが出た時なのです。
映画作成協力のために、最高額の支援金を出された
方々一人一人の名前が出てきました。
これを観て、この映画は 現代と見事に繋がっている
という、胸が震えるような感動を覚えました。

私は、この支援金を出した訳ではありません。
ですが、この映画の作成に こんなに多くの人々が
出資したという熱意。 それを作品創りで応えた制作
スタッフの熱意。 そこに心打たれたわけです。

歴史的名作の裏側には、素晴らしいドラマがあった
のです。

 

作品自体については、「君の名は。」みたいに
これは??  という 突っ込みどころは少ないです。
それ位に 高い完成度だと思います。
もっとも、私自身が戦時下の体験をしていないので、
色々と突っ込む事はできません。
けれど、その作品の心は 「クラウドファンディング」
という形で現れ、見事に現代と繋がっていていると
感じるのです。

 

出資された方々には、その見返りや特典 リターン

と呼ばれます) が目当てと思われがちです。
しかし、この作品は そんなリターン目当てではなく、
「この素晴しい作品を 映画化し、世に送り出そう」
という出資者の気持ち。
「それに応えて、是非とも良い映画を創るんだ」
という制作者の気持ち。
そんな 気持ちと 気持ちが高め合って 創られた

そして「素晴らしい映画を創り、贈り届けること、

それこそが 最高のリターンになるのだ」
そんな純粋な想いがこもっているのが凄いのです。

 

我々凡人の心というのは、すぐに 物的な見返りを
求めてしまうものです。

出資の目的が、特典をもらう事や 名前が残ること、
そんな風に偏っていくのが、我々凡人の常なのです。

その事を よくよく自覚し、改めないといけません。
でないと、
様々な 弊害が生まれ、犯罪にも繋がって
いってしまう。

そんな事例は、枚挙に暇がありません。
「クラウドファンディング」も 例外ではないのです。
どうか、安直な リターン目的になっていかない事

願うばかりです。

 

最後に、作品について一つ。
最後に登場する 広島の戦災孤児ですが、原爆投下

から4カ月余りもの間、よく生きていたと思います
まるで 野生動物のような生命力です。
これは恐らく、アメリカ兵や 被災を免れた人たちなど
から、食糧など恵んでもらっていたのだと思います。

あの時代 そのような親切な人々もいて、孤児たちに
手を差し伸べていたことが 伺えるエピソード
ではない
かと思います。
そして すずさんたちのように、実際 孤児を引き取った
例も あったのだと思います。
そんな温かい心が、現代の 「クラウドファンディング」
にも 地続きで繋がっているのではないか。

そう信じたいと思います。