電動自転車の前輪がひどいことになって修理に来店されました。

見ると、ブレーキパッドとの擦れでリムの表面が削れ、一部分がめくれるように広がってしまっていました。

ここまでに至るのに相当な異音やブレーキかけた際の不具合が症状として出ていたと思われますが、いくら後ブレーキが効くからといって、万が一後輪が効かなくなったら大変なことになっていましたよ!

今回は完全に症状が出ていますので、直ちに交換修理となりましたが、ここまでになる前に早目に違和感を感じていただきたいものです。

ブレーキをかけた時に異音を伴う場合、何らかの異物を噛んでいる可能性があります。

また、ブレーキを引いた時に通常の引きしろ以上に引かないとブレーキが効かない時は、ブレーキパッドが摩耗しているかワイヤーが極度に伸びている場合もあり得ます。

ブレーキは命に関わる重要な場所ゆえ、知らなかった・・・では済みません。

これで万が一重大事故に陥れば、整備不良車として運転者の過失を問われますので、足がわりに乗る自転車もたまには点検に出すことをオススメいたします。

スポーツバイク、普通自転車または他店購入車でも整備点検お受けいたします。

ご遠慮なくお申し付けください。

わずらわしい部分は全てプロの手にお任せ下さい。




大塚自転車店HP⇒


facebook公式ページ⇒


にほんブログ村 自転車ブログ⇒

AD