今年初となるロングライドイベントは、例年よりも一月も早く開催されました。

事の経緯は、我がチームの兄貴分ともいえる横浜のチームとずっと以前から温めていた計画でした。

そもそも我がチームが毎年のように行っていた「ビンゴバーガーツーリング」を紹介していただいたのが、このチームからでしたから、今回とても感慨深いものがありました。

今回総勢20名を超える大編成という中で、チームイベントとしての奥深さ、楽しさを改めて勉強させてもらいました。

ことは計画通り順調に運んだわけですが、このイベントの最大のポイントは、東京湾フェリーを利用して千葉県に渡るという時間的制約と強風による欠航という危険性の数々の条件の中で、予報よりも気候は穏やかで、実気温よりも体感的には暖かく、追い風に乗れるという好条件でのスタートでした。

まだ夜明け前からの出発の中で、丁度横浜に到着したときにベイブリッジ越しに日の出を確認し、今回の成功を祝ってくれるかのような素晴らしい景色を拝めました。

普段、朝練で見慣れている光景でも時間が異なるだけで全く表情が違って見えます。

横浜から久里浜港へ進む道すがら、参加者はどんどん増えていきました。

そして最初の関門、久里浜港から東京湾フェリーに乗船!

高~い自転車がこれから始まる楽しいライドを前に静かに休んでいます。

金谷港から見る東京湾越しの富士山がより一層大きく綺麗に見えました。

千葉に渡っての序盤は、綺麗な海を見ながら快走します!

今回、自分たちにとっては初となる長狭街道を利用します。

海こそ見えませんが、山と木々を見ながらこれまた最高のロケーションでした。

さながらジェットコースターの最初の時のように密集体系で上り始めました。

適度な上りを楽しんだ後は(笑)、各自のペースでご馳走の下りを堪能します。

いつものルートと違い、車がほとんど来ないので気持ちよく快走出来ます!

素晴らしい景色を見ながらの下りはほんと最高です!

これから暖かくなる本格シーズンが到来すると、もっと最高だと思います。

アップダウンを楽しんだ後、今度はメインイベントであるビンゴバーガーを目指し、余分なエネルギーを消費し、ランチに備えます。

予定の時刻に到着すると、そこは既に多くの人たちが並んでいました。

美味しいビンゴバーガーを堪能した後、お腹も心も満たされ皆で記念撮影!

名残惜しいながらも、帰路に入ります。

所々菜の花が咲いていましたね。

やはり東京よりも気候は温暖ですね。

菜の花を見ながらのサイクリングは心が和みますよ。

日頃のストレスからも解放され、心の洗濯をしたように思えます。

帰りのフェリーの時間まで千葉を堪能し、金谷港へ。

往路とは反対に、久里浜から一人ずつメンバーが離脱していきます。

一人減り二人減りと少しずつ寂しくなりながら、最終補給地点の横浜へ戻ってきました。

ここまで来ると、残り20㎞。

疲れはしながらもまだ気分は高揚しており、足取りは速かったですね。

それもそのはず、今回何と運が良いのでしょう・・・

往路が追い風だったのに対して、帰路も追い風に助けられました。

 

名残惜しいものの、多摩川を超えるとそこはもう都内。

間もなくゴールです!!

ほぼ予定通りの時刻に店到着。

今回、テールライトをヘルメットにも装着し、より安全を確かめてきました。

やはりヘルメットに取り付けると、後方からの視認性が向上し、より安全だと確信しました。

さらに、これまでツーリングに使用していたバックパックを止め、新しいサドルバッグに詰めていきましたが、これがまた実によく入る!

カメラの三脚とミニポンプ、モバイルバッテリーも収納し、日中不要になったウィンドブレーカーまでも収納してくれました。

これはツーリングに心強い味方になります。

あとはテールライトの着ける位置が問題だ!(笑)

こういうこともあり、ヘルメットにもテールライト装着したんですけどね。

表記上202㎞を示していますが、東京湾フェリーの往復分23㎞を差し引くと、今回の走行距離は179kmちょっと・・・あともう少しで180㎞でしたね!

いや、超えてたのかな!?

総評として、実に楽しいツーリングでした。

怪我もなく、無事に帰還できたことに感謝です。

今回は兄貴分のチームとコラボさせていただき、新ルートまで開拓でき、また新たなコースの構想まで出来ました。

千葉はほんと最高ですよ。

益々魅力を感じました。

今回お世話になった皆様、早朝より大変お疲れ様でした。m(__)m

そして、有難うございました。

この場を借りてお礼申し上げます。m(__)m

また是非、こうしたコラボ企画で融合しましょう!

当店のサイクリングイベントで一緒にツーリングに行きませんか!』→詳しくは・・・

 

品川区 第一京浜沿いにある 大塚自転車店HP→

あなたのサイクルパートナー 大塚自転車店

AD