高血圧・胃潰瘍・リウマチ…温泉の効果、科学的に立証

 酸性の温泉水が高血圧や胃潰瘍(かいよう)、関節リウマチなどに効くメカニズムを、名古屋市立大医学研究科の岡嶋研二教授、原田直明助手らがマウスによる実験で突き止めた。

 温泉の効能は経験的に言い伝えられているが、その科学的なメカニズムはわかっていなかった。

 秋田市で開かれる日本温泉科学会で6日発表する。

 岡嶋教授らは、脊髄(せきずい)から皮膚に延びる知覚神経細胞をマウスから取り出して培養。これに薄めた酸性の温泉水をかけて刺激すると、神経末端からたんぱく質の一種(CGRP)が放出された。

 CGRPは血圧降下のほか、炎症抑制、傷の治癒促進などの作用がある「インスリン様成長因子(IGF)―1」というたんぱく質を増やす。そこで実際に、マウスを酸性の温泉水(40度)に5分間つけ、皮膚や血中、胃組織のIGF―1濃度を測定した。
AD
新幹線試験車で366キロ JR東日本、課題は安定性

Photo
 高速走行試験のためJR仙台駅に入る新幹線試験車「ファステック」=1日未明
 
 JR東日本は1日未明、東北新幹線の仙台-北上(岩手)間で、新幹線試験車「ファステック」に初めて報道陣を乗せ、走行試験を実施、366キロを記録した。営業で世界最速となる360キロ運転を目指し、今後、走行安定性の改善を進める。
 ファステックは高速走行だけでなく、近未来の客室空間も演出。座席は目の覚めるような赤や重厚な深緑色。
 仙台駅を午前零時すぎ出発したファステックは徐々に加速。東北新幹線の設定最高速度275キロを超え、くりこま高原(宮城)付近で366キロに達した。
 車内は、高速走行による揺れや振動、乗り心地を検証する測定室を兼ねており、係員がモニターを見つめ続けた。
ストレスホルモン減少、森林浴「お薦めの森」認定へ

 自然豊かな森林の中を歩くと、リラックス効果が本当に体に表れることを、独立行政法人森林総合研究所や日本医科大学の研究チームが科学的に裏付けた。

 ストレスホルモンの減少など、身体の生理学的データが改善していた。森林総研などでは、調査した10か所の森林でリラックス効果の高さを個別に評価し、お薦めの森として認定する。

 森林総研の宮崎良文・生理活性チーム長らは、男子学生12人を2班に分け、国内の森林浴発祥の地とされる長野県上松町のヒノキ林など森林10か所と都市部で、それぞれ歩行や休息をしてもらった。翌日は森林と都市部で班を入れ替え、心拍や唾液(だえき)、血圧などを比較した。

 10か所中5か所で、リラックス度の指標となる副交感神経の働きが高まり、ストレスを示すホルモン「コルチゾール」の唾液中濃度も5か所で減少。そのほか血圧も5か所で下がるなど、総合的にみて、10か所すべてで森林浴の効果が確認できた。

 一方、日本医大の李卿講師らは、37~55歳の会社員12人に、長野県飯山市の森林に3日間滞在してもらい、血液中の免疫細胞(NK細胞)を調べた。その結果、森林浴の後には、細胞数自体が多くなるとともに、抗がん作用を持つとされるたんぱく質も増え、免疫力も5割アップすることがわかった。

 宮崎チーム長は「鳥や虫の種類が多く、規模が大きく樹種も豊かな森林ほどリラックス効果が大きい傾向があった」と話している。

 ◆リラックス効果が裏付けられた森◆

 ▽岩手県岩泉町・早坂高原▽山形県小国町・温身平(ぬくみだいら)▽長野県上松町・赤沢自然休養林▽長野県飯山市・心のふるさと▽長野県信濃町・癒やしの森▽長野県南箕輪村・経ヶ岳▽長野県佐久市・癒やしの森▽山口市・東大寺再建のふるさと▽高知県津野町・天狗高原自然休養林▽宮崎県日之影町・自然の恵みが人を呼ぶ里

月のうさぎ


静岡県・伊豆高原


2001年の師走にオープンしてからとても人気のある御宿です。


内装がとても癒される雰囲気で落ち着きます。


各部屋に露天風呂があるのですが


目の前に大海原が目の前に迫ってきます。


あと御宿へ行くときも異空間へ行くような感じで…


ぜひ一度、行って見たいお宿です!


人気ブログランキングに一票をお願いします!


【全国版】温泉だ~ぃスキ♪無料湯/日帰り湯/露天風呂/混浴/貸切温泉入浴訪問記のショッピング

(C)温泉だ~ぃスキ♪全国の無料/秘湯/日帰り/露天風呂/混浴/貸切温泉入浴訪問記

 

 

http://onsendaisuki.ameblo.jp/