早朝です

テーマ:

なんとなく朝を迎えてしまいました。

いつもは5時より前に起きるばあちゃんが今日は寝てるからよかった~

と思ったのもつかの間5時過ぎには起きてきやがりました。

せめて6時まで寝とけや。と怒っても仕方ない。

触るなと言ってもデイサービスにもって行く荷物をチェックしてます。

チェックしたら足りなくなったり増えすぎたりするから止めてくれ!

そして着替えようとしてます。

どんだけ早う用意するつもりや!

ばあちゃんが起きると同時に突っ込みどころが多すぎて疲れるよ。

突っ込みじゃなくって怒鳴ってるんだけど。

この後、朝食とらせて着替えさせたら迎えが来るまで

「まだまだ時間あるのに玄関に行って待つのは早すぎる!」

という突っ込みを延々と繰り返さなくてはならないのは明白です。

9時までその攻防は続きます。

2時間でも3時間でも暑い玄関で座りたかったらそれでいいんだけど年寄りだから体に悪いだろう。

汗だくになってるばあちゃんを風呂に入れてくれる人達にも迷惑だろう。

そんな事考えなくていいのかな。

AD

私が大発狂

テーマ:

昨日はデイサービスの無い日だったのでばあちゃんが居たのですが、職安と買い物に行きたかったので昼食後に出かける事にしました。

夕食には帰ってくるから。と声をかけて出かけました。

そして夕方、家に帰ってみるとあちこちにタオルが散らばっています。

何で?ばあちゃんは一体何をした?

ベッドに行ってみると翌日にデイサービスに持って行くタオル等と着ていくものを布団の上に積み重ねていました。

それを見て私がブチ切れ。


「なんで置いてあるもんを触るなと言うのがわからんのじゃ!

黙って寝よったらええだけやのにそれができんのか!

じっとしとったら何ちゃ怒る事はないのにわざとしよんか!

嫌がらせか!腹が立つ!」


これでもかというほどの大声で何度も何度も怒鳴りつけても気がおさまらずツレに電話して愚痴りました。

「うちの婆はろくな事せんのやが!

私に対する嫌がらせやとしたらようできとるわ!」

ツレの母もボケているので同じような愚痴を2人でいいあってなんとか気持ちを静めました。


それでばあちゃんはちゃんと用意できていたかというとそうじゃない。

下着の数は多すぎるし靴下は一足たりない。

たりない靴下はどこへいったのかわからず探したらなぜか引き出しにしまっている。

余計な事するから私の用事が増えるのになぜじっとしていないのか。

やっぱり家に1人でおいておくのはダメだなぁと実感しました。

クソッ!!

AD

介護認定

テーマ:

今日は介護認定の更新の為に保健婦さんが来ました。

ばあちゃんはそんなに耳が遠くないはずなのに保健婦さんの高い声が聞こえにくいのか大声で話しかけられているのに「えー?」ばっかり言ってムカつきました。

保健婦さんは根気強く質問してたけど。

体は特に悪いところがないので前より調子が良いという事になったので介護度が下がっては困るとボケていることを必死でアピールしてみました。

通じたかな。

AD

今日もデイサービスに行く事が気になってしょうがないらしく4:44分に起床。

まだ早いから頼むから寝ていろと寝させました。


6時。やっぱり起きあがっている。

トイレに行っているのでまだまだ早いから横になっとけと言っておきました。

すぐに私は気を失った様に寝てしまったのですが。


次に気がついた時にはばあちゃんが勝手に朝食してました。(|| ゚Д゚)

勝手に食べるなとあれ程言っているというのに。

「ふざけるな!!

私が仕事を辞めて面倒みよんのにそうやって勝手にするんか!

自分で何でもできるんなら私は何もせんわ!

まだ早いけん時間まで横になっとけと言よんのにそんなに難しいんか!

それなら全部自分でしてくれ。何でもできるんやろが!」

怒鳴ったらばあちゃんも反論。

「しんどい目して一生懸命育てたのに怒られるばっかりや」

「怒らす事ばっかりおのれがするけんやろが!」


そりゃあばあちゃんも今まで自分のいい様にやってきたからそうしたいでしょうよ。

でも面倒見ている側としては私の思い通りに動いて欲しいのです。

朝起きる時間から食事から何から私の言う事を聞いてほしいのです。

そんな自由の無い生活はばあちゃんにとって面白くもなんともないのかもしれません。


食事の後、使った食器を自分で洗おうとしているのでそれも注意。

「おまえがいい加減に洗ったら汚いけん洗うな!って毎日同じ事言わすな!」


まだ早い時間だけれど着替えて横になっているので安心していたら2時間前だというのに起きてくる。

「あのな、あんまり早い時間から起きて待っとったらあんたが疲れるやろうと思って時間まで横になっておけって言よんやけど。毎回同じ事ばっかり言わすなってあれ程言うてもまだわからんのか!」

そう言った直後はベッドでテレビをつけて見始めるのに5分経ったらテレビを消して起きようとする。

それを注意するとまたテレビをつけるけど5分後には消して・・・とずっと繰り返し。


迎えが来る30分前。やっぱり起きてくるばあちゃん。

「そんなに早くから待ちたいんやったらもう玄関で座っとけや!

そら早く行きたいわなぁ。私と一緒におるんは嫌やろうけんな。

行ったらもう二度と帰ってこんでええわ!」

私が怒鳴ったら涙を浮かべてこう言いました。

「もう私やってそのうち死ぬわ。そなに長い事生きられへんわ。」

そう言い捨てて玄関へ行きました。


こんな事言われても可哀想には思えません。

それにすぐ死ぬって言う人ほど長生きすると思うぞ。

誰の葬式なの?

テーマ:

亡くなったのはばあちゃんの弟じゃなくて兄でした。

私が勘違いしていました。


昨日の失敗を教訓にしてばあちゃんには葬式に出かける直前までその事を言いませんでした。

10時半ごろに着替えるよう促しました。

「え?着替えてどこか行くんか?」

「葬式。今日が葬式やけんデイサービス休んだんやんか」

「ああそうか。この頃なにもかも忘れるけんいかん」

この頃じゃなくてずっと忘れていますけどね。


父が連れて行ってくれたので私は葬式には行っていません。

昼過ぎに家に帰ってきた時はあまりに眠たくて着替えだけ出して私は寝ていました。

その間に父は出かけてしまいました。


さっき、ばあちゃんに葬式はどうだったか、奥さんも体調が良くないらしいけどどうだったかと聞いてみました。

そこでまさかの答え。

「今日は姉さんの葬式や。」

「え?○○さんが死んだんやろ?」

「違う違う、私の姉さんや」

「そうなん?!私は○○さんが死んだと聞いたで」

何度聞いても姉さんが死んだと言い張ります。

まさか私が聞いていたのが間違い?

他の親戚にも伝言したのに人違いしてたらスゲー恥ずかしい!

それにものすごく失礼!


そこでネットで調べてみました。

やっぱり○○さんが亡くなってます。お兄さんやん。

男と女を間違えるってすごい勘違い。

姉さんはとっくの昔に亡くなった方ではないの?

ばあちゃんの兄弟は11人もいるので私はまったく把握していません。


「ばあちゃん、やっぱり死んだのは○○さんやで。」

「違う。それは私の兄さんや。今日は・・・」

結局同じ事の繰り返し。

私がいくら言っても信じません。

葬式に出たのに別の人の葬式だと思ってるってどういうこと何でしょう?

たぶん他の人達はばあちゃんの勘違いに気付いていないから訂正してくれなかったんだな。

ボケている人を甘く見過ぎ。

一番肝心な部分をちゃんと教えてやってくれよ・・・


喪服

テーマ:

今朝、ばあちゃんの弟が亡くなりました。

それをばあちゃんに言ったのは間違いだったようです。


「見に行かないかんけん、乗せて行ってくれ。」

と言い出したので行っても邪魔になるし、

私は場所がわからないから連れて行けないと言ったら納得はしてくれました。

でもそれから何度も喪服を探すのです。

一着出したら十分なのにまた探す。

ここに出とるから横になっておけと言ってもまた起きてタンスを開ける。

何度言ってもだめ。

「またゴソゴソしよる!服は準備できとるやろが!」

「どこに?」

「ここ!おまえが出したんや!何着も出してお色直しでもするつもりか!」


葬式の直前に言えばよかったと後悔しています。

弟が亡くなったのは可哀相だけど今からずっとこの調子?

頭痛が始まりました。

眠たいわ

テーマ:

デイサービスに行く日だから。と朝6時過ぎに起きるばあちゃん。

私はまだまだ眠たいんですがねぇ。


朝食ができるまで横になっとけ。

食べ終えて着替えたらまだ2時間以上あるから横になっとけ。

そこの服を触るな。着ていく服はベッドの上。

何で起きてきた?トイレは3回目。まだ寝とけ。

テレビ消さんと時間まで見とけ。

起きてその服を触るな。上に羽織るなら出かける直前でええやないか。

また起きてきた。1時間以上あるのにまだ早い。

また起きてきた。1時間あるのにまだ早い。


延々と怒る事ばっかり。

ばあちゃんの自由にさせておいたら


朝は出かける3時間前に起きて

朝食食べたらすぐ着替えて

2時間以上前から出かける気満々で

2時間前には玄関で待機。


って事になるわけですが。

この前、往診に来てくれた先生に相談したら

「その人のペースがありますから」

と言われた。

いくらペースと言っても2時間以上玄関で馬鹿みたいに待っているのを放っておくの?

怒りすぎて喉が痛い。