開運陰陽師【賀茂じい】でごじゃる。



今日も、毎日の出来事で活用できる

チョットしたヒントや知恵を賀茂じい視点で

あなたにお届け致しますじゃよ~



初めての方は、こちらをご覧下され~
わし、賀茂じいの秘密が満載じゃよ!


賀茂じいの秘密!


★賀茂じい公式ウェブサイト★

平成の陰陽師【賀茂じい】一心導管斎藤雅英


さて本日は~

前にもお話ししたことがあるんじゃが、

頂いたメッセージでの~


「賀茂という苗字のおじいちゃんが、

やってるブログ?」



というのがあっての~


わし自身の説明も、

たまには載せておこう

と思ったんじゃよ!


初めてこのブログを

ご覧頂いている方に向けて、

まとめたものが、上記の

賀茂じいの秘密!

なんじゃよ~


今日はその、

わし【賀茂じい】がの

導管 斎藤雅英のところに

やって来た時の話をしようかの!



この話はの、導管雅英に入った時の

話なんでの、その場に居た愛妻の

斎藤さちよ が、その時の事を

【陰陽師が我が家にやってきた日】

として書いてくれておるのでの、

ご紹介いたしますじゃよ~



【陰陽師が我が家にやってきた日(第1章)】

私の夫もヒーラーであり、チャネラーであり、
ヒーリングオブジェのアーティストをしています。(本業は製造業です。)
そして夫には、陰陽師の安倍晴明さんの師匠・賀茂忠行様が
サポートをしてくれています。
賀茂様とのご縁は、さかのぼること今から 16年前の忘年会シーズンの事です。
夫と二人で異業種交流の忘年会へ参加しました。
その頃はまだ、私も夫も、感じたり伝えたりはしていましたが、ヒーラー・チャネラーを仕事にはしておらず、神社仏閣めぐりや滝行など、自分磨きを真剣にしていた頃でした(もちろん今もしておりますが)。
アルコールに強い夫は、お酒を飲んでもほとんど人格は変わらないのですが、
その日は珍しく酔っ払っていました。
お開きになり、車で来ていたので代行をお願いし
「今日は私が道案内をしないといけないな」
と思い、私が運転手さんの横に乗り夫は後ろの席へ。
自宅までの道案内をすると、我が家の菩提寺にご縁のある運転手
さん
だということがわかりました。
ところがその事がスイッチになったのか、後ろの席で
「よくぞ言ってくれた・・・」とか
「花を手向けよ・・・」とか、何かを言い始めた夫。
「誰かきている。夫ではない人が言っている!」と私は心の中でひとり言。
代行さんは家まで送ってくれるわけですから “変な人と思われたらどうしよう・・・” とか
“家がわかってしまう” とか、妙に私は対面を気にして、
“ただの酔っ払いだと思ってくれないかしら” と心の中で自問自答。
私は夫が言っていることに軽く返答をしつつ、運転手さんと無理に普通の会話をしていまた。
家までの 15分がなんと長い時間に感じたことでしょう。
その間も後ろでは現代の話ではないようなこと言っているし・・・。
どうにか家に着き、私達は車から降り、運転手さんに車庫へ車を入れて頂いている時、
車を見て夫が「あの回っているものはなんじゃ?」
私「タイヤですよ」・・・・・完全に違う人だ!!
とりあえず家の中に入り私達の部屋へ。
「寝ないのですか?」と私。
「わしは書き物を読んでから寝る」と夫。
そしていつも見ているはずのものを見て、
「これはなんじゃ?」・・・。
その間中、冬なのにハエが飛んでいるような、金属音のようなブーンという音がずっと鳴っているのです。
天井を見渡してみましたが、当然ハエは飛んでいません。
“何の音だろう・・・?”
「あなた様はどなた様ですか?」
私は夫に入っている方に問いかけてみました。
「夫は白装束の方が守ってくださっている、と聞いておりますが、その方ですか?」
ところが「そんなのは誰でも良い」ですって!
そうこうしているうちに突然
「地球が危ない!」
と夫を通してその方が言うのです。地球が危ない???
これは皆に伝えなければならない事だ、書き留めなくては!と思い、
慌てて書くものを探すため周りを見回したのですが、メモはなくお菓子の箱が・・・。
これだ!と、箱を裏返し鉛筆で書き始めた私。
地球を救うには
「皆の意識を変えなければならぬ」
ということ等を伝えてくれました。
時計を見ると夜中の1時過ぎ。
“そろそろ帰って頂かないと夫の身体が疲れるな・・・(私も経験があるのでよくわかります)” とか
“私達の友達には霊感の強い子が多いので電話してみようかな・・・、
 でもこの方がいらしているのに、差し置いて電話したら失礼だよな・・・” とか、
心の中であれこれ考えていたら、突然
「わしはもう消える、最後の言葉を良く聞いておけ」
と言ったと同時に、ハエのような金属音が夫のおへその中へ入っていくような感覚で消えていき、
最後の言葉を言わずに行ってしまいました。
その瞬間、夫は元に戻ったようでした。
そして一言「もう寝る」と。私はさすがに寝付けませんでした。
朝起きてきた夫に、昨夜の出来事を話すと全然覚えておらず、
最初に言った言葉が「卑怯だぞ!俺が正気の時に出て来い!」でした。
尚且つ私に「俺の身体の心配より、その方の言っていることを優先したお前の神経って・・・」
と笑いながらも呆れ顔でした。
それから 14年後。今から2年前の、やはり冬。
夫に言葉を届けてくれる方が現れ、夫を通し会話をさせて頂き、それが陰陽師の賀茂忠行様と分かりました。
夫や私達をサポートしてくれるために、地球のために、再び現れてくれたのでした。
「何故、今なのですか」と問いかけたら、
「これからが大事な時期だからじゃ」と。
「あの時の最後の言葉はなんだったのですか?」という問いに、
「こうなることが解っておったから言わずに去った。時期を見ておった」と言われていました。
その日から、夫と賀茂様の二人三脚がスタートしました。
夫は「雅英」の名前でセッションや地場調整などを行っております。
賀茂様は、なかなか愉快な方です。お酒の席も大好きです。
私のセミナーや神社ツアーにも必ず現れ、言葉を投げかけてくれます。
数ヶ月前、
「一生が一年しかなかったら何をしたい?
 一生が一日しかなかったら、何をする?」
と問いかけてくれたことがありました。
今年は自分の芯・軸を作っていく年と伝えてきましたが、
そのヒントが凝縮された問いかけでした。
一生が一年しかなかったら本当にやりたいこと、やらなければならないことを優先しますね。
“後にしよう”“まぁ、いいか” なんて思わないで過ごしていくのではないでしょうか。
私自身、改めて毎日を精一杯過ごしていこうと思う言葉でした。
ところで、つい最近わかったのですが、賀茂様の最後の言葉は
「わしは必要な時にやってくる」でした。
本当に必要な時にやってきてくれたのですね。

これにて【陰陽師が我が家へやってきた日(第1章)】

は終了するがの、

な・な・なんとの~この話し(全3章)有るんじゃよ!

残り2章も、楽しみにして頂ければ

嬉しいの!!!

続きの【第2章】はこちら じゃよ~

また、お会いするのを

楽しみにしておるからの~

感謝じゃよ!ニコニコ




AD

ドンッ開運・陰陽師 【賀茂じい】でごじゃる。ドンッドンッ



またお会いする事が出来て、

わしはの とっても嬉しいの~


いよいよ~!わし、【賀茂じい】の秘密!

も完結じゃよ!


大変お待をいたしましたの~


【賀茂じい】秘密!【第3章】


始まり~始まり~じゃよ!


【陰陽師が我が家にやってきた日(第3章)】

リーマンショックの打撃はとても大きいものでした。
末端の製造業の弊社にはリーマンなんて関係ない、
と思っていたのですが、とんでもない間違いでした。
半導体製品の加工をしていた弊社ですが、
止まったのです、受注が・・・。
数千万の投資をしていた機械設備・・・、
その製品が止まってしまったのです。
現実問題として、製造部門の売上のパーセンテージは、
製造外部門(エステ、スクール他)より
遥かに大きく占めています。
その中でもかなりの割合を占めている機械が止まった・・・。
キャー!!なんてものじゃない!!
思えばバブル崩壊後、四苦八苦してやっと何とか持ち直し、
さぁこれから、っていう時なのに・・・。
もちろん、夫もオブジェ以外の新しいビジネスに
取り掛かってはいましたが、その後しばらく、
現実的に相当シンドイ時が続くのです。
“全て必然必要” と、皆様に伝えさせていただいている身ですが、
「何で!!!」
と声を大にして、神様にも賀茂じいにも言っていました。
その時、賀茂じいは
「必然じゃ!」
だって。はぁ?!
クリアできないものは目の前にはやってこないと
信じていますが、心中穏やかではありません。
神の声をお伝えしている身にもかかわらず、
「神も仏もいない!」
なんて暴言を吐く私に賀茂じいは
「お主、本当にそう思っておるのか?」
心の中では「思っているわけないじゃない!」と思いながらも
声には出さず八つ当たり状態。
そんな私に賀茂じいは
「必然必要とは、次に新しいことを始めるためのエネルギー源になる。
新たなる活力じゃ。新しい波のヒントにもなる。」
と伝えてくれたのです。
「色々なヒントが出てくるからその中で自分達が必要だ、
と思うものを選択することじゃ。その為の訓練の場でもある。」
とも。賀茂じいと話していると心が段々穏やかになっていく私。
そんな賀茂じいとのやり取りを繰り返し、
日々色々な思いや経験を積んできました。
「本当にうち大丈夫・・・?」
と思うこともありましたが、賀茂じいの
「ダメになるところにわしは来ない!」
の言葉にどんなに救われたことでしょう。
この時期の経験は話せば尽きないほどたくさんありすぎるので、
いつかまた文字にできたらと思っています。
賀茂じいはよく
「お前達は何をしたいのか、どうしたいのか」
と問いかけます。
私は自分の仕事について、“天命の仕事” をさせていただいている
と思っていますが、今回のこの大きな打撃は、夫に対して、
本来の役割・・・奥底の自分に気づきなさい、
という大きな投げかけだったのだと感じています。
夫も自分でそう言っています。
私も共に体験することで、人の心の、机上の空論ではなく、
より深い部分での実体験をさせていただいたのですよね・・・。
全てのことは自分が呼んでいる “魂の設定” といわれていますが、
頭では「そんなこと呼んでない!」と思ってしまうものです。
賀茂じいは
「お前達は、経済が落ち込むことが一番色々なことを考えるだろう」
ですって。確かに・・・。
スピリチュアルを学んでいる私達は、
例えば人との感情のもつれやちょっとした出来事であれば、
早々と気持ちを切り替えられてしまいます。
それなので、今回の経験は本当に凄く大きいものでした。
目に見えないものを信じられることの強さ・・・。
目に見えるものだけしか信じられなかったら、
とっくに心は潰れていたのだと思います。
見えない世界の方々が「大丈夫ですよ」と
おっしゃってくださるだけで、
心のベクトルを上げることができたのです。
必ず今の経験が未来に役に立つ、と信じることができたから。
自分が何のために生まれてきたのか、という核が
私達の中にしっかりあったから。
生まれる前に神と約束した道に入っている、
確信させて頂けたから・・・。
魂の約束を果たす為に、気づくために設定していると
身をもって体験したことは、メンタルケアや、
メンタルセラピストを養成する仕事をしている私自身の
深みを作ってくれたのだろうと思えるのです。
そして、神様方の存在が私達を生かしてくれているのだと思っています。
神様は直接何かをしてはくれません。やるのは自分なのです。
ヒントは与えてくれます。
でもそのヒントを感じるのも感じないのも自分次第。
そしてそれを行動に移すも移さないも自分次第なのです。
行動に移した時、神様のサポートは入ってくるのだと思います。
人との出会いや、閃きとして・・・。
人との出会いというのは、まさに神ごとなのでしょうね。
昨年末から今年に入り、神ごととしか思えない出会いが続いています。
通常のビジネスでの出会いの中で、初対面で
「実は今朝、観音様に言われてきました」
とおっしゃる方と出会ったり、また違う方とは、
それぞれお祀りさせて頂いている龍神様が、
ツインの魂の龍神様であることがわかったり・・・。
そういえば賀茂じいが
「必然必要の中には、出会いという縁を結ぶこともある。
わしはそういう役割じゃよ」
と言っていました。ありがたい・・・!!!

これからも賀茂じいとの3人4脚?の生活は続くのです。


【陰陽師が我が家へやってきた日(第3章)】

これにて【賀茂じい】の秘密!【第3章】

全3章完結じゃよ!

長編・賀茂じいの秘密を楽しみに、

観ていただいた方、本当にありがとじゃよ!

わしの伝えたい事の殆どを【さちよ】がの

話してくれて、わしの出番が今回は無いがの~!

どうして、賀茂じい!なのか

分かって頂けたじゃろうかの?

これからも、【わし賀茂じい】と【斎藤さちよ】

共々、良しなにお願いしますじゃよ!


《斎藤さちよのブログ》

【スゴイ自分の見つけ方】はこちらじゃよ!


それではまた、お会いできるのを

楽しみにしておるからの~


感謝じゃよ!ニコニコ


  ・ ・

    ・

  ・

 ・

  ・

   ・

賀茂じいの最新ブログへ戻るは、こちら




AD

ドンッ開運陰陽師【賀茂じい】でごじゃる。ドンッ


今日も、あなたにお会い出来て

わしゃ、とっても嬉しいの~



【賀茂じい】の秘密!【第2章】


導管 斎藤雅英のところに

やって来た理由の話をしようかの!



【陰陽師が我が家にやってきた日(第2章)】

我が家に来てくださっている「陰陽師・賀茂忠行様」。
通称 “賀茂じい”・・・私と夫はこう呼ばせて頂いています。
私と夫に見える姿は、白の直垂(ひたたれ)で烏帽子を被ったおじいちゃまのお姿です。
何故、夫のところに来てくださったのか・・・。
弊社の本体は零細の製造業です。24年前に夫が独立をしました。
当時私は広告代理店に勤め、営業や編集などの仕事をしていたのですが、
ある日突然「一緒に仕事をしよう!」と思い、共に製造業の道へ。
それと同時期に、霊能者だった私の叔母に
「お前達、商売をやっているのだったら○○神社へ行ってごらん」
と言われたのがきっかけで、夫と共にスピリチュアルの道に入りました。
20代後半から 30代は、神社仏閣参りから滝行まで、目一杯やっていました。
ただ、“行を積む” という意識ではなく、滝行にしても、非日常の空間で、
精神的に何を積み重ねてきたのか、一年を省みる場所にしていたり、
多くの神社仏閣は自然の中にある事が多いので、葉一枚落ちるのを観て「あっ、そうか!」、
川の流れを見て「そういう事だったんだ!」と、その時抱えていた問題や気づきの場所としていたのです。
本題の製造業ですが、法人にしたのが平成元年(1989年)。
それこそバブルの時代です。
工場を新しくし、面積を広げれば売り上げも上がっていく、そんな時代背景でした。
機械などにも多額の設備投資をしました。
が、忙しければ忙しいほど夫も私も感覚的に
「このまま行ったら弊社はダメになるな・・・」
と感じてはいたのですが、とにかく目先が忙しく対処をするまでにはいかなかったのです。
そして、(第一章)
で書いたような賀茂様の出来事があり、その後バブルがはじけ、三年後には業績が下降。
何か対処しなければ・・・と思いながらも製造業以外のことは考えませんでした。
良き人様のご縁を頂いていましたので、神様に守られていると信じ、何とか運営は出来ていたのですが、業績はなかなか回復しませんでした。
2003年のことです。
その前年まで、2年任期で群馬県の “キャリアアドバイザー” というものをやっていた私に
講演依頼のお話がきたのです。
すでにその時は「ヒーラー・チャネラー」で相談事にものっていたのですが、仕事にはしていませんでした。
言葉で人の人生を大きく左右してしまうこともありますし、会社の看板を背負っている・・か、
子供もいるし・・・とか出来ない理由を挙げながら過ごしているうちに、違うところからも講演依頼を頂き・・・。
考えた末、「必要としてくださる方がいるなら表に出よう」と腹をくくったのが
お話をいただいてから半年後のことでした。それが今の仕事のスタートです。
その根底には、製造だけに依存するのは危険・・・という意識もあったのだと思います。
本当に自分達は何をやりたいのだろう・・・と、今私が皆様に伝えさえて頂いている SQ(魂の役割)を、徹底的に自分達自身に問いかけた時期でした。
その結果、自分達は「元気」と「勇気」と「喜び」を伝えたい・・・。
私と夫の思いは一致。そこがスピリチュアルの仕事のベース作りになりました。
「身体と心と魂は三位一体」というコンセプトの元、エステサロンやセラピスト養成スクールなどに繋がってきました。
夫のオブジェもそうです。
そこから数年後、賀茂じいはやってきてくれたのです。
そしてある時、夫が(前々から宇宙と繋がってはいたのですが)
「白いものを着たおじいさんが教えてくれるんだよね」
と言い始めたのが2年前の冬。
白いものを着たおじいさん?・・・誰それ?
もしかしたら、十数年前に最後の言葉を残さず去ってしまった方?!
そう思い「その時のお方ですか?」
「そうじゃ・・・」とニヤッ!とした。(もちろん夫を通してです)
「お名前を教えて下さい」
「誰だってよいではないか」
呼ぶのに困るじゃない・・・と心の中で思った私。
そしてその話を聞いたサロンスタッフのAさん。
弊社のスタッフは皆ヒーラーでありチャネラーでもあるのですが特にAさんは結構マニアック。
そんなことまで知っているの?!という位、雑学知識豊富です。(怪しいことなど良く知っているのです)
彼女が「賀茂忠行さんではないですか?!」というのです。
すぐ皆でインターネットで調べたら出てきました、賀茂忠行様。
「陰陽師」で「安倍晴明の師匠」と書いてある。
そこには肖像絵もでていたのですが、私達に見えるのと同じ感覚。
さっそく
「賀茂忠行様なのですか?」
と聞いてみました。すると
「やっと解ったかのぉ」
ですって!早く教えてよ!
それから賀茂様と夫と私の生活が始まるのです。
ある時「何で来てくれたのだろう」と私が呟いたら、夫が
「お前が呼んだって言ってるよ」
私、呼んだ?? 呼んでないよ・・・。
賀茂じい(その頃はすでに賀茂じいと呼んでいました)が言うには、
「役小角(えんのおづね)の関係じゃ」。
役小角?!
私はすごく昔から、「今会いたい人は誰?」と聞かれると
必ず「役小角」と答えていたくらい大好きでした。

(何で好きなのか良く解らなかったけれども・・・)
確かに賀茂様は役小角の子孫とは云われている。その関係か・・・?!
でも、なんで??
賀茂じいが現れてから、製造業はリーマンショックに始まり、

ますます悪化の一途を辿りました。
それを乗り越えていく為に、賀茂じいは来てくれたということが

後になってよく解るのでした。
もちろんそれだけでは無いのですが・・・・・・・。

これにて【陰陽師が我が家へやってきた日(第2章)】は終了するがの~

いよいよ、クライマックスの【第3章】も

楽しみにして頂ければ嬉しいの!!!

【賀茂じい】の秘密!【第3章】こちら じゃよ~


 また、お会いするのを

 楽しみにしておるからの~


 感謝じゃよ!ニコニコ



AD