岡山県将棋情報

住所不定玉の知り得る範囲で岡山県内のこども将棋関係情報を中心に掲載していく予定です。

(不定玉第三ブログ)

住所不定玉の知り得る範囲で岡山県内のこども将棋関係情報を中心に掲載していく予定です
$岡山県将棋情報 岡山県将棋情報
つやま日曜将棋教室 の様子   第3回岡山県こども将棋交流戦

岡山県将棋情報 岡山県将棋情報
津山土曜キッズ将棋教室 の様子 
津山土曜一般将棋教室 の様子
$岡山県将棋情報 $岡山県将棋情報
岡南公民館子ども将棋教室 の様子  水島子ども将棋教室 の様子
$岡山県将棋情報
倉敷市大山名人記念館教室 の様子  玉島 こども将棋教室 の様子
岡山県将棋情報 $岡山県将棋情報
福成キッズ将棋教室 の様子   倉敷市真備公民館こども将棋講座 の様子
$岡山県将棋情報
笠岡こども将棋同好会 の様子

【リンク先】 

(不定玉関連ページ)

飛騨高山将棋事情 (不定玉第二ブログ) (更新休止中) 
釜石王将クラブ(不定玉第一ブログ) (更新休止中) 

(ネットサークル・連盟HPなど)

友遊クラブ  将棋クラブ24  日本将棋連盟HP
関西将棋会館HP   将棋.教室検索ページ.
(岡山県内関係ページ)

竜棋会(菅井六段後援会)のHP

水島子ども将棋教室HP

大山名人記念館
岡南公民館将棋教室第1  同第2ブログ
福成キッズ将棋教室(吾輩は猫である) →2014/8/24で休止

笠岡こども将棋同好会
(岡山近県関係ページ)
西部支部道場日記(鳥取県西部) →2014/5/1で終了

西部支部道場プラス →上の日記の続きです

鳥取県キッズ支部 (鳥取県中部)

スパイラル将棋センター(香川県将棋情報・高松市)


テーマ:
第65回アマ名人戦 岡山地区予選および一般将棋大会が
山陽新聞社本社会議室にて行われた。
対局はA~C級および女子のみのクラス(G級)の4クラスに分かれて行われた。
上位入賞者は以下のとおり
A級 1位:河村茂雄さん、2位:田岡拓也さん、3位:立藤裕晃くん
    立藤くんA級3位とはやりますね~。
B級 1位:篠さん、2位:安井さん、3位:岡田さん
    B級に参加した杉本優斗くんは優勝された篠さんに
    4回戦で破れ惜しくも4位となる。しかし県大会出場権
    は手中に収めたようだ。
    県大会での活躍を祈る!
C級 1位:小田颯汰くん、2位:小野田創来くん、3位:北村くん
G級 1位:杉本愛夏さん、2位:渡部幸奈さん、3位:大山さん
    愛夏さんが勝負強さを見せて優勝!
    決めるべき時は決めるね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


本日の将棋教室は17人の参加者でちょっと寂しい?いやいやこれが以前は普通でしして昨日の土曜キッズ将棋教室があまりにも多かったからそう感じるわけで・・・

ということで本日参加してくれたのはシンゴ5級、カケル6級、コタロウ9級、リョウヘイ14級、Mアラタ16級、リュウタロウ18級、マオ19級、フウト21級、ハク22級、ユウス23級、マヒロ26級、Mタイラ26級、Sユウリ28級、Sハルキ29級、タイキ29級、アオ29級、アサト30級に加えて体験組のアオくんを入れても17人。対する講師陣は豊富で不定玉のほかマーチャン先生,マルチャン先生、ノッポ先生、オックー先生の5人体制、手合い事務担当におなじみになりましたE藤ママの布陣で臨みました。

今日の教室の内容は基本的には昨日の土曜教室と同じで土曜日曜両方きているこどもたちにとっては「そんなの昨日聞いたよ」と思うかもしれないけど繰り返し学習することははっきり理解する上において非常に大事なことなのです。

そんなわけで1ミニ講座の方は10級~25級の初級クラスの不定玉の講座は昨日とほぼ同内容でした。

26級以下の初心・入門クラスは今日もオックー先生が担当。きっと講師が少しずつ変わるのも新鮮味があって良いと思います。


というわけでノッポ先生、マーチャン先生、マルチャン先生には中級クラスの子どもに指導対局をお願いしました。


前後しますがマナー講座や認定状授与式もきちんと行いました。


さて子どもたちお待ちかねの昇級戦が10時頃から始まりました。













→12時回っても最後の最後まで
指しました。お父さんが向こうから観戦しています。

今日の果報者(昇級者)は・・・

Mアラタくん、16級→15級へ(6連勝規定による)

おめでとうございます!この調子でこれからも精進してください。

今日、アラタくんが私に平手で挑戦してきたのですが、序盤はきれいに定跡どおり来るようになっていましたね。あとは中終盤のねじり合いをどう戦うかですが、これも場数を踏んで棋譜並べをしっかりやればきっとよくなっていくでしょう。

Sユウリくん、28級→27級へ(6連勝規定による)

Sハルキくん、29級→28級へ(6連勝規定による)

おめでとうございます!この調子でこれからも精進してください。

ここのところ、しっかり連勝できるようになってきましたね。こうなると将棋が面白くなるものです。たくさん実践を積んで飛躍しましょう。

今日の将棋教室も全体的に比較的静かに運営できていたと思います。これからもこの雰囲気を大事にみんなが集中できる環境をを作っていきましょう。

また7月3日の美作アマ名人戦に参加する人は私宛にここのコメント欄でもいいし、電話でもメールでも構いません。ぜひ出欠にかかわらず必ず連絡をください。よろしくお願いいたします!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日の一般将棋教室は結構賑やかでした。

こどもたちの数が多いというのもありましたが、初級、初心者のこどもたちが自分たちで将棋大会をするなど本当に微笑ましい光景がありました。もちろん棋力差はありますのでその棋力差に応じてコマ落ちをしたり対局時計で10分の30秒をセットしたり・・・。^^

前後しましたが、本日の午後の参加者はトモヤ、Iユウト、カケル、リョウヘイ、ショーゴサン、アキヒト、キヨシ、ハルトの他にコウスケ二段、Tユウセイ19級、Nケンタ23級の11人に加えて後半にはヨシキくん(新人)がきてくれました。(早速一局指してみるとなかなか最新型の定跡を指しこなす中学生の子でした。他のことも指してもらい、本日のところで8級としたいと考えています。聞くと実践はほとんど指したことがなく、本だけで1年余り勉強してきたそうです。楽しみな子がきてくれました)

この他不定玉はカケル、トモヤ、Tユウセイくんとも指しましたが、それぞれまた一段と力をつけてきている手応えを感じました!

文科杯西日本大会を控えているコウスケ、Iユウトや倉敷王将戦全国大会を控えているトモヤたちは大人の胸を借りて対局で腕を磨きにきました。

そういえばトモヤくんはまた腕を上げて感じがします。

午前中はイッチー先生には敗れたものの、ノッポ先生、午後はIユウト文科杯団体戦県代表者と元岡山大将棋部のオックー先生を撃破!

大人を撃破する気分はきっと痛快なんでしょうね。

これからもますますの棋力向上を期待してやまない。

午後のこの他の参加者は・・・

不定玉、オックー先生、マルチャン先生、ノッポ先生、S木パパ、S石パパで総勢17人と程よい参加人数でした。ありがとう!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

梅雨の中休みの今日、爽やかな朝となった。今日も将棋日和!

朝8時10分に自宅を出発、教室会場には8時35分に到着。

およそ40分かけて会場準備を終えると続々とこどもたちが入ってくる。

教室開始が9時30分で入り口付近は子どもたちで密集してものすごいことになっていった。

今朝のキッズ教室参加者は・・・

トモヤ準初段、Iユウト6級、カケル6級、コタロウ9級、カンイチロウ13級、ヨシト13級、リョウヘイ14級、ショーゴサン17級、アキヒト17級、ユキホ18級、ケイスケ19級、マオ20級、Iレイジ20級、ヨシノブ20級、リュウイチ21級、ハルヤ21級、ナナミ21級、ソウヤ22級、タイスケ23級、レンム25級、Mソウタ25級、ダイスケ26級、ツバサ27級、YMヒロキ27級、YSヒロキ27級、キヨシ27級、ヨウセイ27級、ハルト27級、アツヤ27級、ミサキ28級、マサヤ29級、カナヤ29級、ハルナ29級、カノリ29級、ユウヘイ29級、Nレン29級、Yユウキ30級、Sショーゴ30級の39人。

講師陣は不定玉のほか、オックー先生、ノッポ先生、マルチャン先生、イッチー先生、S木パパの面々、手合い係にE藤ママ(たよりになります!)、カメラはS石パパで総勢47名でした。いや~和室はパンパンの超満員御礼!!でした。

冒頭、ここのところ大会で活躍したこどもたち(トモヤくん&カケルくん、リョウヘイくん、マオくん、ハルヤくんら)の紹介をしました。

続いて今後の将棋大会のお知らせとお誘いをしました。

@美作アマ将棋名人戦(7/3)

@菅井竜也杯将棋大会(8/7)

・・・どちらもたくさんのこどもたちに参加して欲しい大会です。

続いて教室会員のみなさんの「ことしのめあて」をまとめたので配布しました。

ぜひ年度初めに立てた目標は完遂して欲しいものです(もちろん先生のためではありません。自分のためのものです!)

それから前回までで昇級した人に認定状を授与しました。

続いてマナー講座です。最初に先日行われた倉敷王将戦での出来事について紹介しました。

他人の対局途中に横からあーでもない、こーでもないと喋っていた3人グループのこどもたちがいました。津山の子達はこのようなことは間違ってもしないように!と。

それはともかくとして今日のリーダーは私と目が合ったアキヒロくんにお願いしました。かれは本読みも大変上手で、まさにリーダーの中のリーダーです。

このあとは分散会(ミニ講座)の時間です。(およそ30分)

今日は初心・入門クラス(26級~30級)はオックー先生にお任せしました。先生にとって今日は大盤解説での指導はデビュー戦でしたのでずいぶん緊張されたようです。それでも持ち前のキャラで上手に簡単詰将棋を教えてくれました。これからも色々とお願いしますよ。


初級クラス(10級~25級)は不定玉が担当、今日は6枚落ちの後半、上手のまやかしに対してどう対処するかを勉強しました。



中級・上級・有段クラス(9級以上)はノッポ先生、S木パパにお願いしました。中にはもう指導ではなくガチンコ対局もありました。

マルチャン先生とE藤ママはこの間に1回戦の手合いつけ、会費の処理、申込の受付など色々と雑務をしてくれます、縁の下の力持ちです。

10時25分頃には全てのミニ講座も終わり、いよいよ昇級戦の始まりです。この昇級戦には講師陣もいっしょに入りこどもたちの昇級を阻もうとするのですが、もたちも一生懸命ですから講師もその勢いの押されることも多々有ります。以下その様子をどうぞ。







和室はびっしりの超満員!!



調理室にはみ出しての対局も数局




                            調理室では講師陣が指導対局をしています










本日の昇級者は以下のとおり・・・

ショーゴサン17級→16級へ(6連勝規定による)

ケイスケ19級→18級へ(9勝3敗規定による)

ハルヤ21級→19級へ(トビ級、連続12連勝のため特別昇級)

ナナミ21級→20級へ(6連勝規定による)

レンム25級→24級へ(6連勝規定による)

ダイスケ26級→25級へ(9勝3敗規定による)

ツバサ27級→26級へ(9勝3敗規定による)

おめでとうございます。あと少しで昇級しそうな人は大会に出て勝ち星を稼ごう!!


終わりの会の様子です。

今日の津山キッズ将棋教室は概ねみんな静かに対局できていましたね。この調子でこれからも行きたいと思いますのでこどもたちのみなさん、ご協力よろしくね!

最後になりますが、

@美作アマ将棋名人戦(7/3)

@菅井竜也杯将棋大会(8/7)の2棋戦、いずれも参加よろしく!!

最後に「忘れ物をしないでね!!」と言ってから「気を付け」「礼」「ありがとうございました」で締めました。

午後の部(一般将棋教室)は別エントリします






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

菅井杯子ども大会の申込み状況ですが今現在で56名の申し込みとなっています。残席44席程度(100名定員)となっています。申し込みを保留している方の早めの申し込みをお願いいたします。

クラス別受付状況は・・・
竜王戦クラスが16人→上級。有段者クラスです。今回は前日が倉敷王将戦全国大会が倉敷で行われるため、その流れで参加される小学生強豪も参加しやすいと思われます。16人中10人が県外からの申し込みです。

昇竜戦クラスが27人→圧倒的に多い申し込みとなっていますがこのクラスは中級クラス・初級クラス(初心クラスではない!)を対象としています。一旦受付させていただいたこどもさんも過去の大会成績などみて最終的に多少クラス変更を一部お願いするかもしれません。

竜の子クラスがまだ13人となっております。→ここは岡山県内の初心・入門者クラスのお子さんの育成のためのクラスですので本欄をご覧の県内の初心者のお子さん、または親御さんはぜひ参加させてあげて欲しいですね。初めての将棋大会参加者もOKです!

県内将棋教室の講師の方、PRのほうをよろしくお願いします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

倉敷王将戦岡山県予選

*高学年:立藤裕晃くん、低学年:白石智也くんが優勝!

本大会、なんと78名が参加、この大会の岡山県予選としては過去最大の参加人数となった。数年前の県代表を決めるためだけの大会当時では考えられない様相を呈してきた。県内のこども将棋ブームを反映している。

開会式の様子、いや~とにかくいつもの会場が狭く感じられます。主催者も嬉しい悲鳴でしょう。

北村常務理事の冒頭挨拶、大石棋道指導員の競技説明


どんなに多いかというとこれくらい多いのです。付添者様の席が足りません。こんなことは岡山県予選では前代未聞のできごとです。

大会途中で急遽別室を用意するという事態が発生しました。



一回戦対戦相手の抽選の様子です。高学年は黒山の人だかり。今回、低学年は津山地区からの参加者が3分の1を占めたため津山の子に他の地区の子の札を引きに来てもらいましたので受付は整然となされていました。
【高学年の対局の様子】






この日の優斗は県代表を意識して丁寧に指すことを心がけていたようだ。

手の甲にポカをしないように「カクニン」と文字を刻んでいた。そのせいか、昨年低学年代表だったI口戦も勝って三強入りを果たした。高学年のほうは3人のパラマストーナメントとし、組合せ抽選。
その結果、1回戦(準決勝)は小山対杉本戦となった。

2回戦(決勝)は1回戦の勝者・小山対立藤戦。



【高学年の部】=41人参加

上位入賞者は下記のとおり・・・(敬称略)

優勝:立藤裕晃(岡山市・福浜小6)=岡山県代表

準優勝:小山明洋(倉敷市・小6)

第三位:杉本優斗(岡山市・小5)

第四位:平松隼人(倉敷市・小5)

第五位:厨子由翔(岡山市・小5)

第六位:栄徳  要(岡山市・小5)



【低学年の対局の様子】







低学年のベスト3を決めるところ。(ここまで3連勝者が5人、そのうち津山勢が4人(白石・遠藤・辻川・佐古)というから正直私も予想すらしてませんでした。┌(┌^o^)┐



4連勝者3人で総当り戦、つまり2連勝者=第一代表、1勝1敗者=第二代表となります。




【低学年の部】=37人参加

上位入賞者は下記のとおり・・・(敬称略)

優勝:白石智也(津山市・南小2)=岡山県第一代表

準優勝:斎藤拓実(倉敷市・老松小3)=岡山県第二代表

第三位:遠藤  翔(津山市・小3)

第四位:篠原獅宝(倉敷市・小3)

第五位:都守凌平(津山市・小2)

第六位:辻川悠成(津山市・小3)

                   四位と六位入賞の二人

苦節7年・・・私が岡山県津山市に来て以来、今大会初の県代表者が津山市から出ました!(´;ω;`)

遠藤くんは最近伸びてきていだだけに惜しかった。この悔しさをバネに来年は高学年の部でがんばりましょう。

代表者になった人は今大会に参加してくれたお友達のためにもしっかり練習を積んで8月6日の全国大会に備えましょう!


倉敷市代表予選会が同所にて午後より行われました。

結果は・・・

【高学年】小山明洋くん【低学年】篠原獅宝くんがそれぞれ優勝し代表になりました。詳細はこちら

どうぞご参照ください。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

倉敷王将戦岡山県予選は全国大会の地元ということもあり毎年の県予選は他県に比べて参加者が多いのであるが、今年は例年になくその参加者が増加。昨年が高学年38人低学年20人合計58人だったが、今年は高学年42人、低学年35人でなんと77名が参加表明した。(対前年32.8%増/19人増)当日何らかの理由で欠席する子も出るかもしれないけどいずれにしても過去にない参加人数となるだろう。

参加者の住居地をみても県内各地をほぼまんべんなく網羅している。これは県内の小学生に対する将棋普及の結果を反映したものと思う。

参加されるこどもたちの悔いのないご健闘を祈りたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週土曜朝から申し込みちらしをUPしたばかり(3日弱)でなんと27人も申し込みがありました

菅井七段の人気の高さを物語っていますね。

竜王戦=7人、昇竜戦=14人、竜の子戦=5人といったところ!

定員に達しましたら締切日を待たず締め切ることがありますので早めにお申し込みください

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日、岡山県内の全日本アマ将棋名人戦の地区予選大会で津山地区が他に先駆けて行われた。

最近のこども将棋ブームも手伝ってか、参加人員は小学生の参加人数が増えた結果、昨年の38名をやや上回り44名となりました。


日本将棋連盟津山支部長の開会挨拶の様子


A級対局の様子




A級=12人参加(6人が津山地区代表として県大会へ)

優  勝:川口剛(地区代表)

準優勝:片田一樹(地区代表)

第三位:福島清次(地区代表辞退)

第四位:小林正典(地区代表)

第五位:市本恕一(地区代表)

第六位:西崎文雄(地区代表)

第七位:奥村駿可(地区代表に繰り上げ)

B級対局の様子

B級決勝戦は4連勝同士の70歳?対7歳の顔合わせとなった。B級全体として小学生・中学生の姿も増えてきました。






最後の一戦をものにして敢闘賞ゲット!


B級=15人参加(5人が津山地区代表として県大会へ)

優  勝:沼本源志(地区代表)

準優勝:白石智也(地区代表)(小2)

第三位:竹久洋介(地区代表)

第四位:信定栄治(地区代表)

第五位:田口正浩(地区代表)

C級対局の様子











S木パパには奇数で余ったこどもに指導対局をしていただきました

7月3日の大会で使う盾もお目見えしました



賞状の宛名書きはT川ママにお世話になりました。書道五段の腕前だそうです。スゴイ!!
C級表彰式の様子



C級=17人参加(県大会はありません)以下敬称略

優  勝:都守凌平(小2)

準優勝:福田眞大(小4)

第三位:小椋晴矢(中1)

3勝以上の敢闘賞:辻川悠成、毛利天、岡田七海、中上竜一、池嶋怜士、鈴木暁仁、佐古貫一郎の7名


A級、B級で津山地区代表になられた方のご健闘をお祈りいたします!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

おまけ~戦い終わって~
→こんなのもらえると嬉しいな・・・


川口さんの指導対局               西崎さんの指導対局

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

普段は土曜の午後はまったりとした将棋教室になるのだが、今日はいつになく一般将棋教室が賑わった。参加してくれたのはトモヤ1級、Iユウト6級、カケル7級、リョウヘイ15級、アキヒト18級、Tユウセイ20級、キヨシ27級、ハルト27級の8人のこどもらと大人は不定玉、マルチャン先生、ノッポ先生、オックー先生、S木パパ、S石パパの6人が参加。14人でまずまずの入りとなった。







午後は昇級戦とかではなくもっぱら実戦練習を積むのが基本。将棋大会がこのあと目白押しにあったりするのでその気になっているこどもらの参加が多く目標の大会にむけて対局時計を使うなどして自身の仕上がり度を確認していたようにも見えた。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。