岡山県将棋情報

住所不定玉の知り得る範囲で岡山県内のこども将棋関係情報を中心に掲載していく予定です。

(不定玉第三ブログ)

住所不定玉の知り得る範囲で岡山県内のこども将棋関係情報を中心に掲載していく予定です
$岡山県将棋情報 岡山県将棋情報
つやま日曜将棋教室 の様子   第3回岡山県こども将棋交流戦

岡山県将棋情報 岡山県将棋情報
津山土曜キッズ将棋教室 の様子 
津山土曜一般将棋教室 の様子
$岡山県将棋情報 $岡山県将棋情報
岡南公民館子ども将棋教室 の様子  水島子ども将棋教室 の様子
$岡山県将棋情報
倉敷市大山名人記念館教室 の様子  玉島 こども将棋教室 の様子
岡山県将棋情報 $岡山県将棋情報
福成キッズ将棋教室 の様子   倉敷市真備公民館こども将棋講座 の様子
$岡山県将棋情報
笠岡こども将棋同好会 の様子

【リンク先】 

(不定玉関連ページ)

飛騨高山将棋事情 (不定玉第二ブログ) (更新休止中) 
釜石王将クラブ(不定玉第一ブログ) (更新休止中) 

(ネットサークル・連盟HPなど)

友遊クラブ  将棋クラブ24  日本将棋連盟HP
関西将棋会館HP   将棋.教室検索ページ.
(岡山県内関係ページ)

竜棋会(菅井六段後援会)のHP

水島子ども将棋教室HP

大山名人記念館
岡南公民館将棋教室第1  同第2ブログ
福成キッズ将棋教室(吾輩は猫である) →2014/8/24で休止

笠岡こども将棋同好会
(岡山近県関係ページ)
西部支部道場日記(鳥取県西部) →2014/5/1で終了

西部支部道場プラス →上の日記の続きです

鳥取県キッズ支部 (鳥取県中部)

スパイラル将棋センター(香川県将棋情報・高松市)


テーマ:


 本日、東京と大阪で同時に各都道府県を勝ち抜いてきた128校による第12回文科杯小中学生団体戦全国大会が行われた。
 
私は地元の津山市立北陵中学の正式付き添い人として大阪国際会議場で行われた西日本大会に行ってきました。

私的には朝からここには書けない準備不足によるトラブルがいろいろあり、さらに高速バスが大阪にはいったところで交通事故による大渋滞にまきこまれ大阪駅前に15分遅れの到着、そのため一目散にタクシーを捕まえ現地会場へ。



大会が行われた大阪国際会議場

すでにたくさんの関係者が入場していて開会式スタート間際となっていた。当然いつもやっていること=各選手になんの注意・アドバイスもできず、例の気合も入れることもできず・・・開会式~1回戦スタートとなってしまった。

今回は津山市立北陵中のメンバーは昨年県大会4勝~西日本大会4勝~今年の県大会4勝で負けなしの大将N島三段がそのまま今年も残り、また副将にも昨年県大会4勝~西日本大会3勝1敗~今年の県大会4勝のI口二段を擁し、新人(1年)ながら大物ぶりを発揮しだしたI嶋3級(今年の県大会3勝1敗)とバランスも良くなり昨年惜しくも決勝大会進出を逃したので「今年こそは!!」との思いもあった。

そんな思いが頭をよぎりながら朝のトラブル続発で嫌な予感・・・。

            岡山県代表津山北陵中のみなさんの後ろ姿

                岡山県代表芳泉小のみなさん

里見1級の姿も・・・やはり島根県のこどもたちに目が自然に行っていましたか^^

1回戦の相手は岐阜県代表の北方町立北方中。

N島くんが幸先よく早々と勝利。これはいける!と思っていたらI嶋くんがその横で負け・・・、でも副将のI口くんが何とかするのがこれまでのパターン、ところがその表情をみるとどうも様子がおかしい。頭を盛んに掻いていたり伸びをしたり・・・。どうやら序盤から相手の指し手を見て油断してしまったらしい。普通に勝てると考えていたようだが相手を甘く見たというのが局後の本人の感想。対局場所がエリアの真ん中あたりだったので表情しか見えない。いったいどんなないようだったのだろう。局面の確認ができないのは残念でした。

ここで津山市立北陵中将棋団体戦の夏は事実上終わりました・・・


一方の小学生の部で岡山県代表となったのは岡山市立芳泉小学校の5年生3人チーム

こちらのほうはたまたま対局エリアの端(保護者席の横)だったのでかろうじて局面が見えた。相手は宮崎県代表の宮崎市立恒久小。まず大将のA積くんが勝ち、

次に先鋒のN井澤くんが投了、副将のO山くんの結果いかんとなった。お父さんの心の大声援の元、O山くんがなんとか最後制して2-1で2回戦へ進む。こちらは第一関門突破!

しかしそのあと京都代表=市立陵ケ岡小に1-2、沖縄代表の宜野湾市立長田小に0-3と失速したようだ。しかし皆5年生、まだ来年のチャンスもあるので頑張って出場してください。

戻って中学生の部・・・、

津山市立北陵中の2回戦の相手は山口県代表の下関市立川中中学。そして3回戦の相手は佐賀県代表の佐賀大学教育学部附属中。なんといずれも3-0のストレート勝ちだった。(昨年は3つとも勝ったのだがすべて2-1の接戦をものにしての決勝トーナメントに進んだのだが勝率だけでみると今年の方が昨年を上回っている。ちょっと1回戦の負けが痛かったかな。それでも気を取り直してのこの成績は立派でした。3人ともよくやりました。感動した。3人には心からお礼を申し上げたい。お疲れさまでした。

※予選リーグ8チーム中2位でした(西日本大会5位タイ)

さて西日本大会全体の成績および3位以上の学校は・・・

【中学校予選リーグの結果】


【中学生決勝大会出場決定戦進出の4校組み合わせ】


※なんと今年は私立中学が独占した。
そして決勝大会進出を決めたのは・・・

光泉中(滋賀)と東海中A(愛知)の2校でした。


【小学校予選リーグの結果】

【小学生決勝大会出場決定戦進出の4校組み合わせ】


決勝大会進出は・・・

大津市立浦町小(滋賀)と大分大教育学部附属小(大分)の2校になりました。


対局が全て終わり、岡山県代表者全員で写真を撮りました。

選手の皆さん、ご父兄の方々もお疲れ様でした。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

文部科学大臣杯小中学生団体戦・西日本大会の応援・付添人として行ってきます。

津山市立北陵中(岡山県代表)の健闘を祈る!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年も各地区A級(94人)B級(58人)を勝ち抜いてきた地区代表(シード選手含む)による熱き戦いが山陽新聞社本社9階会議室で行われた。




結果は以下のとおり(敬称略)

A級(名人戦)の部


津山代表のイッチー先生3回戦の様子   同じくK口五段3回戦の様子

準決勝の様子、これを勝ったほうが県代表(2名)となる。


優勝:長谷川大地(総社)=3連覇

準優勝:植田吉則(岡山)

第三位;高石雅人(岡山)・赤畠卓(岡山)

※A級優勝・準優勝の2人は9月3日~5日に天童市で行われる全国大会に参加が決まった。

最近は若手の活躍が目立ち、A級に小中学生らがちらほら。中には1~3回戦を勝ち上がる中学生もいた。

B級(一般戦)の部



優勝:伊東陽祐(倉敷)

準優勝:保田茂(倉敷)

第三位:矢部直樹(倉敷)石原芳明(赤磐)



※津山地区の初代表となったトモヤくん(小2)も残念ながら1回戦で敗退。一般大会の洗礼を受けた格好だが負けて強くなる。これをバネにいずれA級で活躍できる日を目指していこう。


途中で敗退した選手で希望者は有森7段の指導対局を受けました。今日の有森7段の指導対局は11勝1敗!なかなかアマチュアには辛い先生です。(笑)2枚落ちでも勝てれば3段くらいはあるでしょう。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

一般将棋教室では昇級戦やミニ講座は行いません。もっぱら真剣な対局(と感想戦)です。

午後は相変わらず少なめで、

本日の参加者はこどもが8人、大人が4人の合計12人でした。






ご覧のとおり和室に3列の長机を並べていますがほぼほぼ1列あれば足りる感じです。午後から2人のこどもたちが参加してくれましたが比較的静かな一般将棋教室でした

。ただ、ちょっと後半は子どもたちも集中力が途切れたのか、少し騒がしくなったのは残念でした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今朝の土曜津山キッズ将棋教室は・・・ 朝から暑くなり、こういう日は将棋日和なんだが・・・さて?

夏休み最初の土曜とあってかお出かけ組の子もいてやや少なめ、そうは言っても午前中のキッズ将棋教室には29人のこどもたちが参加。講師陣の方は不定玉、ノッポ先生、オックー先生、マルちゃん先生の4人。そしてS木パパ、今日初めて来ていただいたS尾パパにもこどもたちと対局していただいた。

事務周り(手合い係・集金係)はE藤ママに、カメラはS石パパにしていただきましたので総勢37名となりました。



冒頭、イベントの案内(JT杯こども将棋大会・津山キッズ将棋教室デイキャンプ)の案内を行いました。デイキャンプ参加申込は既に20名に達しました。申込締め切りは8月25日としましたがトータル50名で打ち切りとしますのでお早めに申込をしてください。メールでも受付いたします。

次に前回までで昇級したこどもたちに認定状の授与式です。



※Iユウトくんは今回認定状を発行していませんでしたが特別昇級で5級→3級へ(西日本大会特訓会で特別認定)

続いてマナー教室です。今日は女の子(ハルナちゃん)にリーダーを務めてもらいました。

とてもわかりやすく大きな声で読んでくれましたね。

続いてミニ講座です。


有段者~9級までの上級・中級クラスはオックー先生・マルチャン先生・S木パパ・本日初のS尾パパにお願いしました。



10級~25級までの初級クラスは不定玉が担当、今日は6枚落ち1筋攻略方法の最終(一応)を行うとともに4枚落ちのイントロを説明して終わりました。

26級~30級の初心・入門者クラスはノッポ先生が担当。今日も簡単詰将棋の問題を中心に行いました。

続いて、10時20分頃からお待ちかねの昇級戦スタートです。















皆、正座を崩さす対局に集中しています。





































講師陣・親御さんも入り乱れての対局です。こどもたちは大人に負けてもノーカウント、勝てば1勝となるため講師と指したがる子とやっぱり講師が苦手・・・というグループに分かれてしまうようです。

本日の昇級者は下記のとおり!

アキヒト16級→15級へ(6連勝規定による)

ケイスケ18級→17級へ(6連勝規定による)

Tユウセイ19級→18級へ(9勝3敗規定による)

マオ19級→18級へ(9勝3敗規定による)

オウセイ25級→24級へ(9勝3敗規定による)

キヨシ26級→25級へ(9勝3敗規定による)

以上6名の方でした。おめでとうございました。

次回の土曜津山キッズ将棋教室は8月20日でだいぶ先になりますので受講者の皆さんは必ず対局はもちろんのことテキストの予習・復習、詰将棋、棋譜並べを毎日少しづつでも良いので行ってください。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日の地元紙の上段に昨日の夜の将棋特訓の記事が出ていました。これを励みに今年も西日本をがんばろう!

津山朝日新聞社様および駆けつけてくれた川口様、本当にありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


5月に行われた文部科学大臣杯岡山県大会で津山市立北陵中は見事に連覇を成し遂げた事は記憶に新しいところなわけだが、その後、メンバーの3人がなかなか揃って練習をする機会もなかった。

というのもそれぞれが他の部活や習い事があり、逆に将棋の方は学内に部活もなく、ほとんど練習に時間を割けなかった。

ここだけの話だが、3人の中には県大会が終わってその直後、現地でアマチュア指導において手を抜かないことで有名な某A7段の指導対局(飛車落)を勝ちながら、ここまでたった3局しかネットで指していないという信じがたい練習不足の子もいた!

そんなわけでやっと西日本大会まで1週間を切った昨晩やっと県北随一の実力者川口五段を特別講師に迎え、臨時の3人揃っての練習会(特訓)を設定し同時に地元新聞社の取材を受けることができた。

以下その練習会&取材の様子です。


川口さんは3人とそれぞれ時計を使って実戦さながらの真剣勝負を指しました。

指したあとは10分~20分に及ぶ感想戦を行うなど短時間ではありましたがとても内容の濃い

将棋の時間でした。(指し手のことについてもたくさん出てきましたが、大会直前ということもありここではあえて触れません)

                    新聞社の方に来ていただき取材を受けました



練習は6時すぎから始まり9時30分頃まで続きました。3人とも大変良い稽古ができたでしょう。


みなさん、お疲れ様でした!ちなみにこの記事は今日の某新聞の夕刊に載る予定です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



岡山県地方は梅雨が明けたのだろうか、私は勝手に思っている。

そんな本日のこども将棋教室、今日も23人のこどもたちが集まり、まずまずの参加人数だった。講師陣は不定玉、マーチャン先生、ノッポ先生、オックー先生、途中からイッチー先生、カメラはS石パパ、手合い担当がE藤ママで合計30名になりました。



その中で本日初参加のリンチャン、12級でデビュー。先日の美作アマ戦のC級1組でも活躍したのも印象に残っていました。

冒頭、不定玉から挨拶、「来週からこどもたちは夏休みに入りますが、この夏休みに将棋の練習をする人としない人では大差がつきます。詰将棋や新聞掲載の将棋欄を使用した棋譜並べなどしっかりやってください!8月の日曜教室は28日一回のみです」と。

続いてイベント案内をしました。

まず、9月24日にジップアリーナで行われるJT杯こども将棋大会です。2年に一度岡山市で行われるこども将棋大会で概ね5~600人のこどもたちが参加する超ビッグな大会。この大会は付き添いの方もクイズなどがあり楽しめます。途中で負けた子は慰安戦で駒形消しゴムを獲得することもできます。まだ一度も経験したことのない人はぜひお出かけください。

これに先立ち9月3日には津山キッズ将棋教室主催でデイキャンプをラビンの里にて行います。申込締め切りは8月25日としていますが、希望者の方は早めにお願いいたします。既に申込が来ています。

次に前回までで昇級した人に認定状の授与の様子です。

続いてマナー講座です。今日はヨシトくんにリーダーを務めてもらいました。その後、不定玉の方で大盤を使ってやってはいけないことをお話しました。


棋力別のミニ講座を行いました。

今日の上級・中級向けの指導対局はマーチャン先生、オックー先生が担当しました。

初級者向けの講座は6枚落ち応用編と題して不定玉が担当、3手ずつのリレー将棋の要素を入れて不定玉とこどもらのリレーで対局しました。



別室にて初心者・入門者向け講座はノッポ先生が担当、大盤を使って行いました。


10時15分頃にはミニ講座も終わり、全員昇級戦に入りました。

今日はマルチャン先生が所用でお休み、ノッポ先生が10時30分にはいなくなるということから土曜教室のイッチー先生に10時頃から来ていただき、昇級戦でマーチャン先生、オックー先生、不定玉とともに指導に入ってもらいました。指導者と指して、負けてもノーカウントということから指導者に挑戦する子が多かったです。






 

 






本日の昇級者は・・・

リョウヘイ14級→13級へ(9勝3敗規定による)

リュウタロウ18級→17級へ(9勝3敗規定による)

マヒロ25級→24級へ(9勝3敗規定による)

YSヒロキ27級→26級へ(9勝3敗規定による)

Sユウリ27級→26級へ(6連勝規定による)

Sハルキ27級→26級へ(9勝3敗規定による)

以上6人のこどもたちでした。おめでとうございます。次回は7月31日に日曜教室を同所にて行いますのでご予定よろしくお願いします。

終わりの会は11時55分頃から5分間。イベントの再度の案内と本日の将棋教室を簡単に振り返ります。最後に忘れ物をしないように今一度伝達しておわりました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今朝の日曜津山キッズ将棋教室の様子

昨日に続くダブルヘッダーとなったこども将棋教室、今日も体験組の2人を含めて22人のこどもらが参加してくれました。

講師陣は不定玉のほかマルチャン先生、ノッポ先生、マーチャン先生の4人、手合い係事務担当をE藤ママにお願いし、無事終えることができました。ヾ(´▽`;)ゝ

冒頭、不定玉のほうから9月3日にラビンの里で「第6回津山キッズ将棋教室デイキャンプ」を行う説明を行いました(プリントをこどもさんに渡していますので親御さんはご確認ください)

続いて認定状の授与式をおこないました。


マナー講座の様子、今日はYSくんにリーダーを務めてもらいました。


ミニ講座の様子(上・中級者の部)はマーチャン先生が担当、指導対局から入ってもらいます。余ったこどもはいきなり昇級戦をスタート。

ミニ講座の様子(初級者の部)は不定玉が担当、今日は6枚落ちの理解ができているか、子供たちのリレー対不定玉で指しました。

全体的にはまだ卒業の域には達成していないようでした。





ミニ講座の様子(初心・入門者の部)はノッポ先生が担当、簡単詰将棋を解説しています

昇級戦の様子

今日は比較的静かに教室の運営ができました。日曜教室は人数がやや少ないことも関係しているかもしれません。









本日の昇級者は以下のこどもたちでした。

カケル6級→5級へ(9勝3敗規定による)

Mアラタ15級→14級へ(6連勝規定による)

Yカノリ29級→28級へ(6連勝規定による)

Oリョウスケくん→30級へ(新規認定)

Oユウスケくん→30級へ(新規認定)

おめでとうございます!引き続き努力して上を目指しましょう。

次回は来週(7/17)に行いますのでよろしくお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。