岡山県将棋情報

住所不定玉の知り得る範囲で岡山県内のこども将棋関係情報を中心に掲載していく予定です。

(不定玉第三ブログ)

住所不定玉の知り得る範囲で岡山県内のこども将棋関係情報を中心に掲載していく予定です
$岡山県将棋情報 岡山県将棋情報
つやま日曜将棋教室 の様子   第3回岡山県こども将棋交流戦

岡山県将棋情報 岡山県将棋情報
津山土曜キッズ将棋教室 の様子 
津山土曜一般将棋教室 の様子
$岡山県将棋情報 $岡山県将棋情報
岡南公民館子ども将棋教室 の様子  水島子ども将棋教室 の様子
$岡山県将棋情報
倉敷市大山名人記念館教室 の様子  玉島 こども将棋教室 の様子
岡山県将棋情報 $岡山県将棋情報
福成キッズ将棋教室 の様子   倉敷市真備公民館こども将棋講座 の様子
$岡山県将棋情報
笠岡こども将棋同好会 の様子

【リンク先】 

(不定玉関連ページ)

飛騨高山将棋事情 (不定玉第二ブログ) (更新休止中)
釜石王将クラブ(不定玉第一ブログ) (更新休止中) 

(ネットサークル・連盟HPなど)

友遊クラブ  将棋クラブ24  日本将棋連盟HP
関西将棋会館HP   将棋.教室検索ページ.
(岡山県内関係ページ)

竜棋会(菅井六段後援会)のHP

水島子ども将棋教室HP

大山名人記念館
岡南公民館将棋教室第1  同第2ブログ
福成キッズ将棋教室(吾輩は猫である) →2014/8/24で休止

笠岡こども将棋同好会
(岡山近県関係ページ)
西部支部道場日記(鳥取県西部) →2014/5/1で終了

西部支部道場プラス →上の日記の続きです

鳥取県キッズ支部 (鳥取県中部)

イナズマ道場(島根県情報)


テーマ:
今朝の山陽新聞、こども新聞に最近映画や漫画で取りざたされている将棋界、プロ棋士になるための道のり・こども将棋教室がどこにあるのかなどの記事が子ども向けにわかりやすく3ページの紙面にわたり紹介されています。

その中で岡山県内のこども将棋教室の事や津山キッズ将棋教室のことも掲載されていました。サンタタイムズ様、PRありがとうございます。

山陽新聞をご購読の方はぜひご覧ください!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日、津山東公民館において日本将棋連盟津山支部(支部長:小林正典さん)が主催する第26回美作アマ将棋竜王挑戦者決定大会・一般将棋大会が盛大に行われた。
  
この大会は同支部の主催大会としては美作アマ名人戦に並ぶビッグタイトル戦で48人が参加し、盤上に火花を散らした!その結果、竜王挑戦者に荒木三段(会社員)が優勝し、3月5日に川口剛竜王と3番勝負を行う予定。
【竜王挑戦者決定戦の部】=13名参加 

優勝:荒木雄太(鏡野町)...
準優勝:小林正典(津山市大谷)
第三位:高垣周平(久米南町)
 古豪・強豪・若手新鋭が入り乱れたこのクラスに小学生(5年生と2年生)が2人参加、二人共5戦して鋭い手を繰り出し3勝、敢闘賞ゲットはお見事!入賞には届かなかったものの今後も大いに期待される。
【一般B級の部】=16名参加
優勝:中藤誠(美作市豊国原)
準優勝:竹内洋介(勝央町)
第三位:赤松良明(津山市上村)
このクラスにも中学生以下のこどもだ8人参加。つまり半数が津山キッズ教室、および同教室OGのこどもたち。当教室では9級になったらB級に出場するように勧めているが4~9級位の子が海千山千、失礼・・・百戦錬磨の大人にかなうはずもなく勝ち越しはまだ難しい。そこで6級以下のこどもは大人と対戦する際角落ちハンデをもらっていたのだが・・・。その中で気を吐いたのが1級のユウトとカケル。彼らは全局平手で戦い、力を発揮し敢闘賞をゲット!スイス式トーナメントのため同勝ち星だったが点数に泣き惜しくも入賞をのがした。二人共準初段は近い。
 
【一般C級の部(チャイルド級)】=19名参加
 
優勝:青山大翔(弥生小3)
準優勝:太田楽生(勝央北小6)
第三位:岡田蒼(向陽小4)
力別に最大4枚落ちのハンデを取り入れ誰が優勝しても不思議ではない格好にしているこのクラス、優勝した大翔くんは今回が初の栄冠だった。これを機会にこれからも頑張って急上昇して欲しい一人だ。
そういう意味では3位にはいったアオくんも同じ。(2位のライキくんは優勝経験あり)
また水面下で入賞に届かなかった人もいれば、なかなか勝てなかった園児の子もいましたね。しかし、ここでこの悔しさを乗り越えて練習を日々続けることで必ず報われる日が来るでしょう。次はきみの番ですよ!!楽しみにしていますからね。
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
    
   
  
  
  
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 午後の将棋教室は一般向けにも解放しています。
ところが今日の一般将棋教室、その大半がこどもたちでした。(19人中11人がこどもたちだった)
  
  
  
なかには午後のほうが大人の方が沢山くるためわざわざ大人に混じって腕を磨こうというこどもさんもいます。また午前中ほかの用事で来れなかった子が午後少しでも練習したい!ということで午後からの参加組もちらほら。
 
なにやら途中からリレー将棋をやろうなどとこどもたちが集まり協議?ジャンケンしています。う~んもうちょっと静かにならんものか・・・。これも5月の文部科学大臣杯のチーム作りのステップなんだろう。(笑)

そんな中で今日は大人の方で初参加の方が一人、あまりの賑やかさに驚かれたことだと思うが、なかなかの腕前の方、これからも指導に引き続き来てくださることを祈ります。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今朝は少し暖かくみんなの出足も良いかなと思っていたのだが・・・9時20分(開始10分前)の段階で10人余り・・・あれっと思っていたらみるみる間に30人を超えてきました。今朝の教室に33人、(うち2人が体験組のこどもさんでした)
ところが講師陣のほうが・・・不定玉とマルチャン先生、S木パパ先生の3人のみ。ちょっと苦しいといった感じ。まあでも以前はこのくらいの人数でこなしていたのでなんとかなるもの。それというのも、手合い係、事務処理班にE藤ママ、Mおばちゃんの2人体制はすごくありがたいところ。E藤ママの指導よろしくMおばちゃんも少し慣れてきたので頼もしい。
冒頭、いつものように不定玉の挨拶から始まるのだが、その前に1月28日にジャンバーを忘れて帰ったお子さんがいます。緑色のリバーシブルの割といい物なのですが誰のものかわかりません。そのジャンバーは下の写真です。1月28日の餅つき大会の時にこられた方で心当たりの方はご連絡ください。
 
続いてイベントのお知らせ・・・
明日は津山東公民館において美作アマ竜王挑戦者決定大会・一般将棋大会があります。
朝9時受付、9時30分開会式、A~Cクラスでこどもの参加費は500円。
参加する方は当日受付なので時間までに受付を済ませてください。
それから認定状授与式(前回までに昇級された方に・・・)

  
  
次にマナー講座・・・これは毎回やっています。みんな静かに将棋に集中して練習できるように・・・の願いを込めてやっています。今日のリーダーはケイスケくん(小1)にお願いしました。とても1年生とは思えないくらいしっかりと読んでくれました。ありがとう!
  
  
 駒を、マス目に真っ直ぐに置くのも集中力を高める行為の1つです。

10時~10時30分ごろまでミニ講座です
上級・中級クラスはS木パパ先生のところに集まって相互対局

  
 初級クラスは不定玉のところ(別室)に集まって4枚落ち定跡の勉強(7六歩をつかない指し方)を行いました。棋譜の書き方も少し勉強しました。
  
   
   
 初心・入門クラスはマルチャン先生の簡単詰将棋のトレーニングでした。
  
当教室の棋力別に3クラスに分かれてのミニ講座も特徴の1つです。
(ほかの教室のミニ講座では2クラス制が多いかな)
10時30分頃から全員昇級戦へ・・・
  
   
   
   
   
   
   
 

不定玉は体験組のこどもさんと1局ずつ棋力測定を行い、続いて希望者に対する指導将棋を。ところがカケルくんとの一戦、序盤から角銀交換でやや非勢に陥り中盤まで押しまくられることに・・・。なんとか粘り逆転勝ちとなったけどずいぶん強くなりました。準初段の日は近いでしょう。
  
   
   
   
   
全体的にはだいぶ静かに対局できていたようです。前半は・・・・(^_^;)
後半は相変わらず・・・といったところでしょうか。
今日の昇級者は次の方々です。おめでとうございます!
Hケイスケ9級→8級へ(9勝3敗規定による)
Yヒロキ24級→23級へ(11勝4敗規定による)
Nハルト28級→27級へ(9勝3敗規定による)
Sユウセイ29級→28級へ(6連勝規定による)
Hタイヨウくん→29級へ(新規認定による)
Tトシキくん→30級へ(午後・新規認定による)
明日の竜王戦・一般将棋大会に出て勝った数だけ白星が追加されます。1つでもたくさん勝てるように最後の最後までがんばってください!

津山一般将棋教室(午後の部)の様子については別エントリします。











いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第26回高木杯 海の幸 争奪将棋大会
◆とき 平成29年 3月19日(日) 受付9:30 開始10:00
◆ところ 新日本海新聞社西部本社3Fふれあいホール
◆試合方法
 〇団体の部(地域、職場、同好会の3人でチーム編成)
  A・B・Cの各クラス
 〇個人の部 A・B・Cの各クラス
 〇こども名人戦(小中学生)
 〇慰安戦あり。
◆参加料
 本戦(団体・個人)  2,000円(食事付)
 こども名人戦    1,000円(食事付)
◆申込・連絡先
 西部支部道場 0859-28-7321
 TEL090-1017-2804 山住さんまで
◆主催
新日本海新聞社・日本将棋連盟 鳥取県西部支部

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
第26回美作アマ竜王挑戦者決定大会

     および一般将棋大会のお知らせ

◆日時:2月19日(日)あさ9時ごろから受付、

                 9時30分~将棋大会です。

参加資格は美作地方在住者
      および津山キッズ将棋教室会員

◆場所:津山市東公民館 大講座室
◆クラス分け(竜王戦・B級・C級)

竜王戦=二段以上および希望者

B級=初段~9級
    (6級以下のこどもは大人と指す時飛車落ちハンデ有)

C級=10級以下初級・初心者の中学生以下のこども

C級はキッズ将棋教室生は棋力差によって
         最大4枚落ちの駒落ハンデ有り、

    その他のこどもはノーハンデとします)

◆参加費:学生以下500円、一般は1500円
    (支部/津山会員は1000円)

弁当&お茶:各自で用意(C級は午前中で終了予定)

◆入賞:各クラス:上位3位まで、そのほか敢闘賞あり

さらに竜王戦の優勝者は
    後日美作アマ竜王(川口五段)と3番勝負。

◆主催:日本将棋連盟津山支部(支部長:小林)

協力:津山キッズ将棋教室(将棋指導員:森川)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

   
連日の大雪警報もようやく今日ようやく解除されました。しかし鳥取方面から参加して下さる方には影響が出て足止めを食わされたそうです。
そんなお天気が続きましたが、今朝の日曜教室には19人のこどもらが参加してくれました。
講師陣は不定玉の他、マルチャン先生、マーチャン先生、カズキ先生の4人、事務担当・カメラにE藤ママ、Mおばちゃんの2人でのぞみ、無事終了いたしました。
冒頭、イベントの案内を行い、続いて昇級したこどもに認定状を授与いたしました。今日は3人が対象でした。

  
 
続いてマナー講座、今日のリーダーはカケルくんにお願いしました。カケルくんありがとう!
  
このあとはミニ講座です。9級以上のこどもにはマーチャン先生、カズキ先生に指導対局をお願いました。
  
  
10級~25級のこどもたちには不定玉の4枚落ち講座、今日は棋譜並べを行いました。

  
  
26級~30級のこどもたちにはマルチャン先生の8枚落ち講座を行いました。駒落ち対局は独特な感覚がありますが、それでも手筋の宝庫なので勝ち負け云々よりも1つでもいいので上手の手筋を盗み取って欲しいですね。
  
   
  
10時過ぎには全員昇級戦に突入。もちろん、講師陣もこどもたちと対局を行います。
  
  
   
   
   
   
   
     
 
  
  
  
  
  
  
  
 いつの間にか皆強くなっているのを肌で感じる今日この頃です。
2月の日曜津山キッズ将棋教室は今日でおしまい。その代わり2月26日には中央公民館文化祭で将棋体験コーナーの出店をしますのでぜひ来てくださいね。昇級戦も行う予定です!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
やっぱり、今日も午後は少なかった??(^^;
まあ、雪も降りそうだし、常連のこどもたちも朝から来ていないので仕方ないかな・・・。
それでも強くなりたいと願う意欲のあるこどもたちは参加してくれました。
講師も途中で帰宅した人を含めると4人とも残りこどもたちに胸を貸しています。
津山の怪童くんも午後から参加、そして今日初めて来た津山高専の子も午後から参加するなど一般教室としてはまずまずの人数が揃いました。
以下、時系列的には順不同ですがその様子をご紹介します。
  
   
   
   
   
   
   
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 本日の土曜キッズ将棋教室は大雪警報がでていたが無事行われた。朝9時を回ってわずか1人のこどもだけ。準備も早く終わったのでその子と1局、個別指導・・・早起きは3文の何とかですね・・・
  
あまりの出足の悪さに一時はどうなることかと思ったが、定刻の9時30分になるとこどもたちが次々と入室、朝は33人のこどもたちと講師陣(不定玉、マルチャン先生、F原先生、11時頃ニイッチー先生が・・・)カメラにはmskzパパが応援に。手合い・事務担当にはE藤ママが不在のためMおばちゃんが孤軍奮闘でした。このほかこどもたちとの対局にSヤマパパにも入っていただきました。ありがとうございました。
前後しますが、最初に2月19日に東公民館で行われる美作竜王戦挑戦者決定戦・一般将棋大会の案内をおこないました。若干案内文書が少なくみんなに行き渡らなかったかな?ごめん。
続いて2月26日の津山中央公民館文化祭で津山キッズ将棋教室の出店の紹介をしました。
 
 
26日のほうにもたくんさんのこどもたちにきてほしいですね。10時過ぎから14時まで昇級戦も行いますよ。
そして将棋を強くなりたいこどもにはぜひ紹介したかった非売雑誌の1ページをコピーして配布しました。中身についてはう~ん、ナイショ^^;会員の役得ということで・・・。
このあとは前回までに昇級した人に認定状授与を・・・
  
  
  
  
  
そしてマナー講座へ・・・
  
   
今日のマナー講座のリーダーはKヤマくんにお願いしました。ありがとうございました。
続いてミニ講座タイム約30分。いつものように3グループに分かれて進めました。
    
  
上級・中級者(9級以上)はF原先生、途中からイッチー先生に入っていただき指導対局をしていただきました。
  
   
   
 初級クラス(10級~25級)は不定玉が担当、大盤を使い4枚落ちを次の1手形式で解説していきました。
  
  
初心・入門クラス(26級~30級)はマルチャン先生が担当、簡単詰将棋を大盤で解説していきました。
その間にMおばちゃんが1回戦の手合いを決めているので10時40分頃から一斉に全員昇級戦に突入。
  
  
 
マルチャン先生は手合いをつける方にまわってお手伝いです。
昇級戦の様子、最初のうちはみんな真剣に指しているようですが・・・。
  
  
    
不定玉は今日初めて来てくれたこどもの棋力を測るために別室(調理室)で個別対局、29級からスタートしてもらうことにしました。
  
  
  
 
  
各講師陣にはこどもたちの中に入って昇級戦で活躍していただきました。最近は講師陣は何故だか子どもたちの人気者です^^(勝てば昇級の勝ち星に参入、負けてもノーカウントということですので・・・)
そして本日の昇級者は・・・
Sアキヒト9級→8級へ(9勝3敗規定による)
Nリュウイチ18級→17級へ(6連勝規定による)
Kリョウ21級→20級へ(6連勝規定による)
Kツバサ23級→22級へ(6連勝規定による)
Oメグムくん→29級へ(新規認定)
昇級された方はおめでとうございます!またほかにも昇級まで後一歩の人もいますので次回がんばってください。
以下終わりの会の様子です。今日の教室は人数の割にちょっと騒がしく残念な場面もありました。個別にはあえて書きませんが終わりの会で注意された人は次回は静かに集中して将棋に取り組みましょう。
  
午後の一般将棋教室は別エントリします^^
次回の土曜津山キッズ将棋教室は来週2月18日ですよ~♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
岡山県代表は坂根脩斗くん!

本日倉敷市芸文館別館会議室にて「さなる杯第42回小学生名人戦岡山県大会」が行われた。
  
  
  
大会に先立って有森七段を審判長に迎え開会式で挨拶をいただきました。
試合方式については大石棋道指導員より説明があり、名人戦は5年生まで、A級は6年生までの小学生が対象、名人戦は初戦から決勝トーナメントに入り準々決勝までに敗退した選手はそれまでの星を以てスイス式トーナメント5回戦へ編入するという仕組み。
B級は最初から5回戦のスイス式トーナメントを行うものであった。
なお本大会には岡山市・倉敷市・津山市をはじめ県内各地より名人戦、A級戦、B級戦併せて68人が参加、盤上に熱戦を繰り広げ対局が終わるたびに一喜一憂するこどもたちがあちこちで見受けられた。
結果は次のとおり(敬称略)
【名人戦】=20人参加 
  
  
  
  
  
  
  
  
   
 
 
優勝:坂根脩斗(高梁市立高梁小学校5年)=県代表
準優勝:厨子由翔(岡山市立旭竜小学校5年)
第三位:平松隼人(倉敷市立庄小学校5年)
  
 
【A級戦】=5人参加+名人戦準々決勝以前の敗退者
優勝:杉本優斗(岡山市立幡多小学校5年)
準優勝:栄徳要(岡山市立芳田小学校5年)
第三位:遠藤翔(津山市立弥生小学校3年)
 
【B級戦】=43人参加
  
  
  
  
  
  
   
優勝:斎藤輝弘(倉敷市立旭ヶ丘小学校4年)
準優勝:斎藤拓実(倉敷市立老松小学校3年)
第三位:杉本愛夏(岡山市立幡多小学校4年)
津山キッズ将棋教室からは上記の遠藤くんをはじめ14人が参戦。
名人戦に参加した3人はいずれも準々決勝までで敗退したもののA級戦で勝ち越し敢闘賞以上をゲット。またB級戦には11人が参戦、4人が勝ち越しを決め敢闘賞を獲得した。観ていてちょっと気になったのは自身の対局があまり芳しくないのに隣でやっている感想戦?に気を取られ集中できていない津山キッズの子がいたこと。5回戦で上位入賞の可能性がなくなったのか、う~ん、最後の一戦まで諦めず全力を投じてほしかった。後で成績表を確認すると結局負けていた。この大会の勝ち星は普段行っている昇級戦の勝ち星に加算するのでもったいないですねえ。
今回はなかなか勝てなかった子もいましたが、いい時もあれば悪い時もあります。ただこの悔しさをバネに次の関門に向けて努力する人が次の栄冠を得ることができるのです。くさらず焦らず毎日将棋の練習を積み上げてください。そして大会中は緊張感を持続させ全力投球してください。津山キッズの皆さんは2月19日の美作竜王戦挑戦者決定大会&一般将棋大会、こども将棋大会もありますのでぜひチャレンジしてくださいね!本日の選手の皆さん、付添の方々、お疲れ様でした。
  
午後からは有森七段の指導対局(6面指し)が同所でおこなわれ、十数人がチャレンジして一日を終わりました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。