岡野朋一ブログ ~数的処理 特講~

まちを創る、未来を創る、
大事な公務員受験生へエールを贈ります


●スーパースペシャルコース(通学)はコチラ
●スーパースペシャルコース(通信)はコチラ
●スペシャルコース(通学)はコチラ
●スペシャルコース(通信)はコチラ
●市役所教養コース(通学)はコチラ
●市役所教養コース(通信)はコチラ
●経験者採用専願コース(通学)はコチラ
●経験者採用専願コース(通信)はコチラ
◆にほんブログ村に登録しました ⇒    にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ
◆人気ブログランキングに登録しました ⇒  
NEW !
テーマ:
「面接ではウソをつけ」という本があります。

¥886
Amazon.co.jp
この本は、民間就活向けに書かれた本ですが、民間就活でも公務員試験でも、面接は本音で行くべきか、ウソをつくべきかというのは、ある種の論争になっているようです。
「面接ではウソをつき通せるかどうかが勝負」と公言している人もいますし、ウソをつくほどではないにしても、「面接では小さな経験を誇張するのは当たり前」と言う人もいます。
では、実態はどうなのでしょうか。面接ではウソをつくべきなのでしょうか。

民間就活の場合は、面接官は「人事のプロ」、「人を見るプロ」だと言えます。
なぜなら、民間企業では新卒採用はもちろん、中途採用やキャリア採用など、年中採用活動を行っています。
しかも、面接官は何年も採用に関わってきたプロが担当します。

それに比べて、公務員試験の面接官はプロではないことも多い。
例えば、特別区のような大型の採用は、多くの受験生をさばくために、23区から寄せ集めた即席の面接官で対処することになります。
都庁も様々な部局から集めた職員で、面接に対処するわけです。
もちろん、面接官のための研修は行いますが、民間企業に比べれば、経験の乏しい素人と言っても過言ではないでしょう。

例えば、過去に、都庁の面接において学歴を聞かれた受験生がいました。
都庁の面接では受験生の側から自分の学歴を言ってはいけないし、学歴を聞かないことになっています。「○○先生のゼミに入っていまして…」というような大学名が分かるようなことも言ってはいけないことになっています。
しかし、その受験生は大学名を聞かれました。
「大学はどこ?」と聞かれ、受験生が口ごもっていると、「大学名を答えなさいよ」とさらに質問してきたのです。
これはあきらかに面接官のミスです。最後まで大学名を言わなかった彼は、結果、落ちてしまいました。その受験生は
この話を大変悔しそうに語っていました。

彼はどうすれば良かったのかというと、大学名を答えるべきだったと思います。面接の場に臨めば受験生は「まな板の鯉」ですから、面接官の問に答えなければいけません。この場合、大学名を聞いてきた面接官の落ち度であって、受験生には何の落ち度もありませんから、答えるしかなかったのだと思います。

しかし、ここで強調したいのは、「面接官の中にはこんなド素人もいる」ということです。
ということは、冒頭の「面接ではウソをつくべきか」という問は、「ウソを突き通してしまえ」ということになりそうですが、結論は逆です。
「やっぱりウソをつくべきではない」というのが答です。

なぜか。

プロの面接官は、面接のテクニック(採用する側にもテクニックがある)を使って、受験生の本性を見ようとします。
一方、素人面接官も、テクニックなしで、受験生の本性を見ようとします。
このいずれの面接官にも、ウソは通用しません。むしろ素人面接官のほうが、ウソを見抜きます。
なぜなら、素人面接官はテクニックがないゆえに、全力で受験生のメッキをはがしにくるからです。

したがって、いずれにしても、「面接は本音で行け」というのが私の結論です。
「面接官に語れるレベルまで、本音を高めること」
これが、面接官との相性に左右されない、絶対勝利の要諦なのです。

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日行われた警視庁警察官試験より、1問です。
論理の四段論法の問題です。



論理式をつないでいく、オーソドックスな論理式の問題ではないので、戸惑った人がいたかもしれませんが、四段論法の形に注目すれば易しいです。



この手の問題は過去にも出題されています。国家Ⅱ種の2007年の問題がきわめて似ています。おそらく警視庁の問題は、この問題の焼き直しでしょう。


解説です。



数的処理は、有名問題を試験種横断的に解いておくと、やはり強いですね。
タフに勉強することが、「急がば回れ」で近道です。

AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、「考えられる人と考えられない人」という記事を書きました。
その記事の中で、「賢い人は、自分の経験から学べる人である」という趣旨を書きましたが、逆に「自分の経験から学べる人は、賢い人である」と言えるのでしょうか。
答はNOです。「自分の経験から学べるが、賢くない人がいる」からNOです。
例えば、公務員試験に落ちてから、ようやく本気になる人がいます。
「公務員試験に落ちた」という自分の経験から学んで本気になるわけですが、最初から合格を勝ち取る準備をする人こそ、賢い人です。
このように、「自分の経験から学べるが、賢くない人がいる」から、「自分の経験から学べる人は、賢い人である」という命題は偽になります。

では、賢い人とはどのような人なのでしょうか。
かのビスマルクは、「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という有名な言葉を残しました。つまり、「自分の経験から学ぶだけでなく、歴史からも学べる人が賢者である」ということになります。

ビスマルク

その意味では、ある一人の合格体験はあまり参考になりません。
その人は「私はこうやって合格した」という自分の経験から学んだことを伝えているだけだからです。
同様に、現職公務員や元採用担当者の面接対策本や面接対策講座もあやしいものだと思っています。
その人は、面接官をやった経験はあるのかもしれませんが、どれだけ歴史(過去の受験生の受かり方、落ち方)を知っているのでしょうか。
また、面接官として受験生の評価をしたことはあるかもしれませんが、受からせるための面接指導ができるのでしょうか。極めてあやしいものだと思っています。

現職人事が書いた面接対策本の中に、
「志望動機は100%聞かれます。でもほぼみなさんの答えは同じ。(中略)ですから,みんなと同じようなことを同じように言えるか,ということが試されているのだと割り切りましょう」
と書かれていますが、笑止千万です。
「志望動機で差がつかないなら、逆に差がつく志望理由を練り上げよう」と考えるのが面接指導をする人間の発想です。なぜなら、面接は他の受験生との差別化が大事だからです。

いま、面接に限らず様々な情報が、飛び交っています。
中には真っ赤なウソも含まれますので、賢い皆さんは、クールに情報を見極めて、だまされないようにしてください。

AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、埼玉県で起きた孤立死のニュースを観ました。

「2016年2月、埼玉県川越市のアパートで、60代の夫婦の孤立死が発見された。65歳の夫は布団の中で、61歳の妻はベッドで亡くなっていた。
この夫婦は2012年から生活保護を受けており、妻は糖尿病とうつ病を患う妻を夫が看病していたが、夫も胃潰瘍などを患っていたという。
夫が病死し、後を追って妻も亡くなったのではないかと見られている。
夫婦に子どもはおらず、近所づきあいもほとんどなかったようだ。」

このニュースに目が留まったのは、私と同じ埼玉の事件というのが理由の一つ。もう一つは、私の両親と年齢が近いためです。
私の両親は、母が67歳、父が64歳で、幸い二人とも元気ですが、もしこの事件のような形で亡くなったらと思うと、なんとも寂しい、悲しい気持ちになります。

人が産まれたときは、特別な儀式は行いません。親族が病院に行き、赤ん坊の顔を見て「おめでとう」と言うくらいで、何か盛大な儀式を行うことはありません。
しかし、人が亡くなったときには、「通夜」、「葬儀」という儀式を行います。生前、故人と関係を築いた人が、故人を弔うための儀式です。
特に、家族にとっては、この儀式を通して、故人の死を受け止め、心の整理を付ける。そのためには儀式が必要なのです。
そう考えると、この事件のように誰にも看取られずに亡くなり、死後数日経ってから発見されるという孤立死の寂しさが、胸に迫ります。

2010年に、東京都足立区で起きた事件をきっかけに、「消えた高齢者問題」が話題になりました。TVでも、「孤独死」、「孤立死」、「無縁社会」という言葉が飛び交い、特番が報道されました。あれから6年が経ち、もはや「孤独死」や「孤立死」という言葉は、聞き慣れた言葉になってしまいました。

これが高齢社会の問題の一つです。
孤独死や孤立死の事件が多発することではありません。そのニュースが右から左に聞き流されていくことです。
「一人の人間のとてつもなく寂しい死」のニュースに何も感じなくなっていくこと。これが高齢社会の一つの現実だと思うと、何だか恐ろしくもなってきます。

一人の人間の死を、聞き流してはならない。その死の寂しさに、不感症になってはならない。

高齢社会に立ち向かう公務員受験生は、このことを肝に銘じていただきたいのです。
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、国家総合職を受験した皆さん、お疲れ様でした。
国家総合職が終わると、いよいよ本試験期間に突入という感じがします。
この後の、東京都、国家一般職、地方上級などを目指す方は、落ち着かない日々を過ごしていると思いますが、こんなときは最も地味だと思うことを淡々と、コツコツとやりましょう。

木田元という哲学者がいます。哲学の中の現象学を専門にした方で、中央大学で長く教鞭をとられましたが、2014年に亡くなりました。

木田

木田先生は、学生時代、毎年4月から6月を「語学月間」と称して、集中的に語学を勉強したそうです。大学1年目はドイツ語、2年目はギリシャ語、3年目はラテン語、大学院でフランス語と次々に語学をマスターされました。すごい人がいるもんですね。

そしてご自身の経験から、「語学の勉強をしていると精神も安定してくる」と言っています。つまり、「コツコツ地味なことをやると心が落ち着く」ということです。
別に語学をやる必要はありませんが、数的処理なり、経済なり、法律なりの復習をコツコツと地道にやることがやはり良いと思います。

 ちなみに、木田元先生は、若い頃、超イケメンです。俳優みたいですね。

kida


戦後の混乱期には闇物資を運んだ経験もあるようで、『闇屋になりそこねた哲学者』という本が出ていますが、木田先生の気さくで謙虚な人柄と、悪いものは悪いと舌鋒鋭く批判する頭脳を尊敬しています。


¥778
Amazon.co.jp

¥1,728
Amazon.co.jp
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。