グッドフィッシングおおつき(大月釣具店)のブログ

2012年7月に引っ越ししました。
画像を使いまくるブログですので、
引っ越しは定期的にせざるを得ないと思います。

ご了承の程m(u_u)m


テーマ:

5月8日。


前回3月6日。


2ヶ月空きました。


いつか、ここも、広告だらけの放置ブログになってしまうのでしょうか。


そうならないように、保守しよう。そうしよう。

















というわけで。


誰も喜ばないかもしれない、今日見た夢の話なんてしようかと。








学校帰り、男子2人、女子2人で、キャッキャしながら帰る。


「お?こんな所に、お店出来たんだ?めっちゃ派手やん?って蕎麦屋???


すげぇ~www派手~www


今度一緒に行こうぜ~」


「イヤよ~~」





なんて、キャッキャしてる。


こんな学生時代、過ごした覚えは無いんだけど、一応チャラい男子は自分視点。







学生視点は終わって、蕎麦屋の内部に視点が移る。


脱サラした老人夫婦で経営してるような店内。






「そんな言い方はないだろうー(怒)」


「うるさいよ!文句あるなら出ていきな!」



横柄な接客をするお婆さんに腹を立て、サラリーマンのお客さんが帰る。


それを厨房から見ていたお爺さんが、激怒して、お婆さんと大喧嘩。


「お前のせいで、全然蕎麦が作れねぇぇんだよぉぅ!!!!」








ガシャーーーーン


窓を突き破り、お婆さんの顔が表通りにドーン。


???


お婆さんのヅラがとれて?????


お婆さんもお爺さんだった????








ダブル爺さんだった。









そこで、たまたま、ラッシャー板前とダンカンが通りかかる。


?????


この爺さん2人は!!!!!!!!











10年前、この夢の中では死んでいる井出らっきょ。


やくざの抗争に巻き込まれ死んだ井出らっきょ。


その時のやくざ2人はまだ捕まっていない。


この爺さん2人、、、、まさに、あの時の、逃げたやくざ。







「手前ぇぇぇ~~~~~~!見つけたぞぉぉぉぉ~!」


ラッシャーが吠える。


ダンカンが携帯でたけしに電話する。













その後、やくざは逃げて、何故か、ラッシャー達だけ、警察で事情聴取されている。










んで、通りかかりの男が分かった風に、


「面白くなってきた。このまま黙ってるたけしじゃないからねぇ。ふっふっふ」


とか言ってる。












ここで、夢終わり。


恐い夢や、支離滅裂な夢も見るけど、たまぁ~に、そこそこストーリーがしっかりしてる夢も見ます。



こういう時は、ちょっと儲かった気分になります。






「あー、面白かった。良くこんな話作るもんだなぁ、オレ。」なんて、我ながら起きてから感心したりします。












老夫婦が2人ともジジイとか。らっきょ死んでるとか。



って、布団の上で、ニヤニヤします。





























もう少し書こうかなぁ。



今、ブログ書いてる横でテレビがアメリカの大統領選挙を話題にしてますので。


雑感を、少し。















トランプ大統領。


イイ!とは言わないけど、まぁ、どんなもんか見て見たいし、なるようにしかならんだろうし、まぁ、やってみればー。


なんて思ってます。





自分はアメリカ人ではなく、日本人なので、結局アメリカの国益ではなくて、


日本にとってどーか?世界にとってどーか?


な視点で考えますけど、また民主党のヒラリーさんが大統領になるのとどっちがエエのか?


って考えると、どっちかって言うと、「トランプの方が見て見たい」


になるんかなと。


あくまで、「見て見たい」で、エエのか悪いのかは、良く分かりません。










「非白人な外国は全部敵やで(´∀`)」ってくらい、全方向に噛みつくようなトランプさんだけど、


実際に大統領になれば、選挙で言ってたような事を実行出来るのは、かなり限定されると思います。


日本の民主党が政権取った時のマニュフェスト程ではないかもしれないけど、かなーり、ウソばっかりでごめんなさい、状態になるんちゃうかなぁと。


そのへんの、「理想と現実」の上手くいかなさを、「見て見たい」という気持ち。









彼が、支持されてるのって、かなり、今の「多数のアメリカ人の本音」に迫るものがあるんだろうと思うんですよね。


日本絡みで言うと、


「もう、世界の警察、降りたいんや」ですな。




外国に駐留してる軍隊の予算を、なんでアメリカ人の血税で賄わなアカンねん。日本やら、何やら、そこの現地の政府が払えや!!!




なんてのは、かなり、アメリカ人の多くが「せや!せや!!」ってなると思う。

そろそろ、「自分らだけの幸せの為にお金使いたいもん。世界の警察やっても、恨まれるばっかりで感謝もされんしアホらしい」は、多数派の本音だろうと。




こんな感じで、だいたいが、多くのアメリカ人に「耳障りの良い」主張になってるのかなって思う。












でもねー。そう簡単に行くわけないやんねぇと、思います。


「軍隊代、日本が全部払えやぁ~ヽ(`Д´)ノ」


的なことを、色んな国に言うとして。






「じゃぁ、半分でいいっすわ。ウチも苦しいんで(´□`。)」


「ウチは3分の1に縮小で(´□`。)」


「じゃ、ウチは自前で頑張ってみますわ(´□`。)」






とね。


その、「現地アメリカ軍」の規模は、100%維持でなく、かなり縮小されることになるでしょう。






アメリカ経済に詳しいわけではないけど。


あの国の、産業で大きな所って、自動車・コンピューター・農業・医療などもあるだろうけど、


「武器生産」の、「軍需産業」って、相当デカいのは素人でも想像つきます。





さらに、軍人自体。軍人や軍需産業の関係で生活してる人の数が半端じゃない。


おそらく、共和党にとって、「最も重要なお客さん」って、その辺じゃないの?って思う。










日本やその他の駐留軍が縮小されたら、それだけ、「その後の就職先は?」


となるし、「兵器の納品先は?」となるし。


人も、兵器も、「前年度と同じ予算くれや」という圧力は、ものすごく大きいでしょうからね。






「好きにやってエエけどね。予算だけは、1ドルたりとも、減らしたら、どーなるか分かってるね?トランプ君」


という力は、そうそう逆らえないんやないかなって思うんですな。







「アメリカの税金でやりたくない」より「予算規模の縮小はありえない」が勝る、という中で、どうやって、


「日本などに金出させつつ、規模も変えさせないようにするか」


に、トランプさんは悩むんだろうと。











大統領選挙のニュース見ると、こんなことを想像しつつ、「どーなるんかねぇ~」って見ています。


冷戦だとか、モスクワオリンピックボイコットとか、そんな時代からすると、今は全然違いますし、


「世界規模の風景」も徐々に変わって行くんでしょうねぇ。












長い(。-人-。)





また、1~2ヶ月のうちに、保守しようと思いますーm(u_u)m





AD
いいね!(13)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。