ホームページ「言の葉」開設!!!

テーマ:

このたび、自分のホームページ「言の葉」を開設しましたビックリマーク


前から構想はあったものの、なかなか進めることができなかったのですが、先日退院後の自宅療養の時間を使って(あまり外に出られなかったことが幸いし)、ついに開設の運びとなりましたクローバー


http://ohimikazako.wix.com/kotonoha


これまでブログでご案内していた言の葉活動の情報は、ホームページ「言の葉」にわかりやすく掲載していきたいと思いますので、こちらをご覧ください。

(まだ準備中のページもありますが、徐々に整備していきます。)


こんな感じです↓



{AE54C38D-273F-4D95-B025-F94A098D2FDA:01}


ブログ「言の葉つむぎ」はこれまでどおり、毎週1回(おもに日曜日)に更新していきますが、ホームページ開設に伴って気分一新、デザインを変えてみました。


六月は過ぎてゆくけれど、年々好きになっている誕生月の花、紫陽花に。




ブログ「言の葉つむぎ」にも、ホームページ「言の葉」にも、ときどき遊びに来ていただけたら嬉しいですドキドキ


どうぞよろしくお願いしますビックリマーク


AD

今年も、桂月企画の夏がやってきますビックリマーク


2016年のチラシが出来上がりました!! おなじみの松平あすかさんのイラストです。


広島・長崎の原爆忌、8月6日と9日に南青山マンダラで上演いたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

桂月企画 ドラマリーディング 『父と暮せば』


作・井上ひさし 演出・蒔村三枝子

出演・内山森彦/岡崎弥保/蒔村三枝子/太宰百合(ピアノ)



チラシはクリックすると拡大されます↑↓


ライブハウス・南青山マンダラ(東京メトロ銀座線「外苑前」駅より徒歩5分)


チケット 3800円(1ドリンクつき・要予約・自由席)



本日より、チケット予約 承りますビックリマーク ohimikazako@gmail.com 岡崎


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


『父と暮せば』は初演からずっと原爆忌に上演し続け、今年で三年目になります。


そして昨年は、井上ひさし氏のもうひとつのヒロシマの作品『少年口伝隊一九四五』(演出・蒔村三枝子)も桂月企画の同時公演としてお届けしましたが、この作品も今年また上演することが決まりました!!


今年は8月6日ヒロシマ忌に、この二作品を同日上演します。


『父と暮せば』8月9日ナガサキ忌にも上演します。


東京では、終戦記念日の八月十五日が取り上げられがちですが、決して八月六日・九日を忘れてはならない、と私は思っています。


桂月企画が祈りを込めて、今年も井上ひさしの作品をお届けします。



一人でも多くの方に見ていただきたいです。


初めての方も、リピーターの方も。



みなさまのご来場を、心よりお待ちしています。




AD

退院後の初仕事、無事に終えましたビックリマーク


この日のために1週間、じっくり自宅療養していました。

みなさまから励ましの言の葉をいただき、たくさんパワーをいただきました。本当にありがとうございます。


そして昨日、日本詩吟協会芸術祭にて、企画構成吟『青池の伝説』の語り・ナレーター役で出演させていただきました。


終演後、語りのメンバーと。



{870AEB35-A63C-410D-8AD8-BFCDC20D1427:01}

{B3BFA4FF-24C5-436B-92D9-B59E4B91EC63:01}


実は、この日、誕生日を迎えました。

さすがにこの日は打ち上げに参加せず、すぐに失礼したのですが、(なので、お酒はまだ飲んでいないのですよ・・・汗

当日、詩吟でご出演の海老澤先生の奥様、伶子さんが覚えていてくださって、サプライズで誕生日の御祝をしてくださいましたドキドキ

ありがとうございますラブラブ

{D6FA83B2-5154-4D10-BD6A-86F0E712207B:01}


こういう状況で迎えた舞台。無事に語り切ることができて、こんなにしみじみとよかったと思ったのは初めてです。


忘れられない誕生日となりました。



本当にさまざまな人たちに支えられて、自分は立っている。


舞台の関係者・スタッフのみなさま、共演した仲間たち、身体のことを気遣い励ましてくれた家族・友人たち・・・


あらためて、


ありがとうございます。



さあ、こうしてひとつ年を重ねたところで、徐々に仕事・稽古を再開していきますビックリマーク





AD

人生初めての…

テーマ:
さあ、六月かたつむりとはりきって誕生月を迎えたつもりが、なんと人生初めての手術を体験することになってしまいましたあせる

急性虫垂炎(いわゆる盲腸と言われているヤツです)・・・

病院病院に運ばれ、そのまま手術、入院ガーン

{0F6B0093-B537-4258-8062-26D034F8A37E:01}

当然のことながら、この間の予定がすべて流れてしまいました…くすん汗

各方面の方々にご心配、ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

しかし、術後の経過は良好合格で、無事に退院いたしましたビックリマーク

ただ、通常と同じような体調にすぐ戻れるわけではないので、自宅療養しながら、仕事関係でご迷惑をおかけしないよう、いろいろ調整しています。

稽古やレッスンはほんのしばらくお休み。

そして、今週土曜に控えている舞台、日本詩吟協会芸術祭、ポエムファンタジー『青池の伝説―賀姫(いわひめ)』にしっかりと照準を合わせ、出演する予定です。

突然のことで、本当にびっくりしましたが、この入院のおかげで、腸が一掃されたように思うので、このまま食生活をしっかりと見直していくつもりです。


心も身体もすこやかでいなくては。


ゆたかな言の葉をつむぐために。



さあ、あらためて、六月。




2016年5月の終わりに

テーマ:
二〇一六年、五月最終週のつれづれ…

たまには日記風に綴ってみます。


5月22日(日)

東北支援 as Tohoku(アズ トウホク)の活動の一環として、駒沢公園でフットサル仲間とフリーマーケットビックリマーク

物資や売上金の一部を、福島と今回は緊急で熊本へ送る。



5月23日(月)

丸木美術館の岡村幸宣さんが、長崎教育文化会館所蔵の《母子像》についての詳細をご自身のブログに記してくれた。

私の名前を出してくださっているけれど、実際には長崎の平和案内人・山口政則さんが集めてくださった貴重な情報。改めて山口さんに感謝。そして、この絵がしかるべき方、岡村さんに伝わったことが何よりうれしい。



5月24日(火)

横浜市原爆被災者の会・浜友の会のMさんから封書が届く。Mさんは「城山国民学校の物語」の紙芝居をDVD化したいと発案してくださった方。突然のことにとまどいながら開けてみると…

{D58CE189-D858-489C-AB24-A11BEA4BED33:01}


城山国民学校の校舎内で被爆した江頭千代子(えがしら・ちよこ)先生の被爆体験とMさん手書きの説明が入っていた。


江頭先生の証言がよりわかるようにMさんが位置関係を書いてくれていた。Mさんの実家の位置も記されている。


同じく浜友の会の松本正さんからいただいていた『被爆者からの遺言―神奈川の被爆者が最後に伝えたいこと』を取り出して、Mさんの記述をもう一度読み直す。


わざわざMさんがコピーをとり、手書きの地図・説明まで添えて、私に伝えてくれたこと、その行為の意味がじわじわと身に沁みてくる。



5月25日(水)


桂月企画、八月公演に向けて動き始める。三年目になる原爆忌の公演『父と暮せば』。


もろもろの打合せ・事務作業・諸連絡などなど、電話やメールが飛び交い始める。


うれしい緊張感。



5月26日(木)


「ひろしまのピカ」の朗読依頼をいただいていた新しい絵の会から、当日のパンフレットが送られてくる。


新しい絵の会 http://atarasii-enokai.jp/


八月にこの作品を朗読することの意義を大切に思ってくださる主催者の方々。


「たくさんたくさん朗読してください」と言ってくださる俊さんの姪・丸木ひさ子さん。


今年も、読む。



5月27日(金)
われらが桂月企画のおとったん、内山森彦さんの誕生日ケーキであるこの日、オバマ大統領が広島に来る。

広島のYさんより、今朝の中国新聞の特集を知る。



読まなければ。


中国新聞に電話をして注文すると、なんと今日はオバマ氏来広のため集荷がなく、来週の届けになるとのこと。


・・・はあ、こんなところにまで影響があるとは。


あ、でも、どうせ来週になるならば、この三日間の中国新聞を注文しようと思い立つ。


この紙面のように、広島の地であるからこそ発信できる特集記事を期待する。



5月28日(土)


言の葉朗読教室。

うれしいことに今日は新しい方が三名も見学に。一緒に朗読を体験してもらう。


新しい風は、心地よい。


すこやかな風はみんなに吹きわたって、

心の種が、またひとつ、またひとつ、ふえてゆく。



5月29日(日)


録画したニュースを見、買い集めた新聞、友人知人の反応を読む。


原爆の図・丸木美術館の岡村幸宣さん。


http://fine.ap.teacup.com/applet/maruki-g/201605



―『ヒロシマ・モナムール』の有名な台詞、「君は何もみていない」という言葉を思い出したりもしていました。


という言の葉が印象に残った。



ゆらゆらと、いろいろな考えが頭をめぐって、いまもそのさなかだけれど、


オバマ大統領の演説を聞いたあとに、私のなかからゆっくりと浮かびあがってきた言の葉は、


―― ピカは、ひとがおとさにゃ、おちてこん。――


だった。




この一週間で、庭の紫陽花の青はずいぶんと濃くなった。


六月はもう目の前。 いよいよ誕生月に入るあじさい



{E0236DBB-6C51-48F0-A3DF-A6C9B178E279:01}