世界のチェリストが平和を願って演奏する「第4回1000人のチェロ・コンサート」(NPO国際チェロアンサンブル協会主催)が16日、広島市中区の広島グリーンアリーナであった。14カ国823人のチェリストが原爆の被爆地に、清らかな音色を響かせた。

 コンサートは阪神大震災の犠牲者追悼と復興への願いを込め、98年に神戸市で始まった。過去3回は神戸で開催されていたが、被爆と終戦から65年になる今年「世界平和を願いたい」と初めて広島で開いた。

 漫画「はだしのゲン」や峠三吉の詩などを基に作られた「原爆」が初演されるなどし、約4500人の観衆が平和への思いを新たにした。

【関連ニュース】
<特集>写真と記事で平和を考える
<写真特集>長崎原爆投下:カラー映像を発見 米軍が直後の市街地撮影
<風化させない>ジェームズ・キャメロン監督:原爆テーマ映画を構想 長崎で二重被爆者に面会
<風化させない>原爆の子:サダコの鶴NYに 9.11追悼施設に展示台
<風化させない>クミコ:“冬美超え”だ! 反戦歌USEN1位

国会改革法案を提出=今国会成立は困難―与党(時事通信)
加齢黄斑変性症、目の病気との認識は約2割(医療介護CBニュース)
小沢氏、再度不起訴へ=週内にも最終協議―陸山会虚偽記載・東京地検(時事通信)
<菅財務相>雌伏の日々「5月政変」に備え?(毎日新聞)
<JR岐阜駅>飛び込み寸前の男性 客3人が制止(毎日新聞)
AD