あおぞら銀行(東京都千代田区)の元行員によるインサイダー取引事件で、証券取引等監視委員会は11日、証券取引法(現金融商品取引法)違反の罪で、元融資審査担当の松原健容疑者(49)を東京地検に告発した。新たに2銘柄でインサイダー取引を行っていたことも判明し、不正利益は1千万円超となった。

 監視委などの調べによると、松原容疑者は平成18年12月ごろにアニメ制作会社「GDH」(現・ゴンゾ)、21年3月ごろに家電量販大手「ベスト電器」の株でインサイダー取引を行い、計約300万円の不正利益を得たとされる。

 その後の調査で、松原容疑者は回転ずし「あきんどスシロー」とAV機器メーカー「ディーアンドエムホールディングス」の2銘柄の株式公開買い付け(TOB)情報を同僚などから入手して公表前に購入。公表後に値上がりした株を売却し、計約900万円の不正利益を得たとされる。

【関連記事】
あおぞら銀元行員を逮捕 インサイダー取引
「確実に儲かる」? TOB悪用のインサイダーが増加
武器は“強欲”セールストーク… 年収1億円の敏腕生保マンの錬金術
インサイダー取引で税理士ら4人に課徴金 最高で1100万円
増資めぐるインサイダー取引で実質的経営者ら3人を逮捕 大阪地検
少子化を止めろ!

首相動静(5月10日)(時事通信)
洋ラン 北海道に咲き誇る300株超 千歳・熱帯植物園(毎日新聞)
<首つり死亡>独房で男性受刑者 名古屋刑務所(毎日新聞)
大阪市長に公開討論申し入れへ=「大阪都」構想で対立の橋下知事(時事通信)
違法ダウンロード激増 音楽配信 伸び悩み 「着うた」売上高19%減(産経新聞)
AD