大阪府池田市の鍼灸(しんきゅう)院で昨年12月、同府箕面市の女性=当時(54)=がはり治療を受けた直後に死亡した事件で、女性に施術した20代の柔道整復師の男がはり師免許を未取得だったことが15日、大阪府警捜査1課への取材で分かった。
 同課によると、男ははり治療の専門学校生だが、免許は未取得だった。院長も男が無免許であることを把握していたといい、同課は業務上過失致死容疑などで2人から詳しく事情を聴く方針。 

青森ねぶた師 収益確保目指し研究所発足、後継者難克服へ(毎日新聞)
センター試験2日目始まる=札幌などで開始繰り下げ(時事通信)
“法の番人”不在に 内閣法制局長官の答弁を禁止 通常国会冒頭から(産経新聞)
家庭で環境に良いことを実践しているのは妻がダントツ(産経新聞)
有権者と対話「なまごえ☆プロジェクト」始動 自民党(産経新聞)
AD