ニュージーランド移住と留学のブログ ~ 日本と海外を行き来する生活

したいことに挑戦しておかないときっと後で後悔する

乏しい英語力、資金やコネがない人間でも実現できた海外生活
ニュージーランドと日本を行き来する中で得たものと失ったものは何だろう?


テーマ:

昨日のセミナーで一番嬉しかったことは、セミナー参加者が夕方からの『座談会&懇親会』にも100%参加してくださったことです。この4年余りで30回以上開催してきましたが初めてのことです。「都合でセミナーは無理ですが懇親会だけでも」という方もいらっしゃいました。


開始前は都内も結構な雨模様でお越しいただいた方も大変だったと思います。

そんな中で、九州、大阪、そして北関東など遠方からご参加の方もいらして本当に深く深く御礼申し上げます。


『目からウロコの話が多かった』『決心できました、具体化します』などとアンケートにも記載いただきました。

耳触りのいい話より、現実の厳しさや流布する情報(噂レベル)のいい加減さ、理解違いや誤解の多さに対する指摘や、耳の痛い現実的な部分などを隠さずお伝えするのが当セミナー&座談会の特長ですので、現実を知って落ち込む部分もあったに違いありません。
それでも間違いなく何かの気付き、前進に繋がったと確信しております。


オークランドの現地小学校の校長先生マイケルさん、日本人教員のテリーさん、そして大手総合専門学校の名物日本人カウンセラー、ノリさんも交え賑やかにスタートした懇親会の写真をまず最初にクラッカー


昨日は僕自身が愛読していたブロガーの方にもご参加いただき感激しました。


『ただ単語を覚える』ような使い物にならない英語。

作者の名前や年代だけを覚え、漱石の名は知っていても作品を読んだことがないような国語。

年表や地名だけを覚えても、歴史的な興味や地理的実践力に繋がらない社会・・・


繋がりも脈絡もない記憶偏重受験教育。偏差値と点数だけでの順位付け。

「くだらない」「教師の次元が低過ぎる」と感じる感受性の子が弾かれてしまう閉鎖空間。


僕自身や我が家の子らは不登校ではなかったですが、共感を覚えます。親御さんにも共感があります。


学校へ行かないことを責めるのではなく、寄り添い違う道があると導く。

無条件に教員の言うことを聞けとか、ただ勉強しろ、いい成績取れと言わない。

良い会社、安定した会社に入れなんてもう過去の遺物だと自覚してる。

ブロイラー飼育のような環境に子供を放り込むことに危機感を持っている。


前世紀的な経済成長期のやり方では子供の未来は見えてこないという危機感を抱いたり自問自答するきっかけになるでしょうね。




一方、子供のためを思うからこそ親自身がまず頑張ってみよう、新しいことに挑戦しようという考え方もあります。勇気をもって実践しようという方もおられます。


子供に言う前に、まず親自身が変わる。

子供は親を見ている。親がリスクを取って自分と子供のためにありたい理想を追求し、自分の人生を生きようとしたら、そのメッセージは間違いなく強く子供にも響くでしょう。

『生き方や考え方、背中を見せる』というのはデジタル時代、IT時代だからこそなお
大切だと思います。





セミナー後半は手短かな自己紹介に続き、ゲストの方を交えての座談会形式に移行します。


お子様がいらっしゃる方、留学や現地の教育に興味がある方と、移住や現地就職のこと、英語コースや、調理・ビジネス・ITなど永住権獲得に向けた資格取得コースなどに興味がある方の二手に分かれていただき、フリートークスタイルで進行しました。


大手専門学校Cornellのノリさんから自己紹介とメッセージ。その後の座談会の様子です。


「ビザよりまず仕事、そのためにも英語と仕事能力、人脈。ビザは後から自然に付いてくる」

「ビザがあっても仕事がない人、食えない人はいてNZのせいにしたり他人に責任転嫁して日本に帰国する人も少なくない、だからまずは仕事と生活能力です」

「ビザ統計や点数、可能性なんて出発前に重要なことじゃない、他にすべきことがたくさんあるから」
「英語ができないから留学する。英語できないから移住できない、留学できないというのは間違いです」

「そのかわり現地に入ったらビジョンや計画に沿って猛烈に学ぶこと、その覚悟が必要です」


少人数制なので活発に質問が飛び交い、参加者の方々はリさんの語り口に魅了されていました。




こちらはSt Thomas's Schoolの日本人教員テリーさん(てるえさん)による学校スライドによる解説です。

オークランドでも最も治安の良いエリア、高級住宅地でもあるコヒマラマにある名門小学校ですが、全校でも日本人生徒は10名以下であり、ちゃんと目が行き届いている現状や教育理念などを語っていただきました。

マイケル校長も交えた座談会では、みなさんテリーさんの通訳経由だけではなく、ご自身で英語も駆使されてマイケル校長に対して熱心な質問が飛び交っていました。




先生方も遠路のご参加本当に有難うございます。この場からになりますが厚く御礼申し上げます。





次回のセミナーは年内最です。2日間連続の開催です。

11月26日(土)が親子留学、現地校留学など留学系。

11月27日(日)は移住や現地生活にスポットを当てた内容を予定しています。




今日も1日家族仲良くすごしたいですね!1日1回ご支援のポチお願いします☆-( ^-゚)v
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

↓携帯の方はこちらをポチッとお願いします!
にほんブログ村 ニュージーランド情報

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(1)

なおさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。