ニュージーランド移住&海外生活と留学のブログ

時間は二度と戻らない
したいことは素直に実行
あとで後悔しないために

NEW !
テーマ:

英語圏は気楽です。少なくとも、フランス語やフィンランド語、ドイツ語に比べたら間違いなくハードルは低いはず。その感覚は世界全体で共通していると思って間違いないでしょう、英語が共通のツールのように使われる現在では。

英国がEU離脱を選択したが、僕個人は当然だと思った。

そもそも、英語圏の人は寛容だ。少なくともこれまで永年にわたり世界から移民を受け入れてきた事実は揺るがない。意図や目的など理由はどうであれ。

だから、他国の人間が今回の結果だけで英国のみならず英語圏の国々を指して差別的とか不寛容とかいえた義理ではないと思う。彼ら以上に外国人を受け入れてきた国ではない限りそんな資格はないはずだ。

実際、移民あってのカナダ、オーストラリア、NZ、そしてUSAの歴史です。

そんな彼らの総本山である英国が、差別意識で移民排斥を言ってるようには思えないのです。

僕らやバングラデシュ、タイや中国の人は人口密集に慣れてる。自分の周囲に人がたくさんいること、重なり合うように暮らすこと、人が多いことをむしろ利点として発展材料にしてきた部分もあります。

でも。


僕は英国に行ったことはないが、この結果は、差別なんかではなく、単純に人が増え過ぎたことへの恐怖感と、不公平に対するシンプルな不満なんだと思う。大英帝国がどうしたとかの大袈裟な意識でもなく。もっと身近な不安と不満。

重ねて言いますけど、本来、
英語圏の個々人って、見知らぬ人や外国人に対してハードルが低く親切だと実感してるので。



オークランドも人が急増している。元からいる人の不安や不満はいつか臨界に近づく可能性がないとはいえない。今だってそうだ。住宅が足りない?都市圏周縁の牧場がどんどん消えていく?

少し前のオークランドならあり得ない。City近くのサバーブでスーパーマーケットに入ったら、客や従業員の中に白人をほぼ見かけないなんて普通の光景になってきた。


やがて、限度を超えて住宅が高騰し、物価が上がり、医療や教育にまでしわ寄せが来たら、元から住んでいる人の不満はどこに向かうだろうか?

グローバリズムってなんだ?誰が利益を得てるんだ?その思いが爆発するでしょう。

自分が差別してるのではなく、それはむしろ逆差別で、不公平の犠牲になってると感じるだろう。
何でこの国に貢献もしてないヨソ者が、ぽっとやってきて福祉や教育の恩恵を受けるのだと。

仮に今回の結果を踏まえて英国に移民しにくくなったら、NZやオーストラリアに目を向ける人が増えるかもしれない。その結果、移民希望が殺到したら、NZ政府はどうするのでしょうね?ビザを取れなくするのか?それとも?


↓のんきにコーヒー飲んでる場合ではないのかも…(-"-;A


↓携帯でご覧の方は下の文字をクリック!
ニュージーランド情報ランキング
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本ではめったに行かなくなったマクド。

こちらで久々に訪れてみると、、、おおっ!オーダーも端末で?でっかいスマホのような画面。
ママクドがいつぐらいからこうなったのかは知らないが、正直、少々驚いたのは事実です。

銀行でも随分前から紙が不要になったNZ、医者も同じ。携帯も早くから普及していたし、フィンランドなんかと同様で田舎で人口密度が低い分、ネットワーク先進国の国だったが、とうとうマックも注文が画面でできるようになったのかぁ!対面不要かぁ、ますます人間が不要になるのかぁ。生産性の低い者、使えない者は淘汰されるわけですね…。



日本だと、著名観光都市でさえ多くの店でクレジットカードが使えず、外国人観光客の不興を買ってる。NZをいつまでも下に見てないで、認める部分は認めないとね。

落ち目の三度笠になったことをどこかで自覚しながら反動で盲目的に日本すごいすごいなんて言ってツルんでいたら、竜馬も海舟も南洲もいない平成の日本ではさらに取り残されてしまうでしょう。

コストと効率重視の労働集約産業のみならず、家電、半導体、自動車、ITといったハイテク面でもどんどん世界の後塵を拝してるニッポン、競争力と独創性の乏しさを改善しないままでモノづくりに拘っても、もう世界には対抗できなくなると思う。あのシャープがあっという間にあんな風になったし。

前世紀末から猛威を振るってるグローバリゼーションに反旗を翻して対抗するためにも。グローバル化や新自由主義に背を向けるためには、どうしたって独自の道を模索しないといけない、そのためにも技術革新やハイテクは不可欠だと思うのです。

それはそうと、今回の英国の件。NZにも大きな影響、関係が及ぶと思う。これはまた後日。



↓案外ハイテクな国、ニュージーランド…

↓携帯でご覧の方は下の文字をクリック!
ニュージーランド情報ランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回もマニア向けの釣りの話です。

ノースで一番のイカポイントだったマリーズベイ桟橋が夏まで改装工事中のため立ち入り禁止。手軽にイカを狙える場所がノースから消えてしまったので新たなポイント探しが必要になっています。

今日は雨でしたが北に向かって釣り場探し、つまりロケハンに行ってきました。

イカ狙いに限らずオークランドから遠くない場所でもいい場所はたくさんあるけど、最近の多雨のせいでどこも岸寄りは濁りがひどい。

付近には大きな川らしい川もないので水潮ということはないと思うが、オークランド近郊の磯場は殆どが水深のない、水際から水深がある磯というより「足場が単なる岩場」という砂浜同然のカケアガリが続く地磯ばかりなので、海の荒れや雨がダイレクトに影響します。

イカは決して汽水を好むわけではないので雨がプラスになる要素は考えられないので、少し天気の落ち着きを待つ方がいいかもしれませんね。

それに今日は干潮時に磯に出たので、満潮時の潮位がわからない。いきなりイカ狙いの夜釣りは難しそうです。

良い地磯ですが、荷物を担いでのアクセスが厳しい。特に雨続きで遊歩道の階段も磯も滑るのでそれなりの装備が必要です。

でも本当に良い磯ですねぇ!11月にもなれば少し遠投して沖のカケアガリを狙と真鯛とかシマアジとか狙えそうですね。夏場が楽しみです。

皆さんも安全な釣りをグッド!


↓このサイズに出会える場所はどこ?


↓携帯でご覧の方は下の文字をクリック!
ニュージーランド情報ランキング


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。