ニュージーランド移住と留学のブログ

時間は二度と戻らない
したいことは素直に実行
あとで後悔しないために

NEW !
テーマ:

久々のNZ移住留学個別相談会の事後談です。偶然ですが今日はともに現役の学生さん。

ひとりは、卒業後に目指す職種、企業が明確で、そのためには海外経験や英語力が必要だと考えて親を説得し、休学したうえで1年間の留学を目指す男子学生とどういう留学生活を送るべきか話し合いました。。

もうひとりの女子学生は、NZ渡航も経験済みなので、その経験を生かして将来的なNZ移住を目指すために学生時代の今をどう過ごすべきか。卒業後はどういう道筋で将来的な移住に至るべきか。という視点で自由に互いの考えをぶつけあう場になりました。



僕とは親子以上に世代が違う二人と話して感じたのは違和感ではなく、ああ同じだなという思いです。


いつの時代も、多かれ少なかれ若い時は若いなりに人間関係で苦しさを感じるものですし、これから立ち向かう社会に対して違和感や馴染みにくさを感じる感受性があると思います。

僕らの世代、今は社会の中枢にいますが、偉そうに言ってっても若い頃は『新人類』とか『すぐに会社を辞める』『我慢が足りない』などと言われていたのです。クズだらけですよ。今と何が違うのでしょう?


だから、今と昔では文明の水準など社会のあり方が違うのは当然ですが、世代的なものは実は殆ど大差はないと思うのです。学生が考えることは今も昔も大差ないのでは、と。中学生は中学生で、大学生は大学生。


例えば今の子が草食なのではなく、なんかのアンケートや統計らしきものを見たらバブルの頃だって7割の男子学生に彼女がいないとか出てる。じゃ、なんで今の子だけが草食系なんですかって話です。誰が言い出したんだろうと。これこそ固定概念、偏見ですね。自分の若かった時代のことは都合よく解釈したり忘れたり。

とはいえ、物理的な面で社会は違う。僕が学生の頃は携帯もPCもネットもない。いい悪いじゃなくあるかないかの違いだけ。でも全員持ってなかったわけなので不公平はない。その条件でみんな生きていた。それだけのことです。だから今と大差はない。横並びなのは今も昔も同じなので。


今あるものの中でどう生きるかというだけ。条件や身の回りのモノは違ってもどう生きるかの悩みや方向性は大差はないと思うのです。
 

ところで「東京オリンピック以降、日本の経済はどんどん衰退する」とか、「いやいやそれ以前だよ、日本はもう終わってる」という論調が優勢ですね。僕もそう思ってます。


確かに人口動態面でも、否応のないグローバリゼーションの流れの観点からも避けられないでしょう。今だに政治家をはじめとする昭和世代は、カジノだ五輪だと一過性のバブル再来願望の熱にうなされてますが、そんな利権物欲も時代遅れになるだろうと。

きっと、今日出会った学生たちの多くには、そういう昭和的なものは自分にとっての幸福の原点にならないんでしょうねぇ汗


感受性があれば「自分はこのままでいいのか」と思うのは今も昔も同じに違いない。そんな中で、今は、社会の成長という神話に惑わされない世代が育ってるように思います。きれいごと抜きで『金持ちになるより、貧しいけど幸福だ』を追求するかもしれない平成世代のことです。


そんな中から、この狭い国に閉じこもって一生を終える選択にNO宣言をする子らがたくさん出てくるのではないかと思います。



今日話した女性は泣く子も黙る名門大学生。


彼女に話を聞く限り人口減で危機感を抱く大学も変わりつつあるなとは感じました。でも、入るまでは受験に必死で、入ってしまうと学びを忘れる学生の実態に今も昔も変化はないようです。


そんな学生生活を送る中で、NZ生活を経験した彼女自身が海外で気付いた事は少なくないと改めて日本を出ることの意義を知った次第です。

三回生の彼女からは、就活をするにせよ周りに流されることなく、また、名門大学の卒業生という立場に胡坐をかかず卒業後も挑戦し続けたい、という意志の力を感じました。



僕が彼女に教えられることは実は殆どなくて、せいぜいい『せいぜい死なない限りはかすり傷』、程度ですね。むしろ彼女からいろいろヒントをもらいました。就活が一番大事な大学生に響く言葉とか、そういう学生には何をメッセージすべきとか。


「きょーびの若い子は」は本当にナンセンス。先入観なく若い世代と向き合って感じるのは、社会にある問題の大半は若い世代にあるのではなく、ジジババ世代に原因があるんだな、と…あせる




↓ちょっとひと休みしましょうか・・・ポチっ(*^ー^


にほんブログ村
↓携帯でご覧の方は下の文字をクリック!
ニュージーランド情報ランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

オークランド生活で車に乗るか乗らないか?車がないと不便か?相談時に殆どの方から尋ねられます。きっと永遠になくならない質問、疑問のひとつだと思います。


まずは通勤の面で。Cityに通勤するなら自家用車はほぼあり得ないと思います。

特にノースショアに限っていえば、Cityに通勤する人が自家用車を使うことはほぼメリットがない。 とにかく渋滞がひどい。ノースもサウスもウエストもハイウエイすべて。その点、ノースなら大半をバス専用レーンで走るからバス通勤の方が間違いなく時短できるからです。

渋滞は朝夕だけではない。上の写真はCityの南側方面ですが、これが平日お昼直後の時間帯です。

そしてCityは駐車場が高い。時には空きがなかったり。代表的な市営駐車場で最上階の17階までぐるぐる上がるのもかなりのストレス。停めるだけで大変です。

こんなに広々した国なのにCity内の駐車場の多くは1台当たりの駐車スペース(幅)が狭く、車のドアをガンガンぶつけられるのも日本人的には辛いものがある。

日本と違って交通費が支給されないのが普通なので、駐車場代や高めのガソリン代を考えても、通勤で自家用車を使うのはないですね。

一方、生活の利便や遊びの面でいうと車はあった方がいいかもしれない。あって困らない。

オークランドにはわずかに電車も走ってるが、日本のような「駅前発展型都市」ではない典型的な自動車社会なので買い物は自家用車での郊外型になる。車があれば便利なのはいうまでもない。

ただ、車が必須かといわれれば生活様式や考え方にもよると思う。僕自身はオークランド生活で車なしでは考えられない。でも妻は10年以上、一切運転していない。新生児を抱えているころからバスで十分、車に乗る怖さに比べたら特に不便は感じないという意見だ。今はよりバス網も整備されている。


僕も日本では東京へ行くのに車を使わない。電車で行く。でも、オークランド生活で車がない暮らしは考えられない。釣りに行けないし。


で、結果的に車が必要だなと思う人はどうしたらいいのか。
日本で持っている車がNZに輸出できる型式なら個人輸出で送ればいいでしょう。でなければ現地で買う。だいたいは中古になりますね。

僕も移住してすぐにボロ車を買いました。自営を始めてからはリース車でした。今はレンタカーです、長期契約の。商売やビジネスをしてる人ならその辺の感覚はわかると思う。保険、減価償却など経費面などで持つよりも有利なケースがあるからです。


実際、NZは自家用車というより個人の商用購入や法人名義、とか長期リースの割合がかなり高いのです。自営の場合など1台の車を自家用と商用の併用も可能です。

こちらにリブログした方は、もともと日本から中古車の輸出を行っている方。僕も個人的にも世話になってます。個人輸出やNZの中古車販売、リースなどを行ってます。

自動車は買うにせよ借りるにせよシロウトでは判断しがたい部分も多いので、モチはモチ屋の感覚で、プロに頼るのが間違いないと思います。



↓排気ガス規制にもうるさくなったNZ、ビル街の空も真っ青!ポチっ(*^ー^)ノ

にほんブログ村    
 
↓携帯でご覧の方は下の文字をクリック!
ニュージーランド情報ランキング
   
**********************************************************************************

目ニュージーランド移住・留学個別相談会@鎌倉/藤沢/skype

11月28日(月)~12月11日(日)の毎日/ 午前の部・午後の部・夕方の部の三部制

詳細・お申込みは こちら をどうぞご覧ください**********************************************************************************

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ちょっと驚いたデータが。


「ADはゴキブリ以下」と言われ、残業は月170時間 28歳女性が語る過酷なテレビ業界【前編】


こんな扇情的記事とともに以下のデータを発見。


独立行政法人『労働政策研究・研修機構』による長時間労働者割合の国際比較(2014年)によれば、日本は21.3%。北欧スウェーデンの約3倍、ドイツと比べても2倍も多さらしい。ところが…

日本 21.3%
アメリカ 16.6%
カナダ 11.8%
イギリス 12.5%
ドイツ 10.1%
フランス 10.4%
イタリア 9.7%
オランダ 8.9%
デンマーク 8.3%
スウェーデン 7.3%
フィンランド 7.9%
香港 30.8%
韓国 32.4%
オーストラリア 14.6%
ニュージーランド 15.1%

ニュージーランド、そんなに残業するかなぁはてなマークいったいNZのどこの誰を対象に調べたんでしょうね?驚きの数字というか印象です、この15%というのは。北欧より日本に近いといってもいいぐらいの割合。

東京の夜はギラギラ…

僕は夜中まで
オフィスにいたり土日もオフィスにいることもありますが、ダウンタウンのど真ん中のビルから外を見ても、日本のオフィス街のように「夜もビルの灯りが煌々と」という印象や記憶が乏しいんですよね。

そもそも街が暗い。住宅地も暗い。日本の都会ほどの夜型ではないというイメージです。

緑の宅地も夜になったら真っ暗です…

僕はむしろデータや統計を重視しない、影響を受けないように注意しています。

自分の経験がないことや実感がないことに関して数字を見せられただけで、先入観や固定概念になるのが怖いからです。


もちろん数字を無視はしないけど、それを鵜呑みにはしないようにしてる、という意味です。


数字は人の力で恣意的な調整や誘導できる部分もあるでしょうし(世論調査がその代表)、世の中には理屈や数字だけで計れないこともあると思っているからです。感情に左右されたり情緒が人を動かしたり、まあ今どきはそれも数値化するんでしょうけど。

数字はウソつかないと言いますが、数字だけで生きてるわけではないし、答えが一つだけだったり割り切れるとも思えない。



それにしてもこの統計は意外やな…信じられない汗





↓青空が続くこの季節はビル街の空も真っ青で!ポチっ(*^ー^)ノ

にほんブログ村   
 

↓携帯でご覧の方は下の文字をクリック!
ニュージーランド情報ランキング

   
**********************************************************************************

目ニュージーランド移住・留学個別相談会@鎌倉/藤沢/skype

11月28日(月)~12月11日(日)の毎日/ 午前の部・午後の部・夕方の部の三部制

詳細・お申込みは こちら をどうぞご覧ください**********************************************************************************

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。