規格外

テーマ:
香典返しの品に添える挨拶状のことで。
そないに気合い入れいでもと思い、規定のものを添えようと
参考までに検索の旅に出て例文をリサーチしてみた。
…あかんがな。
例文はほとんどが葬儀だの四十九日法要だのを
当たり前のように執り行ったことが前提となっている。
まぁそれが当たり前やねんけど。

コレは業者さんに頼むにしてもやっぱり我が家にマッチした
文言を考えて持ち込まないとアカンな。
うん、どう転んでもきちんと清書した資料がいるし
たった数件のこと、この際業者さんに頼らず直筆で書こう。

チープなレターセットだけどアレコレチョイスし
先月買ったばかりの税抜き千円の万年筆で
(万年筆を使うのも実は何十年かぶりだ。)
あんまし上手な字ではないけれど、誰にでも読める字で
規格の文章をカスタマイズし、気持ちを込めて筆をすすめる。
なになに?時候の挨拶文はいらんてか?
「 益々 」などの重ね言葉もNGやねんな。
句読点は入れたらアカンとな?へいへいわかりました。
あ、ウッカリ弾みで「 てん(、)」入れてもうたがな!
この歳にして未だに学ぶことがたくさんありすぎる。

品物にも多少なりとも気持ちをこめたものを
チョイスしたかったが、どうも私は贈り物のセンスがないので
横着してカタログギフトにした。
その分挨拶状に気持ちを込めたつもりだが
その挨拶状も先方様に読まれずに破棄されることも
珍しくないとのこと。
まぁ、えぇけど。
AD

雑費

テーマ:
戸籍謄本、除籍謄本、改正原戸籍、住民票
固定資産税評価証明書、収入印紙、送料切手代、定額小為替…
ひとつひとつは何百円なんだけど、最低限揃えただけで
1万円を裕に越えてしまった。
げげっ!登記事項証明書がトータルよんせんにひゃくえん?!
登記登録税、払うお金なぞあらしまへんがな!
司法書士さん?とんでもない!
時間かかってでも自力でするわ!

「相続税ナシ」でもなんやかんやとお金はかかる。
AD

いつまでつかうねん?!

テーマ:
父の部屋を整理してたら、株関係の郵便物が
たくさん出てきた。
一通一通確かめて破っては捨て、破っては捨て。
母宛のモノも出てきた。
まぁ百パーセント父が勝手に母の名をつかったんだろうな。
ん?は?書類の発送日は母が亡くなって7年後の日付だ。
オヤジさん、いつまで幽霊つこてるねん?!
そういえば母の遺産分割協議なるものもなかったよな。
ま、べつにえぇけど。
AD

喪主

テーマ:
ぬ「 今日はみんなじいさんのためにどうもありがとうね。
  お疲れサマンサタバサ。」

Y太「 なんか、寂しいなぁ。
   とうちゃん、かぁちゃん、俺より後に死んでな。
   一生、生きといて。」

旦那「 アホか。長男のお前が喪主せなアカンやろ!」

Y「 オレ末っ子やし。
  ふたりのお姉様方、よろしくお願いします! 」

雪「 なんでやねん!! 」

笑「 私、次女やし~、気楽やわぁ。」

ぬ「 あ、そんなんわからんで。今日の喪主は三女やで(笑) 」

ま、別に喪主の挨拶もやらんでよかったからえぇけど。

(2016.05.12.)

初体験

テーマ:
「オレ、お葬式行ったことないし。」

18の末息子が言う。

「 え?そやったっけ?
 ほな、今日起こる何もかもが初体験やなぁ。」

と、応えたのちに一抹の不安を覚えた。

「 今日のお葬式が、世間一般レベルのお葬式だと
  息子が思い込んだらどうしよう。」

何事も初めて体験したものが多かれ少なかれ
ノーマルレベルとして刷り込まれる。
まぁ回を重ねるごとに、誤差は是正されていくのだけれど。

「 通夜、告別式のない直葬。」

かろうじてごく身内でささやかなお別れの時間を設ける。
参列者は十名ほど。
何十回とそういう場面に遭遇している私も
そういったお別れの儀式は初体験だ。

超リーズナブルながらも
「 せめてこれだけは 」
といったことをひとつ、ふたつと重ねると
あっちゅう間に何万、何十万円と費用がかさんでくる。
こういうことさえもできない遺族も、今の世の中
たくさんいらっしゃるんだろうな。

亡くなった後もご遺体をそのままにしていたというニュース
わからないでもない。

2016.05.12.