昨年夏にチリで起こった鉱山落盤事故はまだ記憶に新しい。
地上と地下の事故現場がちっちゃなバイパスで繋がった時
地下にいる作業員がまず最初に求めたものの中に
「 歯ブラシ 」があった。

それを聞いて発想が飛びすぎている私…
もとい。(笑)
想像力の豊かな私はこう思った。
「 私の『 料理 』に対するスタンスとダブるな。」

歯磨きって、人によって違いはあるだろうけど
たいていは毎日必ずしている。
誰かにお披露目して賞賛を浴びようだとか
いかに上手に磨いているか誰かと競おうだとか
そんな深い思惑など全然なく、ただ淡々と毎日磨いている。
歯間ブラシ使って念入りに磨くときもあれば
時間がなくてちゃっちゃと済ませてしまう時もある。
たまに眠気に負けて磨かず寝てしまったり
休みの日にはウッカリ磨き忘れたままお昼を迎えることもある。
あまりにも当たり前に毎日こなすので大切さや必要性など
考えることなどない。
ともすれば煩わしささえ感じることも少なくはない。

けれど何らかの事情でその歯磨きの機会を
奪われたときに、初めて歯を磨くことの有り難さに気づく。

上の文章の「 歯磨き 」を「 料理 」に置き換えたものが
私の料理に対するスタンスだ。

掃除や整理整頓に関しても、これからはこの「 料理 」に
対するのと同じスタンスをとろう。
まだまだ「 毎日 」とはいかないけれど
変に奥ゆかしくならず、必要性だけは常に感じて。

゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。☆゜・:,。゜・:,。★゜・:,。゜・:,。☆

ってなことで、このたび、ぬいいとさんの副サイト
( 恥部サイト?w)
「 掃除は苦手だ。」を終了いたします。

大好きな人たちのアメブロがいくつかあり
更新を把握したいのでぬいいとさんのアメブロは
このまま残します。
記事もそのまま、カテゴリー( 話題、テーマ )に分けて
残しておきますのでご興味のある方は
またいつでもサイドメニューからお掃除ブログを
紐解いてください。
トイレ掃除とフローリングワイパーでなでなで、しか
でてこないけど。(*^ww^*)クックックッ

あ、それからありがたくこのブログを
読者登録してくださっている方々へ。
読者登録はよろしければそのままにしておいてください。
内容はまだ未定ですが、ほとぼりが覚めたころに
また何かはじめるかも?です。^^
AD
お掃除ブログを始めたころは、ブログに履歴を残したくて
何か細かいことでもいいからどこかしらをきれいにしては
アップしていた。
更新が飛び飛びになることもしばしばだったけど
モチベーションの維持にはブログ更新はとても力を発揮した

ところがいつしか掃除はすれどブログを更新することに
煩わしさを感じてきた。
ココ数ヶ月の更新の滞りは、掃除の滞りではない。
念のため。(笑)

最近自分の掃除歴を振り返ってみて、いや掃除だけに限らず
いろんなあしあとを振り返ってみてふと気付いたことがある。

「 あまりにもできないことに目を向けすぎていたんじゃないか。」

今一度我が家を見回してみる。
ベッドの下、タンスの上、トイレ、玄関先…
モノがあると絶対掃除しない質だと自分でわかってるから
結婚当初からそういった場所には余計なものは
ほとんど置いていない。

冷蔵庫は見事に余分なものがない。
夏場には炊いたおかずが腐らないようにと
大鍋ごとドンと楽勝で放り込める。
この整理能力は是非他の場面でも活かさなきゃ勿体無い。

ものに対する見極めもココ数年でだいぶ上達した。
先日の大量の処分品を出した旦那とのラブラブ大整理でも
私の洋服タンスに関しては
「 なんや、たいして捨てるもんないな。」
と、つまらなさそうだった。(笑)

お掃除ブログのおかげでフローリングワイパーとは仲良しだ。
なかなか掃除機とは仲良くなれないけど。

もちろん、世の中的にはあまりレベルの高いお話ではない。
事実せっかく掃除しやすくしたタンス上やベッドは
気を許すとすぐにホコリだらけだし
いくらモノを処分しても、1年経てばモトノモクアミだ。

ただ、まんざら私も捨てたもんじゃないと踏んでいる。
なにより、今は亡き実母いとさんが今の私をみれば
「 まぁあんたにしたらようやってる 」
って言うであろうくらいの進歩はあるはずだ。

誰かに誉めてもらおうとか、誰かに認めてもらおうとかは
思わないけど、正直否定はされたくない。
いや、否定するのは人の勝手やな。(^皿^)ヾ
うん、まるごと消化しよう。
誰にみとめられなくとも私自身があたしのことを認めよう。

「 私は掃除が苦手じゃない。
 やればきちんとこなすよ。
  掃除、整理整頓、嫌いじゃない。
 だって、やりだしたら楽しいもん。
  ただもう少しエンジンがかかりやすくするよう
 まだまだ創意工夫が必要やな。」
( もうちょっと、つづく )
AD
このお掃除ブログの目的は
「 常に掃除をしてお家の中をいつもきれいにしよう 」
ではない。
我が家にはお掃除能力バツグンの大黒柱がいるので
その点はある程度クリアしている。

「 旦那様にお掃除などさせぬよう常日頃から妻である私が
 ぬかりなくお掃除する。」
でもない。
ソレはもう随分昔に諦めた。
諦めることによって当時自分が抱えていた危機は脱した。
「 できるだけ旦那様にさせないよう 」
の気持ちだけは持ちつつキャパ以上のことはしないでおこう
というのがココ数年における今の私のスタンスだ。

ただ、他人レベルではなく自分レベルでの掃除癖は
つけていきたいという目標はあった。
それに絡ませて
「 やろうと思っているんだけどなかなかうまくいかない 」
と言う人の気持ちとメカニズムを探るためにスタートしたが
お掃除ブログをやっていて何が一番よくわかったかというと
「 親からヤイヤイ言われて反抗したくなる中学生男子の気持ち 」
である。

それから周りが先回りしてやってしまうと
やらなければ、という意欲が無意識的になくなっていく
というメカニズムもリアルに認識できた。
親が先回りして「 あれせい、これせい!」と言ったり
挙げ句の果てにはすべて先回りして片付けながら
「 なんででけへんの!」
と怒鳴られたところで素直に
「 はいわかりました、真摯に反省して明日から心入れかえて
  ちゃんとやります!」
とはならないことも。
要は自分で必要性を感じたときに初めてアクションが起きる。

「 わかってると言いながらやらないのは
 わかっていないのと同じ。
  本当にやる気があったらする。」
確かにそうである。
ただ、人間なんでもかんでもやる気になれるほど
タフなものでも完全なものでもない。
中学生男子だけでなく、おそらくみな大なり小なり
そんなところじゃないか。
( なんかすごくアタリマエのことを熱く語ってる自分が
  だんだんはずかしくなってきたけどw )

中学生男子の気持ちがわかって、というより
自分が中学生男子に同化してしまい、さらには中学生息子の
三者懇談の場でその片鱗を先生に見抜かれて
「 お母さん、子どもと同じ気分にならないで。
 親ということを自覚してください。」
と諭されてしまった。(笑)

「 親だろうが子どもだろうが、自分より秀でたものがあれば
  尊ぶ。」
という概念はあっても
「 親だから子どもよりエラい 」
という概念はないので、おそらく当分は改まらないだろうけど
あかんのかな、オトナにならないと。(笑)

というわけで、当初の目的はもとより、別の発見の方が
大きかったような気がする。
( まだまだつづく )
AD

元々はアメブロガー( っていうの?^^; )が知り合いに
何人かいて、その人たちの更新をリアルに把握するために
便宜上私もアメブロを立ち上げただけで
当初は何も綴ることなどない全くの空ブログだった。

ミ☆ミ★ミ☆ミ★ミ☆ミ★ミ☆ミ★ミ☆ミ★ミ☆ミ★ミ☆ミ★

メインサイトとばんごはんサイトで心の赴くままに
日々を綴っていたが、ある日ちょっとした

目的を持たせたモノを書いてみたくなった。
それが「 料理なんか大嫌いだ!
某女史のパクリである(笑)。
ステージは遊んでいるこのアメブロを使った。
お料理に関して滞りのある方に向けてのメッセージを
綴りかけたのだが、どうもしっくりこなくて私の綴りの方が
滞ってしまった。(笑)
料理毎日やってる自分に料理に関して滞ってらっしゃる方に
メッセージをおくったところで伝わらないんじゃないか?

ミ☆ミ★ミ☆ミ★ミ☆ミ★ミ☆ミ★ミ☆ミ★ミ☆ミ★ミ☆ミ★

「 やろうと思っているんだけどなかなかうまくいかない 」
その気持ちを身をもって感じることからはじめよう。

お料理のことは既存のお料理サイトにまとめ

別の視点でブログを綴ることにした。


わたしがやろうと思っているんだけど
なかなかうまくいかないことって、なに?
そう考えて白羽の矢がたったのが「 掃除 」だった。
ある日唐突に始まった
掃除なんか大嫌いだ! 」というブログ。
その後「 掃除が嫌い 」という言葉に違和感を感じて
「 掃除は苦手だ 」に改名した。

そうしてただ掃除に関することだけを綴る他者の方が読むには
全くもって退屈な、でもわたしにとってはとても意味ある
お掃除ブログは2年近く続いた。
( つづく )

ラブラブで?

テーマ:
掃除は苦手だ!-110804_0756~01.jpg

先日ひょんなことで急遽旦那と私のオフが重なった。
年に片手あるかないかのそんな貴重な日の朝に
「 さて、今日はどこ整理しよう?(⌒~⌒)」
と、旦那様。

(^_^;) …やっぱり。

お互い行きたいところへは勝手に各々の休みの日に行くので
あえてふたり揃ってどこかへ行こうということがあまりない。
それよりふたり揃った時でないとできないことが
優先されてくる。

最近はそんな貴重なダブルオフの日は専ら家の中の大掃除や
整理整頓に費やされている。

「 え?そんなんこそ各々好きなときにしたらいいやん。」

それがね、私ひとりだとなかなか進まない。
旦那様ひとりに任せると必ず何か大事なものが無くなる。
なのでふたりでラブラブ断捨離作業。
( ということにしておこう。)

旦那様がいれば3倍 はかどる。
いと、頼もし。

4月19日(火)

テーマ:
レンジ磨き。
気づけば脂、コッテコテ。

午後はタンスの肥やしを一掃作業。
下半身を露わにし(笑)山ほどあるGパンやタイツ、ズボンを
つぎからつぎへとはいては脱ぎ、はいては脱ぎ
タンスへのリターン組と、お釈迦組に仕分け。

「 まだはく気ですか?もうムリなんじゃないですか?2・3足あれば十分じゃないんですか?戴きものだからってはけなきゃなんにもならないんじゃないですか?ソレ、あなたには若過ぎますよ!はい、処分!」

背中に蓮ホウさん豹移させて断捨離。

ちょうどY太も学校から帰ってきたので彼のタンスの中も
衣料仕分け。

ふたり分の肥やしは普通のゴミ袋に2袋ほどに。
去年にだいぶ処分したからさほどでもなかったみたい。

4月15日(金)

テーマ:
帰ってきたら玄関前にタバコの吸い殻がチラホラ。

「 コレ、先生が見たら
 『 スワッ!もしかして子どもたちが吸ってる?』
  って、すぐそこに発想がいくんやろな。」
なんて思いながら両隣のおうち前まではきはき。
おうちの前のゴミがいつもいつのまにかなくなってるので
私もたまには。^^;

ちなみに
我が家前とその周辺にしょっちゅう捨てられている吸い殻がらは
この家に引っ越してきた15年前からのことであり
今に始まったことではない。
って、こんなとこで吠えてどうする(笑)。