1泊して、京都観光しようとしたけれども、バケツの底をひっくり返したようなどしゃ降りガーン傘

日頃のおこないが、余程、悪いようですガーン

それでもめげずに、少しだけ観光しました。


ザンザン降りなのが分かる一枚。苦笑。

スタッフのお土産希望で、子宝と安産のお守り購入のために

『ご祭神二柱が三女五男八柱神ものたくさんの御子神をもうけられ子宝に恵まれた霊験あらたかな子授け安産の神である。
また、往時境内を始め地域一帯が野うさぎの生息地で、多産なうさぎは古くから氏神様の神使いと伝えられる。
治承二年には中宮も御産の際に安産の祈願をされた。
安産の神としての信仰は厚く、腹帯を持ち込み祈願する慣わしがある。』

という由緒書きのある岡崎神社へ詣でました。



狛犬ならぬ狛うさぎうさぎ


提灯にもうさぎうさぎ


うさぎ尽くしの神社でしたうさぎラブラブ

さてさて、次はお昼音符

哲学の道付近にある湯どうふ・湯葉の店 に志田

銀閣寺・南禅寺界隈の湯どうふ屋のなかでは比較的リーズナブルに食事を楽しめますウインク


まずは、豆乳とりんご酢の「豆乳ウェルカムドリンク」を頂きました。

これは、普段でも自宅で実践したいです。美味しいラブ


「生湯葉とクリームチーズの揚げだし」

クリームチーズの揚げだしなんて初めて頂きましたキラキラ


「湯葉あんかけごはん」

葛あんかけで、とろっとろ
音符

温かいものは、雨に濡れた身体には優しいです照れ


さてさて次は甘いものをということで、お隣の花ぎんかくへ。


生麩のスイーツが絶品ラブラブラブラブラブラブ


抹茶栗ぜんざいグリーンハーツ

満喫照れ

さてさて、この後どうしようかとなりまして、お店でガイドブックをパラパラと。


ここだ!!


と、私の独断で法音院へ。

ちなみにこの時の私には髪の毛があります。

京都を歩くには、化けていないと懐が大変なことになりますからアセアセ


写経ならぬ写仏は私も初めて。

誕生年の阿弥陀如来を頂きました。


他のスタッフたちの写仏。



性格が現れますね〜(笑)

この写仏、スタッフたちに好評でした。

日曜日だから支援担当しているスタッフたちのLINEが絶えず震えていたけれども、写仏している間は、まったくもって気にならならなかったですね。一心に御仏のお姿を頂けました。合掌

これから、定期的に写経を取り入れようかしらウインク


という感じで、生憎のどしゃ降りな1日での京都観光でしたが、結構、楽しみました。

お疲れ様でしたお願い

ひと組の親子さんが、LINEの連絡調整型面会交流支援を利用して面会交流を。

ひと組の親子さんが、スタッフの受け渡し型面会交流支援を利用して面会交流を。

2組の親子さんが、スタッフの付き添い型面会交流支援を利用して面会交流を。

それぞれになさいましたニコニコ



なんかいるびっくり!?!?!?


これって、ガンダムなんでしょうか????


この日、第2回面会交流支援フォーラムに参加するためにスタッフ5名と京都に行って来ました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第2回面会交流支援団体フォーラムのご案内

二宮周平(立命館大学法学部教授)

 第 2 回面会交流支援団体フォーラムを開催いたします。
日時 2018 年 5 月 12 日(土)12:55~17:35
 場所 立命館大学朱雀キャンパス 203 号教室

テーマ 面会交流支援の経験交流と緩やかなネットワークの立ち上げ

Ⅰ フォーラムの内容
いくつかの支援団体からフォーラムの内容についてご提案もあり、それを踏まえて、以下の内容にしたいと思います。参加される団体が確定してから、各ブロックで口火のご発言をご依頼することも考えています。その際には、ご協力をよろしくお願いいたします。

はじめに~企画者(二宮)からのご挨拶と趣旨説明 12:55~13:00

1 経験交流 13:00~14:45
参加された各支援団体から、自由に経験交流をします。
(1) 同居親と別居親の間の信頼関係が築かれ、親子の交流が継続し、支援を卒業した例 支援の内容と卒業した要因の自己分析をお願いします。
(2) 困難や問題点への対処とその結果、課題として残ったこと
(1)とは違って、支援が困難だった事例、困難にどのように対処したか、それによってどのような結果になったか、何が課題として残ったかの分析をお願いします。
*いずれも、匿名性や秘密保持に万全を期してください。
 
2 ゆるやかなネットワークの構築と倫理規定 15:00~16:10
(1) 支援団体間のネットワーク
どのような内容で、どのような支援団体とネットワークを作るのか、連携の前提として支援団体の倫理規定を設けるべきか、自由に議論します。なお二宮から、各支援団体の規約を参照し、一例として、倫理規定案をご提案することも考えています。
 (2) 支援団体立上げへの援助
活動を開始し始めた支援団体から、立上げの発想、準備、開始するまでに直面し、乗り越えなければならない課題についてご報告いただき、すでに定着した活動をしている支援団体からの意見・情報交換をします。これから立上げを検討している支援団体へのアドバイスも兼ねます。ネットワークが一助になるのではないかと思います。
(3) 家裁とのネットワーク
現役の家事調停委員を中心として立ち上げた団体や、現役家事調停委員がいる団体の場合、家裁から、調停委員と支援員の立場のすみ分けを求められ、「留意頂きたい事項」が発せられていると聞きます。しかし、支援の依頼案件の多くが家事調停や審判を経たものです。各地の家裁と支援団体が情報交換をしたり、課題の共有化を図ることが、より良い合意形成、支援につながるように思います。家裁とのネットワークについて議論します。

3 今後の展開へ向けて 16:20~17:30
(1) スキルの向上、研修
倫理規定と関連しますが、対人援助、臨床心理、ソーシャルワーク等、面会交流支援に必要な専門的手法の学習、研修などスキルの向上に関して、どのような取組が可能か、各支援団体からの意見・情報交換をします。支援の実践として豊富な経験を有するFPICからのアドバイスも考えられます。
(2) 公的助成、資金獲得のノウハウ
公的な助成(場所の提供も含めて)や民間企業等から助成金を獲得している支援団体があります。第 2 回アンケートから、その成果と獲得のノウハウを共有化します。
(3) 安全性の確保と事件・事故への対応
こちらも第 2 回アンケートから、保険の内容などを共有化します。
(4) 全国展開の可能性
各地の家事調停協会が、現・元家事調停委員を中心に面会交流支援団体の立上げを支援するなど、考えられないでしょうか。第 2 回アンケートを参考に、自由に議論します。
(5) 面会交流支援を社会的に広げる工夫
各支援団体で取り組んでいること、取り組もうとしていることを情報交換します。

おわりに~閉会のご挨拶 17:30~17:35
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ということで、全国から18の面会交流支援団体が、発起人である二宮周平教授の基、立命館大学に集合されました。

『学会』とか『研究会』とかにならない、この『緩やかなネットワーク』というのが、個人的には良いなと思っています照れ

『2015年 面会交流支援団体フォーラム in 京都 | 【駆け込み寺】面会交流支援ってなあに? びじっと(visit)の面会交流支援について、お母さん僧侶がつぶやきます♪
https://ameblo.jp/npo-visit/entry-12101364868.html

第1回目から3年経ってるんですね~アセアセ

この3年間で、各団体が積まれた経験を聞くことが出来て、おおいに学ばさせて頂きました。


私もちょびっとだけお話させて頂きました(〃∇〃)


フォーラムの後は、懇親会へ赤ワイン


楽しかったですラブラブ

さてさて、この日はスタッフたちとゲストハウス楓に1泊。


予算の都合上、格安ホテルを利用させて頂きました。

おしゃれなカプセルホテルですウインク





第二回、定時社員総会を行いました。

第一回、定時社員総会に引き続き、支援料金の支払い方法並びに支援料金の改訂を話し合い、決定されました。

改訂内容は近日中にHPにてお知らせ致しますので、ご確認ください。

宜しくお願い致しますニコニコ

今回のおやつは煎った大豆ではなくて、普通の御菓子でした爆笑


お昼は引き続きオーガニックなお弁当を頂きましたお弁当お願い



ひと組の親子さんが、LINEの連絡調整型面会交流支援を利用して面会交流を。

4組の親子さんが、スタッフの受け渡し型面会交流支援を利用して面会交流を。

2組の親子さんが、スタッフの付き添い型面会交流支援を利用して面会交流を。

それぞれになさいましたニコニコ


おお〜〜ラブ

別居親さんの力作お弁当、美味しそうラブラブラブラブ

2組の親子さんが、LINEの連絡調整型面会交流支援を利用して面会交流を。

ひと組の親子さんが、スタッフの受け渡し型面会交流支援を利用して面会交流を。

ひと組の親子さんが、スタッフの方付き添い型面会交流支援を利用して面会交流を。


で、でかいグデダマ(^▽^;)