本日5月18日(水)発売の月刊ショパンの特集【没後120年  クララ・シューマン】の「ピアニストが語るクララ・シューマンの魅力」というコーナーにて記事を書かせて頂きました。

クララがこんなにも特集されたのは何年ぶりかしら?
10年前には没後110年特集として取り上げられていました。

今回、他の記事を書かれている先生方はクララについての本や楽譜を出版をされていたり深く研究されている方々ばかりなので、クララのことをご存知の方もそうでない方も読みごたえのある特集だと思います。

こんなにも素晴らしい方々が執筆されている中、なぜ私に声をかけて下さったのか不思議というか申し訳ないくらいなのですが・・・

このお話しを頂いたときは、何より【クララ・シューマン】がテーマであったこと、そして執筆をすることで自分の想いが文字として残るという魅力を感じ、初めての挑戦だけれど何事も経験だ!と一大決心し、お引き受けしました。
が、しかし、実際に書いてみるとなかなか難しい!
クララの中で自分の好きな作品も含めて書いて下さい、ということだったのですが、音に託すことも難しいけれど、文字にすることも簡単ではないのだなぁと感じました。

うまくは書けないのだから、せめて自分の想いを素直に書こうと思って筆を進めていたつもりですが、読んで下さる方にどれほど伝わってくれるのかドキドキします。

執筆するにあたって、クララ・シューマンについて改めて一から勉強し直してみましたが、彼女を深く知れば知るほど、こんなに素晴らしい女性芸術家が存在していたんだ!ということに感動し、足元にも及ばないけれど私も前向きに頑張ろう!と背中を押してもらっているような気がします。

ピアニストとして作曲家として教育者として、そして妻として母として、激動の時代を生き抜いた力強いクララの姿は、現代の私たちにとっても共感するものがあるのではないでしょうか。

今回、貴重な経験をさせて頂き、私に声を掛けて下さった月刊ショパンの皆さま、そしてお世話になっているプロアルテムジケの方に、この場をお借りして心より御礼申し上げます。

ご興味ある方はぜひご覧になって下さいね。
http://www.chopin.co.jp/month/
AD
先日、サントリーホールで行われたポリーニのリサイタルに行きました。

彼は一歩ずつゆっくりと舞台に登場し、
360度客席に挨拶をした後ピアノの前に座りました。
はじめの一音を弾き始めた瞬間、ホール全体が彼の世界に引き(惹き)込まれました。

前半はショパン、後半はドビュッシー。

演奏はもちろん、彼が醸し出す雰囲気や空気そのものにも感動し、言葉になりませんでした。

アンコールでの客席からの絶えることのない花束、客席総立ちでの鳴りやまない拍手。

彼が歩んできたピアニスト人生が、温かく澄み切った音に表れているように感じました。

最近の私は、少しばかり執筆依頼を頂き、その締め切りに追われ、ぐったりしていたので、彼の演奏を聴いて心がすっきりしました。

当日の雨もなんのその、軽い足取りで家路についたのでした。

執筆についてはまた発売が決まりましたらお知らせします♪
AD

さくらさくら

テーマ:
すっかり季節は春。
桜の花びらがひらひらと舞い散る姿が儚く、美しい。
この瞬間はあっという間に過ぎてしまうけれど、心の奥にいつまでも留めておきたい温かくもあり切なくもあり何とも表現できない想いに駆られます。

3月に演奏したコンサートでは、春にちなんで「幻想曲さくらさくら」等を弾きました。
毎年この季節にはやはりこの曲が弾きたくなります。

普段は何気なく歩いている道も、この時期になると、こんなところに桜の木が!と発見出来て嬉しい気分になります。

嬉しいといえば、有り難いことに演奏の機会を頂き、久しぶりに母とのピアノデュオをすることとなりました。
残念ながらClosedなのですが、これを機にピアノデュオも再開していけたら良いなぁとひそかに?思っています。

この春は私にとって大きなチャレンジに向けての準備やら、コンサート準備やレッスンその他諸々、気持ちを新たに走っていきたいと思います。

AD