営業力強化は、多くの経営者の関心事だと思います。その中で、株式公開・上場準備をするような会社は、営業力は元々あるので、強化する必要ないと思われる方もいるかもしれません。


でも、意外に株式公開準備・上場準備を考える企業にとって営業力強化が悩みどころだったりします


それは、急成長している会社に良くあることなのですが、社長や一部の幹部が中心に、営業をガンガンにやってきた会社は、人が多くなるにつれて、「組織だった営業体制整備」が求められるようになるからです。


しかし、「組織だった営業体制整備」と言葉でいうのは簡単ですが、今まで社長などのスパー営業マンが上げていた営業成績を、そのまま従業員に求めるのは難しいのです。


難しいと言って、避けて通るわけには行きません。だから、この成長している時期ほど、意外に営業力強化が問題・課題になるのです。つまり、営業力がありすぎて、成長に追いつかない組織体制の整備が、次の営業力の強化の足を引っ張っている状態なのです。


よって、営業力強化と言うと、直接的な話が多いのですが、実は、組織体制を整える時期に来ているという事なのです。つまりは、株式公開・上場準備と言うと、単に審査対応の事と思っている方もいるかもしれませんが、営業力をそのまま維持、強化しているための体制づくりの一部ともいえるのです。





AD