例えば、電車は基本的には、一本道を進んでいく。分岐点があっても、先に進むべき方向は決めてある。

 

それは、分岐点で電車がどちらに行くか迷っていては、時間通りに進まないだけでなく、他の電車との関係で危険ですらあるから。

 

ビジネスや普段の生活の中でも、先に目標を決めてから進むほうがよい。しっかりと決めておけば、迷いもなくなり、それによって起きる問題も解消できるからなのだ。

 

※戦略的事業計画書作成(売上アップ、資金調達、上場準備、株式公開準備(IPO)を目指す経営者・起業家)のための勇気の出る言葉ブログです。

AD

例えば、文章などで「カキ」と書いても、「柿」なのか、「牡蠣」なのかは、分かりにくい。

 

そこで、「果物のカキ」とか「貝のカキ」などと、ちょっと付け加えるだけで、読み手が理解しやすい。

 

ビジネスや普段の生活の中の言葉使いでも、相手(聴き手や読み手)の気持ちになってちょっと工夫するだけでも、より良いコミュニケーションが取れるようになるのだ。

 

 

※戦略的事業計画書作成(売上アップ、資金調達、上場準備、株式公開準備(IPO)を目指す経営者・起業家)のための勇気の出る言葉ブログです。

AD

例えば、魚は水の中でも自由に泳げるが、人間は長時間は水の中に居られない。

 

でも、そのギャップを何とか埋めようと、シュノーケルを開発したり、タンクを担いでスキューバダイビングを開発してきたりしたはず。

 

ビジネスや普段の生活の中でも、理想と現実のギャップに落ち込むこともあるかもしれない。でも、ギャップがあるからこそ、ギャップを埋めようとする努力ができるのだ。

 

※戦略的事業計画書作成(売上アップ、資金調達、上場準備、株式公開準備(IPO)を目指す経営者・起業家)のための勇気の出る言葉ブログです。

AD