三つ子の魂百まで…トラウマニア

映画メインですが、鉄道&路線バスねたも♪


テーマ:
10月に観た数:28本
観た鑑賞時間:2036分

ウォーターワールド
巷では酷評されてるけど海洋版マッドマックス2&3
ちっくな近未来を描いていて普通に楽しめました。
半魚人のケビン・コスナーは設定に無理があるけど、
物語を成立させるにはあれくらいの誇張表現は
必要なのかな。デニス・ホッパーは勢いで出演快諾しちゃった
感じがしてならないし、正直あまり大物としての貫禄は
感じられませんでした。海の化け物をいとも簡単に殺して
口いっぱい頬張る子供のシーンが忘れられません。
TV等で頻繁に耳にするジェームズ・ニュートン・ハワードの
サントラ良いですね~。
鑑賞日:10月01日 監督:ケビン・レイノルズ

サブウェイ・パニック
地下鉄をハイジャックする4人組が色で
呼び合っているのが非常にクール!
先頭車だけを切り離し後ろの乗客を開放する
無駄のない作戦。鉄道公安官ガーバーとの息詰まる
交渉の中に言葉遊びが多分に含まれていて映像での
パニック描写は少ないのにグイグイ引き込んで
ゆく巧みな演出。イギリス訛りのロバート・ショウが渋くて
「ジョーズ」のクイント船長の次に好きなキャラです。
札束と戯れるマーチン・バルサム、余計な口を
挟まなければ「ヘクショ~イ!」せずに済んだものをw
ペラム123の運転士って本物じゃないのかな?
デヴイッド・シャイアのジャジーなサントラもグー!
鑑賞日:10月01日 監督:ジョセフ・サージェント

13日の金曜日 PART4 完結篇
トム・サヴィーニが生みだしたジェイソンが
葬り去られるシリーズ4作目。コリー・フェルドマン
扮するトミー少年が特殊メイクに凝っていて
部屋がマスクで埋め尽くされていて賑やか。殺しの手口は
豊富なんですが、如何せん夜の場面ばっかで陰気な
空気に包まれているのはちょっと。。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のジョージ役
クリスピン・グローバーがインポだと弄られる青年に
扮していたり、死体検視官が「ポリスアカデミー」の
ファックラーだったりとキャストは見応えあり。
犬のゴードンはびっくりして飛び降りちゃったと信じたい(汗)
鑑賞日:10月04日 監督:ジョセフ・ジト

新13日の金曜日 PART5
前作でジェイソンを惨殺したトミーが幻覚に
悩まされ精神病院へ。自由奔放に暮らす患者が
とても心の病気を患っているとは思えないくらい
SEXばかりするトンデモな環境。患者が私有地に
入り込む度に怒鳴り込んでくるエセルと馬鹿息子の
掛け合いが絶妙なムードを醸し出していますね。
エセルのシチューどう見ても不味そうだろw
残酷度ではシリーズ随一のハードさ。
「バタリアン」でスーサイドとスパイダーを演じた俳優が
揃って出ています。
施設長は「インディ・ジョーンズ最後の聖戦」の冒頭で
インディに帽子を渡したリチャード・ヤング。
鑑賞日:10月05日 監督:ダニー・スタインマン

エグジット・スピード
リー・トンプソンが老体にムチ打って全力疾走と
体を張った演技と未だ変わらない可愛らしい顔が
拝めるだけでも嬉しくなります。出来損ないの
マッドマックスみたいな話ですが、主要キャラが
生きているので飽きずに観ていられます。
肝心要のバスは登場から20数分でお役御免と
残念な扱いでしたが、敵に追いつめられてからは
要塞警察のようなジリジリと見せる展開に。
殺生を躊躇っていたアーチェリー達人の女の子が
可愛いです。フレッド・ウォードもカッコいいです!
鑑賞日:10月07日 監督:スコット・ジール

迷信~呪われた沼~ [VHS]
超絶惨たらしい死体損壊描写のオンパレード!
特に電動丸ノコの刃が外れヨーヨーの
犬の散歩のように地面を転がり
神父の胸に
食い込むシーンが絶品!電子レンジでチンされ
爆発する頭部や、胴体
真っ二つになる男は上半身が
外へ投げ出され下半身は部屋で痙攣するカットバックが
実にお見事。音楽が『シャイニング』のテーマ曲
(原曲はなんて言うのだろ?)のアレンジで全編に渡り
見せ場を盛り上げます。製作はなんと
カロルコピクチャーズを立ち上げたマリオ・カサール。
子供も容赦なく殺す鬼畜映画。
鑑賞日:10月09日 監督:ジェームズ・ロバーソン

面会時間 [VHS]
カナダのジャック・ニコルソンとの異名を誇る
性格俳優のマイケル・アイアンサイドが
過去のトラウマからTV番組で正当防衛の為なら
殺害も止む無しと発言した女性解放運動家を
執拗に追い回す描写が凄まじく見応えのある
病院を舞台にしたサスペンスホラーの佳作。
アイアンサイドが病院へ侵入する為に花屋とか
時には医師のコスプレでズカズカ乗り込む大胆さは
ファンには堪らない。ヒステリックに騒ぎ立てる
リー・グラントは「エアポート77」の次に死んで
欲しいキャラ。看護婦役リンダ・パールの可愛らしさが
陰湿な描写に花を添えています。
鑑賞日:10月13日 監督:ジャン=クロード・ロード

NITRO ニトロ [DVD]
ワシの若い頃はと武勇伝を語りだす負けず嫌いの
爺さんが若い女子を監禁し、
体中にニトログリセリンを塗りたくって拷問。
というか文字の読み方が分からない位で拉致監禁し
解読させるとは肝っ玉小さ過ぎるだろw
ニトロが何度も爆発してるのに微動だに
しないアパート住民の鈍感さが笑えます。
ニトロが染みこんだ服を衝撃を与えないよう徐々に
脱いでいく「ちょっとだけよ~」なお色気シーンは
見応え抜群。肉塊が飛び散り、フリークス並の被験者が
ワラワラ登場する辺りはゾンビっぽく不気味な感じでグー!
爺さん必殺の硫酸鉄砲が地味すぎるww
鑑賞日:10月14日 監督:アドリアン・ガルシア・ボグリアーノ

ゼイリブ  [Blu-ray]
24年振りに鑑賞。いやぁ懐かしい!
ホームレスのロディ・パイパーが人間に紛れ
地球侵略を企てているエイリアンに
「気に入らねえな!」とショットガンをお見舞いする
貧民層の鏡みたいな存在で実に爽快!
必要最低限の生活さえ送れれば良いものを
贅沢三昧をする富裕層、あれこそ精神が荒廃した
醜くさもしい人間の姿に見え、それを異星人に置き換え
皮肉って見せる。巷で大人気ない喧嘩と評判の高い
6分間にも及ぶ対決ではレスラー畑出身のパイパーが
繰り出す必殺技をこれでもかと満喫出来る。
ゴミ清掃車は何故コンテナを上げて
パイパーを放り出したんだろw
鑑賞日:10月14日 監督:ジョン・カーペンター

ゼブラ軍団ゼブラ軍団
なんと言う掘り出し物なのか!
黒人がマフィアの金を強奪そして皆殺し。
リーダーのジョンソン中尉指揮の下、
街のダニに的を絞りクリーンな犯罪を忠誠心の強い
メンツが手際良く実行してゆく爽快感が堪らない。
黒人大活躍。まさにブラックエクスプロイテーション!
と言いつつ実は黒人に変装した白人だったという
突拍子もない設定。これも駆け出し時代のリック・ベイカーが
特殊メイクに携わっていた賜物であろう。
中尉の火傷メイクが痛々しさを通り越してクールに
見えるから凄い。ラロ・シフリン風なジャジー・サウンドが
映像をより一層引き立てている。
鑑賞日:10月15日 監督:ジョー・トルナトーレ

尾行られて [VHS]
都会もんが田舎でレッドネックに
追い回されるよくあるパターン。とにかく人物描写がゆるい。
けれど80年代の香りがムンムンするダサくて突拍子もない
展開がどこか懐かしい。カンフー眼鏡と大男の戦いは
まるで『ドラゴンへの道』のオマージュのようだけど、
やっぱりダサいw 悪戯好きの仲間が作り物の生首で
脅かすんだけど、これが実に良く出来ていて、
その後の死亡フラグに期待が膨らむも結局あれが
山場だったという掴みどころのなさも印象に残る。
エンドクレジット後にオマケ映像が付いてるのって
80年代では珍しいね。
鑑賞日:10月16日 監督:ブルース・クック

戦慄!呪われた夜 HDリマスター版 [Blu-ray]
SFXブームの中、日本では劇場公開はおろか
ビデオすら発売されなかった幻の作品。
レイプされ生まれた子供が呪われたセミの
化け物へ変身する驚異の特殊メイクが一番の見せ場。
高画質なBDでも見劣りしない顔面膨張、
R.G.アームストロング扮する医師が弄っているゴム人形が
この変身シーンの伏線となっているのが面白い。
全体的に暗めなトーンなのとテンポが緩いので
地味な印象を受けるが、宿命を背負い苦悩する青年の
拠り所のない感情が切なく悲しい。
完全体に変身後の姿は眼がクリクリしていて
可愛いんですけどねw
鑑賞日:10月16日 監督:フィリップ・モーラ

心霊写真
強姦された女の霊が復讐を果たす
一風変わったレイプリベンジ物。
04年製作ならデジカメが普及しているのに、
そこはフィルムに怨念が焼き付くといった執念深さを
狙ったのかフィルムカメラを使用するコダワリが良い。
タイホラーはあまり見たことないけど、同じアジア圏なので
Jホラーに通ずるおどろおどろしさが感じられる。
幽霊となって現れるネート役の女優が不気味な顔つきで
天井を歩く表情が特に怖い。トイレで大をした主人公が
紙のないことに気付き隣で用を足している人から
トイペを貰うんだけど、ネートかと思ったら
なんとオカマちゃんだったというオチw
鑑賞日:10月17日
監督:パークプム・ウォンプム,バンジョン・ピサンタナクーン

吸血の館 [VHS]
オーストラリア産の吸血鬼モノ。
診療所を謳いながら裏で囚人の血液を強制的に採取。
栄養価の高い食物を与える辺り『地獄のモーテル』
人間栽培の元ネタのようだ。吸血鬼の末裔にあたる女性を
本能を目覚めさせようと洗脳、仲間に加えようとする
吸血組織の強引さがクド過ぎて面白い。
チキンに生血を仕込んだりシャワーから
血が流れる描写などインパクトの強い映像が続く。
でも噛む時には牙を装着する仕草がマヌケw
「サスペリア2」のデビッド・ヘミングス、ヘンリー・シルバと
名優が揃い「パトリック」でパトリックを演じた
ロバート・トンプソンも顔を出すオージー感ばりばりの佳作。
鑑賞日:10月17日 監督:ロッド・ハーディ

ジャーロ [DVD]
アルジェントが原点回帰を狙った今作。
ジャンキーの母から生まれ、幼少期に黄疸症状が
原因で同級生に虐められ歪んだ精神に
なってしまった犯人。冒頭からいきなり日本人が流暢に話し、
その友人がイタリアにいるのに日本語で「助けて」を連呼w
ダイイングメッセージを日本人の魚河岸に翻訳してもらう
エンツォ刑事なんだけど、大して喋っていない日本語を
魚河岸の兄ちゃんは次々と意訳していく暴走振り。
黄疸と黄色人種である日本人をリンクさせているのが
興味深い所。惨殺シーンは痛々しい物ばかりで、
往年の美学は感じられないが普通に楽しい作品です。
鑑賞日:10月17日 監督:ダリオ・アルジェント

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
性格どころか風体も異なる凸凹野郎たちが
銀河を守るため立ち上がるカッコ良く
ダサ過ぎないギリギリのラインが素晴らしいです。
やはりアライグマのロケットに惹かれて観に行きましたが、
ロケットの相棒で樹木姿グルートの情の熱さに堪らなく感動。
敵を倒しドヤ顔でキメるグルート、指が伸びる攻撃は
ジェームズ・ガン監督お得意の触手プレイの代用なのかなw
懐古趣味なガジェット類もわくわくさせられますね。
初代ウォークマンにオーサムMIX!オマケ映像に喋る
アヒルがw おっさんホイホイ過ぎて童心に戻れる遊び心
満点の宇宙活劇!イオンシネマ海老名で鑑賞。
鑑賞日:10月18日 監督:ジェームズ・ガン

蛾人間モスマン
ショボイ馬鹿映画かと思ったら予想以上の面白さ!
過去に過ちを犯した若者たちにモスマンの呪いが
降りかかる。鏡や反射物を通して現実に現れる
モスマン。報いを受けよと次々に死んでいく仲間たち。
飲酒運転で子供を轢き殺したフランク爺さんはモスマンに
殺されまいと自衛するが…。
白人によるインディアン狩りをベースにモスマン誕生を
シリアスな設定にした地獄の処刑人が蘇る。
ハッピーエンドで終わると思いきや、トドメを刺した本人が
あんな姿に。。悪い事するとバチが当たるんですよ!
都市伝説が具現化する思い切りの良い展開。
TV映画なのにグロい。
鑑賞日:10月19日 監督:シェルドン・ウィルソン

パワープレイ 特別版
軍隊がクーデターを計画、綿密に練られた
作戦会議が少々長いけどズシリとした重みが
感じられ二転三転する謀略戦が緊迫感に
満ちておりリアリティ満点。1時間20分を過ぎた辺りから
銃火器が火を吹き、街中を戦車が轟音を立てながら
突き進む迫力のアクションシーンが続く。
カナダで撮影したとの事で、カナダのジャック・ニコルソンとの
異名を持つ性格俳優のマイケル・アイアンサイドが
女テロリストを電気ショックで拷問にかける脇役として
出演していたのには驚いた。悪役のドナルド・プレザンスは
さすがの貫禄。ラストは重すぎる…。
鑑賞日:10月19日 監督:マーティン・バーク

フランティック
学会出席のためパリへ渡った医師の
ハリソン・フォードがスーツケースを取り違え
妻を誘拐されてしまう良くあるパターン。
言葉が通じず金を渡しては情報を集めるんだけど
恐らく相当額無駄にしているようなw
屋根の上で足を滑らせハリソン危機一髪!
ケースの中身がボロボロ落ちていくのに追っ手が探している
自由の女神像は無傷。エマニュエル・セニエ(若い!)と
合流後、再び屋根で女神像を拾おうとするも
結局落としちゃうコントのような場面を挟んだり、
ハリソンが唐突にベッドから出てきてヌードを披露する
大胆なサービスシーンまであります♪
鑑賞日:10月20日 監督:ロマン・ポランスキー

クリープショー2/怨霊 HDリマスター版 [Blu-ray]
インディアン人形が動き出し復讐を果たす
第一話で商店の主人を演じるジョージ・ケネディの
温和なキャラが印象的。
最も記憶に残る第二話「筏」ではコールタールのような
油膜に溶かされ喰い尽くされる若者たち。
危機的状況下に置かれながらもスケベ根性が芽生えるとは
男って悲しいものですw 不倫の末、轢き逃げした人妻を
執拗に追う第三話「ヒッチハイカー」は独り言で銭勘定と
自己中心的なロイス・チャイルズにイライラ!
如何にもアメリカなぎこちない動きのアニメも
味わい深くてお気に入り。
最後に「漫画は非行に走らせる原因じゃない」と名言が。
鑑賞日:10月20日 監督:マイケル・ゴーニック

溶解人間 Blu-ray
言わずと知れた溶けて無くなる悲劇の男を
特殊メイク界の巨匠リック・ベイカーが手掛けた
B級SFホラーの大傑作!
宇宙飛行士が土星探査の最中、未知の光線を浴びた事に
より身体が溶解。死滅する細胞を補うため次々と人肉を
求めて彷徨い歩く。デブ看護婦が工場のような通路を
逃げ惑うシュールな画と、もげた釣り人の首を延々と
映し出す一見意味不明に思える映像が抜群のインパクトを
与えています。仰々しい音楽とユーモラスなシークエンスを
交えながら奇病にかかった親友を助けようと奮闘する
情に厚いネルソン医師の優しさが心に残ります。
鑑賞日:10月21日 監督:ウィリアム・サックス

死亡遊戯 エクストリーム・エディション
日本公開版プリントで鑑賞。
ジョン・バリーの燃えるテーマ曲に乗って始まる
007のようなOPからグイグイ引き込まれる。
リーの代役はソックリさんだけど全然似てないw
しかしアクション演技は板についている。コリーン・キャンプの
起用が嬉しいので出来はともかく大好きな1本。
クライマックス20数分はリー本人の未完成フィルムを
使用しているが、異種格闘技戦の先駆けとも言える
本物のジークンドーが炸裂する映像はアドレナリン
大放出間違いなし!日本版のみで聞けるリー本人の
怪鳥音が大迫力。エコーを効かせたラストバトルも素晴らしい。
鑑賞日:10月26日 監督:ロバート・クローズ

キョンシー 
霊幻道士のリメイク。85年版でチュウサムを
演じたチン・シウホウのその後を描く。
水墨画のようなコントラスト、皮膚が切れ肉が
えぐれる目を覆いたくなる描写の数々。
コメディ色を排除しキョンシー復活までの段階がダークで
オリジナルファンには好きずきが分かれそう。
清水崇が製作に携わっている関係からか「呪怨」を
彷彿とさせるキャラが登場する。団地が舞台で
リメイク版「ジャッジ・ドレッド」っぽい雰囲気。
85年版の道士役アンソニー・チェンのキレ味鋭い
アクションに惹きつけられる。
他にも懐かしい顔ぶれが!シッチェス映画祭で鑑賞。
鑑賞日:10月27日 監督:ジュノ・マック

100 BLOODY ACRES『モーガン・ブラザーズ』
人間を有機肥料にしてしまうヒルビリー兄弟の
確執をちょいと古臭いネタで調理した
ホラーコメディ。ロックフェスに向かう若者が
肥料屋の弟に付いて行ったら案の定の展開。
人肉ミンチやぶっ飛ぶ手首などゴア描写をしっかり
押えながら、奥手な弟レジと都会女のロマンスを
挟んだりして良い感じのムード。髭面の兄貴はえらい
強烈なキャラですが、まさか○○な関係に口がアングリ(汗)
絶体絶命の状況下で痴話喧嘩する若者も、
バカ兄弟もみんなキチガイ!w
イメージ的には『地獄のモーテル』に近いけど
『マザーズ・デー』っぽさもある。
鑑賞日:10月27日 監督:コリン・ケアンズ、キャメロン・ケアンズ

BORGMANBORGMAN『ボーグマン』
期待してなかったけど、これが引き込まれるような
面白さ!シッチェス映画祭でグランプリ受賞
しただけの事はあります。
森に穴を掘って生活するボーグマン。
住み家を追い出された彼らはある富裕層宅に居座るように。
仲間を集め、先に起こる出来事を予見していたかのように
慣れた様子で居候先の家族を洗脳?してゆく。
彼らが何者なのか全く分からないけど、殺しの手口や
不意を衝くユーモラスな演出が斬新。
子供の傷口を縫合してたのも謎。
携帯や重機まで使えるけど森の妖精的な何かかな?
それとも犬なのか…。シッチェス映画祭で鑑賞。
鑑賞日:10月27日 監督:アレックス・ファン・バーメルダム

RETURNEDRETURNED『ゾンビ・リミット』
ゾンビに噛まれても1日1回ワクチンを打てば
完全体にならずに済むリターンドと呼ばれる
感染者。彼らを抹殺する否定派と
薬で延命させようと奮起する肯定派。
ロメロ作品のゾンビ概念は感染者は家族ではない、
見付け次第に殺すべきという救いようもない現実だったけど、
この作品は一筋の希望を軸にカップルの未来を
シリアスに描いており、ゾンビ自体それほど多く
登場しないが終末感の中に芽生える愛が感じられ
希望が持てるストーリーになっています。
ベラ・ルゴシの映画を観てる主人公の場面が良いですね。
シッチェス映画祭で鑑賞。
鑑賞日:10月27日 監督:マヌエル・カバルージョ

蘇える優作 ‐「探偵物語」特別篇
テアトル新宿『松田優作の軌跡』35mm上映で鑑賞。
竹中直人さんの渋いナレーションで幕が明け
『最も危険な遊戯』『野獣死すべし』
『ブラックレイン』等に触れた後『探偵物語』の第1話と5話
そして予告編を丸っと収めた優作ファン垂涎の構成。
ベスパに乗り、火炎放射器の如く吹きだすライターで
タバコに火をつける。間抜けなヤクザに追われながらも
依頼人の要望をサクッと解決しちゃう工藤ちゃんの
コミカルさが楽しいですね。トルコを連発し過ぎw
最後テロップで注意書きまで(汗)水谷豊さんの歌声、
原田美枝子さんの可愛らしさが光ってます。
鑑賞日:10月29日 監督:

PATRICK: EVIL AWAKENS『パトリック・戦慄病棟』
78年の傑作オージーホラー『パトリック』のリメイク。
トラウマにより植物人間となったパトリックが
超能力を使い看護師にメッセージを伝える。
「サプライズ」のヒロイン、シャーニ・ビンソンがヒロインに
扮しており、ナース服姿が超絶キュート!
安直なショック場面の多用で質を低下させているけど、
丁寧な特殊メイクを駆使しているしそこそこ楽しめると思う。
オリジナル版の女優スーザン・ペンハリゴンを
もじったキャラが出てきたり、78年版サントラをイヤホンで聴く
医者の場面にはニヤリとさせられる。
シッチェス映画祭で鑑賞。
鑑賞日:10月29日 監督:マーク・ハートリー

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
            『溶解人間』

       原題:The Incredible Melting Man
  【1977年/アメリカ/35mm/モノラル/1時間25分】


              ■スタッフ■
      ◆監督・脚本: ウィリアム・サッチス
      ◆製作: サミュエル・W・ゲルフマン
      ◆製作総指揮: マックス・J・ローゼンバーグ
      ◆撮影: ウィリー・カーティス
      ◆音楽: アーロン・オバー
      ◆特殊メイク: リック・ベイカー

            ◇★キャスト★◇
★アレックス・リバー
 【スティーブ・ウエスト/溶解人間】 広瀬正志




★バー・デベニング
 【テッド・ネルソン医師】 堀 勝之祐


※『エルム街の悪夢5』で見掛けた時は嬉しかったものです。

★マイロン・ヒーリー
 【マイケル・ペリー将軍】 加藤正之



★マイケル・オールドリッジ
 【ニール・ブレイク保安官】 岸野和彦



★アン・スウィニー
 【ジュディ・ネルソン】 宗形智子



★ライル・ウィルソン
 【ローリング医師】 戸谷公次



★ボニー・インチ
 【看護婦】 峰あつ子



★エドウィン・マックス
 【ハロルド】 伊井篤史



★ドロシー・ラブ
 【ヘレン】 峰あつ子



★ジャナス・ブライス
 【ネル・ウィンタース】 色川京子


※70年代ホラーではお馴染みのスクリームクイーン!
 『悪魔の沼』ではロバート・イングランドの彼女を演じ、
 『サランドラ』でミュータント家族のルビーに扮している。


★ジョナサン・デミ
 【マット・ウィンタース】 西村知道


※『羊たちの沈黙』の監督、あのジョナサン・デミ本人!
 溶解人間に脇役として出演しているのは
 ファンの間では結構有名。


★サミュエル・W・ガルフマン
 【釣り人】 伊井篤史


※製作を務めるゲルフマンはカメオ出演ながら強烈な
 印象を残す生首ドンブラコ役にw

★ドン・ウォータース
 【カメラマン】 小滝 進 


※彼も製作スタッフの一人らしい。

★シェリル・スミス
 【モデル】 色川京子



ネタバレを含みます。未見の方は鑑賞後にご覧ください。

土星探査に向かった3人の宇宙飛行士。
突如眩い光に包まれスティーブ以外の仲間は死んでしまう。
地球に帰還した彼は全身を包帯で巻かれベッドの上に。
医師によると彼の体は放射能で汚染されているという。
目覚めたスティーブはその変わり果てた姿に絶望し
衝動的に看護婦を襲い彼女の顔半分を食べてしまった。
ペリー将軍指揮の下、主治医のネルソン医師と
ローリング医師以外は秘密裏に"溶解人間"として彷徨う
スティーブの行方を探し続けるのだが…。

スティングレイさんから念願のリリースとなった
今作はHDマスターが存在していたことで
BDでの発売となった。
とても70年代中期のB級ホラーとは
思えない
超絶鮮明なHD画質でBlu-ray化された事が
嬉しくて仕方ないのです。
慣れ親しんだビデオやTV放送版も捨て難いけど
今日に至るまでDVD未発売だったものが
「昨日撮ったの?」と感じるクリアーな映像で甦るとは
夢にも思いませんでした。

           スティングレイHP
http://www.allcinema.net/dvd/index.html


このジャケ以外ありえない素晴らしいイラストを堂々と
中央に配したスティングレイさんはさすが
分かっていらっしゃる!海外ポスターで使われた
デザインですが、ベースになったのはリック・ベイカーが
弟子のロブ・ボッティンに施したテストメイク写真。
写真原版は右を向いており、見栄えを考慮してか
反転状態で描かれたグロテスクな溶解人間は
有名すぎるキーアートですね。



『溶解人間』との出会いは11歳の頃、1987年10月16日に
TBSの深夜帯"金曜ロードショー"の放送を鑑賞。
当時ホラー雑誌で見て存在は気になっていたが、
レンタルビデオは親戚の家に遊びに行った時に
借りる程度で鑑賞するチャンスがなかった。
我が家に初めてVHSデッキが届き1か月も経たない頃、
新聞の番組欄に『溶解人間』のタイトルを見つけ
狂喜乱舞した。しかし就寝時間が21時と厳しかったので
父に録画を頼むことに。(タイマーの付いていないデッキw)
翌朝、父に感想を聞くと「襲われた女の子の恐怖に怯える
演技が素晴らしい!」との事。胸の高鳴りを抑え、
土曜の4時限目を終えた自分は帰宅後
真っ先に録画テープをデッキに放り込んだ。


スターウォーズを想起させるOPクレジット。
管制官からの通信「スコーピオン5、こちらヒューストン。
スティーブ聞こえるか?すべて順調か?」は良くマネした。
皮膚が溶け落ち放射能による細胞死滅を抑えるため
人間を襲うスティーブ、私事になるが重いアトピー性皮膚炎を
患っていたので同情し感情移入してしまったほど。
行く当てもなく人気のない田舎町を彷徨い続けるスティーブの
悲しみ、彼の奇病を治療しようと血眼になって探す
親友のネルソン医師の優しさ。ゴア描写以外にも
ユーモア溢れるシークエンスが点在するのも
ホッコリさせられる。子供が森を駆け回ったり
秘密基地を壊され悔しがる姿も小学生の自分と被り
どんどん映像の中へ引き込まれていった。






この時に録画した吹替テープが今回のBlu-ray製作に
お役立て出来る日が来るとは思いもしなかった。
メーカーさん曰く声優クレジットが録画されていたのが
非常に助かったとの事。標準で録っておいて良かった。
吹替を収録する際、配役と吹替製作会社の詳細を
組合に伝え転用許可を貰わなくてはならない。
声優名が分からない場合は協会側の聴き取り確認の上、
お墨付きをもらいギャラを支払うシステムとの事。
台本が存在しなかったり、製作会社が潰れてしまった場合は
困難を極めるそうで、素材があっても詳細が分からないが
ために許可が下りず使えないケースもあるのでしょうか。


最初の犠牲者となるデブ看護婦。病院内とは思えない
工場のようなゴツゴツした廊下をスローモーションで逃げ惑う
シュールな映像を30秒ものロングショットでで捉えたカットは
何コレ珍百景に認定w


溶解人間に首をもぎ取られた釣り人。
川に流され、ネルソン夫妻の会話を挟んだ後に
再び彼の旅が続く執拗な演出は誰もが抱腹絶倒に
なる事間違いなし!w
ミニチュアのような小滝から生首が落下すると
スイカのようにぐしゃり!と頭蓋骨が潰れて
脳みそがハミ出すw BGMにはエリック・クラプトンのような
泣きのギターが被る…。リック・ベイカーによると
一番難しかったエフェクトだったそうなw


老夫婦がレモンを盗もうとするコミカルなやりとりは和みます。
音楽が「ピンクパンサー」のテーマ曲みたいだし(笑)

僕の父が絶賛していたネル・ウィンタースの絶叫!

溶ける皮膚はスライム的な物を使っているのかと思ったら
数種類のコーンシロップをドバッ!と塗りたくっているとか。
ベイカー渾身の細かい造形が隠れてしまいますが、
悲哀を感じさせるスティーブの姿を上手く表現していますね。


映像特典に関してはアメリカのシャウト!ファクトリー製作
素材を借用する予定だったそうですが、良い返事が来ず
痺れを切らしたスティングレイさん自らリック・ベイカーの
独占インタビューを撮影すると言った快挙に出たのが
コダワリ派でありマニアの期待に応えてくれるマニアな
メーカーの底力を見せてくれたようで非常に満足度の
高い仕上がりとなっています。

-------------------------------------------------

●リック・ベイカー スペシャルインタビュー(40分)
※唯一現存しているプロップの手を使いながら
  切断された腕のギミックを丁寧に説明するベイカー。
 撮影用の頭部はフォレスト・J・アッカーマンに寄贈
 されたと雑誌で読んだことがあるのですが、
 もう残っていないのでしょうか?
●オリジナル劇場予告編A(1分)
●オリジナル劇場予告編B(43秒)
※これが凄い!リック・ベイカーが溶解人間マスクを彫刻、
 エアブラシで塗装している映像が使われている。
●ドイツ版劇場予告編(1分) 
※ドイツ語ナレーションでタイトルも異なる。
●ビデオ版予告(1分05秒)
※日本版ビデオを発売したRCAコロムビアが製作した物。
●ギャラリーアーカイブ(9分)
※世界各国の宣材をサントラに合わせスライド紹介。
★失われた音源 ※隠しコマンド(1分)
●MEトラック
※アーロン・オバー作曲のサントラは商品化
 されていないので台詞抜きのMEトラック
 (音楽と効果音)は涙モノ!
●16ページに渡って作品の隅々まで
 掘り下げたブックレット封入。
 日本公開時、パンフレットは製作されなかったので
 大変な資料価値があります。

--------------------------------------------------

    手持ちの『溶解人間』コレクションをご紹介します。

              【日本版チラシ】
          スパイダーマンとの二本立て。
     上映館は浅草ロキシー、横浜西口シネマ等。

               チラシ裏面。
  スパイダーマンより写真が多く使われているのが嬉しい。


            【日本版プレスシート】
       ポスターと同じデザインで、試写会や
       関係者に配布されるもの。


              【プレスシート裏面】
      パンフ未発行なので最も作品の内容について
      詳細が記載されているアイテム。


   一番下のロゴは雑誌関係の記事に切り張りするもの。


            【日本版モノクロスチル】
     大判サイズ。何枚でコンプなのか気になるところ。


             【日本版・試写状】
               葉書サイズ


              【試写状・裏面】
       コロムビア映画宣伝部のスタンプあり。


             【日本版VHSソフト】
           85年?当時で19,500円と、
        それこそ目玉が飛び出しそうな価格。


                【VHSジャケ】
         初版と再販がありこれは初版分。
        裏面の文字が異なるなどの違いあり。


            【アメリカ版ロビーカード】
            全8枚コンプリートセット









           【本国版スターログ誌】
           リック・ベイカー特集号


 溶解人間の変化の過程がカラースチルで紹介されている。


         【アメリカ製の溶解人間マスク】
   80年代中期にトップストーンと言うメーカーから
   販売されたものの、市場に出回った物は
   ゴムの質が悪く、塗装もいい加減な代物だった。
   これは未塗装かつ良質なラバーで抜かれた物を
   入手し自分で彩色を施したもの。


 塗装にはエアブラシを使用。
 タミヤのアクリル塗料を水で希釈し薄く吹きつけているが
 透明感を出すためクリアー系塗料を多用しています。
 筋肉のスジは面相筆でベタ塗り。


     Blu-rayで見ると皮膚の赤味が強いですが、
     雑誌やビデオだとオレンジっぽい感じだったので
     自己流でこんな風合いにしてみました(汗)


   本来被って遊べるフルフェイスマスクなので裏面に
   スリットを入れ被れるようにしました。
   が、今を思えば安定性が悪くなるので
   切らない方が良かったと後悔しています・・・。


右耳は物語の前半で溶け落ち、茂みに引っ掛かっているのを
ネルソン医師が発見します。艶出しには東急ハンズで
購入した特殊メイク系の液体を使用。


  段階的には2段階目、森で遊ぶ女の子と遭遇するときの
  イメージ。目玉にはエポキシボンドを塗布し光沢感を。
  毛細血管を再現するため赤い毛糸をほぐしたものを
  混ぜています。瞳はマスキングテープを丸く切り抜き
  エアブラシと面相筆で描き、目の周りのドロドロは
  アクリル塗料でドライブラシをかけました。


  歯の隙間にスミ入れをしたんですが、ディフォルメちっくに
  なるかと思ったら案外見栄え良く仕上がってくれました。
  98年に塗装。何度か被って写真撮影したので
  塗膜がヒビ割れている箇所があります。。



    反転させるとBDジャケットと同じ雰囲気になります(笑)




    夕焼けをバックに絶望の逃避行を続けるスティーブの
    シルエットが切ない・・・。

溶解人間 Blu-ray/アレックス・レバー,バー・デベニング,マイロン・ヒーリー
¥4,968
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
9月に観たビデオの数:12本
観た鑑賞時間:1214分


ドライブ・アングリー 
ニコケイが姉ちゃん乗せてカーアクション繰り広げる
映画かと思って観ていたら、無駄に発砲するし
ピッコロ大魔王みたいな傷口再生と支離滅裂過ぎて
掴みどころ無いお子様作品でした。
監査役のウィリアム・フィクトナーは存在感タップリ!
コインを投げるとFBI証明書に変わるとか
臍で茶を沸かすようなギャグ満載。
アンバー・ハードのビッチっぷりが相も変わらず魅力的。
鑑賞日:09月02日 監督:パトリック・ルシエ

バトル・オブ・パシフィック 
過去の産物が威力を発揮する海軍VSエイリアンの
戦いが熱い!艦長のマリオ・ヴァン・ピーブルズが
昔と変わらずイケメンなのが何より嬉しかったです。
「バトルシップ」の二番煎じではあるけれど、
手抜きなく堅実な作りで好感が持てますね。
小粒ではあるけれどアメリカ人が大好きな母国愛も
しっかり描かれています。電磁パルスの影響で使い物に
ならなくなった最新機器をカバーするのが、
ビデオデッキだったりフィルムカメラだったり小物の選択が
オジサンの心を刺激しますねw しかし放射線を浴びた
フィルムが色被りしなかったのは何故?w
鑑賞日:09月02日 監督:サンダー・レヴィン

オペラ座 血の喝采 完全版
瞼を閉じられない状態にしたり、
弾丸が目玉を貫通して背後の電話機に直撃する
スタイリッシュな映像の数々。
眼球への異常な執着心と美少女をいたぶる監督の
変態度は更にエスカレート。別にオペラが舞台じゃなくても
良い気はするけど、回転するクレーンに乗せたカメラが
カラスの主観として縦横無尽に駆け回る画面作りは
一見の価値有り。シモネッティ作曲のテーマ曲は
繊細なヒロインの心を表現していて耳に残るが、
今作でのヘビメタはあまり効果的に使用されていない印象。
コンポのオーディオレベルメーターが時代を感じさせます。
鑑賞日:09月02日 監督:ダリオ・アルジェント

トライアングル
この面白さには意表を突かれました。
どのタイミングで無限地獄から
抜け出せばよいのか?
ゲームのようにリセットボタンを押せば再び
フリダシに戻れるのか?幾重にも連なるデジャヴのような
シークエンス。ヒロインが元凶なのか、
あの客船が異空間への出入口なのか
謎が謎を呼ぶ終わりなき道。
学習能力の無い女だなぁと突っ込みを入れたくなりますけど、
初見のインパクトは絶大!もしかして息子が発する
母への想いが具現化したものなのか、観る人によって
幾通りにも解釈できるスタイリッシュな作品。
ヨットの名前がトライアングルですよ(汗)
鑑賞日:09月03日 監督:クリストファー・スミス

イントゥ・ザ・ストームイントゥ・ザ・ストーム
神出鬼没な竜巻を研究するストームチェイサーと
絶体絶命の息子を救出する父親の連携プレーを
POVを交えながらシャレにならない迫力で描いた
異常気象系パニックの金字塔!初の4DXで鑑賞しましたが、
暴れる座席の衝撃に天井から雨が降り風が叩きつける。
体感じゃなくて映画のキャラとサヴァィヴ
しているような臨場感!
タイタスに同乗している感覚、4DX恐るべしです。
人間の欲望が地球環境を破壊し、ニュースでは笑いながら
他人事のように「この異常気象は何故?」を連呼する昨今。
劇中での脅威が身近に迫っている事を忘れてはならない。
鑑賞日:09月03日 監督:スティーヴン・クエイル

ゾンビランド
童貞クンが独自のルールを実践しながら
ゾンビの襲撃から逃げまくるロードムービー。
腐乱具合がヤバいゾンビ!
今を時めくアンバー・ハードが感染するんですよw
舌レロレロ~って嫌らしい♪スポンジケーキのトゥインキーを
求めただひたすら旅を続けるウディ・ハレルソンの
はみ出しキャラが愉快痛快。遊園地に行くのを楽しみに
しているリトルロックことアビゲイル・ブレスリンが可愛らしく、
ゴーストバスターズねたが全く通じないカルチャーギャップも
ツボにハマるw のんびりムードでインディアンのお店を
破壊してガス抜きしたりと酷過ぎますww
鑑賞日:09月04日 監督:ルーベン・フライシャー

処刑人
ノーマン・リーダスの代表作との事だったので、
もっと激しいバイオレンス描写が飛び出すのかと
思ったら意外にライトなノリで笑えました。
途中からマクナマス兄弟に仲間入りするチンピラが
主役を食ってしまうアクの強さ。
女装するウィレム・デフォーは衝撃的…。
鑑賞日:09月05日 監督:トロイ・ダフィー

悪魔の手毬唄
岡山・鳥取の方言に馴染みがあるので
台詞を聞いていて楽しかったです。
「きょうとぉ」(怖いって意味)をなんですか?と尋ねる
金田一さんがキュートw 横溝正史お約束の度が過ぎる
気色悪い死体がゴロゴロ出てきて子供の頃に写真で見て
トラウマになった葡萄酒漬けの死体シーンには冷や汗が…。
手が込んだカラクリは昔の邦画に見られる滑稽さを
感じさせるけど今ではかえって新鮮に感じます。
ゲロゲロ吐血しながら絶命する中村伸郎の死に様が
ダイナミックで気持ち良いw サンショウウオって
本当に目に効くの?「こらえてつかあさい!」

鑑賞日:09月16日 監督:市川崑

ヘルハウス HDリマスター版
出だしからゴシック調のムードで霧に包まれる
地獄邸と調査に訪れた4人の人物が
超クローズアップで映されるインパクトの強い
カメラワークが只者ではありません!
ゴア描写などで誤魔化さない正統派のオカルト映画。
翻弄される霊媒師を演じるパメラ・フランクリン嬢は
可愛らしく不気味な表情も覗かせますが、
霊魂の夜這いや不気味な猫の襲撃など徐々に怪現象の
度合が増大してゆく演出は見事としか言えません。
ラストの罵声攻撃。富山敬さん迫真のアテレコは
吹替の歴史に大きく刻まれる事でしょう。
ベラスコ役のマイケル・ガフが少し動くのも見物w
鑑賞日:09月22日 監督:ジョン・ハフ

クリスティーン
意思を持つ車の中では一番艶めかしく
魅力的な姿を見せてくれるのがクリスティーン。
冴えないガリ勉青年が初めて恋をした女が
怨念の塊プリマス・フューリー。悪友たちに破壊されても
アーニーの前で元通りに復元してゆく油圧による破壊を
逆回転した特撮は今見ても新鮮。
クラッシックカーに魅せられたアーニーの容姿まで
50年代のファッションに変わってゆくほど
憑依の度合が強烈に反映されているのも見所。
炎に包まれながら闇夜の一本道を走行する
クリスティーンの美しいこと!個人的にカーペンター作品の
中では上位にランクしている名作です。
鑑賞日:09月28日 監督:ジョン・カーペンター

光る眼
村の一部で突然人々が気絶。
女性が妊娠し銀髪の子供が生まれるも、
超能力で邪魔する者を消してゆく宇宙人による
地球侵略を鬼才カーペンター監督がリメイクした古典ホラー。
思考を読まれないよう海や壁をイメージしながら行動する
スリル満点の心理戦。宇宙人と言えどもお腹を痛めて生んだ
子供をかばう母親の弱みに付け込む巧みな戦略・・・
ラストはバッドエンドっぽい感じに閉めており、
あの後地球はどうなってしまったか色々想像してしまう。
落馬事故に遭う前のクリストファー・リーヴや
子供時代のトーマス・デッカーが見られるのは嬉しい。
鑑賞日:09月30日 監督:ジョン・カーペンター

ゾンビ・コップ[Blu-ray]ゾンビ・コップ
ゾンビとして甦った相棒とマッチョでスケベな
はみ出し刑事コンビが死体蘇生の謎を究明する
軽快なバディアクションの怪作。
スティーブ・ジョンソンが創作した異形ゾンビや中華料理店の
食材がタレ付きで襲い掛かってくるSFXは馬鹿馬鹿しくも
斬新で腹筋崩壊間違いなし!死に対する恐怖心を乗り越え、
マシンガン片手に復讐を果たすトリート・ウィリアムズの
カッコいい事!「女性用自転車のサドルになりたい」と
去り際の台詞も印象的。白バイ警官役で「プレデター」の
ホーキンスことシェーン・ブラックが脇役で出演。
主題歌もサイコーに痺れます。
鑑賞日:09月30日 監督:マーク・ゴールドブラット

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード