三つ子の魂百まで…トラウマニア

映画メインですが、鉄道&路線バスねたも♪


テーマ:

相模警察本部は世田谷区某所でロケが行われた。
第1話と3話のみに登場する相模警察本部は
神奈川県立歴史博物館が使われているが、
博物館が正面玄関風なのに対し
世田谷の建物は裏口といった様子ながら第2話・6話に登場。
映し出される尺も長く印象に残る。

この度、ロケに使用された会社関係者様から
撮影の許可とインターネットへの掲載許可をいただきました。
実名は伏せてほしいとの事だったので場所の詳細は
お答えできません。あしからず…。

※画像をクリックしスライドしていただくと
景色の移り変わる様子が良く分かります。


第2話 『狙撃者を追え!』
犯人を追跡中、不意を突かれ黒人ジョーンズに
ボコボコにされた中野は怒りに燃え単独捜査を開始する。
撮影は1975年春頃。


【2015年8月撮影】
ヒサシの取り付け、階段柵の補強、左側の街路灯の形状が
変わった以外、40年前の雰囲気が色濃く残っている。


【1975年】
単独で犯人を割り出そうと躍起になる中野に
自分も力になりたいと詰め寄るアラシ。
パトカーの車種がレトロで実に味わい深い。


【2015年8月】
階段下にマットが敷かれているが、
駐車場のタイルと階段の柄は当時のまま。

【1975年】
外壁の縦線の本数が対比写真を撮る時の参考になる。



【2015年8月】
中央の太く銀色の縦線が撮影当時と変わらず。
クルメツツジの葉が劇中同様、
綺麗に剪定されており感動。



【1975年】
ケヤキの幹が細く植樹したばかりと思われる。



【2015年8月】
ケヤキの木が見事に成長し、夏季という事もあり
葉が生い茂り彩りを与えていた。
左の街灯は本編と比べたら細いので
更新されているのかもしれない。


【1975年】
電柱の広告看板に「世田谷自動車学校」とあるが
設定は横浜なのでチラシを貼ってカモフラージュしている。
こういうちょっとしたパーツが聖地発見のヒントになる。



【2015年8月】
左にビルが密集しているが、警察署として使われた会社は
ほとんど変わらず。
電柱に看板は掲出されておらず…。


【1975年】
左に見える山小屋風・切妻屋根の民家は今も健在!



【2015年8月】
電柱の位置などほぼ同じアングルで撮影できた。
本編と同じようなトラックがちょうど写り込んだのは奇跡的(笑)



左端に見えていた切妻屋根の民家は
全くと言っていいほど変わっておらず
似たり寄ったりな家並みが多い現在、
特徴的で主張の強いレトロな外観は
古き良き昭和の懐かしさを思い出させてくれます。



【1975年】
歩道が舗装されておらず
砂利を敷き詰めただけというのが如何にも昭和ちっく!


【2015年8月】
ケヤキの木は大きく成長し、クルメツツジの葉も
青々としていて夏らしい雰囲気。
冬場なら奥の入口が見通せると思う。


【1975年】
黒人ジョーンズの元カノだった鈴木和子(篠ヒロコ)が
長時間にわたる尋問から開放され署内から出てきたところ。

【2015年8月】
玄関の塗色は黒から茶系へ塗り替えられている。
ここに警官が2名立てば本編を再現できそう。



【1975年】
パトカーの中で和子が開放されるのを待っていたアラシ。
会社名の書かれた表札?には
「SAGAMI POLICE HEAD QUARTERS」の
ダミーが設置されている。


【2015年8月】
クルメツツジの茂みに会社の表札が置かれている。
奥のヒイラギの葉は短く刈り込まれていた。


【1975年】
中村雅俊と篠ヒロコ。
70年代ファッションはとにかく襟が長い!


【2015年8月】
本編と全く同じ構図で撮れた1枚。



【1975年】
貴久(中村雅俊)はジョーンズの仲間で
射殺魔・村井(石橋蓮司)の
特徴を和子から聞き出す。


【2015年8月】
同アングルから撮影。
奥の電柱と街灯は同じ場所に現存している。



【1975年】
本編を見ると閑静な場所に思えるが、現在は交通量も多く
バス通りなので割りと賑やか。



【2015年8月】
歩道は舗装され、マンホールが設置された以外は昔のまま。



---------------------------------------------------------

第6話 『撃て!アラシ』

【1975年】
劇中、ほんの数秒しか出てこないカットだが手前のパトカーと
「相模警察」の文字がお気に入りのシーン。

【2015年8月】
これも劇中とほぼ同じアングルで切り取れた1枚。
ガラケーで本編の映像を撮影し、
実物と照らし合わせながら撮るという
原始的な手法で聖地巡礼しております(汗)



【1975年】
桜の大門と相模警察の組み合わせがえらい貫禄。

【2015年8月】
ヒサシが設置されたので印象は異なるが、
面影は十分残っている。



【1975年】
恋人を愛して止まなかった女性の夢が儚く散り、
心優しいアラシは胸を傷める。
中村雅俊が歌う挿入歌「いつか街で会ったなら」が初めて
流れるのが第6話。歌の後、メインテーマが流れる中、
中野祐二(松田優作)と五十嵐貴久(中村雅俊)の友情が
垣間見れるエンディングに相模警察が再度登場する。


【2015年8月】
本編と同じく、階段の9ステップ目と右上の窓枠を目印に
ほぼ同じアングルでシャッターを切った。
「西部警察」もそうだけど、こういう佇まいの入口って
警察署のイメージが強いんですよね。


中野とアラシが降りた階段を
彼らに成り切って降りてみました。
中野さんとアラシの視点でもあります。


ロケに使われた会社の全景。


会社の外観(その2)


日本映画専門チャンネルで
8/10から『俺たちの勲章』が放送されます。
http://www.nihon-eiga.com/program/detail/nh10006165.html

DVDやBlu-rayでは権利関係で差し替えられた
歌モノがオリジナルのまま流れるので
ソフトを持っているファンも一見の価値アリ!


名作ドラマBDシリーズ 俺たちの勲章 Blu-ray-BOX(3枚組 全19話収録)/バップ
¥16,416
Amazon.co.jp
俺たちの勲章 Vol.1 [Blu-ray]/VAP,INC(VAP)(D)
¥7,350
Amazon.co.jp
俺たちの勲章 VOL.1 [DVD]/バップ
¥5,184
Amazon.co.jp
「俺たちの勲章」 MUSIC FILE/TVサントラ
¥2,621
Amazon.co.jp
俺たちのメロディー(3)/テレビ主題歌
¥2,263
Amazon.co.jp
YUSAKU MATSUDA 松田優作クロニクル’73~’89/TVサントラ
¥2,621
Amazon.co.jp

The Songs/中村雅俊
¥3,240
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

暴力団員・室田のアパートを張り込む中野とアラシ。
ここは小田急線・向ヶ丘遊園(南口)駅前の路地裏。
中和ビルの駐車場で撮影されている。(本編、1975年)



ちょうど40年後の2015年7月に撮影した同地点。
真ん中が室田のアパートだが、リフォームをしているだけで
撮影当時と形状は同じである。
左の貫禄あるアパートは当時のまま残っており、
右の中和ビル従業員入口も変わらず時が止まったかのように
昭和の風景が現存している。


中野の単独捜査を止めるためアラシが見張っていたのだが
飛鳥の「人手不足ちゃん」こと健次が
かき氷の出前を持ってきた。アラシをかく乱する健次。

しかし横浜から川崎までバイクでかき氷を運ぶとは
余程ブッ飛ばして来たのだろうか(笑)


コインパーキングのゲートがあるので40年前と
同じ構図で切り取るとこんな具合になってしまうが、
右端の黒い柵は本編に写っている物と
似ているような感じもする。



健次に首根っ子を固められるアラシ!
その隙に中野は逃げ出すが…。
それにしても健次が着ているシャツの柄が可愛い(笑)


中和ビルの裏口。
本編左端の小窓は少し形状が変わっているが
同じ場所に付いている。
エアコンの室外機が目立つが撮影当時と差ほど変化なし。


健次の妨害を振り切り中野を呼び止めるアラシ。
奥に見えるのは小田急の向ヶ丘遊園モノレール。
1966年から2000年まで走っていたが、
台車に亀裂が入ったため運行停止ののち
2001年に廃線になった。


2015年現在。
中和ビルの外壁に伸びる太い配管2本が目印。
モノレールの駅舎と軌道桁は廃線後間もなくして撤去され、
今は駐輪場になっている。


アラシの嘘にまんまと引っ掛かった中野さん。
上がモノレールの軌道桁、奥に見える
木造家屋が時代を感じさせる。
この頃、何話かで松田優作の右手首に絆創膏が
貼られているのが確認できる。
鹿児島ロケで起こした暴行事件の傷だろうか?



高層マンションが建ち、モノレールは無くなり景色が一変。

中野「室田か!」 アラシ「郵便配達でした~」のやりとり(爆)
本編の季節は夏真っ盛りで、ハチミツ入りの特製かき氷が
実に美味そうである。


なぜか健次もドサクサに紛れてアパートへ…。
かき氷はすっかり溶けてしまった。


外壁や手摺が更新されているが
デザインは1975年当時のまま。



室田の部屋の前でふざけ合う2人。
悲しい結末が多いドラマだが、
松田優作と中村雅俊のユーモア溢れる掛け合いも
見所でバディ物の先駆けドラマとしても有名。



建物が入り組んでしまい本編と同じアングルでは
狙えなかったが、玄関口はすっかりリフォーム
されていてあまり原形をとどめていなかった。



俺たちの勲章 Vol.3 [Blu-ray]/松田優作,中村雅俊,北村和夫
¥6,300
Amazon.co.jp
名作ドラマBDシリーズ 俺たちの勲章 Blu-ray-BOX(3枚組 全19話収録)/松田優作,中村雅俊,北村和夫
¥16,416
Amazon.co.jp
「俺たちの勲章」 MUSIC FILE/バップ
¥2,621
Amazon.co.jp
俺たちのメロディー(3)/カルチュア・パブリッシャーズ
¥2,263
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

近年稀にみる爆発的ヒットを飛ばし話題に事欠かない
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
ジョージ・ミラー監督が創造する
魅力的なキャラと天才じゃなければ
思いつかない荒野を爆走する
超絶カッコいいカスタムカー!

そんなマッドマックスの
新作プロモーションで製作された
トートバッグがテレビ東京のBSジャパン
『マッドマックス2』放送記念プレゼントへ
応募したら奇跡的に当選してしまいました!

ターコイズブルー地にイモータン・ジョーの
炎に包まれたドクロエンブレムが!



持ち手は革で出来ており落ち着いたデザインが堪りません。


"MAD MAX FURY ROAD"IN CINEMAS 2015の
刻印が激シブ!


キャンバス地でめちゃ頑丈そうです。


サイドに刺繍がされているので、
前からも後ろからも目立ちますね~。


かなり大き目の作りですし、何よりチャック付なので
雨の日に重宝しそう。



ニュークスの名台詞「WHAT A LOVELY DAY.」の
ステッカーもセット。最高な日だぜ!


プレゼント告知画面。
たった5名のものが当たるなんて!
テレ東さんいつも素晴らしい映画をありがとうございます~♪
午後のロードショーとサタ★シネ、
シネマクラッシュ金曜名画座が無ければ
BDレコーダーは必要ないってくらいお世話になってます。


このトートバッグ持って映画見に行きたいですね~。
"Max,my name is max. that's my name."

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇