三つ子の魂百まで…トラウマニア

映画メインですが、鉄道&路線バスねたも♪


テーマ:
12月に観たビデオの数:27本
観た鑑賞時間:2896分

アウトレイジ ビヨンド
バカヤロー!コノヤロー!と少ないボキャで
罵倒するのがこの映画の醍醐味。
西田さんと塩見さんの罵倒デュエットが楽しいw
しっかし少ない同業者同士仲良くできないものかねぇ。
前作よりも暴力シーンがソフトになっているけど
相も変わらず死体の山。小日向さん腹黒いわー(汗)
鑑賞日:12月01日 監督:北野武

幸福の黄色いハンカチ
出会ったばかりの3人が徐々に打ち解けてゆく
笑いあり涙ありのロードムービー。
健さん、武田さん、桃井さん三人寄れば
文殊の知恵とばかりにグイグイ感情移入させてくれる
珍道中が堪らなく可笑しいです。
武田さん「またクソしたくなった」の後に吹き出す健さん。
コレ素の表情じゃないですかねw 妻と再会する健さん、
そして水と油のような関係だった武田&桃井も結ばれ
万々歳で幕を閉じる。断食して挑んだビール飲み干しの場面
実にウマそうですね!俳優としては素人な武田さん
いつもの仰々しい語り口で捲し立てて笑いを取るのは
凄いと思いましたね~。
鑑賞日:12月02日 監督:山田洋次

ヒッチャーII/心臓"完全"停止
1作目の正当な続編。勿論トーマス・ハウエルも
出てるけど、主人公は彼の嫁さん。
前作のデジャヴと思わせるシーンの連続だけど、
ヒッチハイカー役のジェイク・ビジー(ゲイリー・ビジーの息子)
がご都合主義的に殺しまくり、警官を騙す完全なパロディに
仕上がってます。クライマックスはマッドマックス2かよ!
みたいな破天荒さ。動機が何だったのかハッキリしないのに
ダイナーでエンコ詰めてフライにするってオメー
『ヒッチャー』の模倣犯だろ?w
鑑賞日:12月03日 監督:ルイス・モーノウ

いぬのえいが
犬を飼った事のある人なら「ポチ」と「マリモ」の回は
号泣必至です(涙)犬の仕草特徴などを
上手く捉えており「コレあるある!」と
うなづいてしまいました。犬を飼う事の責任、ペットの枠を
超え家族として受け入れる人々の優しさをコミカルに
描いたハートウォーミングな作品です。
「マリモ」の回はホントずるいよ(涙)
宮崎あおいちゃん名演です!
鑑賞日:12月03日 監督:黒田昌郎~ほか

ブレイクアウト
男ブロンソンがAチームメンバーのように
「なんでもやってらぁ!」と無実の罪で
囚われの身となったロバート・デュバルを
救出に向かう。負けず嫌いのブロンソン、慣れない
ヘリを操縦するもフラつきが酷く
危なっかしいったらありゃしないw
協力してくれたデブなメキシコ人は
助かってほしかったなあ…。
若かりし頃のランディ・クエイドが女装して刑務所に潜入する
シーンは笑えます。ディゾルブやストップモーション効果も
印象に残りますね。
鑑賞日:12月04日 監督:トール・リトヴァク

JM
公開当時キアヌとたけちゃん共演で
話題になったけど、あれこれ詰め込み過ぎて
全く物語が追えなくなっているのは残念。
個人的にサイバーパンクだとかこの手の世界は苦手なので
ヴィジュアルも共感できないし退屈極まりなかったです。
2011年とかで記憶容量がギガバイトですかw
無理し過ぎたみたいですね。
ヤク中のイルカと紐レーザーは興味深かったけど、
肝心のたけちゃんがあんな扱いとは…。
ウド・キア先生もあっさり消えてしまうし。。
鑑賞日:12月04日 監督:ロバート・ロンゴ

網走番外地 南国の対決
アメリカ占領下の沖縄が舞台。
米国臭漂う街並みや琉球舞踊、パスポート提示など
時代を振り返る意味でも興味深い作品。
「でももストライキもあるかよ!」と健さんの
親父ギャグが炸裂w 見所はスリの子供と健さんのやりとり。
喧嘩に来たのに家族の縁を繋いだりと人情モノに
なっちゃってるけど、夕暮れの街中で見せる
ストリートファイトが美しく撮れてます。
そして水戸黄門の如く神出鬼没な嵐寛寿郎さんは
釣り人役ですよw
吉田輝雄さんの最期は切なかったなあ。
鑑賞日:12月04日 監督:石井輝男

エクスペンダブルズ3 ワールドミッション
アクション映画スターのウルトラ同窓会。
みんな深いシワが入ったけど頼りになる
エクペン野郎にキレたら手に負えない
メル・ギブソンと俺たちの青春ヒーローが
縦横無尽に暴走するアクション描写が爽快です!
割とスローテンポなのが残念ですが、
クライマックスで一気に回収!口だけ達者な
マシンガントークのバンデラスが笑いを誘うw
物語はさておき、これだけの名優が
集結したのは圧巻の一言!TOHOシネマズ海老名で鑑賞。
鑑賞日:12月07日 監督:パトリック・ヒューズ

ューリー
鉄の要塞シャーマン戦車でナチに挑む
男たちの熱い戦争映画。ブラピはドイツ語を喋る
「イングロ」も良かったですが、今作もアンニュイな
戦車部隊長を見事に演じ切っていました。飛び交う砲弾、
レーザービームのような軌跡を描きながら
乱れ撃ちされる弾丸。
戦車に命中する度に「カカン!」と甲高い鉄の音が響く。
めちゃくちゃ痺れました!人間が人間を殺める悲しさ、
鬼にならなきゃ生き残れない過酷な戦場を若き兵士の成長を
挟みながら描くヒューマンな部分が心に残ります。
聖歌隊を配した物悲しいサントラも秀逸!
TOHOシネマズ海老名で鑑賞。
鑑賞日:12月08日 監督:テヴィッド・エアー

君よ憤怒の河を渉れ
膝カックンな荒唐無稽ストーリーでも娯楽の真髄を
魅せてくれる超大作!健さんだけは薬の場面以外
一貫して渋くカッコいいです。中国で7億人が観て
誰もが健さんを知るキッカケとなった作品だけど、
そういう意味では万国共通の演出なんだよね。
一番の見所は新宿西口を馬群が駆け抜けるところ。
撮影許可は取ったけど、馬を走らせるのはゲリラ作戦で
警察から大目玉を食らったとかw 1頭は甲州街道を逃げて
行ったそうです(爆)脱力のギターフレーズに
「ダ~ヤダ~♪」な主題歌?着ぐるみの熊、
無免許セスナ操縦と金太郎飴のような面白さが次々と!
鑑賞日:12月11日 監督:佐藤純彌

ゴーン・ガールゴーン・ガール
パズルのような心理描写。2時間半があっという間。
フィンチャー監督上手いですねえ~。
ロザムンド・パイクが好きなので、銀幕に釘づけに
なりました。○○の飲み物自分は喜んで頂きます!w
公開初日、TOHOシネマズ海老名で鑑賞。
鑑賞日:12月12日 監督:デヴィッド・フィンチャー

ザ・レイド GOKUDO
シラットの速さに圧倒されるけど、ストーリー性が薄く
戦闘シーンが淡々と続くばかりで1作目のような
緊迫感が無いのは残念。地下鉄で大暴れする
ハンマーガールがカッコいい!けれど漫画ちっくに
なり過ぎてるかな~。ヤクザの北村一輝さん日本語
なに喋ってるか分からないので字幕が欲しかった。。
ラマのトイレ乱入撃破はジャッキー映画を
超えるスキの無さ!R18版で見ましたが、頭部破壊に
スプラッター描写もなかなか迫力アリ!
電光石火のヤヤン・ルヒアンやっぱ人間離れした
アクションでうっとり。新宿ミラノ2で鑑賞。
鑑賞日:12月15日 監督:ギャレス・エバンス

ハネムーンハネムーン
題名通り新婚さんに降り掛かる恐怖。
嫁さんの行動がおかしくなり初めてから神経を
逆撫でさせる夫婦喧嘩が勃発。
雰囲気的には『呪われたジェシカ』
最近だと『トランストリップ』のような作風です。
旦那がサニー千葉ちゃんの『激突!殺人拳』を
観ているのはニヤリ。精神的に参ってしまう系の
ホラーですね。つまらなくないけど二度と見たくない
くらい胸糞が悪くなる映画でした。新宿ミラノ3で鑑賞。
鑑賞日:12月15日 監督:リー・ジャニアック

サベージ・キラーサベージ・キラー
本年度、いや近年のホラーでは群を抜く出来栄え!
是非劇場の大きなスクリーンで観ていただきたい作品です。ハンデのあるヒロインがドライブに出掛け、
見知らぬ土地で強姦に襲われる。よくあるレイプ復讐劇かと
思ったら、ゲス野郎共がインディアン大酋長の怒りを買い、
彼女に憑依し爽快に惨殺しまくる。「バタリアン・リターンズ」の
ような死んでも死にきれない無念さをヒロインの
アマンダさんが大熱演しています!泣けるホラー、
胸が切なくなる意表を突いた演出が目新しいです。
「彼女はしつこいぞ!」
新宿武蔵野館で鑑賞。
鑑賞日:12月15日 監督:マイケル・S・オヘダ

ジョーズ3
子供の頃に観た時は海底水族館に憧れましたが、
今では似たような所がありますね。
サメの全長はシリーズ中一番デカくて狂暴ですが、
登場が後半からなので全く緊張感がなく
水上スキーにイルカと戯れるシーンで食い繋ぎながらの
進行は正直かったるい。
喰われて筋組織ムキ出しの水死体がグロく、
口から海の生物がニョロッ!と這い出てくる描写は
なかなかキツい!
映画デビューのリー・トンプソンの可愛らしさと、
デニス・クエイドが拝めるのが唯一の救いかも?
3D用に撮影されたので、手前に向かってくる場面が
やたら多いですw
鑑賞日:12月18日 監督:ジョー・アルヴェス

激流
川下りする家族に強盗が絡んできて離れたり
くっ付いたりと忙しい映画です。
下衆演技に定評のあるケビン・ベーコン、
今回もネチネチと嫌がらせ。ガントレットと呼ばれる激流へ
差し掛かるとメリル・ストリープがラリって形勢逆転!
強盗はヒーヒー喚いて和解するのかと思っちゃいましたよw
夫婦仲の悪かった父親と賢いワンコが先回りし出来過ぎた
トラップで万事解決。洋画に必ず出てくる
夜中にマッパで行水、メリルおばさんじゃ
有難みが薄いですわな。。
子供は何の役にも立たず、防水カメラを壊されていったい
何が言いたかったのかと…。
鑑賞日:12月18日 監督:カーティス・ハンソン

チェンジリング』  [Blu-ray]
少年の霊が憑りついた屋敷で怪現象が発生する
正統派オカルトホラーの決定版!鳴り響く轟音、
割れるガラス、サブリミナル風のショッキング場面を
挿入したりと不意を突く恐怖演出に芯から震え上がる。
事故で妻子を亡くした音楽家の主人公に訴え掛けてくる来る
少年の霊。冒頭の事故シーンはJホラーの「予言」、
家の床下から発見される井戸は「リング」と各方面に多大な
影響を与えているのが分かる。階段を暴走する車椅子の
恐ろしい事!カメラアングル、美術、脚本と日本人のような
繊細なプロットで見せる悲しい物語。
推理劇としても秀逸な出来栄え。
鑑賞日:12月18日 監督:ピーター・メダック

ダイ・ハード
アラン・リックマンがビル関係者のフリして
マクレーンとご対面する時にいきなり前髪が下りてる
トコと子犬のように怯える演技は何度見ても
飽きないですねw ヤケになったマクレーンがC4爆薬投下して
爆風が上がってくる。普通なら死んでますよ。
「とんだクリスマスだ」とボヤきながらも面倒事に
首を突っ込むのが大好きな出しゃばりウィリス。
アルとの無線会話も印象的。で、やっぱアメリカ映画では
"カウボーイ"って呼ばれちゃうんだよね。(不思議)
白いタンクトップが突然茶色に変わっているなど
公開当時ネタになりましたわ~。
鑑賞日:12月19日 監督:ジョン・マクティアナン

バタリアン HDリマスター版』  [DVD]
金曜ロードショーで放送された伝説の吹き替え。
原語よりエキサイティングで声優が大熱演!
OPでドラム缶のガラスが割れる音が入っておらず、
代わりにハーゲンタフを覆っている袋のガサガサを追加する
ナイスな演出!当時は怖くて指の隙間から観てたけど、
漫画から飛び出してきたようなバリエーション豊かな
バタリアンが楽しくてしょうがない。フレディが着てるTシャツに「DOMOARIGATO TOKYO」ってプリントされてたり、
スカッズのコートには般若や「イレイザーヘッド」の
バッジが付いているのも見所!死後硬直の実況とかすげえw
鑑賞日:12月20日 監督:ダン・オバノン

フライトナイト』  [Blu-ray]
古典的な吸血鬼モノに古臭さ感じていた
当時の若い世代に衝撃を与えた紳士でセクシーな
クリス・サランドン!男でも惚れるキザな仕草に
随分影響されたものです。リンゴを食べたり、長い指で
カーテンを閉めたり、小指の爪で手摺りを
削るなど色気ムンムン!
臆病なバンパイア・キラーを演じたロディ・マクドウォールの
チャーミングさにも惹かれます。リアルな特殊造形の迫力、
80'sファッション、そして主題歌を歌うJ・ガイルズ・バンドと
どれもポップで明るいあの頃のカラーが
滲み出た傑作ですね。
ラストにTVで観ている映画は『吸盤男オクトマン』
鑑賞日:12月21日 監督:トム・ホランド

ダイ・ハード2
お節介焼いてボヤくマクレーンはイラつくけど、
航空パニック物としては秀逸な出来栄え。
燃料を垂れ流しライターで火をつけると
デロリアンも顔負けな炎の軌跡と共にジャンボ機が
空中大爆発するラストは痛快そのもの!
上空のパニック描写じゃなく、空港内で事件が発生するのは
斬新なアイデアですね~。
まだ売れる前のロバート・パトリックや
ジョン・レグイザモが脇役で出ているのも見逃せません。
しっかし1作目から通算するとマクレーンは
大量殺戮マシーンだなww
日曜洋画劇場の野沢那智さん吹き替えで鑑賞。
鑑賞日:12月22日 監督:レニー・ハーリン

ファーザーズ・デイ 野獣のはらわた』  [Blu-ray]
幼少期のエイハブが片目を切り裂かれる所と
地獄で内蔵ゲロゲロ吐きまくるシーンは
ルチオ・フルチの影響が大きいと思う。
PVの如く鳴り止まないシンセとロックな音楽に乗って
憎き父の敵ファックマン退治に出掛けるボンクラ三人組。
トロマ十八番のトホホな演出とグラインドハウス映画っぽく
故意に付けた傷にホコリ、リール交換時のノイズなど
遊び心が詰まっています。男には全然嬉しくない
オッサン裸体のオンパレード!道端で出会うクマが
シュール過ぎるw ロイド・カウフマンが美味しい所を
全部持って行ってしまうのも楽しい!自殺したらダメ(汗)
鑑賞日:12月22日 監督:アストロン6

地獄のデビル・トラック[Blu-ray]地獄のデビル・トラック』 [Blu-ray]
彗星の大接近により自動車を初め様々な
マシンが暴走し、人間に反乱を起こす
スティーブン・キング原作そして初監督作となった
摩訶不思議なコメディアクション!
ダイナーを取り囲むトラックがまるで生命を
吹きこまれたかのように人々を轢殺。
機械側も凄いけどダイナーの店主が隠し持ってる銃器類が
マジやばいw ヘンダーショット役を楽しそうに演じる
名優パット・ヒングルのバズーカ発射高笑いが気持ち良い!
エミリオ・エステベスも知恵をフル回転させながら
デビルトラックに立ち向かってゆく。
AC/DCのロックが画面に彩を与え過ぎw
鑑賞日:12月23日 監督:スティーブン・キング

エクソシスト ディレクターズカット版
新宿ミラノ座のさよなら上映で鑑賞。
サブリミナル・ショット増加により潜在意識に
ジワジワ残る恐怖演出と
伝説のスパイダーウォークが衝撃的!
怖さより痛覚として記憶に残るリーガンの身体検査。
喉に針を刺し血が吹き出る下りを長回しで見せる
フリードキン監督のしつこさは流石です。
カラス神父と母親の確執に付け込むパズズ。
精神的に参っているカラス神父が捨て身でパズズを憑依させ
少女の肉体を救う感動のラスト。DC版では心温まるシーンが
追加され後味が良くなっていました。
ホラー映画テーマ曲の原型でもある
チューブラー・ベルズは名曲中の名曲!
鑑賞日:12月24日 監督:ウィリアム・フリードキン

バッド・マイロ!バッド・マイロ!
男のイボ痔が意思を持って暴れちゃうグレムリンの
ような怖さからギズモっぽいキュートさまで、
黒目が大きく表情豊かなマイロ君どうにも憎めない
コワカワな奴なのですw やっぱ己の肉体の一部が欠けると
寂しいじゃん?歯とか。。しっかし良くCGじゃない精巧な
マペット作ったことに感心する。SFX全盛期の質感に
感動しました。ダンカンをはじめ出てくる人物全員
頭がマトモじゃない所に妙な釣り合いが取れていて
可笑しいですね(笑)2014年を締めくくるのに相応しい
大爆笑必至の怪物コメディでした!
鑑賞日:12月24日 監督:ジェイコブ・ヴォーン

ダイ・ハード3
出しゃばりで疫病神なマクレーンがサミュエル兄貴を
道連れにやりたい放題暴れまくるシリーズ3作目。
バディ物としては良く出来ているけど、ハイライトは
冒頭の地下鉄爆破だけで徐々に失速。
ジェレミー・アイアンズの弟が1作目の
ハンス・グルーバーだったとか無理に関連付け
してるのも若干痛い。なんかリーサル・ウェポン3の亜流に
見えちゃうんですよねー。
鑑賞日:12月28日 監督:ジョン・マクティアナン

ダイ・ハード4.0
歯止めの効かないアクション祭りで休む暇もなく
画面に釘づけになります!パトカーでヘリ撃墜、
トレーラー運転、戦闘機に飛び降りたり
とにかく忙しく無茶ぶりしてますが、劇場で観た時も大満足。
ダイハードは4作目までであとはクズとは良く言ったもの。
鑑賞日:12月28日 監督:レン・ワイズマン

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
【1】 1/21(火)
『アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ2』
(未体験ゾーンの映画たち2014)     2013年、アメリカ 
 ヒューマントラストシネマ渋谷。スクリーン2(I-10)
12:01~13:46【1時間45分59秒】

【2】 1/21(火)
『REDリターンズ』 
2013年、アメリカ、
映倫:45932、MPAA:48421
新宿ミラノ座。シネマスクエアとうきゅう(E-6)
18:31~20:27【1時間55分53秒】

【3】 1/25(土)
『オンリーゴッド』 
2013年、デンマーク/フランス、R15+、ビスタサイズ、
DCP、5.1ch、
映倫:46008
新宿バルト9。G-13番。12:51~14:21【1時間29分43秒】

【4】 1/25(土)
『V/H/S ネクストレベル』 
2013年、アメリカ、R18+、ビスタサイズ
ヒューマントラストシネマ渋谷。スクリーン3(C-3)
18:32~20:08 映倫:46036 ※トークショーあり
(伊東美和さん&屑山屑男さん)

【5】 2/23(日)
『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』  
2013年、アメリカ/イギリス、R15+、シネマスコープ、
ドルビーSRD、
映倫:46025、MPAA:48265
TOHOシネマズ海老名。スクリーン2(I-13)
12:08~13:31【1時間43分27秒】   

【6】 2/25(火)
『テーターシティ -爆・殺・都・市-』
(未体験ゾーンの映画たち2014) 2010年、イタリア
ヒューマントラストシネマ渋谷。スクリーン2(I-10)
12:09~13:22【1時間13分10秒】

【7】 2/25(火)
ハウンター』
(未体験ゾーンの映画たち2014)  2012年、カナダ/フランス
ヒューマントラストシネマ渋谷。スクリーン2(I-10)
14:04~15:41【1時間37分15秒】

【8】 2/25(火)
『アダム・チャップリン』
(未体験ゾーンの映画たち2014)  2010年、イタリア
ヒューマントラストシネマ渋谷。スクリーン2(I-10)
16:39~18:04【1時間24分52秒】

【9】 3/28(金)
『マチェーテ・キルズ』 
2013年、アメリカ/ウクライナ/ロシア、R15+、ビスタサイズ
映倫:46060、MPAA:48476
ヒューマントラストシネマ渋谷。スクリーン3(C-3)
15:23~17:11【1時間47分34秒】

【10】 3/28(金)
『ダリオ・アルジェントのドラキュラ』 
2012年、イタリア/フランス/スペイン、 R18+、BD上映
シネマスコープ、
映倫:46097
渋谷シネパレス。スクリーン2(D-6)
20:31~22:21【1時間50分】※レイトショーのみ。

【11】 4/28(月)
『ワールズ・エンド~酔っぱらいが世界を救う』
2013年、イギリス、PG-12、シネマスコープ、ドルビーSRD
映倫:46026、MPAA:48404
渋谷シネクイント。D-11。10:48~12:38【1時間49分27秒】


【12】 4/28(月)
『ロボコップ』
2014年、アメリカ、シネマスコープ、5.1ch、フィルム上映
新宿ミラノ座。ミラノ3(5-10)。映倫区分【G】、MPAA:47969
17:33~19:29【1時間56分36秒】

【13】 5/14(水)
『ジャッカス/クソジジイのアメリカ横断チン道中』 
2013年、アメリカ、PG-12、シネマスコープ
映倫:46124、MPAA:48610
ヒューマントラストシネマ渋谷。スクリーン2(I-10)
9:55~11:26【1時間31分41秒】 

【14】 5/14(水)
『ゴール・オブ・ザ・デッド』 
2014年、フランス、R15+
ヒューマントラストシネマ渋谷。スクリーン2(J-10)
11:50~13:51【2時間01分24秒】

【15】 5/17(土)
『メトロ42』 
2013年、ロシア、DCP上映、シネマスコープ、映倫:46162
新宿シネマカリテ。スクリーン1(A-7)
13:00~15:20【2時間11分54秒】※公開初日

【16】 5/17(土)
『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』
1969年、東映作品、フィルム上映
新宿シネマカリテ。シアター1(A-9)
18:31~20:09【1時間38分02秒】※終映後トークショーあり。

【17】 5/25(日)
『ヒトラー最終兵器』 
2013年、イギリス、Blu-ray上映
新宿シネマカリテ。シアター1(C-8)
13:00~14:27【1時間26分49秒】
※終映後トークショーあり。杉作J太郎さん、中村桜さん(声優)

【18】 5/28(日)
『メトロ42』 ※2度目の鑑賞
2013年、ロシア、DCP上映、シネマスコープ、映倫:46162
新宿シネマカリテ。シアター1(C-11) 
10:38~12:50【2時間11分47秒】

【19】 5/28(水)
『ラスト・ベガス』
2013年、アメリカ、シネマスコープ、5.1ch、映倫区分【G】
映倫:46157、MPAA:48525
渋谷シネパレス。シアター2((D-6)
17:50~19:15【1時間45分10秒】

【20】 6/8(日)
『ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版』 
1954年、東宝作品
TOHOシネマズ海老名。スクリーン8(F-10)
12:30~14:06【1時間36分06秒】

【21】 7/19(土)
『サスペリアPART2』(日本劇場初公開バージョン) 
1975年、イタリア、映倫:35203、字幕:清水俊二 
東京国際近代美術館フィルムセンター(小ホール)
【アルジェント研究会10周年記念大会】
13:31~15:16【1時間45分37秒】35mmフィルム上映。
※終映後、ゲストによるパネルディスカッションあり。

【22】 7/25(金)
『GODZILLA ゴジラ』   
2014年、アメリカ、映倫:46130、MPAA:48912
TOHOシネマズ海老名。スクリーン1(K-19)
12:43~14:45【2時間2分58秒】※公開初日

【23】 7/26(土)
『死霊の罠』 (白鳥あかねスクリプター人生)
1988年、日本、35mmフィルム上映、
映倫:112646
ラピュタ阿佐ヶ谷。前から2番目。
14:43~16:22【1時間38分53秒】

【24】 7/26(土)
『サンゲリア HDリマスター』
(血みどろホラーナイト2014 第2夜)
新文芸座。23:25~0:57【1時間31分16秒】Blu-ray上映。
※上映前にトークショーあり。(22:38~23:12)
~田野辺尚人さん、中原昌也さん、山崎圭司さん~

【25】 7/26(土)
『地獄の門 HDリマスター』
(血みどろホラーナイト2014 第2夜)
新文芸座。1:08~2:40【1時間32分41秒】Blu-ray上映。

【26】 7/26(土)
『墓地裏の家 デジタルリマスター』
(血みどろホラーナイト2014 第2夜)
新文芸座。2:55~4:21【1時間26分21秒】DVD上映。

【27】 7/26(土)
『ザ・リッパー デジタルリマスター』
(血みどろホラーナイト2014 第2夜)
新文芸座。4:32~6:04【1時間32分57秒】DVD上映。

【28】 9/3(水)
『イントゥ・ザ・ストーム』 4DX上映
2014年、アメリカ、映倫:46215、MPAA:48770
小田原コロナシネマ。シネマ10(C-10)
17:55~19:24【1時間29分09秒】

【29】 10/18(土)
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
2014年、アメリカ、映倫:46057、MPAA:49201
イオンシネマ海老名。スクリーン1(F-19) 
9:23~11:24【2時間01分06秒】

【30】 10/27(月)
『キョンシー』(シッチェス映画祭2014)
2013年、香港、R15+、映倫:46314
ヒューマントラストシネマ渋谷。スクリーン2(H-10)
14:54~16:35【1時間41分24秒】

【31】 10/27(月)
『モーガン・ブラザーズ』(シッチェス映画祭2014)
2013年、オーストラリア、R18+、映倫:46311
ヒューマントラストシネマ渋谷。スクリーン2(G-9)
17:00~18:01【1時間31分09秒】
※終映後トークショーあり。
(多田遠志さん、てらさわホークさん)18:34~18:58

【32】 10/27(月)
『ボーグマン』(シッチェス映画祭2014)
2013年、オランダ/ベルギー/デンマーク、
R15+、映倫:46315
ヒューマントラストシネマ渋谷。スクリーン2(H-10)
19:14~21:08【1時間53分40秒】

【33】 10/27(月)
『ゾンビリミット』(シッチェス映画祭2014)
2013年、スペイン/カナダ、PG-12、映倫:46312
ヒューマントラストシネマ渋谷。スクリーン2(H-10)
21:24~23:02【1時間38分13秒】

【34】 10/29(水)
『蘇える優作 探偵物語・特別編』(松田優作の軌跡)
1998年、35mm上映、TVサイズ、映倫:115306
テアトル新宿。F-11番。11:30~13:16【1時間46分14秒】

【35】 10/29(水)
『トランストリップ(シッチェス映画祭2014)
2013年、チリ/アメリカ、R15+、映倫:46316
ヒューマントラストシネマ渋谷。スクリーン2(H-10)
17:04~18:42【1時間38分23秒】

【36】 10/29(水)
『パトリック 戦慄病棟』(シッチェス映画祭) 
2013年、オーストラリア、R15+、映倫:46313
ヒューマントラストシネマ渋谷。スクリーン2(I-9)
19:14~20:51【1時間36分02秒】
      
【37】 11/2(日)
『殺人遊戯』(松田優作の軌跡)
1978年、東映、35mm、シネマスコープ、映倫:19534
テアトル新宿。F-11番。11:30~13:01【1時間30分59秒】

【38】 11/2(日)
『人間の証明』(松田優作の軌跡)
1977年、角川映画、35mm、ビスタサイズ、映倫:19045
テアトル新宿。F-11番。13:41~15:52【2時間11分15秒】

【39】 12/7(日)
『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』 
2014年、アメリカ、字幕スーパー、映倫:46286、MPAA:49181
TOHOシネマズ海老名。スクリーン8(F-10)
9:10~11:16【2時間6分42秒】 

【40】 12/8(月)
『フューリー』 
2014年、アメリカ、シネマスコープ、5.1ch、映倫区分【G】
字幕:松浦美奈、字幕スーパー、映倫:46332、MPAA:49301
TOHOシネマズ海老名。スクリーン9(F-12)
9:20~11:35【2時間14分38秒】

【41】 12/12(金)
『ゴーン・ガール』
2014年、アメリカ、R15+、映倫:46333、MPAA:49208
TOHOシネマズ海老名。スクリーン9(F-12)
12:33~15:01【2時間28分49秒】※公開初日

【42】 12/15(月)
『ザ・レイド GOKUDO』
2014年、インドネシア、R18+、テジタル上映、シネスコ、5.1ch
新宿ミラノ座。ミラノ2(G-14)
13:12~15:42【2時間30分06秒】

【43】 12/15(月)
『ハネムーン』
2013年、アメリカ、PG-12、BD上映、
ヴィスタサイズ、映倫:46392
新宿ミラノ座。ミラノ3(4-10)
17:06~18:34【1時間27分36秒】

【44】 12/15(月)
『サベージ・キラー』
2013年、アメリカ、R15+、Blu-ray上映
新宿武蔵野館。武蔵野館3(前から3番目左通路側) 
20:31~22:06【1時間34分52秒】

【45】 12/24(水)
『エクソシスト ディレクターズ・カット版』
(新宿ミラノ座より愛をこめて~LAST SHOW)
2000年、アメリカ、SRD・DTS・SDDS、ヴィスタサイズ
映倫:S-3483、MPAA:37327
新宿ミラノ座。ミラノ1(11列-19番)
15:01~17:11【2時間10分12秒】

【46】 12/24(水)
『バッド・マイロ!』 
2013年、アメリカ、R15+、DCP、ヴィスタサイズ、映倫:46407
新宿武蔵野館。武蔵野館3(前から3番目左通路側)
21:10~22:34【1時間24分12秒】

  【2014年ベスト10】 ① 『サベージ・キラー』 ② 『フューリー』 ③ 『メトロ42』 ④ 『ゴーン・ガール』 ⑤ 『イントゥ・ザ・ストーム』 ⑥ 『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』 ⑦ 『V/H/S ネクストレベル』 ⑧ 『GODZILLA ゴジラ』 ⑨ 『ワールズ・エンド~酔っぱらいが世界を救う』 ⑩ 『ザ・レイド GOKUDO』
  【2014年・旧作ベスト10】 ① 『ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版』 ② 『サスペリアPART2』(日本劇場初公開版) ③ 『死霊の罠』 ④ 『エクソシスト/ディレクターズ・カット版』 ⑤ 『人間の証明』 ⑥ 『地獄の門』 ⑦ 『サンゲリア』 ⑧ 『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』 ⑨ 『ザ・リッパー』 ⑩ 『墓地裏の家』
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
2014年11月に観たビデオの数:6本
観た鑑賞時間:679分

■『殺人遊戯』
 ハードボイルドな殺し屋を演じる優作さんが
問答無用のカッコ良さ!時にコミカルな面を見せたりするので
二重人格のような印象さえ受ける。「鳴海さ~ん!」を
連呼する舎弟の阿藤海さんが金魚のフンみたいに
くっ付いてきて軽トラに乗り、下衆い借金取り立てを
やったりと笑えるシーンの方が多いですね。
優作さんが筋トレする場面と44マグナムを愛用してる辺りは
「タクシードライバー」からインスピレーションを
受けたものなのでしょうか。
テアトル新宿の「松田優作の軌跡」35mmプリント上映で鑑賞。
鑑賞日:11月02日 監督:村川透

■『人間の証明』
テアトル新宿の「松田優作の軌跡」
35mmプリント上映で鑑賞。
フィルム版は冒頭に文化庁推薦のテロップで始まり、
角川のロゴは火の鳥が動くアニメに大野雄二作曲と思われる
BGMが被さる。コントラストは弱めだけど、棟居刑事の
回想シーンのブルーフィルター効果が薄く原色が良く
確認出来たのは驚きの発見。字幕はソフト版と同じ
清水俊二氏。劇場版はすべて縦字幕。大音量で聴く
「人間の証明のテーマ」琴線にガンガン響きますね!
良い体験が出来ました。
鑑賞日:11月02日 監督:佐藤純彌

■『ザ・デプス』
深海映画ブームに乗っかって作られた本作。
協調性の欠けたクルーたちが割と大雑把に作業をしており、
案の定メンタル面の弱いミゲル・フェラーが大暴走!
核爆発のスイッチを押してしまい怪物より恐ろしい行動と
悲劇的な最期を魅せてくれる。同時期に製作された
「リバイアサン」も面白いが、基地内に入り込む
大質量の水の中で悪戦苦闘するシーンはこちらの方が上。
13金7からジェイソンを演じたケイン・ホッダーが
スタント・コーディネーターを務めるなど
13金のスタッフが集結した深海が舞台の
13金とでも言いましょうかw
鑑賞日:11月04日 監督:ショーン・S・カニンガム

■『ザ・ヤクザ』
義理人情の世界をアメリカ側の視点で描いた
高倉健さんの代表作。日本流のしきたりで恩返しする
ロバート・ミッチャムの姿が素敵です。惚れ惚れする健さんの
肉体美、誇張表現を抑えた刀捌きなどがドラマチックに展開。
歌舞伎町の映画街が少し出てきますが、もう少し日本ロケを
多用して欲しかったですね。新幹線のジョイント音に在来線の
SEを被せていたり変な箇所もありますが、概ね良好。
便所で見えを切る汐路章さん好きだなぁ~。
ダスティーと花子良い感じだったのに…。和のテイストを
ふんだんに盛り込んだ哀愁を誘うデイヴ・グルーシンの
音楽も印象に残ります。
鑑賞日:11月20日 監督:シドニー・ポラック

■『恐怖の報酬』
ニトロ爆発より人間の感情の浮き沈みに
ハラハラさせられます。煙草の葉が爆風でスッ!と
消えてからのカット割りが見事!
報酬金目当てだった4人の男の運命が切ないですね。
所でマリオとルイージ、もしかしてスーパーマリオって
この二人から名づけられているんでしょうか?w
鑑賞日:11月24日 監督:アンリ=ジョルジュ・クルーゾー

■『ラピッド・ファイアー』 
美大生のブランドン・リーが犯人の似顔絵を描いて
濡れ衣を晴らすとか分かり易い設定を挟みながら
父親ブルースの血を受け継いだしなやかなアクションを
存分に満喫できます。高架鉄道駅でラスボスとの死闘は
迫力満点!そしてお約束のアル・レオン登場。
死なない設定なら使える男だと思いますw
日曜洋画劇場の吹き替えで鑑賞。
鑑賞日:11月25日 監督:ドワイト・H・リトル
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード