• 8月12日(土)、新潟5Rの2歳新馬戦(芝1800m)が行なわれ、吉田隼人騎手騎乗の7番人気・サクステッド(牡2歳、美浦・小西厩舎)が優勝。
  • 勝ちタイムは1:48.5(稍重)。

  • 2着には1馬身3/4差で1番人気・タニノフランケル(牡2歳、栗東・角居厩舎)、3着には1馬身3/4差で3番人気・ヴォウジラール(牡2歳、美浦・尾関厩舎)が続いて入線した。

    レースは名牝ウオッカの仔で【父母、合わせて17冠】と注目を集めたタニノフランケルがロケットスタート。すかさずハナを切ると、ゆったりとしたペースに持ち込む。直線では、タニノフランケルが追われてからの伸びがひと息。それを尻目に好位を追走していた外からジワジワと脚を伸ばすと、他馬を突き放した。

    勝ったサクステッドは今夏、急逝してしまった*タートルボウルの産駒。父の仔はこの世代で初めての勝ち上がり。母系には日経賞を制し、天皇賞(春)でも2着だったアルナスラインがいる血統。馬主は有限会社キャロットファーム、生産者は安平町のノーザンファーム。馬名の意味由来は「組曲「惑星」の「木星、回枠をもたらすもの」より。母名より連想」。



吉田隼人騎手 勝利コメント
「強かったですね。ありがとうございました。跨ってみて感じたのは、気が良いことですね。ただし、これが課題にもなると思っていました。返し馬から前向きすぎてかかりそうな様子を見せていましたので、折り合い、そして外回りコースを考えてリズム重視で運びました。タニノフランケルが行ってくれたのでそれを見ながらと、前半はわりと楽に走ることができました。途中で外から上がってきた馬が来た時にグッとハミに来たのでそこは待たせて我慢させることにしたんです。すると内から張ってこられたのでより気を遣いましたが、馬はよく我慢してくれました。ひと呼吸置いて外に出すと、そこの時点でグンッとギアが入りました。ここでさらに引っ張っては馬も辛くなるので、ペースが遅かったこと、あとは馬を信じてそのまま行きました。結果的に普通のコースのような乗り方をしてしまいましたが、先頭に立ってからもまったく脚色が衰えなかったですね。調教の様子を聞いていると2歳でも先頭を走ることができ、1頭でも動じないところがあったようですね。その経験と気持ちが活きたのだと思います。今後は競馬を覚えて行くことでより気が入ってきそうな心配があります。先々では距離は短めにシフトすることになるかもしれませんが、走り方を教えていき、馬もそのことを吸収しながら走ってくれるようになれば良いですね」


今年の愛馬2歳は、2頭目の勝利、共にキャロットクラブ所属です。


この勝利が2017年の愛馬 30 勝目となりましたニコニコアップアップ

AD