コラム第12話

テーマ:

ニューヨークの日系新聞に連載中のコラム第12話。今回はモロッコのマラケシュへ入った時の話です。不思議な国のモロッコで飲んだミントには意外なものが入っていました。

 
世界の食との小さな出逢い第12話
 
AD

{3F4C526F-306A-45FE-9953-B30A761E8286}




Ingredients:
100g Natto, 1/2pc Tomato, 5pcs Olive, 1pc Garlic, 1tsp Olive oil, Pinch of  Salt, Pepper for taste

材料:
納豆 100g、トマト1/2個、オリーブ5個、にんにく1かけ、オリーブオイル小さじ1、塩、コショウ少々


Cooking:
1: Cut tomato into dice
2: Mince olive and garlic
3: Put Natto and other ingredients in a bowl
4: Mix well

作り方:
1: トマトをダイスに切る
2: オリーブとにんにくをみじん切りにする
3: ボールに材料を入れる
4: よく搔き回す



Points:
If olive is salty enough, may not need to add salt. It's good to add some herbs for fresh flavor, such as basil, or coriander leaves etc. Serve with some slices of bread.


ワンポイントアドバイス:
オリーブの塩気が以外や納豆とよく合います。塩気が十分であれば、塩を加える必要はありません。ベージル、コリアンダーリーブなどを加えると風味が増します。パンやクラッカーを添えて。
AD

 

久しぶりですがセミナーを開催いたします。

 

テーマはファスティング(断食)

 

今回は少人数制で開催したいと思います。

 

詳しくは写真をクリックしてくださいね。

 

お早めにお申し込みください。

 

nattoya@gmail.com

 

 

 

 

AD
How to Place an order


🔵Deliver to Manhattan, Brooklyn, Queens (not available some places).
$5 delivery fee

🔵Drop off at grand central station.
No delivery fee

🔵Please send email to

nattoya@gmail.com

・Your name
・Your order
・Address (or grand central drop off)
・Phone number

(Minimum order is $40)

We'll arrange the date & time to deliver


Products

⭐️Organic Natto

$2
Freshly made natto in New York. This is not frozen (all natto from Japan are frozen and defrosted).
Therefore fresh natto culture is fully alive and you'll get lots of profit.

Enjoy natto your way.
・Basic recipe : Mix well with little mustard, soy sauce, and chopped scallion. Put on rice, or a bread.
・Natto salsa: Mix 1pc natto, ½ tomato diced, ¼ tsp olive oil, cilantro chopped, salt, pepper, lime juice.
・Spicy natto: Mix 1pc natto, sriracha sauce, chopped scallion
・Banana natto: Mix 1/2 banana, 1pc natto, 2tsp maple sirup, 2tsp cacao. Though it's unique way, no smell natto sweets for "beginner".


⭐️Organic Miso

$6
Handmade miso, using organic soybeans.

Miso amazake dipping sauce: Mix 1/4cup miso,
1/4cup amazake (lime), 2tbs vinegar. Good for stick veg, meat, fish. And add 2tbs oil, for salad dressing.


⭐️Amazake (Probiotic rice pudding)

(Photo Matcha-azuki)
★Lime $3,
★Matcha azuki-beans $4

Amazake, a traditional Japanese healthy drink. It is sweet with no sugar or artificial sweeteners added. The sweetness is the result of breakdown of carbohydrates in brown rice by the Koji culture.
Amazake contains essential amino acids as well as important vitamins including B1, B2, B6, and folic acid. Because of its nutritional value, amazake has long been regarded as a natural vitamin drink among the Japanese people.
In addition, amazake has been shown to have significant probiotic value due to the presence of Aspergillus oryzae along with a high level of enzyme function. Enzymes play an essential role in enabling and maintaining proper functioning to all living things, including human beings.

How to eat:
This amazake is more like rice pudding. Good matching with yogourt, and fruits.


⭐️Japanese Yakuzen curry roux

$8
Healthy Japanese curry roux, in fused Asian herbal folk remedy. Using authentic dashi broth (bonito, kombu, seafood) and veg, fruit. No Animal, dairy, gluten.
Defrost and warm up lightly. Add separately sautéed veg, meat, or fish, and put them on the rice.


⭐️Handmade soba




$20
Home ground freshly handmade soba. High skilled soba master makes fresh soba by order. Dipping sauce is also made in authentic style using the highest quality of bonito, soysauce and other ingredients. It takes few weeks to make rich flavor. Best soba in New York at your home.


⭐️Matcha ice cream

$6 (organic ver $8)
Thick matcha flavor ice cream.
Excellent matching with Azuki (below).



⭐️Organic Azuki (Sweet red bean)

$6
Azuki Is the most popular ingredient for sweets in Japan. It can be eaten by itself. Also, served with Ice cream (especially matcha), yogurt, pancake, amazake, toasted bread. It is good matching with dairy.



⭐️Nigori-zake

$8
Koji fermented Japanese authentic Nigori-zake. It’s sweet like port wine. Good for aperitif in hot summer.


⭐️Spicy soybeans

$6
Koji fermented little cooked soybeans. There is still crispiness on beans.
Good matching with chili spiciness. With rice or sake!


About Jay Asanuma



I am a formally trained chef, certified holistic health coach, and researcher of health foods.

As a chef, my culinary career began in 1987 at Honmura-An, one of the most authentic soba restaurants in Japan. Upon four years of training, I was selected as chef for their New York branch debut, helping to secure the restaurant a three star recognition from the New York Times. After my time at Honmura-An, I relocated to Paris as a stagiaire for several notable establishments, then traveled through various regions of Asia to broaden my culinary repertoire. Hence, my work as chef represents an array of international cuisines.

As a researcher, my focus lies in unique Japanese fermented foods such as natto, miso, amazake, and soy sauce. I have been researching these products for the past decade as I believe they will be the next "superfood" of our time. With that being said, my knowledge covers a variety of health theories, such as macrobiotics, raw food, Ayurveda, fasting, and juicing. As a holistic health coach, I believe in incorporating all or any combination of theories for a balanced and distinct approach to individuals.

Thank you,




オーダー方法と現在取り扱っているものを書いておきます。



★生オーガニック納豆★ 2ドル
スーパーのはすべて冷凍を解凍したものですよ。生はこれだけ(知る限りは)
菌も活き活き。 良質なタンパク質、消化が良い、酵素もたっぷり。

★オーガニック塩麹★ 5ドル
麹作りから始めてます。市販の米麹は使っていません。
時間と手間がかかるんです、麹作りって。温度計とにらめっこ。世話がたいへん。

★オーガニック醤油麹★ 7ドル
2ドルの差は...オーガニック醤油のコストです(;_;)

★甘酒(玄米ライズプディング)★ 3ドル
甘酒と言ってもアルコール分ありません、玄米のつぶつぶを残してあるので食べる感覚の甘酒です。
・宇治金時 4ドル
・チアシードカカオ 4ドル

★オーガニック味噌★ 6ドル
今のものは1年以上前に仕込んだものです。赤を通り越して八丁味噌のような色合いになっています。でも米麹を使っていますので、八丁味噌ではありません。よーく熟成した赤味噌?。米麹も自家製です。

★手打ちそば★ 20ドル (2、3人前)

元そば職人が打つ蕎麦。自信あります。自家製粉の蕎麦粉に市販のものをブレンドしています。理由は自家製粉だけですと粗すぎて切れてしまうから。苦心の末たどり着いた方法です。(ぼくが修行した荻窪の老舗は粗挽きで有名なお店。その昔Sohoに支店がありましたなぁ)蕎麦つゆもオーガニックの醤油等高級食材をふんだんに使っています。ちょっと高いですが本物の蕎麦を楽しめます。ただし、買った日に食べてくださいね。

他にいろいろもあります、詳しくはこちらをごクリックしてください。
http://profile.ameba.jp/nattoya/



★★★オーダー方法★★★

2通りありますので、ご都合に合わせてオーダーしてください。

★ご自宅、オフィス等にデリバリー★
お名前、住所、電話番号、希望個数をnattoya@gmail.comまでメールしてください。お届け日時を相談させていただきます。

ミニマム:40ドル
デリバリーフィー5ドル

自宅、仕事先へデリバリーします。マンハッタン及びブルックリン、クイーンズへ直接お届け(一部地域を除く)。お支払いはお届け当日キャッシュまたはチェックにてお願いします。




★グラセンでお渡し★
グラセンでのお渡しはデリバリーフィー無料 (*^◯^*)

お名前、住所、電話番号、希望個数をnattoya@gmail.comまでメールしてください。お渡し日時を相談させていただきます。

ミニマム:40ドル

コリッとピリ辛大豆

テーマ:
ニューヨークも次第に暑くなってきました。

暑い季節になると食欲も落ち、冷たい食べ物や飲み物が増えてしっかりとした食事がおろそかになりがちです。

そこで、今回新たに作りましたのは、

「コリッとピリ辛大豆」





大豆の食感を残して特製の麹に漬け込んで熟成させました。

この特製の麹は自家製米麹をベースに旨味たっぷり、そして夏でも食欲が出るようピリ辛風に仕上げました。

そのままごはんに載せて、また、ビールのおつまみなどにどうぞ。

大豆は良質なタンパク源、しっかりと摂って暑い夏を乗り切ってください。

200g入り 6ドル

オーダー、詳細はここをクリック

和風な薬膳カレー

テーマ:


次第に夏っぽくなってきたニューヨーク。
暑くなると無性に食べたくなるのがカレーです。

添加物を避け健康によく美味しいカレーができないものかと自身で研究し始めたカレー。何年も前から始めたと思います。動物性の食材、バター、グルテン、添加物を使わないでカレー好きな日本の方々を満足させるカレーを完成させようと試みを続けています。




その昔、ニューヨークのインドフレンチのレストランでスパイスの使い方はけっこうな勉強をさせてもらったこともあり、鶏がらやビーフのだしを使わなくても美味しいカレーを作ることはそれほど難しいこととは考えませんでした。

ところが、

なかなか、コクや旨みが出てきません。何度やっても満足のいく味にはならず、薬膳のセオリーも取り入れながらそれでも続けていました。

納豆の時もそうでしたが、簡単にできるだろうとタカをくくって始めてフタを開ければ、一気に深みへとハマってしまいました。

現在のカレーは和風をベースにした旨みたっぷりのだしを使っています。
材料には魚介類をふんだんに使用。
そこへ、ホールスパイス、たっぷりの野菜、果物、そして隠し味を活かした和風のカレー。
そして、薬膳の「土」をバランスを中心に考え体調を整える薬膳カレーを作っています。


味もかなりの自信がついてきましたにひひ





「和風の薬膳カレー」
野菜や果物がたっぷりと溶け込んだカレールー。冷凍になっていますので溶かして軽く温めてご飯にかけて召し上がってください。
トッピング(肉、魚、野菜など)はカレーの中に入れて調理しないで、別にソテーしてカレーの上から添えると見栄えもよく味も栄養も損ないません。これからの夏でしたら、ズッキーニ、色とりどりのピーマン、ナス、かぼちゃなど、また炒めた春菊は個人的に大好きです。肉や魚も塩コショウで普通にソテーして添えるだけで美味しです。(カレーの中で煮込むより美味しいと思います)

400g入り 8ドル 冷凍保存

オーダー方法はこちらをクリック

🌟お知らせ
これまでのコラム(今のところ10話)はこちらをクリックすると出ます。




ニューヨークの日系新聞に連載中のコラム。

今回はパリに住み始めたころの話。

ニューヨークを離れて1年間、パリ働きながらでフランス料理の勉強をすることになりました。

「なんとかなるだろう」

という甘い考えはすぐに打ち砕かれ、言葉、フランスの風習、文化、人にまみれ想像以上の苦労を味わいました。

ただ、

そのなかで発見したものはあまりにもたくさんあります。

料理はもちろんですが、人の温かさ、祖国を愛すること、そして心は通じ合うことができること。

料理以上に学んだことです。

そして、

それを教えてくれたのは「じいちゃん」。

とても偉いシェフです。

でも、ぼくにとっては優しくて温かい「じいちゃん」なのです。


コラムはこちらから読めます。
~~ 世界の食との小さな出逢い ~~
第10話「じいちゃんと謎の料理」


ニューヨークの日系新聞紙に掲載中のコラム

「世界の食との小さな出逢い」

第9話が発行されました。
今回はベトナムを訪れたときの話。
通常6月は雨季にあたるらしいのですが、このときは雨が降らず晴天が続いていました。ホーチミンはめまいのするような暑さでした。

北の古都ハノイへ向かっての列車での移動は丸2日かかる長い旅。硬い木の寝台車に揺られての旅となりました。このとき一緒のコンパートメントになったベトナム人父子と仲良くなり、おかげでとても楽しい旅となりました。

ここをクリックすると読めます。