3日目 4月14日(日)


嫁の実家プラチュアップ・キリカーン県に向かうため南バスターミナル(サーイ・ターイ・マイ)へやってきました
スクンビット通りからタクシーで約30分173バーツ

窓口で所要時間を聞いてみると「5時間」と回答
自家用車で4~5時間なので俄かに信じれない
ちなみに運賃は302バーツ/名
タイ暮らし-02

07:30発(予定)のバスのりばに行くと意外にも2階建てバスでした
タイ暮らし-04

07:50出発し、バス故障のため4時間後停車
エアコンの効いた車内で読書を楽しみながら待機していましたが、2時間待っても代車が来ないため屋外に

ちょうど雑貨店があり、車外でも過ごしやすい事に気付く
タイ暮らし-06

ケープムー(豚皮のカリカリ揚げ)に釣られたネコとじゃれあう楽しいひと時
タイ暮らし-07

ゆっくりここで過ごしたい、と思うと代車到着
荷物移動し再出発
タイ暮らし-08

結局8時間後の16:00に到着、停車時間2時間を差し引いても移動時間は「6時間」が妥当か
お婆ちゃん邸には親戚が集合しており、子供は家系図の勉強中
タイ暮らし-10

早速、地元の料理にがっつく嫁
気持ちは分かります
タイ暮らし-11

このナムプリックさえあればお腹は満たされるようです
結構辛いですが、やみつきになる美味しさ?

家庭により調合が違うので、日本でいう「家庭の味」なんでしょうね
今日のは美味しくないな~、誰が作った~~!?とか、突っ込みもあります(笑)
タイ暮らし-12

程なく夕食
タイ暮らし-13

タイ暮らし-14

かぼちゃと一緒に煮込んだ貝料理もイケマス
みんなチュッ・チュッと吸い込んで食べますが、中々会得できない食べ方です
タイ暮らし-15

お母さん邸に移動途中、ご近所の方はカエル探し
降雨の無かった時期が続き、久しぶりに雨が降ったためカエルが出てくるようです
タイ暮らし-16


そしてお母さん邸に移動し、オヤジさんとサシで晩酌
最初、南部の方言のためサッパリ会話になりませんが、酔いが進むにつれて話しが弾む

理解力は低いながら、分かった事は…
 ○ オヤジさん19歳の時に16歳のお母さんとカケオチした事
 ○ 自宅を自力で建てた事
等々初めて聞く話が楽しく、あっという間に時間が過ぎました

56歳になるオヤジさんの話しは面白いです


ですが、シラフではオヤジさんとの会話はほぼ成立しません・・・



その5に続く

AD