2010ソンクラーン帰郷 その1

プラチュアップ・キリカーン(以後PK)は、両親が呼ぶ時「キリカーン」となります。
余りにもカタカナが長すぎて覚えられないと思います。

1日目:4月12日(月)
08:00 バンコク出発
10:00 BIG-C(郊外スーパー)のペッブリ店で買い物&昼食
12:00 BIG-C出発
15:00 PKのバーン・サパーン・ヤイ(PK県の1番南側、PK県の北側は避暑地のホアヒン)
直接行けば約5時間の行程。

お婆ちゃん家へまず寄る。
昼間っからビンゴに興じています。
タイ暮らし-01

横ではブンセン入り春巻きを巻き巻き。
出来上がりの写真撮り忘れましたが、油で揚げたら旨い!
子供にビアシンを買ってきてもらい、ビールと一緒に頂くとさらに旨さがUp。
タイ暮らし-02

一旦嫁の実家に帰り、荷物を置いて市場へ買出し。
タイ暮らし-03

その夜は嫁の実家で夕食後、移動疲れもあり就寝。

2日目:4月13日(火)
朝8:00から近くのお寺へ。
ソンクラーン初日です。
100名強の近所の方が来ていました。
タイ暮らし-04

1時間程お経を聞くとさすがに集中力はなくなります。
只でさえ普通のタイ語とは違い何を言っているかサッパリ。
子供もDSを始めました。
タイ暮らし-05

帰ってから少し遅い朝食。
大体このメニューです。
ナムチム(付け汁:唐辛子タップリ、1番上の器)は辛いですが、ご飯が幾らあっても足りません。
毎食3杯お代わりしていました。
タイ暮らし-06

食後は当然のようにビンゴ合戦。
タイ暮らし-07

余りにも暑いため、カキ氷登場。
売れるほどガシガシ氷を削っていました。
タイ暮らし-08

子供達も道端で水掛を始めています。
女性陣はビンゴ、ビンゴ。
タイ暮らし-09

再度買出し。
ボクの好きな「ガイヤーン・ハー・ダオ(五つ星鶏焼き)」。
チェーン店でバンコクにも一杯あります。
この味は侮れないほど美味しいです。
タイ暮らし-10

大家族のため2羽分購入。
旨そうですが、実際旨いんです!
タイ暮らし-11

そして氷もシロップ・ビール・お酒・ソーダ・ジュース等を追加購入。
タイ暮らし-12

夕食後も当然ビンゴ。
タイ暮らし-13



つづく
AD

コメント(4)