今日コラート行きます。

テーマ:

元同僚のM本が、出張に来てるということで久々に飲みに行ってきます。


先週はmiichanさん と連絡が取れませんでしたが、何とか連絡が付いて一緒にと思ったら今日開店でムリと言うことなので別の日に店に行こうかと思います。


くまくん、連れてって!

AD

タイに帰ってきました。

テーマ:

17日に帰るつもりでしたが、帰国日程を変更したためキャンセル待ちに。

当日待ちましたがキャンセルなしのため帰れず。

予約しようとしたら8月17日なら、との回答。

困った。


タイの旅行代理店に電話して相談したら片道切符を他の航空会社で買った方がベターだという話し。

さすがに17日はダメでしたが、18日発の直行便を確保でき今日(19日)タイに着きました。


タバコを吸いに空港から出ると、

 暑い(ジメジメ)、臭い(排気ガス)、うるさい(車)

こんなだっけ、バンコクって。

ドイツは良かったなー、清々しい空気でゆっくりした時間が流れて落ち着いた気持ちになれて。


自分の運転手が待ってるわけでもないので、3階の出発口へ行きタクシーを拾う。

(1階は何故か余分にお金を払わないといけないので…)


タクシー運ちゃん「どこ行きます?」

naree「……。どこだっけな?」

 スッカリ地名を忘れてしまってる。

 1分ほど待ってもらって、

naree「○△の近くに行って。」

タクシー運ちゃん「はい」


言葉が通じるのは良いですね。

やっぱりタイは安心します。

観光 スイス(カジノ編)

やっとケルンに帰ってきました。

スイスのインター・ラーケンという4,000メートル級の山の麓に宿をとりました。

1


まずは、カジノ。(またか…)

カジノ・クーアザール。ホテルから徒歩15分。

2


1日目

ドレスコード(服装)確認をしに行って見るとNO PROBREM。

入ろうと思ったら、パスポートが必要と分かる。

忘れてきたので明日に延期。

本来ならホテルに取りに帰るところだが、風邪を引いていて大事を取りました。


2日目

スロット・ルーレット・ブラックジャック。

とりあえず全部やって感じをつかむ。

軽く負け。


3日目

昨日の負けを取り返そうと気合を入れて行くとろくな事ない。

有り金全ていかれてしまう。


4日目

野外劇を予約していたので時間が無い。

ビデオ・ポーカーでロイヤル・ストレート・フラッシュ炸裂。

20フラン(約2千円)が500フラン(約5万円)に。

軽く勝ち。


5日目(最終日)

昨日の勝ちで懐が潤っているが、徐々に少なくなって余裕がなくなってくる。

ブラック・ジャックの卓で少し好調に。


ここのブラック・ジャックは、トランプ札機が完全オートなためノン・ストップ。

(普通はトランプ札4組分?使い切ったらシャッフルし直すので、間に休憩時間がある。)

ボクの力が入りすぎたのを見たのか、ディーラーがルーレットで休憩してきなさいと促す。

(ブラックジャックは1回の勝負が早い。ルーレットは賭ける時間とルーレットが回ってる時間があるので比較的ゆっくり。)


少し余裕があるので50フラン(約5千円)のチップ3枚を使って1/3の確率の所へ数回賭けると見事に連発で当り、チップ3枚が10枚に。


また、ブラック・ジャックに戻る。

気持ち的に余裕の状態で他の人に良い札が回るような余裕も出てくる。

そうこうするうちに勝ちが増えてくる。

3日目の負けも完全に取り戻し、勝ち分が1,000フラン(10万円)になった。

まだ風邪も引いてて頭が痛い。

そろそろ帰ろうとして席を立つ。


また、50フランのチップ3枚が余っててルーレットに。

今度は、ボクの好きな「16」の1/6確率の所に2枚と「16」へ。

なんと見事に「16」へ球が入ってしまう。

(6×2+36×1で3枚が48枚となる。)

映画で観た事のあるレートの高い厚みのある札が2枚(1,000フランと500フラン)とチップが手元に。

たった1回のルーレットで2,400フランをゲットしてしまう。

最低レートは2フランで最高50フランのルーレットで最高ベットで当たってしまった。

10数人でやってた卓でしたがザワメキが。

勝ち分は手元へ、さっき賭けた3枚はまだ同じ場所に残ったまま。

naree 「One more sixteen(16)」と一言。

2度目はさすがにダメでしたが、そのまま換金し見事3,000フランの大勝!!

7時間の死闘でした。

3


ここで勘定してみる。

ケルン・ハンブルグ・コペンハーゲンと転戦したがいくら負けたか?

もっと負けてる…。

でも大分負けを取り戻した。

良かった良かった。


スイスのカジノは凄く雰囲気が良いです。

ブラックジャックでブラックジャックが出たり、ルーレットの1点掛けで当るとチップを出しますがディーラーと監視人が揃って「サンキュー」と感謝の言葉を言ってくれます。

また、「ビール飲みますか?」と聞いてくれ、お願いし、持って来たのでお金を払おうとすると「フリーで大丈夫です。チップ一杯もらってますから。」と。

気分良いサービスをしてもらえます。

初心者の人も一杯居ましたが、楽しませてくれる雰囲気で一杯のカジノ・スタッフでした。

お陰でビールを飲みすぎて酔っ払ったため得意の酔拳が炸裂したのかも。


また行ってみたいカジノの一つに加わりました。


まだスイス・フランを両替してないけどタイで両替できるか少し心配です。


スイスの旅行編は、タイに帰ってから書きます。


そういえば明日のフライトを予定してますが、電話で確認したところ満席で当日のキャンセル待ち状態で本当に帰れるかまだ分かりません。

明日帰れなきゃまた行っちゃおうかな?

観光 デンマーク・スウェーデン

昨日午後12時にケルンに帰ってきました。

ちょうどドイツの3位決定戦の後で相変わらず通りの前は大人数で騒いでくれて眠れませんでした。

諦めて寝たのが午前4時かな。

7時頃でも大声出すヤツに起こされましたが。


デンマーク観光を報告します。(ローマ字文章と一部重複します)

コペンハーゲンには4泊しました。


川(運河?)では子供たちがプールで遊び、川沿いの広場では大人たちが日光浴。

のどかな風景。

1  2


目指すは観光インフォメーションでで聞いたカジノ・コペンハーゲン。

3


事前にドレスコード(服装)をチェックしに行きました。

ジーパンにサンダル・裸足の格好で行った所、以外にもジーパン・サンダルはOKでパスポートと靴下さえ履けばジャケットを借りれば入室できるとの事。

一時はスーツ一着揃えようと思いましたから聞いてホッとしました。


カジノの前に観光しようと思い、コペンハーゲンの地図を見ると北海道の五稜郭みたいな形の公園を発見。

バスに乗って出かけました。

川沿いに丘を作って敵の侵入を監視したのでしょうか。

砲台の残骸が残ってます。ゆっくり一周しました。

4  5


ホテル戻りパスポートを持って靴下を買いに街に出ますが開いてる店が少ない。

しょうがなくスヌーピー柄の小さい靴下を購入。(あとはベティちゃんとかピンク色したのしか無かった)


これで準備OKとカジノへタクシーで直行。

レセプションで受付してたら、ジーンズを見て係りの人達で協議が始まった。

ひざの所が擦り切れたジーンズについてみたいなので、思わず手で隠してしまった。

が、非常にも CAN NOT ENTRY の結論が出てしまう。

もうズボンを買える店も無いので明日又来てくださいと冷たいお言葉。


帰りはバスに乗って駅前まで行き、スポーツ・パブに入り、フランスvsポルトガルの試合を観戦。

隣りにブラジル人が座りポルトガルを応援してる。

ボクはフランス応援。

でも、惜しいシュートの時にはお互いに身を捩りながら惜しんだり冷や汗をかいて楽しく観戦しました。


翌日、ズボンを購入して再度カジノへ。

こんな笑えるTシャツが売ってました。横浜にドラゴンズ? あるのかなー。

6


結果は、惨敗。

ブラックジャック・ルーレットで善戦したが、ポーカーであっさり全部持っていかれる。


翌々日、再度挑戦。

大敗。

何をやってもつかず、銀行で下ろした金がアッサリ無くなる。

クレジットカードでお金を下ろせることが分かり、下ろしさらに深みにはまる。

一時はルーレットで元に戻したが、これもアッサリ持って行かれた。


次の日、カジノはやめてスウェーデンへ。

デンマークとの国境のバルト海に面した町マルメ。

この灯台にはマイケルジャクソンの電話番号入りサインがあった。

7  8


住んで見たくなる様なヨットハーバーの横にあるマンション。

10  9

町をフラフラしてからコペンハーゲンに日帰りで戻りました。



明日からは、タイ帰国を1週間延長して圧倒的な自然に会いにスイスへ行ってきます。