夫婦問題・不倫問題改善カウンセリング~明日へ架ける橋

不倫に陥る心理とは?なぜ人は不倫をするのだろうか?どうしたら不倫を止めることができるのだろうか?
相談実績2,000件以上のカウンセラーNAOKO(松宮直子)が心理的側面から徹底的に分析し、その対処法についてを発信していきます!


テーマ:

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり


不倫をする人は、何かしら抱えきれないストレスを抱えていることが多いです。


会社や家庭でのストレスなどですね。


多くは、自身の心の癖から「過剰のストレス」を溜めやすい傾向にあります。


「人はなぜ不倫をするのか?」


一つは不倫をすることで「生まれ変わり」を期待しています。





ここでいう「生まれ変わり」とは、本来の自分ではない「何者か」になろうとすることです。


不倫をしている方は、多くのストレスや不満を抱えています。周りへの不満はもちろん、自分に対しても不満を抱えているんですね。


「本来の自分はこんな次元にいるはずではない」


「もっと高みに行ける人間のはずだ」


「それなのに、今の自分はなんでこんなところにいるんだ?」


特に、男性の場合は、自分の能力に自信が持てなくなったときに、「こんなはずではない」と落ち込みが強くなります。


そこで「今の自分とは違う何者か」になりたいという願望が強くなり、不倫という現実逃避の世界に逃げ込みます。


ただ、実際、不倫をしても「自分がなりたい何者か」になれないと、更に「生まれ変わり願望」がエスカレートをしていきます。


そうなると、「○○さえすれば、うまくいくはずだ」「○○さえすれば、認められる人間になれる」と強迫観念(~しなければならない)のような思考になっていきます。


それは、不倫相手に「お金を貢ぐこと」だったり、「賞賛され続ける」ことだったり、妻に「離婚を迫る」ことだったり、行動として現れ始めます。


周りが何を言っても一切聞く耳を持つことなく、洗脳されたかのようになるんですね。


不倫相手から連絡が来たら、どんな場所でもすぐに返信をしたり、電話を掛けに行ったりする行動も、ある意味「強迫観念」からの行動だったりします。


不倫相手が大事だからすぐに連絡をするというよりは、「不倫相手から連絡が来たらすぐに連絡をしないといけない」という思考になっているんですね。


すぐに連絡をしなければ責められることもあるでしょうし、そうなってしまうと「自分がなりたい何者か」になれないからです。


「自分がなりたい何者か」になるためには、どんな手段でも使います。


ただ、どれだけあがいても「自分がなりたい何者か」になんてなれるわけがないのです。


自分が持っている能力以上のものを得ることはできませんからね。


そうなってしまうと負のループです。



一番大切なことは、どんな自分であってもそれを認め受け入れてあげることです。


「自分はもっと高みにいける人間のはずだ」というおごりを取っ払うこと。


誰がそんなことを望んでいるのでしょうか?


周りから見てそんなにすごい自分になったとしても、何が得られるのでしょうか?それで本当に満たされるのでしょうか?


人からの賞賛は心地が良いものだったとしても、それは一時的なもので長続きはしません。


現状の自分を受け入れ、今の自分に何ができるのか?できないことがあったとしてもそれも自分。それでいいじゃないかと「自分で自分を認めてあげること」です。


周りからの賞賛は一時的に満たされますが、長続きはしません。すぐに心が乾いてきて、更に賞賛を求めエスカレートしていきます。


自分で自分を受け入れることができれば、心の潤いは持続します。


「何者か」に変わることを止めたとき、あらゆることが解決に向かうはずですよ。




<新HP>


花夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリング (夫の不倫が終わっている方向け)


最新記事矢印

こちら夫が不倫をしていたときの気持ちが知りたくなる

こちら夫の不倫は終わったが、夫婦生活が戻らない

こちら夫の不倫による喪失感の深さ

こちら不倫の繰り返しを防ぐために(夫向け)

こちら夫に不倫のことを触れると逆ギレして聴いてもらえないとき

こちら再び夫が離れていくのが怖いとき

こちら溜め込むことは百害あって一利なし

こちら不倫をした夫は変わるのでしょうか?

こちら夫との関係性を元にもどすことができなくても・・

こちら夫への信頼度が強いほど、心の傷は深くなる

こちら不倫をした夫を許したい気持ちと許したくない気持ちの葛藤

こちら心を回復させる第一歩は~自己否定を手放すこと

こちら人は●●を変えない限り同じこと繰り返してしまう

こちら不倫相手への慰謝料請求に迷いを感じたときは



読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け)

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(1)

テーマ:

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり


先日、アメブロのメッセージである質問を受けました。

  

「不倫をした夫は、不倫相手と再婚をした場合幸せになれるのでしょうか?」と。

  

答えは、

  

「NO」です。





新サイト「夫の不倫問題に対処するためのカウンセリング」で、なぜ「NO」なのかについて書いてみました。


こちら不倫者同士が再婚をしたら、幸せになるのか?


疑問をお持ちの方は、良かったら読んでいただけると幸いですflower*




<新HP>


花夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリング (夫の不倫が終わっている方向け)


最新記事矢印

こちら夫が不倫をしていたときの気持ちが知りたくなる

こちら夫の不倫は終わったが、夫婦生活が戻らない

こちら夫の不倫による喪失感の深さ

こちら不倫の繰り返しを防ぐために(夫向け)

こちら夫に不倫のことを触れると逆ギレして聴いてもらえないとき

こちら再び夫が離れていくのが怖いとき

こちら溜め込むことは百害あって一利なし

こちら不倫をした夫は変わるのでしょうか?

こちら夫との関係性を元にもどすことができなくても・・

こちら夫への信頼度が強いほど、心の傷は深くなる

こちら不倫をした夫を許したい気持ちと許したくない気持ちの葛藤

こちら心を回復させる第一歩は~自己否定を手放すこと

こちら人は●●を変えない限り同じこと繰り返してしまう

こちら不倫相手への慰謝料請求に迷いを感じたときは



読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け)



※コメント欄では、個別具体的なご相談はできませんので、ご了承いただけると幸いです。


いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(2)

テーマ:

●絶望の中にある一筋の光




こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり


夫の不倫が渦中のときは、「夫は本当に戻ってくるのだろうか?」と先が見えない不安でいっぱいになると思います。


それでも、夫が戻ってくることを信じている、戻ってくるまで待ちたいと願っている方も多くいます。


信じたいけれど、なかなか戻ってくる様子が感じられないと、「もう戻ってこないのではないか・・」と絶望感に支配され心が折れることもあります。


ただ、絶望の中にも必ず一筋の光があります。


その光を見失ってしまうことがあっても、大丈夫。そんなことをHP「夫の不倫問題に対処するためのカウンセリング 」で記事にしてみました。


こちら絶望の中にある一筋の光


読んでいただけると幸いですあじさい



<新HP>


花夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリング (夫の不倫が終わっている方向け)


最新記事矢印

こちら夫が不倫をしていたときの気持ちが知りたくなる

こちら夫の不倫は終わったが、夫婦生活が戻らない

こちら夫の不倫による喪失感の深さ

こちら不倫の繰り返しを防ぐために(夫向け)

こちら夫に不倫のことを触れると逆ギレして聴いてもらえないとき

こちら再び夫が離れていくのが怖いとき

こちら溜め込むことは百害あって一利なし

こちら不倫をした夫は変わるのでしょうか?

こちら夫との関係性を元にもどすことができなくても・・

こちら夫への信頼度が強いほど、心の傷は深くなる

こちら不倫をした夫を許したい気持ちと許したくない気持ちの葛藤

こちら心を回復させる第一歩は~自己否定を手放すこと

こちら人は●●を変えない限り同じこと繰り返してしまう

こちら不倫相手への慰謝料請求に迷いを感じたときは



読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け)



※コメント機能が故障中です。コメントを投稿されても、「このページは存在しません」「やり直して下さい」と表示されますが、コメントは通常に投稿されます。直るまでしばらくお待ちくださいね。


コメント欄では、個別具体的なご相談はできませんので、ご了承いただけると幸いです。

いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(1)

テーマ:

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり





今日の記事は、妻はもちろんですが、不倫をしていた夫に読んでもらいたい記事です。


夫からしたら不倫は終わったことになっていても、妻からしたら不倫が発覚したときから更に遡ってからが始まりです。


何度も何度も同じことを問い詰められたり、聞かれることもあると思いますが、なぜそれが必要なのかがわかる記事になっています。


こちら夫が不倫をしていたときの気持ちが知りたくなる


良かったら読んでいただけると幸いですajisai☆☆



<新HP>


花夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリング (夫の不倫が終わっている方向け)


最新記事矢印


こちら夫の不倫は終わったが、夫婦生活が戻らない

こちら夫の不倫による喪失感の深さ

こちら不倫の繰り返しを防ぐために(夫向け)

こちら夫に不倫のことを触れると逆ギレして聴いてもらえないとき

こちら再び夫が離れていくのが怖いとき

こちら溜め込むことは百害あって一利なし

こちら不倫をした夫は変わるのでしょうか?

こちら夫との関係性を元にもどすことができなくても・・

こちら夫への信頼度が強いほど、心の傷は深くなる

こちら不倫をした夫を許したい気持ちと許したくない気持ちの葛藤

こちら心を回復させる第一歩は~自己否定を手放すこと

こちら人は●●を変えない限り同じこと繰り返してしまう

こちら不倫相手への慰謝料請求に迷いを感じたときは



読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け)

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(1)

テーマ:

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり


最近、少し強めの記事を書いていましたので、逆の方針を取られている方は少し戸惑うこともあったかもしれません。


不倫相手に主張することも、主張しないことも、最終的には「自分のためにどうしたいのか?」で行動されると良いですよ。





不倫相手に自分の主張をすることである程度納得ができる方と、不倫相手には特別に主張しないで自分の心を消化される方もいます。


どちらが正しい、正しくないわけでもなく、どちらを選択することで「自分の心が少しでも消化ができるのか」が一番大切です。


カウンセリングでは、不倫相手とは関わらない方が自分の心が安定すると仰る方もいます。


その場合は、私は「その方が良いですね」と答えます。


関わりたくないけれど、憎しみが強くてどうしたらいいかわからない・・という場合には、関わらずに少しでも消化ができるような手法をお伝えしています。


結局どっちなの?と思うかもしれませんが、カウンセリングは「相談者さんの心に寄り添い、尊重すること」が一番大切なので、私の主張を伝えることはほとんどありません。


心の中で「本当はこっちのほうがいいのに」と思うこともありません。


なぜなら、どのような選択であっても、悩みを抱えている方が「私は○○したいと思っています」という気持ちの中に「全ての答えがある」からです。



ブログやHPを読んで下さっている方は、それぞれ様々な状況に置かれていて、考えや価値観もみんな違います。


違って当たり前ですよね。


だからこそ、様々な角度から記事を書いているのですが、10個の記事があったとして、その中で一つでも読んで下さっている方の心に合う記事があればいいなと思っています。


ですから、一つの方針や手段だけに偏ることなく、様々な角度からの記事を書いています。


もし記事を読んでいて、「今の自分には合わないな」「この考えは私とは違うな」と思ったら、読み流して下さいね。


一つの記事で全ての方の心に合う記事を書くことはできませんから。


どれか一つでも合う記事があって、少しでも心が軽くなってもらえばと思っています。


自分の心を守るためにも、合わない記事は読まない(読み流す)、合う記事は何度か読んでいただくなど工夫をしていただけると助かります^^


他のサイトでも同じなのですが、様々な考えや選択肢がある中で、自分にとってのベストな選択をして欲しいと思います。


そうすることが、自分の心を守り、大切にするための一歩になりますからねflower*




<新HP>


花夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリング (夫の不倫が終わっている方向け)


最新記事矢印


こちら夫の不倫は終わったが、夫婦生活が戻らない

こちら夫の不倫による喪失感の深さ

こちら不倫の繰り返しを防ぐために(夫向け)

こちら夫に不倫のことを触れると逆ギレして聴いてもらえないとき

こちら再び夫が離れていくのが怖いとき

こちら溜め込むことは百害あって一利なし

こちら不倫をした夫は変わるのでしょうか?

こちら夫との関係性を元にもどすことができなくても・・

こちら夫への信頼度が強いほど、心の傷は深くなる

こちら不倫をした夫を許したい気持ちと許したくない気持ちの葛藤

こちら心を回復させる第一歩は~自己否定を手放すこと

こちら人は●●を変えない限り同じこと繰り返してしまう

こちら不倫相手への慰謝料請求に迷いを感じたときは



読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり


いつもブログを読んで下さっている方、コメントを書いて下さる方、本当にありがとうございますカラフルなお花♪


おかげで大変励みになりますし、悩んでいる方がどんなことで悩んでいるのかがわかりますので助かります。


先日コメントで、「不倫相手に慰謝料請求をしたら誹謗中傷に遭い、更に心が傷ついた」という悩みを打ち明けて下さった方がいました。


コメント欄に自分の身に起こった出来事を書くことは勇気がいることだと思います。


ただ、そのコメントを読まれた方々も同じ悩みを抱えているとき、そこで共有が生まれます。


きっと、コメントで励まされたり、勇気をもらったりされる方も多いと思います。


本当にありがとうございますflower*





不倫相手に慰謝料請求や法的制裁を与えようとしたときに、「反省をしていない不倫相手」は妻を攻撃してきたり、誹謗中傷をしてくることがあります。


ありもしないことをでっち上げたり、とにかく吠えてきます。


そこで「反省をしていない」ことに心が折れるのですが、反省をしていない人間に反省を求めても、余計に頭にきます。


そもそも、なぜ誹謗中傷をしてくるのか?悪いことをしたのは明らかに不倫相手なのに、なぜ妻を攻撃してくるのか?


それは、「これ以上、正当なことを言われないための(されないための)自己防衛」に過ぎません。


とくにお金が絡んでくると人の本性が表れますね。


お金に執着している人ほど、一銭足りともお金が失われるのが怖いので、異常なまでにお金を払わないようにと必死になります。


「妻に非があるから、私は不倫をしたんだ。だから、私は悪くない。なぜ慰謝料を払わなければいけないんだ」という思考になります。


慰謝料を払うつもりがないなら、「そもそも不倫をするな」と言いたいのですが。


相手がこういう人間だと、最初は心が折れます。反省するどころか、自分の保身しか考えていないのですから。


こんな相手に遭遇してしまったときは、捉え方を少し変えてみるといいですよ。


「反省をしない人間でも、痛みだけは感じるはずだ」「痛みだけは与えよう」と。


そもそも、妻を誹謗中傷をしてくるということは、それだけ相手は「追い詰められている証拠」なのです。


反省はしていないかもしれないけれど、痛みだけは感じているので、これ以上その痛みを感じたくなくて、妻を攻撃してくるのです。


誹謗中傷されると心が折れますが、それだけ「相手に痛みを感じさせてやった」ことにもなるので、決して負けではありません。


反省をしない人間に必要なのは、「痛み」です。


その「痛み」を感じない限りは、また同じことを繰り返すわけなので、徹底的に「痛み」を感じさせることも必要なことです。


同じような被害者を出さないためにも。


私もそんなとんでもない人間相手に戦ってきたことがありますが、少なからず「その痛み」が次の犯行への歯止めになると信じています。


不倫相手に誹謗中傷や攻撃をされるだけ「痛みを与えた」妻の勇気は素晴らしいことです。


相手の将来のことまで考える必要はありませんが、痛みを感じないよりも、痛みをしっかり感じた方が、相手のためにもなるでしょう。


不倫相手に誹謗中傷をされて辛い思いをされている方は、「そこまで追い詰めることができた自分」を認めてあげて下さいねにっこり


それは決して無駄なことではありませんから。とても大切なことですので、忘れないで下さいね。




<新HP>


花夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリング (夫の不倫が終わっている方向け)


最新記事矢印


こちら夫の不倫は終わったが、夫婦生活が戻らない

こちら夫の不倫による喪失感の深さ

こちら不倫の繰り返しを防ぐために(夫向け)

こちら夫に不倫のことを触れると逆ギレして聴いてもらえないとき

こちら再び夫が離れていくのが怖いとき

こちら溜め込むことは百害あって一利なし

こちら不倫をした夫は変わるのでしょうか?

こちら夫との関係性を元にもどすことができなくても・・

こちら夫への信頼度が強いほど、心の傷は深くなる

こちら不倫をした夫を許したい気持ちと許したくない気持ちの葛藤

こちら心を回復させる第一歩は~自己否定を手放すこと

こちら人は●●を変えない限り同じこと繰り返してしまう

こちら不倫相手への慰謝料請求に迷いを感じたときは



読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け)

いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり


事務所の準備も着々と進み、6月13日には新しい事務所での対面カウンセリングがあります。


新しい事務所へお越しいただく一番最初のご相談者さまですflower*


少しでもリラックスできて、安心できる空間にしていきたいと思っています。




夫の不倫は終わったけれど、不倫相手へ慰謝料請求をしていない場合、慰謝料請求をしたけれど全く反省の色が見られずに、怒りの気持ちが消化できない場合。


以外でも不倫相手に対する怒りや憎しみはなかなか消化できませんよね。


特に、自分と比べて「不倫相手の方がいい思いをしているじゃないか!」と思ったときは、怒りや憎しみが更に増します。


中には妻の方が「私が不倫相手になりたいぐらい」と仰る方もいます。


旅行に連れて行ってもらったり、美味しいお料理を食べさせてもらったり、プレゼントを貰ったりと、普段は妻にはしてくれないことを夫はしているからです。


一時的な関係だったにしても、妻からしたら無限にも感じる時間でもあり、そんな貴重な時間を奪われた感覚です。


短期間で妻以外の人に対してそれだけのことをされてしまうと、もはや不倫相手は憎しみの対象でしかありませんからね。


以前の記事でも書きましたが、こちらが何も制裁を与える手段がなかったとしても、不倫相手には何らかの罰は与えられるでしょう。


それを見届けることができないときは、どうしてもモヤモヤが残ります。


本当はどんな罰が返ってくるのか、しっかりと見届けたいんですけどね怒



夫が不倫をしたことによって、不倫相手が「得たこと」に意識が集中すると、怒りと憎しみでいっぱいになっていきます。


そんなときは、不倫相手が夫と不倫をしたことで「失ったこと」「嫌な気持ちにさせたこと」「これから起こり得るであろう罰」などを思い出したり、想像したりしながら紙に書いて、常に目を通してみて下さい。



私は、以前に酷い目に遭ったときに、加害者に対して上記のことを行っていました。


酷い思いをすると、自分だけが辛く嫌な思いをさせられた気持ちに支配されてしまい、「結局は、やったもん勝ちかよ」なんて恨みがすごかったのです。


加害者に対して「してやったこと」(私の場合は刑事事件だったので、正当な報復)と、それに対して加害者は「どんな嫌な思いをしたのか」など、箇条書きにしていきました。


「自分だけがなんでこんなに苦しい思いをしなければいけないのか」


こんな気持ちに襲われたときは、その箇条書きをした紙を見て、「相手も自分がやったことに対して、こんな嫌な思いをしている」「嫌な思いをさせられたけれど、相手も少なからず痛みを味わっている」


こんな風に思うと少し楽になれたのです。


「怒りや憎しみの気持ちを持ってはいけない」


そんな綺麗事が書いてある本や、綺麗事を言う人もいますが、どれだけ嫌な気持ちになったのか、どれだけの憎しみがあるのかなんて、他人にはわかりません。


本人にだけしか痛みや本当の苦しみはわからないのです。


他人や世間がとやかく言う権利すらないのです。


怒りや憎しみは、「自分の心を守るためのもの」でもありますので、感じていけない感情ではないんですね。


感じたときはしっかりと「感じてあげて」それを吐き出したり、表現することが大切です。


私の場合は、自分が望んでいることの全ての報復を与えることはできませんでしたが、それでも何分の1でも痛みを与えることはできました。


それが当時の私の心を救ってくれて、今の私を支えてくれています。


「自分なりにやるだけのことはやった」


この気持ちが、怒りや憎しみを少しでもやわらげることに繋がったのです。


個々によってどうすることで消化ができるのかは違うと思いますが、私は「泣き寝入り」だけはしたくなかったのです。


普段は戦闘態勢になるとこはほとんどない私ですが、時には「自分を守るために」戦闘態勢に入ることも必要だと感じました。


怒りや憎しみがいつまでも消えないときは、心の中で消化ができずに溜まってきているときです。


何らかの形で少しずつでも消化をしてあげましょうね。


その怒りや憎しみを「感じてはいけない」と禁止を出すのではなく、しっかりと「感じて」あげて「表現」をしてあげましょう。


そうすることで自然な形で怒りや憎しみの感情は小さくなっていきますからねにっこり


今日もお読みいただき、ありがとうございますtulip*



<新HP>


花夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリング (夫の不倫が終わっている方向け)


最新記事矢印


こちら夫の不倫は終わったが、夫婦生活が戻らない

こちら夫の不倫による喪失感の深さ

こちら不倫の繰り返しを防ぐために(夫向け)

こちら夫に不倫のことを触れると逆ギレして聴いてもらえないとき

こちら再び夫が離れていくのが怖いとき

こちら溜め込むことは百害あって一利なし

こちら不倫をした夫は変わるのでしょうか?

こちら夫との関係性を元にもどすことができなくても・・

こちら夫への信頼度が強いほど、心の傷は深くなる

こちら不倫をした夫を許したい気持ちと許したくない気持ちの葛藤

こちら心を回復させる第一歩は~自己否定を手放すこと

こちら人は●●を変えない限り同じこと繰り返してしまう

こちら不倫相手への慰謝料請求に迷いを感じたときは



読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け)

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(2)

テーマ:

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり

 

とってもお久しぶりの更新になってしまい、大変申し訳ありません汗


引っ越し後は、荷物の整理や手続き関係に追われていました。


カウンセリングのお仕事は既に再開しているのですが、なかなか落ち着きませんね汗


次は、新しく借りた事務所(カウンセリングルーム)を整える準備に入っています。


富山に居た頃は近くの施設の会議室を借りていたのですが、八王子にワンルームマンションを借りて、そこで対面カウンセリングをすることになりました。


東京に引っ越したことを知って、早速対面カウンセリングをお申込みしてくださった方々、ありがとうございます^^


対面カウンセリングまでには、カウンセリングできる状態に整えますね!


(最後に、ちょこっとご報告があります)





では、本題に入りますね。


夫が家を出て行ったり、不倫相手と同棲をした後に、不倫を終わらせて帰ってくるケースも多いのですが、妻としては心がついていかずに無気力になってしまうことがあります。


夫の不倫が渦中のときはずっと緊張状態にありますし、とにかく不倫相手と別れてくれることを願い、夫に指摘したり、伝えたいことも伝えられることもあります。


ようやく節に願っていた夫の不倫が終わって戻ってきても、心から喜べない、不安が強くなる、無気力になってしまうことも多いんですね。


不倫が渦中のときとは違った不安感や恐怖が芽生えてしまうんです。


渦中のときは伝えられていたのに(指摘できていた)、戻ってきたら何も言えなくなってしまい、心にずっとモヤモヤを抱えている状態になり苦しくなってしまうんですよね。


夫が戻ってきた直後~数か月間は、そのような状態になっても無理もないんです。


安堵感と同時に、今まで抑えてきた感情や、不安感も増してきてしまいますから。


「もし、また不倫したらどうしよう・・そう思うと怖くて聞けない・・」


「私の何が悪かったのかな・・そこを出してしまったらせっかく戻ってきたのに、また離れてしまうのではないか・・」


次は、このような不安が押し寄せてしまうんですね。


そして、夫は「不倫は終わったことだから」として、前に前に進もうとしてしまいます。


家族とどこかへ出掛けようとしたり、新しいことを始めようとしたりと。


妻としては今まで我慢をしてきた気持ちや、ずっと不安を抱えてきていますので、夫の前に進もうとする気持ちにもついていけないんですね。


ここで色々な温度差が出てきます。


夫の身体は戻ってきても、夫のほうがどんどん前に行ってしまって、遠い存在になってしまう感覚でしょうか・・。


不倫の渦中のときとは違った不安感や心がついていけない気持ちが出てくるのですが、それは当たり前のことです。


無理に夫に合わせる必要もありませんので、少しずつ自分の気持ちの整理をしていって下さいね。


夫に言いたいことがあっても言えないときは、まだ不安感や恐怖心が強いときなので、無理にすぐに伝える必要はありませんよ。


ただ、溜め込んでしまうと膨らんで苦しくなってしまいますので、自分が伝えられるようになったらこれを伝えよう!と、ノートかメモに箇条書きでもいいので、「伝えたいこと」「聞きたいこと」を書いておきましょう。


それだけでも、「ずっと言えないでモヤモヤを抱えてしまうのか・・」という無力感から、「いつかこのことを伝えられる日が来るから大丈夫」とのように、少しモヤモヤからは解放されます。


ずっと今の状態が続くことはありませんので、大丈夫ですよ。


少しずつ自分の心のペースに合わせて進んでいって下さいね。


修復したいのか、修復したくないのかわからなくても、それでもいいんです。


今この瞬間に「生きていること」が一番大切です。


日常生活を送ることだけでも大変なことですから。


それだけでも、十分過ぎるほどがんばっているのです。


急いで何か新しい形を作ることもありませんから、夫のペースに引き込まれないようにしましょうね。


<編集後記>


富山から東京へ引っ越しするのと同時に、提携カウンセラーの花田先生と入籍をしました。


今後も、仕事上ではパートナーですので、お互いに切磋琢磨しながら、妻の心を支えられるようにがんばっていきたいと思っています。


カウンセラーとしては、引き続き「カウンセラーNAOKO(松宮直子)」として活動していきます。


今後とも、よろしくお願い致します!




<新HP>


花夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリング (夫の不倫が終わっている方向け)


最新記事矢印


こちら夫の不倫は終わったが、夫婦生活が戻らない

こちら夫の不倫による喪失感の深さ

こちら不倫の繰り返しを防ぐために(夫向け)

こちら夫に不倫のことを触れると逆ギレして聴いてもらえないとき

こちら再び夫が離れていくのが怖いとき

こちら溜め込むことは百害あって一利なし

こちら不倫をした夫は変わるのでしょうか?

こちら夫との関係性を元にもどすことができなくても・・

こちら夫への信頼度が強いほど、心の傷は深くなる

こちら不倫をした夫を許したい気持ちと許したくない気持ちの葛藤

こちら心を回復させる第一歩は~自己否定を手放すこと

こちら人は●●を変えない限り同じこと繰り返してしまう

こちら不倫相手への慰謝料請求に迷いを感じたときは



読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け)

いいね!した人  |  コメント(21)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり


昨夜、東京から一旦富山へ戻ってきました^^


家電や家具や生活用品を揃えるのも1日がかりですね・・(^^;)。


ひぃひぃ言いながら、なんとか一旦富山へと戻って参りました。


16日はお布団がなくなるので近くのホテルで泊まり、17日は荷物を搬出してそのまま東京へ向かいます^^


東京とは言っても、自然があるところが好きなので、住むところは都心ではありませんし、八王子から少し外れたところ。


バルコニーからは山と川が見えて、「ホ~ホケキョ!」とうぐいすが鳴いています(笑)。その他、野鳥がいっぱい(笑)。


マイナスイオンが満載のところです(#^.^#)。


虫が多いのがめっちゃ恐怖なんですけど・・・がーん





夫の不倫問題を子供にどのように伝えるか?黙っているか?に悩むこともありますよね。


受験を控えていたり、就職を控えている場合などは、子供には伝えるのを控える方もいます。


お子さんが多少大きくなっていると、お子さんにご相談をされる方もいます。


子供に夫の不倫を隠す、黙っているという気持ちの裏には、子供に余計な心配をかけたくない、子供が不安になったり心配させたくない、子供にとっての良いお父さんでいてもらいたいという想いがあります。


ただ、子供に隠す、黙っているというのも妻としてはとっても辛いことなのです。


一番辛いときは、子供が何も知らずに「お父さん大好き~♪」とお父さんに懐いているとき。


不倫が終わって新たな関係性を築いているときに、このような親子の姿を見るとホッとする面もあるのですが、一方では腹ただしさもあるのです。


特に、お母さんに反抗的になった後に、子供がお父さんに甘えたとき。


「なんだよ!不倫をした癖に、私だけが苦しくて、子供はお父さんばかりを慕って!」


実は、こんな気持ちが出てくることもあるのです。


不倫をされると心が深く傷つけられます。


人は深く傷つけられることがあると、誰でも復讐心も出てきますし、仕返しをしてやりたい!という気持ちも出てきます。


それは家族であっても同じなんです。


自分を守るための防衛本能でもありますので、自然に出てくる感情です。


ただ、子供に伝えることによって、夫婦としての関係性が悪くなってしまうかも・・という不安や怖れも抱えています。


だからこそ、限界まで子供には言わないで我慢をすることもあるのですが、心はモヤモヤしたままのことも多いのです。


「自分だけが我慢をして、自分だけが苦しい」という思いも拭えないのです。


家族の関係性を悪くしたくないけれど、だからこそ我慢をしていたけれど、それは「相当な我慢をしている」と思って下さい。


仕返ししたい気持ちは自然なこと。


夫婦の関係性を良くしていきた気持ちも本当のこと。


その狭間でも辛い思いをしているので、もし妻が子供にぶちまけてしまうことがあったとしても、そんな葛藤をしている妻の心を受け止めてあげて欲しいと思います。


子供も困惑すると思いますが、子供は子供でちゃんと消化をする力があります。


そこはお子さんの持つ力、成長をする力を信じましょうにっこり




<新HP>


花夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリング (夫の不倫が終わっている方向け)


最新記事矢印


こちら夫の不倫は終わったが、夫婦生活が戻らない

こちら夫の不倫による喪失感の深さ

こちら不倫の繰り返しを防ぐために(夫向け)

こちら夫に不倫のことを触れると逆ギレして聴いてもらえないとき

こちら再び夫が離れていくのが怖いとき

こちら溜め込むことは百害あって一利なし

こちら不倫をした夫は変わるのでしょうか?

こちら夫との関係性を元にもどすことができなくても・・

こちら夫への信頼度が強いほど、心の傷は深くなる

こちら不倫をした夫を許したい気持ちと許したくない気持ちの葛藤

こちら心を回復させる第一歩は~自己否定を手放すこと

こちら人は●●を変えない限り同じこと繰り返してしまう

こちら不倫相手への慰謝料請求に迷いを感じたときは



読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け)



いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

カウンセラーのNAOKOですにっこり


GWはいかがお過ごしですか?


私は、お引越しの手続きや荷造りに四苦八苦していますsweat*


離婚をして福島から富山県の祖母宅へ、祖母宅から今のところへ引っ越すときは荷物も少なくだいぶ楽だったのですが、普通に生活をしていると荷物もどんどん増えていき・・。


引越しは命懸けだ・・・とつくづく思います(^^;)。


更新が滞りがちですがsweat*、落ち着きましたらどんどん更新していきますからね(#^.^#)。



前回のアメンバー限定記事について、申請をして下さった方々、本当にありがとうございます!


同時に多くの方からメッセージやコメントをいただき、繋がりを持てたことに大変感謝をしていますカラフルなお花♪


1年半前に富山県において行った「夫の不倫後の妻の心をケアするワークショップ」に参加して下さった方々からもメッセージをいただき嬉しかったです。


今でもワークショップで行ったワークを続けて下さり、幸せになるための努力を続けて下さっていたこと、ご主人との関係性が良い方向へ向かっていることなどを知ることができ、心から安心しました^^


このブログにメッセージやコメントを下さった方もそうなのですが、みな「幸せになるための力」を持っていると感じます。


「自分を大切にする力」は「幸せになる力」となります。


幸せになる力ができると、今度は周りを幸せにする力が生まれ、「人との繋がり」ができます。


そんな人との繋がりが、心の支えになったり、励みになったり、前に進むための力にもなるんですね。


ブログを発信して感じることは、そうした「人との繋がり」が連鎖をして、無限に広がる輪になっているんだなぁって思いますflower*


私自身もメッセージやコメントをして下さっている方の声で励ましていただいたり、力を貰っています。


その力が、発信をする力にもなっていますので、本当にありがたく思いますにっこり






出口がない悩みを抱えているときは、まずは周りの方に聞いてもらったり、情報をもらったりして、「いくつかの道がある」ということを見つけてみましょう。


いくつかの道があるかもしれない・・と感じることで、「今を生きる」勇気になったり、力になったりします。


できるだけ今後の見通しをいくつか考えて、そこからは「今」をどのように過ごすかだけを考えましょう。


先々のことを考えすぎると、「今を見失ってしまう」こともありますので、いくつか今後の見通しを立てたら、そのあとは先々のことは考えすぎないように気をつけてくださいね。


このブログやサポートブックが「いくつかの見通しを立てる」きっかけの一つになればと思います。


そして、同じ悩みを抱えている方々が支え合えるような「繋がり」を持てるブログにしていきたいと思いますにっこり


これからも宜しくお願いします(#^.^#)


PS


5月11日~13日まで(東京へいきます)、16日~22日まで(お引越しでネットができなくなります)はお引越しのために、お申し込みやメール返信ができなくなります。


先月からご不便おかけして申し訳ありませんが、ご了承いただけると幸いです。




<新HP>


花夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリング (夫の不倫が終わっている方向け)


最新記事矢印

こちら夫の不倫は終わったが、夫婦生活が戻らない

こちら夫の不倫による喪失感の深さ

こちら不倫の繰り返しを防ぐために(夫向け)

こちら夫に不倫のことを触れると逆ギレして聴いてもらえないとき

こちら再び夫が離れていくのが怖いとき

こちら溜め込むことは百害あって一利なし

こちら不倫をした夫は変わるのでしょうか?

こちら夫との関係性を元にもどすことができなくても・・

こちら夫への信頼度が強いほど、心の傷は深くなる

こちら不倫をした夫を許したい気持ちと許したくない気持ちの葛藤

こちら心を回復させる第一歩は~自己否定を手放すこと

こちら人は●●を変えない限り同じこと繰り返してしまう

こちら不倫相手への慰謝料請求に迷いを感じたときは



読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け)

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)