夫婦問題・不倫問題改善カウンセリング~明日へ架ける橋

不倫に陥る心理とは?なぜ人は不倫をするのだろうか?どうしたら不倫を止めることができるのだろうか?
相談実績2,000件以上のカウンセラーNAOKO(松宮直子)が心理的側面から徹底的に分析し、その対処法についてを発信していきます!


テーマ:

 

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり

 

夫の不倫が終わって、「再構築をしよう」と決めても、どうしても

 

「夫はまた不倫をするのではないか?」

 

「もしかして、今不倫相手と会っているのでは?」

 

と疑ってしまうことがありますよね。

 

その時に、夫に意を決して真実を聞いたとしても、

 

「夫はあの時も嘘をついていたのだから信じられない」

 

となかなか不安も払拭されません。

 

家族以上に信頼していた人に一度でも裏切られてしまうと、疑ってしまうことは無理もありません。

 

それは人間にとって「必要なもの」でもあるからです。

 

そこで夫は

 

「いい加減に信じてくれよ!」

 

「俺がしていないって言ってんだからしていないんだよ」

 

「もういい加減に前を向いてくれよ」

 

なんて間違っても言わないで下さいね。

 

妻は「前に進みたくても進めない」苦しさや葛藤を抱えているのですから。

 

「意思の力」でなんとかなるものでもありません。

 

「傷ついてしまった分」だけの「安心材料」を貯めていかない限りは、「疑う気持ち」はなかなか払拭できないのです。

 

「再構築したいのなら、夫を信じなさい!」なんて言う「外部の声」に従う必要はありませんよ。

 

それで信じることができたら、誰も苦しまないのですから。

 

では、いつになったら、どうしたら信じることができるのか?についてサイトでまとめてみました。(「サポートブックアフターフォロー記事」となります)

 

良かったら読んでいただけると幸いですにっこり

 

こちら夫がまた不倫をするのではないか?と不安になる

(夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリングサイト)

 

 

花「note限定記事」

 

わざわざ登録をして読んで下さっている方々、本当にありがとうございますflower*

 

サポート機能を使って応援して下さる方々、本当に感謝していますflower*

 

こちら再構築中に妻が「離婚したい」と繰り返す心の裏に隠された本音(夫向け)"4部作"

 

こちら「夫が不倫を止めない」という状況の中での乗り越え方"3部作"

 

こちら夫が拒絶反応を示して、不倫についての話し合いができないとき(心理分析と対処法)”2部作”

 

こちら夫の不倫で傷付いた妻の心への寄り添い方(夫向け)”1部作”

 

 

<新HP>

 

花夫の不倫問題に対処するためのカウンセリング (夫の不倫が渦中の方向け)

 

最新記事矢印

こちらようやく夫が不倫相手と別れました

こちら「惨め」なのは妻?それとも不倫相手?

こちら「離婚だ!」と騒ぎながら行動しない夫の心理

こちら夫の不倫への対処は、可能な限り「リスク」を減らす」

こちら妻にバレなければ、不倫は長期化する可能性大

こちら「不倫をしている人に「正論」は通用しないの?」

こちら不倫の発覚と同時に家を出ていく夫の心境

こちら「不倫をしている夫にどのように対処をしたらいいのかわからない」

こちら複数人の女性と不倫をする人の思考

こちら不倫者同士が再婚をしたら、幸せになるのか?

こちら絶望の中にある一筋の光

 

 

<新HP>

 

花夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリング (夫の不倫が終わっている方向け)

 

最新記事矢印

こちら何年経っても夫に不倫のことを問いただしてしまう心理

こちら不倫をしていた夫が「うつ病」だったらどうする?

こちら不倫にまつわるものほど記憶に残りやすい

こちら不倫をしても地獄・・アリ地獄から抜け出すには

こちら妻の心の回復の差のは「夫次第」でもある

こちら夫が不倫をするのは妻の責任ではない・・という根拠

こちら夫との再構築→我慢をしないこと

こちら「ごめん」だけでは謝罪の気持ちは伝わらない

こちら不倫が終わっても妻に謝ることができない夫の心理

こちら期間の経過と共に妻の怒りが強くなる理由

こちら妻が不倫相手と比べてしまう心の裏には・・ 

こちら妻の妊娠・出産時期の夫の不倫

こちら夫が不倫をしていたときの気持ちが知りたくなる

 

 

 

読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:

 

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり

 

最近、「note」という新しいシステムを使って、単発の有料記事を発信させていただいていますメモ

 

とは言っても、まだ4つの記事しかありませんが汗1

 

有料記事にも関わらず、沢山の方に購入していただいて本当に嬉しい限りですきらきら

 

しかも、一人の方が何記事も購入して読んで下さって、なんとお礼を言っていいのやらうる~ん

(noteIDしかわかりませんが、毎回”ありがとうございます”と呟いていますtulip*

 

中にはサポート機能を使って、ノート価格とは別にサポート料金を支払って応援して下さる方もいて泣き1

 

もうそのお気持ちが嬉しくて嬉しくて(涙)。

本当にありがとうございますお花

 

noteはまだ始めたばかりなのですが、単発の濃い記事を書くことによって、読んで下さっている方が"どのような情報を求めているのか?"がわかるようになります。

 

今の段階では、圧倒的に

こちら夫の不倫で傷付いた妻の心への寄り添い方(夫向け)”1部作”

を購入して下さっている方が多いです。

 

妻の心を積極的にサポートしたい!と望んでいる方が多いことがわかります。

 

ということで、今後は「妻の心をサポートするための夫向けの記事」も増やしていきたいと思っています。

 

私は色々な立場からの記事を発信させていただいていますが、読んで下さっている方に対して"求めている情報をより多く提供すること"が大切だと思っています。

 

私があらゆる情報提供ができるのは、私自身の力だけではないんですね。

 

悩みを抱えている方の声を聴いて、少しでも悩んでいる方が望む方向へ導くこと。

 

その為には「どうしたらいいのか?」を考え、悩んでいる方と一緒に目指すべき方向へ歩いていきます。

 

そして、その声を「私を通して」他の同じような悩みを抱えている方の心へ届けること。

 

その手段がカウンセリングだったり、サポートブックだったり、noteやブログ、メルマガなのです。

 

特に、カウンセリングやサポートブックは安いものではありません。noteもわざわざお金を払って読んで下さっています。

 

その大切なお金をいただいて、私は貴重な「時間」を頂いています。

 

カウンセリングをする時間やサポートブックを書く時間、noteを書く時間、ブログやサイト、メルマガを書く時間。

 

更には、勉強をする時間ですね。

 

カウンセリングに従事し続けるためには、その「時間」がないとできません。

 

こうして悩みを抱えている方が、私を通して間接的にでも”悩みを抱えている他の方の心を支えている”のです。

 

私は「架け橋的な役割」でしかなく、常に”人が人を支えている”のだと実感しています。

 

カウンセリングに従事し続けることができること、そして架け橋的な役割を与えて下さっているのは、他ならぬ皆さんのおかげです。

 

いつも「いいね!」や「リブログ」をして下さる方々も、本当にありがとうございますうふふっ♪(淡薄茶)

 

おかげで記事を書く励みになっています。

 

本当にいつも感謝の気持ちでお仕事させていただいています。

 

これからも、読んで下さっている方が望んでいる情報を発信することができればと思っていますflower*

 

そして、一人でも多くの方の笑顔を見ることができるように、私自身も頑張ります!

 

なんだか伝えたいことが上手く伝えられているかわからないのですがsweat*、私と関わって下さっている全ての方に感謝の気持ちとお礼を伝えたいですお花

 

みんなが本来の笑顔を取り戻せますようにflower*

 

ただ、手術日が迫ってきていますので、noteについてはもうあまり更新できないと思います。

 

お休みしている間も定期的に情報を発信できるように、今はカウンセリングの合間に少しずつブログ記事を書き溜めています。

 

手の方は大丈夫なのか?と心配して下さっている方もいます。

 

ありがとうございます泣き1

 

やはり打ちすぎると手は使い物にならなくなるのですが、今夫がお料理をがんばってくれていて、家事の負担を減らしてくれています泣き1

 

元々はあまりお料理をする人ではないのですが、苦手なお料理にがんばって取り組んでくれています。

 

もう足を向けて寝られませんね汗1

 

手がアホみたいになっても、仕事をしまくっている私を止めようとしません。

 

その点は、本当に感謝でしかありませんね。

 

あと少しで手術なので、それまではできる限り手にがんばってもらいたいと思っています。

 

多少無理をしてでも、仕事がしたい私を止められる人は誰もいません汗

 

術後2か月は一切右手は使えないので、廃人になりそうで怖いですが・・ショック

 

手術まで残された日を(縁起でもない^^;)、大切な与えられた時間を、無駄にせずにがんばりたいと思いますびっくりマーク

 

 

花「note限定記事」更新しました

 

こちら再構築中に妻が「離婚したい」と繰り返す心の裏に隠された本音(夫向け)"4部作"

 

こちら「夫が不倫を止めない」という状況の中での乗り越え方"3部作"

 

こちら夫が拒絶反応を示して、不倫についての話し合いができないとき(心理分析と対処法)”2部作”

 

こちら夫の不倫で傷付いた妻の心への寄り添い方(夫向け)”1部作”

 

 

<新HP>

 

花夫の不倫問題に対処するためのカウンセリング (夫の不倫が渦中の方向け)

 

最新記事矢印

こちらようやく夫が不倫相手と別れました

こちら「惨め」なのは妻?それとも不倫相手?

こちら「離婚だ!」と騒ぎながら行動しない夫の心理

こちら夫の不倫への対処は、可能な限り「リスク」を減らす」

こちら妻にバレなければ、不倫は長期化する可能性大

こちら「不倫をしている人に「正論」は通用しないの?」

こちら不倫の発覚と同時に家を出ていく夫の心境

こちら「不倫をしている夫にどのように対処をしたらいいのかわからない」

こちら複数人の女性と不倫をする人の思考

こちら不倫者同士が再婚をしたら、幸せになるのか?

こちら絶望の中にある一筋の光

 

 

<新HP>

 

花夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリング (夫の不倫が終わっている方向け)

 

最新記事矢印

こちら何年経っても夫に不倫のことを問いただしてしまう心理

こちら不倫をしていた夫が「うつ病」だったらどうする?

こちら不倫にまつわるものほど記憶に残りやすい

こちら不倫をしても地獄・・アリ地獄から抜け出すには

こちら妻の心の回復の差のは「夫次第」でもある

こちら夫が不倫をするのは妻の責任ではない・・という根拠

こちら夫との再構築→我慢をしないこと

こちら「ごめん」だけでは謝罪の気持ちは伝わらない

こちら不倫が終わっても妻に謝ることができない夫の心理

こちら期間の経過と共に妻の怒りが強くなる理由

こちら妻が不倫相手と比べてしまう心の裏には・・ 

こちら妻の妊娠・出産時期の夫の不倫

こちら夫が不倫をしていたときの気持ちが知りたくなる

 

 

 

読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり

 

夫の不倫が発覚しても、なかなかそのことを「夫に告げられない」ことがあります。

 

妻が不倫をしていることを知っていて、それを夫に告げてしまったら、「もしかしたら夫は離れてしまうかもしれない・・」という不安から言えなくなることもあるでしょう。

 

発覚当初に夫に「不倫を止めて欲しい」と伝えても、夫が逆切れをしたり、不機嫌になったりして、それ以上言えなくなってしまうこともあるでしょう。

 

「今は夫に何を言っても無駄だ・・・」

 

「これ以上、不倫のことを指摘したら、本当に離婚されるかもしれない・・」

 

そんな気持ちから、「不倫を静観してしまう」ということもあります。

 

私は、夫の不倫を何年も何十年も「静観をして」「良い妻をする」ということはお勧めしていません。

 

不倫が長引くばかりか、夫が調子に乗って不倫がエスカレートしてしまうことが多いからです。

 

妻の苦しみもわからないままですからね。。

 

でも、何も言えなくなってしまう妻の心情も痛いほどわかるのです。

 

 

夫が不倫をしていることを知っていても何も言えない場合・・・

 

これまでの夫婦関係において、上下関係ができていたり、妻が何かを指摘することによって夫は聴く耳を持たずに、すぐに逆切れをしてしまっていたからかもしれません。

 

不倫発覚当初に不倫のことを指摘したとき、夫が逆切れしたり、離婚だ!と脅してきた場合・・

 

これ以上指摘したら、「本当に離婚されるかもしれない」という不安と恐怖に襲われます。

 

夫の不倫という事実が、妻に混乱と不安と恐怖を植え付けます。

 

精神的に追い詰められている状態なのに、「これ以上指摘したら、次は何が起こるかわからない・・」という不安と恐怖を抱えながらそれでも強く動けるでしょうか。

 

もちろん、すぐに行動できる方もいると思いますが、こうしてすぐに行動できずにしばらく「静観をしてしまう」ということもあるのです。

 

夫の心が未熟な場合、不倫以前に「妻の想い」や「こうして欲しい」という願いを受け入れてもらえていなかったのかもしれません。

 

何か少しでも指摘をするだけでも、夫はそれを受け入れられずに「なかったことにしてしまう」か「妻の責任」にして逃げてしまっていたのかもしれません。

 

何年も何十年もそんなすぐに壊れてしまいそうな夫の心を支え、我慢強く受け入れ、家族を守ってきたのではないでしょうか。

 

「この人なら指摘しても大丈夫だろう」なんて安心感などなかったのではないでしょうか。

 

自分が不倫のことを指摘することで、今まで築き上げてきたもの、守ってきたものが壊れてしまうかもしれない・・・

 

そう思えば思うほど、怖くて怖くて行動などできなくなるのです。

 

それほど妻にとっては大切な家族であって、壊したくない、守りたいものであったのでしょう。

 

なんとかギリギリまで「夫に元に戻って欲しい」「元の家族に戻って欲しい」そんな願いを胸に秘めながら、何ヵ月も何年も耐え忍んでいるのです。

 

 

不倫を静観している期間というのは、様々な葛藤や期待、希望、絶望を何度も味わいます。

 

それでも、壊したくない想い、私さえ我慢すれば壊れないで済むかも・・という想い。

 

周りは言うかもしれません。

 

「どうして夫とちゃんと話し合わないの?不倫相手と別れてくれないなら、離婚すればいいじゃない」と。

 

でも、妻がどんな想いを抱えているかなんて、周りにわからないですよね。

 

今まで精一杯努力をして守ってきたもの、築いてきたものがあるのです。

 

がんばってきた人ほど、「それを壊したくない」「なんとか守りたい」と思うのではないでしょうか。

 

単純に「静観をしている」だけではなく、妻の心は複雑な苦しみと闘っているのです。

 

苦しみや悲しみを背負いながら、それでも「守りたい」「壊したくない」気持ちは、その人にしかわからない「かげがえのないもの」だと思うのです。

 

自分以上に家族を大切に思ってきたからこそ、芽生える気持ちなのかもしれません。

 

 

夫に自分の気持ちを伝えられるようになるまでは、何ヵ月、何年かかってもいいと思います。

 

何ヵ月で気持ちを伝えられた人もいれば、20年ほど経ってようやく伝えることができた人もいます。

 

でも、みんな大事な気持ちを心に秘めていて、怖れや不安と闘って、その人にとっては「それだけの年月が必要だった期間」です。

 

 

不倫をしている夫にすぐに指摘できなかったとしても、決して自分を責めないで下さい。

 

あの時、もっと早く対処できていたら良かったのに・・・・と後悔をしないで下さい。

 

誰かを大切に想う気持ち、誰かを守りたいと想う気持ち、築き上げたものを壊したくないという気持ちを否定しないであげて下さいね。

 

怖れや不安を乗り越えて、何よりも自分の心を守りたいと思えたとき、その時が不倫をしている夫と「本当の意味で向き合うタイミング」です。

 

※追記

 

リブログして下さった方々、いつもありがとうございますにっこり

 

気持ちが伝わってくれて、本当に嬉しいです泣

 

読ませていただいて、泣けてきました(涙)。

 

カウンセラーは基本泣いてはいけないのですが、読んで下さった方に気持ちが伝わったとき、読んで下さった方の心の荷物が軽くなったときに泣けてしまうのですほろり

 

みんな必死に生きて、無我夢中でがんばっているんです。

 

ヘタレだっていいんです。そんなこと言ったら、私なんてどれだけヘタレだったでしょうか。

 

そうやって迷いながら、留まりながら、もがきながら少しずつ楽になれる生き方を見つけられるのです。

 

誰かと比べて自分を卑下する必要も全くないですよ。

 

がんばってもがいている時点で、誰にも負けない強さを持っているのだから。

 

だから今がもがき中でも停滞中でも大丈夫ですにっこり

 

花「note限定記事」更新しました

 

こちら再構築中に妻が「離婚したい」と繰り返す心の裏に隠された本音(夫向け)"4部作"

 

こちら「夫が不倫を止めない」という状況の中での乗り越え方"3部作"

 

こちら夫が拒絶反応を示して、不倫についての話し合いができないとき(心理分析と対処法)”2部作”

 

こちら夫の不倫で傷付いた妻の心への寄り添い方(夫向け)”1部作”

 

一部有料記事にも関わらず、沢山の方にご購入いただき、本当にありがとうございますにっこり

 

1部作、2部作ともご購入して読んで下さった方も、本当にありがとうございますflower*(IDしかわかりませんので、ご安心下さいね)

 

きっと、記事を読むために、noteに登録して下さった方ばかりですよねきらきら

 

noteには、「いいね!」と同じような機能で「スキ」機能がありますので、気に入った記事がありましたら「スキ」ボタンを押していただけると、泣いて喜びますほろり

 

基本的にサポートブックに書いている記事は書けませんが、"書いて欲しい記事"などがありましたら、「note」の「コメント」に書いていただけると嬉しいです^^

 

note購入者さんだけ、コメントが書けるようになっています。

 

カウンセラーNAOKOの実態が知りたい!でもいいですよ^^←誰も興味ないってね(笑)

 

「note」はボリューミーなのであまり頻繁には更新できないと思いますがsweat*、今後とも宜しくお願いしますtulip*

 

 

<新HP>

 

花夫の不倫問題に対処するためのカウンセリング (夫の不倫が渦中の方向け)

 

最新記事矢印

こちらようやく夫が不倫相手と別れました

こちら「惨め」なのは妻?それとも不倫相手?

こちら「離婚だ!」と騒ぎながら行動しない夫の心理

こちら夫の不倫への対処は、可能な限り「リスク」を減らす」

こちら妻にバレなければ、不倫は長期化する可能性大

こちら「不倫をしている人に「正論」は通用しないの?」

こちら不倫の発覚と同時に家を出ていく夫の心境

こちら「不倫をしている夫にどのように対処をしたらいいのかわからない」

こちら複数人の女性と不倫をする人の思考

こちら不倫者同士が再婚をしたら、幸せになるのか?

こちら絶望の中にある一筋の光

 

 

<新HP>

 

花夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリング (夫の不倫が終わっている方向け)

 

最新記事矢印

こちら何年経っても夫に不倫のことを問いただしてしまう心理

こちら不倫をしていた夫が「うつ病」だったらどうする?

こちら不倫にまつわるものほど記憶に残りやすい

こちら不倫をしても地獄・・アリ地獄から抜け出すには

こちら妻の心の回復の差のは「夫次第」でもある

こちら夫が不倫をするのは妻の責任ではない・・という根拠

こちら夫との再構築→我慢をしないこと

こちら「ごめん」だけでは謝罪の気持ちは伝わらない

こちら不倫が終わっても妻に謝ることができない夫の心理

こちら期間の経過と共に妻の怒りが強くなる理由

こちら妻が不倫相手と比べてしまう心の裏には・・ 

こちら妻の妊娠・出産時期の夫の不倫

こちら夫が不倫をしていたときの気持ちが知りたくなる

 

 

 

読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け
いいね!した人  |  リブログ(8)

テーマ:

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり

 

実は、先日「note」という新しい機能(運営会社)を使って、一部有料の記事を書きました。

 

私自身も、他の方の「note」を購入して読んだりしています^^

(主に、勉強系)

 

「サポートブックで書いているような濃い内容の記事を書きたい!」と感じることもしばしばあり汗

 

まだ一記事しか書いていませんが、早速何人かの方がご購入して下さって嬉しかったですきらきら

 

夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリング」サイトの「関連記事」にリンクを貼っていただけなのですが・・

 

気づいてくれたことが嬉しいですし、「note」への登録(ID・パスワード設定)が面倒にも関わらずご購入していただいて・・・・泣←自分で作っておいて^^;

 

本当にありがたいことです。ありがとうございますtulip*

 

妻が夫に求めていることと、夫が妻のためと思いがんばっていることに差が生じてしまうのは、多少なりとも男女の脳の差もあるんですね。

 

できるだけ、その差を縮めることができたらいいですよね。

 

その為には、夫は「妻が本当に求めていること」を知ることも大切です。

 

 

「note」で掲載する記事は一部有料なので、「内容の濃さ」に重点を置いています。

 

なので、記事の分量も通常のブログやサイトよりも多くなります。

 

ただ、手が少々不自由なので、手術まではあと1~2記事ぐらいしか「note」を用いた記事は書けないと思います。

 

基本は、無料のブログやサイト、メルマガで書きますが、具体的な対処法や解決策などにおいては、「note」を用いて「単発記事」として書いていく予定です。

 

今回は、”夫向け”の

こちら夫の不倫で傷付いた妻の心への寄り添い方」について掲載しました。

 

※追記

(note2部作)

 

こちら夫が拒絶反応を示して、不倫についての話し合いができないとき(心理と対処法)

 

ご興味がある方は、読んでいただけると嬉しいですにっこり

 

tulip*tulip*tulip*tulip*tulip*tulip*tulip*

 

(カウンセラーNAOKOの呟き)

 

先日は、手術・入院に向けて、検査・検査の連続でした。

 

呼吸機能検査が苦しいこと、苦しいことショック

 

2回ぐらいやり直しさせられましたなく

 

来週は、麻酔科や薬剤科からの説明があるようですが、初めての全身麻酔・・知れば知るほど怖いんですけど~ガ~ン

 

全身麻酔って寝てるだけかと思いきや、呼吸がとても弱まるようで人工呼吸になるみたいで。

 

娘を産むときは急きょ帝王切開になったので下半身麻酔だったのですが、全身麻酔は初めてです。

 

手術前のGWもがっつり仕事をしようびっくりマークと思っていたのですが、「体調を整えて下さい」「健康管理だけはお願いします」と言われて、がっつり仕事をするのは諦めましたがーん

 

ということで、カウンセリングは4月末までとなります。

(5月10日に手の手術をするため)

 

4月にカウンセリングできなかった方々、本当に申し訳ありません土下座

 

一度カウンセリングを受けられて、継続のカウンセリングをご希望されている方は、6月中旬~7月以降のカウンセリングとなると思います。

 

その頃に声をかけさせていただきますので、もしカウンセリングが必要の場合はお返事下さいね。

 

宜しくお願いしますにっこり

 

桜桜桜桜

 

自宅の前で、桜が満開になりましたきらきら

 

自宅から桜が見えるって幸せですね桜

 

富山に居た頃は、なかなか桜を見に行く機会がなくて、いつの間にか桜の季節が終わっていることもしばしば汗1

 

今年は、自宅の前でお花見しましたc.blossoms*

 

ひたすら写真撮りまくり(笑)。

 

桜が咲いている期間は本当に短くて、その分、美しく、儚げですよね。

 

とっても癒されましたsakura03

 

東京に引っ越しても、やっぱり田舎っぽい長閑なところが好きらヴゅらヴゅ

 

↓少し小雨が降っていたので暗いですが・・汗☆

 

 

 

 

花ブログ新着記事花

 

こちらそれができたら悩まないよ

 

 

 

 

読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり

 

夫の不倫問題や育児のことで誰かに相談をすると、

 

「〇〇すればいいのに」

 

「〇〇すれば解決するんじゃない?」

 

「〇〇したらダメだよ。〇〇した方がいいよ」

 

といった色々なアドバイスを受けると思います。

 

みんな悩んでいる人のことを想って言ってくれる言葉なんだと思うけど、それが時に自分の首を絞めてしまうこともあります。

 

何か腑に落ちない・・・「うーん・・それができるんだったら悩まないんだけどな!」なんて思ったりもする。

 

例えば、夫の不倫問題でイライラしているとき、どうしても子供に当たってしまうこともありますよね。

 

必要以上に怒ってしまったり、時に手を挙げてしまったり。

 

その後はすごく後悔をして自分を責めてしまう。

 

「自分はダメな母親だな・・。なんでいつも子供に当たってしまうのだろう」と。

 

そんな時に、カウンセラーや目上の人に「あなたはお母さんなんだからしっかりしないとだめよ。子供に当たるなんてもってのほかよ」と言われた。

 

実は、精神科を受診しても先生にこんなことを言われてしまう方もいるのです。

 

これでイライラしたときに、子供に当たってしまうことが止められるのでしょうか。

 

頭の中で「やってはいけない」と強く思っていても、「自分を責めている限り」子供へのイライラをぶつけることは止められないでしょう。

 

言われたことに対してスムーズにできれば、誰も苦労しないし悩まないのです。

 

このお母さんに対して必要な言葉は、

 

「どうにもならないくらいの不安や怒りの気持ちがあると抑える方が難しいよね。

 

特に、消化できない想いが積み重なると、心の持っていき場もないよね。

 

自分だけでは抱えきれなくなると、衝動的に子供に当たってしまうこともあるかもしれない。

 

それでも、自分を責めないでね。子供には後からフォローしてあげれば大丈夫だから。」

 

だと思うのです。

 

私は「それができれば苦労しないよ」と思うことが嫌いなのです。

 

「そうしたい」けど、「それができない」から悩むし、苦しいのだから。

 

だから、私のカウンセリングは少し特殊なのかもしれない。

 

沢山の方の心の声や叫びを聴いて、「それができたら悩まないよね」って思うことが多いから。

 

じゃあ、「それができない場合」、どうしたら少しでも心が楽になれるのだろうか?本当の意味での解決に近づけるのか?と考える。

 

私自身も、「それができたら苦労しないよ」と思うことをいっぱい経験してきたから。

 

だから、綺麗ごとも好きじゃない。

 

例えば、「誰かを憎むと、後から自分に返ってくる」とかいうよくわからない言葉もあるじゃないですか。

 

自分を傷つけた人間に対して、怒りや憎しみを抑えてしまうとどうなると思います?

 

抑えてしまった感情は、今度は自分の心を攻撃してしまいます。

 

そうして、心が壊れてしまうのです。

 

これは過去の私ですなく

 

怒りや憎しみを抑えるためには、「自分にも非がある」と思い込まないといけない。

 

「私にも悪いところがあったのだから。」

 

「私があの時〇〇しなかったらこんなことにならなかったのに・・」と。

 

ある程度、怒りや憎しみが手放せた後に、自然に芽生えてこればいいんですよ。

 

怒りや憎しみは決して悪い感情ではない。自分を守るための大切な感情です。

 

人が自然に湧き出てくる想いに「無理やり逆らう」ことで、逆に自分に返ってきてしまうのです。

 

周りから見た良い人(母・妻)でいる必要はない。

 

自分の気持ちに背いてまで「いい人」であろうとしても、周りはその人の人生の責任までは取ってくれない。

 

悪いと感じている感情を出してはいけないわけではない。

 

それは自分の心を守るための感情でもあるから。

 

悪いと感じている感情を抱えているとき、「私はなんて酷い人間なんだ」なんて思う必要はない。

 

悪いと感じている感情を抱える=酷い人間でも、醜い人間でもないのだから。

 

自分が心地良いと感じる感情も、心地悪いと感じる感情も、みんな自分にとって大切な感情なのだから。それが現実に感じている感情なのだから。

 

人を憎む気持ちがあれば、憎めばいい。とことん憎みましょう。恨みましょう。

 

私はとことん人を憎んで憎んで、「この世から消えてしまえ」なんて何度も思ったけど。

 

イメージの中で、何度も何度も崖から突き落としていたな( ̄ー ̄)。

 

その分、その想いは浄化をしてくれて、雲みたいにだんだんぼやけて薄れてきたよ空☆☆

 

だんだんそのことを考える時間がもったいなくなって、気づけば思い出すこともあまりなくなった。

 

そして、「大事なもの」だけが残った。

 

同じように怒り、憎しみを抱えている人の心を想像できる力。

 

世の中には色々な情報が溢れているけれど、自分にとって何が正しいのかは「自分の心」だけがわかっていること。

 

今自分が感じている感情、それが全てです。

 

だから、どんな感情を感じていても、その感情を大切に受け入れてあげて下さい。

 

どんな感情が暴れているのかをちゃんと見つけてあげて、それを認めてあげて、吐き出してあげて浄化していきましょう。

 

必ず少しずつ形を変えながら、だんだん雲みたいになってぼやけてくるときが来るから空

 

 

<新HP>

 

花夫の不倫問題に対処するためのカウンセリング (夫の不倫が渦中の方向け)

 

最新記事矢印

こちら不倫相手に比べて自分が劣っているように感じる

こちらようやく夫が不倫相手と別れました

こちら「惨め」なのは妻?それとも不倫相手?

こちら「離婚だ!」と騒ぎながら行動しない夫の心理

こちら夫の不倫への対処は、可能な限り「リスク」を減らす」

こちら妻にバレなければ、不倫は長期化する可能性大

こちら「不倫をしている人に「正論」は通用しないの?」

こちら不倫の発覚と同時に家を出ていく夫の心境

こちら「不倫をしている夫にどのように対処をしたらいいのかわからない」

こちら複数人の女性と不倫をする人の思考

こちら不倫者同士が再婚をしたら、幸せになるのか?

こちら絶望の中にある一筋の光

 

 

<新HP>

 

花夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリング (夫の不倫が終わっている方向け)

 

最新記事矢印

こちら不倫をしていた夫が「うつ病」だったらどうする?

こちら何年経っても夫に不倫のことを問いただしてしまう心理

こちら不倫をしても地獄・・アリ地獄から抜け出すには

こちら妻の心の回復の差のは「夫次第」でもある

こちら夫が不倫をするのは妻の責任ではない・・という根拠

こちら夫との再構築→我慢をしないこと

こちら「ごめん」だけでは謝罪の気持ちは伝わらない

こちら不倫が終わっても妻に謝ることができない夫の心理

こちら期間の経過と共に妻の怒りが強くなる理由

こちら妻が不倫相手と比べてしまう心の裏には・・ 

こちら妻の妊娠・出産時期の夫の不倫

こちら夫が不倫をしていたときの気持ちが知りたくなる

 

 

 

読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(3)

テーマ:

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり

 

今日、ようやく手の手術日と術式が決まりました~sweat*

 

ご心配をして下さった方々、本当に申し訳ありませんごめんごめん

 

12月から二つの病院へと渡り歩き、長い道のりでした・・がーん

 

手術内容は、手首の骨を1~2㎝ほど削り、同時に中指の付け根の脱臼と腱の修復を行うようです。

 

腱は完全に切れているのか、緩んでいるのかわからないようです。

 

緩んでいるだけだったら、私の手はかなり頑丈かも~きらきら

 

小学生の頃から骨はボロボロだったはずなのに、よくこの歳まで持ってくれたと思います。

 

普通は次から次へと腱が切れていくはずなんだけどね。

 

ただ、中指の付け根の骨がボロボロのようなので、万が一のときは人工関節にするそうですが、本人の骨が一番いいのでそれは最終手段と言われました。

 

とりあえず、二度に分けての手術ではなく、一度に一気に手術するそうなので全身麻酔になるそうです。

 

傷口パックリで手を動かさないといけないという拷問にならなかったのが幸いです・・なく

 

ただ、これで完全に治るかと言うと不明のようで、一度手術してみないとわからないようです。

 

上手くいかなかったらもう一度手術となるようなのですが、なんとか上手くいってくれ~!と祈るばかり。

 

先生がブラックジャックのような先生ブラックジャックであることを願うばかり・・・大金は積めないけどなく

 

私みたいにあちこちボロボロ過ぎる患者さんもあまりいないのかも。。汗

 

 

手術日はだいぶ先になってしまって、5月9日入院で10日に手術になるそうです。

 

1週間ぐらいで退院できるそうなのですが、リハビリは半年ぐらいかな・・。長い・・。

 

最初の2か月は全く手は使えないようで、それ以降は少しずつ使えるようになるようです。

 

手術が上手くいけばの話なのですがなく

 

 

カウンセリングについては、既に5月中旬以降にご予約していただいている方(2・3回コース・リピーターさま)に、明日から順次連絡させていただきます。

 

一人一人日程を確認しながらなので、少し時間がかかります。

 

4月に変更していただくか、6月中旬以降にしていただくと思いますので、よろしくお願いしますごめん

 

継続のリピーターさまで、お待ちいただいている方にもご連絡させていただきます。(4月のカウンセリングが可能になりましたので)

 

ご心配・ご不便お掛けしてしまい、本当に申し訳ありませんごめん

 

なかなかコメント欄も開けることができずに申し訳ありませんごめん

 

手術日まで延びてしまったのですがsweat*、手術できる日までなんとかこの手にがんばってもらいますびっくりマーク

 

今後とも宜しくお願いしますにっこり

 

 

<新HP>

 

花夫の不倫問題に対処するためのカウンセリング (夫の不倫が渦中の方向け)

 

最新記事矢印

こちら不倫相手に比べて自分が劣っているように感じる

こちらようやく夫が不倫相手と別れました

こちら「惨め」なのは妻?それとも不倫相手?

こちら「離婚だ!」と騒ぎながら行動しない夫の心理

こちら夫の不倫への対処は、可能な限り「リスク」を減らす」

こちら妻にバレなければ、不倫は長期化する可能性大

こちら「不倫をしている人に「正論」は通用しないの?」

こちら不倫の発覚と同時に家を出ていく夫の心境

こちら「不倫をしている夫にどのように対処をしたらいいのかわからない」

こちら複数人の女性と不倫をする人の思考

こちら不倫者同士が再婚をしたら、幸せになるのか?

こちら絶望の中にある一筋の光

 

 

<新HP>

 

花夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリング (夫の不倫が終わっている方向け)

 

最新記事矢印

こちら不倫をしていた夫が「うつ病」だったらどうする?

こちら何年経っても夫に不倫のことを問いただしてしまう心理

こちら不倫をしても地獄・・アリ地獄から抜け出すには

こちら妻の心の回復の差のは「夫次第」でもある

こちら夫が不倫をするのは妻の責任ではない・・という根拠

こちら夫との再構築→我慢をしないこと

こちら「ごめん」だけでは謝罪の気持ちは伝わらない

こちら不倫が終わっても妻に謝ることができない夫の心理

こちら期間の経過と共に妻の怒りが強くなる理由

こちら妻が不倫相手と比べてしまう心の裏には・・ 

こちら妻の妊娠・出産時期の夫の不倫

こちら夫が不倫をしていたときの気持ちが知りたくなる

 

 

 

読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり

 

自分が一番信頼していた夫が、自分以外の女に目を向ける・・・。

 

妻としてこれほど屈辱的なことはないと思うのです。

 

親以上に夫を信頼していた。

 

親以上に夫を必要としていた。

 

誰よりも自分(妻)のことを必要としてくれていると思っていた。

 

それなのに、突然の不倫発覚は青天の霹靂と感じることも多いですよね。

 

どうしても「不倫相手と自分とを比べてしまう」こともあります。

 

そして、「自分にはなくて不倫相手が持っているもの」を探して、必死にそこを埋めようとする。

 

夫の不倫問題は決して妻に魅力がなかったり、落ち度があるわけではないのですが、どうしたってそのような思考になるのは無理もありません。

 

そこでダイエットやエステ、ジムなどに行って「魅力的な自分になろう」とがんばってしまうこともあります。

 

「不倫相手に負けたくない」

 

「不倫相手よりも魅力的になりたい」

 

実は、そう思う以上に、大事なことを「取り戻そう」としているのです。

 

今日は「何を取り戻そうとしているのか?」について記事にしてみました。

 

良かったら読んでいただけると幸いですにっこり

 

こちら「不倫相手に比べて自分が劣っているように感じる」

(夫の不倫問題に対処するためのカウンセリングサイトへ)

 

<新HP>

 

花夫の不倫問題に対処するためのカウンセリング (夫の不倫が渦中の方向け)

 

最新記事矢印

こちらようやく夫が不倫相手と別れました

こちら「惨め」なのは妻?それとも不倫相手?

こちら「離婚だ!」と騒ぎながら行動しない夫の心理

こちら夫の不倫への対処は、可能な限り「リスク」を減らす」

こちら妻にバレなければ、不倫は長期化する可能性大

こちら「不倫をしている人に「正論」は通用しないの?」

こちら不倫の発覚と同時に家を出ていく夫の心境

こちら「不倫をしている夫にどのように対処をしたらいいのかわからない」

こちら複数人の女性と不倫をする人の思考

こちら不倫者同士が再婚をしたら、幸せになるのか?

こちら絶望の中にある一筋の光

 

 

<新HP>

 

花夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリング (夫の不倫が終わっている方向け)

 

最新記事矢印

こちら不倫をしていた夫が「うつ病」だったらどうする?

こちら何年経っても夫に不倫のことを問いただしてしまう心理

こちら不倫をしても地獄・・アリ地獄から抜け出すには

こちら妻の心の回復の差のは「夫次第」でもある

こちら夫が不倫をするのは妻の責任ではない・・という根拠

こちら夫との再構築→我慢をしないこと

こちら「ごめん」だけでは謝罪の気持ちは伝わらない

こちら不倫が終わっても妻に謝ることができない夫の心理

こちら期間の経過と共に妻の怒りが強くなる理由

こちら妻が不倫相手と比べてしまう心の裏には・・ 

こちら妻の妊娠・出産時期の夫の不倫

こちら夫が不倫をしていたときの気持ちが知りたくなる

 

 

 

読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け

 

 

いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:

 

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり

 

不倫をしている方の中では、「うつ病」を患っている方も多いです。

 

夫の不倫で傷ついた心を回復させていくには、心の苦しみや痛み、何度も衝動に駆られて言いたくなることを吐き出す必要があります。

 

ただ、不倫を終えた夫が「うつ病」になってしまうと、妻の心の苦しみを理解してもらうことが難しくなります。

 

妻が夫にもっと吐き出したくても、夫が逆切れをしたり、暴言を吐かれると、妻は吐き出すことを諦めてしまいます。

 

「私が不倫のことを責めると、夫は益々病気が酷くなってしまう・・。我慢しないといけないのかな」と。

 

それで夫はシメシメ・・ではないんですよ。

 

心の奥底に溜め込んでしまった感情は消えることはないのです。

 

消えるどころか、もっと怒りや憎しみが膨らんで、後にコントロールできないほどの大爆発が起こります。

 

そうなると、結果的には妻の心が回復しないばかりか、良好な夫婦関係を築くことさえも難しくなります。

 

どちらかが我慢をして夫婦として維持をさせても、どこかで気持ちが切れたり、心から夫に「何かをしてあげたい」という気持ちすらなくなります。

 

もし、夫がうつ病を患っていたとしても、妻は心を回復させることを諦める必要はありません。

 

不倫をした夫がうつ病ではない方と比べると道のりは大変なものになりますが、それでも克服されている方も沢山いらっしゃいます。

 

良かったら参考にしていただけると幸いですにっこり

 

こちら「不倫をしていた夫が「うつ病」だったらどうする?」

(夫の不倫後~妻の心を回復させるサイトへ)

 

 

<新HP>

 

花夫の不倫問題に対処するためのカウンセリング (夫の不倫が渦中の方向け)

 

最新記事矢印

こちらようやく夫が不倫相手と別れました

こちら「惨め」なのは妻?それとも不倫相手?

こちら「離婚だ!」と騒ぎながら行動しない夫の心理

こちら夫の不倫への対処は、可能な限り「リスク」を減らす」

こちら妻にバレなければ、不倫は長期化する可能性大

こちら「不倫をしている人に「正論」は通用しないの?」

こちら不倫の発覚と同時に家を出ていく夫の心境

こちら「不倫をしている夫にどのように対処をしたらいいのかわからない」

こちら複数人の女性と不倫をする人の思考

こちら不倫者同士が再婚をしたら、幸せになるのか?

こちら絶望の中にある一筋の光

 

 

<新HP>

 

花夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリング (夫の不倫が終わっている方向け)

 

最新記事矢印

こちら何年経っても夫に不倫のことを問いただしてしまう心理

こちら不倫をしても地獄・・アリ地獄から抜け出すには

こちら妻の心の回復の差のは「夫次第」でもある

こちら夫が不倫をするのは妻の責任ではない・・という根拠

こちら夫との再構築→我慢をしないこと

こちら「ごめん」だけでは謝罪の気持ちは伝わらない

こちら不倫が終わっても妻に謝ることができない夫の心理

こちら期間の経過と共に妻の怒りが強くなる理由

こちら妻が不倫相手と比べてしまう心の裏には・・ 

こちら妻の妊娠・出産時期の夫の不倫

こちら夫が不倫をしていたときの気持ちが知りたくなる

 

 

 

読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け

 

いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり

 

手についてご心配お掛けしてしまい、大変申し訳ありませんごめん

 

余分な心配や負担をかけたらいけないのですがsweat*、気にかけて下さっている方もいるので、手の状況について報告させていただきます。

 

実は、3月17日(昨日)に手術日や手術方針が決まると思いきや、まだ決まりませんでした泣

 

前回の検査でCTを撮ったのですが、どこからどこまで腱が切れているのか、緩んでいるだけなのかがはっきりわからないようで・・・がーん

 

先生は「切れているだろう・・」と予測しているのですが、右手の中指の付け根の腱の手術は局所麻酔が必要なようです。

 

手術をしながら腱が繋がっているかどうかの動きを確かめるためのようです。

 

傷口ぱっくりしながら、私が手を動かさないといけないなんて・・想像しただけで恐ろしいですショック

 

加えて、手首の骨も手術が必要で、それは全身麻酔じゃないと痛いようですがーん

 

先生が「局所麻酔でもやったことあるんだけど、痛いし、苦しいからね・・」と仰るので、

 

「それだけは勘弁して~ガ~ン全身麻酔でお願いします。」という感じでした。

 

つまり、二段階に分けて手術をしないといけないようで、手首の骨の手術を先にするか、手の付け根の腱の手術を先にするか、どういう術式になるのかを含めて「もう少し考えさせて欲しい」と言われました困った

 

それだけ難しい複雑な手術なので、先生も慎重にならざるを得ないようです。

 

私みたいな複雑な症例はあまりないのかもしれません・・・なく

 

今回新たにわかったのが、どうも中指の付け根から手首にかけての骨が短いようで、それも脱臼&腱が切れてしまう要因になっているようです。

 

更に、手首の骨も曲がって固定されてしまっているので、そこで腱がこすれて切れるという始末。

 

もうどうにもならないほど私の手は壊れまくっているようですなく

 

ということで、2週間後にようやく術式などが決まるようです。

 

12月から病院に行っていますが、とにかく道のりが長いです・・・泣

 

手術は4月になることは間違いないのですが、まだ先行きが見えないので困りました。

 

でも、右手が動かなくても左手は使えるので、5月中旬から予約済みのリピーターさんや2回・3回コースのカウンセリングは行わせていただきます。

 

リピーターの方の対面カウンセリングも、6月辺りには行わせていただく予定です。

 

右手が使えないので、お茶を入れることはできないと思いますが^^;

 

新規の方の場合、記録する情報量が多いため、7月ぐらいまでは難しいかもしれません。

 

録音機器を使えば、カウンセリング終了後に左手で記録はできますので、月に数名は受け付けられるかもしれません。

 

また、今後の術式や手術の日程がわかり次第報告させていただきますね。(3月31日にわかります)

 

本当にご心配、ご不便お掛けしてしまい申し訳ありませんごめん

 

現状の手の状態としては、右手でお箸を持つことが難しくなってきていて、左手で食べるようにしています。

 

パソコンは打ちすぎると右手がやばくなるので、1日に打つ量を加減しています。

 

こうなったら、左手で字もかけるように練習をして、両手使いになろうかな!

 

 

最近は、手術までにやっておかないといけないことをリストアップしています。

 

花手術までにやっておきたいこと花

 

・休んでいる間の記事を書き溜める(休んでいる間も、定期的に記事を更新できるようにしますね。)

 

・去年、大事なご相談者さまからいただいたデンドロビュームちゃんの高芽を摘んで、新しいポットに植え替える。

 

材料はバッチリ揃えましたflower*右手が使えるうちにポットに植え替えます。

 

最近、新しいお花が咲いてきて、大興奮しています(笑)。

もう可愛くてたまらないらヴゅらヴゅ

 

 

・春夏用の衣替えをしておく。

 

右手が使えないと、お洋服を出し入れしたり、ハンガーにかけることもできなくなるので。

 

後は何だろうか?

 

それにしても、昨日は二段階の手術になると聞いて、ショックでしたね。

 

家族にも負担はかけることはもちろん、とにかく普通に仕事がしたいのです。

 

したいのにできなくなる・・というのが私にとって最大の苦しみかもしれません泣

 

こうなったらバリバリに手が動かせるように絶対に完治させないとねびっくりマーク

 

アンドロイド並みになればいいなぁ汗

 

今日は何の役にも立たない情報でごめんなさい困った

 

また有益な記事を発信できるようにがんばります!

 

PS

いつも「いいね」や「リブログ」をして下さる方々、本当にありがとうございますうふふっ♪(淡薄茶)

みんな読ませていただいていますよ~flower*

 

 

<新HP>

 

花夫の不倫問題に対処するためのカウンセリング (夫の不倫が渦中の方向け)

 

最新記事矢印

こちらようやく夫が不倫相手と別れました

こちら「惨め」なのは妻?それとも不倫相手?

こちら「離婚だ!」と騒ぎながら行動しない夫の心理

こちら夫の不倫への対処は、可能な限り「リスク」を減らす」

こちら妻にバレなければ、不倫は長期化する可能性大

こちら「不倫をしている人に「正論」は通用しないの?」

こちら不倫の発覚と同時に家を出ていく夫の心境

こちら「不倫をしている夫にどのように対処をしたらいいのかわからない」

こちら複数人の女性と不倫をする人の思考

こちら不倫者同士が再婚をしたら、幸せになるのか?

こちら絶望の中にある一筋の光

 

 

<新HP>

 

花夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリング (夫の不倫が終わっている方向け)

 

最新記事矢印

こちら何年経っても夫に不倫のことを問いただしてしまう心理

こちら不倫をしても地獄・・アリ地獄から抜け出すには

こちら妻の心の回復の差のは「夫次第」でもある

こちら夫が不倫をするのは妻の責任ではない・・という根拠

こちら夫との再構築→我慢をしないこと

こちら「ごめん」だけでは謝罪の気持ちは伝わらない

こちら不倫が終わっても妻に謝ることができない夫の心理

こちら期間の経過と共に妻の怒りが強くなる理由

こちら妻が不倫相手と比べてしまう心の裏には・・ 

こちら妻の妊娠・出産時期の夫の不倫

こちら夫が不倫をしていたときの気持ちが知りたくなる

 

 

 

読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり

 

先日の「不倫にまつわるものほど記憶に残りやすい」の記事を発信させていただいた後・・

 

「私の妻は逆に不倫相手と行った場所に行きたがります。それで、余計に脳裏に焼き付いてしまうようなのですが・・」とのご相談をいただきました。

 

それだけ妻の心の回復を願っているのでしょう。

 

心の傷が強いときは、できるだけ夫と不倫相手が行った場所などは行かない方がいいです。

 

ただ、少しずつ心が回復していくと「新たに上書きしたい」という気持ちと、「不倫が風化されてしまうのではないか」という別の不安が出てくることがあります。

 

不倫から数年経つと、どんな気持ちが出てくることが多いのか?について触れてみました。

 

何年経っても夫のことを責めてしまう自分が嫌だ

 

なぜ、いつまでも夫に対して怒りが出てしまうのだろうか?

 

そんな風に自分を責める必要はありませんよ。

 

ちゃんと心の底にある声を聴いてあげて、認めてあげることで更なる回復に繋がるはずですflower*

 

こちら何年経っても夫に不倫のことを問いただしてしまう心理

(夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリングサイトへ)

 

花ブログ最新記事花

 

こちら不倫相手も「被害者?」

こちら不倫相手は本当に幸せなのか?

 

<新HP>

 

花夫の不倫問題に対処するためのカウンセリング (夫の不倫が渦中の方向け)

 

最新記事矢印

こちらようやく夫が不倫相手と別れました

こちら「惨め」なのは妻?それとも不倫相手?

こちら「離婚だ!」と騒ぎながら行動しない夫の心理

こちら夫の不倫への対処は、可能な限り「リスク」を減らす」

こちら妻にバレなければ、不倫は長期化する可能性大

こちら「不倫をしている人に「正論」は通用しないの?」

こちら不倫の発覚と同時に家を出ていく夫の心境

こちら「不倫をしている夫にどのように対処をしたらいいのかわからない」

こちら複数人の女性と不倫をする人の思考

こちら不倫者同士が再婚をしたら、幸せになるのか?

こちら絶望の中にある一筋の光

 

 

 

 

読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け

 

いいね!した人  |  リブログ(2)