夫婦問題・不倫問題改善カウンセリング~明日へ架ける橋

不倫に陥る心理とは?なぜ人は不倫をするのだろうか?どうしたら不倫を止めることができるのだろうか?
相談実績2,000件以上のカウンセラーNAOKO(松宮直子)が心理的側面から徹底的に分析し、その対処法についてを発信していきます!


テーマ:

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり


昨夜、東京から一旦富山へ戻ってきました^^


家電や家具や生活用品を揃えるのも1日がかりですね・・(^^;)。


ひぃひぃ言いながら、なんとか一旦富山へと戻って参りました。


16日はお布団がなくなるので近くのホテルで泊まり、17日は荷物を搬出してそのまま東京へ向かいます^^


東京とは言っても、自然があるところが好きなので、住むところは都心ではありませんし、八王子から少し外れたところ。


バルコニーからは山と川が見えて、「ホ~ホケキョ!」とうぐいすが鳴いています(笑)。その他、野鳥がいっぱい(笑)。


マイナスイオンが満載のところです(#^.^#)。


虫が多いのがめっちゃ恐怖なんですけど・・・がーん





夫の不倫問題を子供にどのように伝えるか?黙っているか?に悩むこともありますよね。


受験を控えていたり、就職を控えている場合などは、子供には伝えるのを控える方もいます。


お子さんが多少大きくなっていると、お子さんにご相談をされる方もいます。


子供に夫の不倫を隠す、黙っているという気持ちの裏には、子供に余計な心配をかけたくない、子供が不安になったり心配させたくない、子供にとっての良いお父さんでいてもらいたいという想いがあります。


ただ、子供に隠す、黙っているというのも妻としてはとっても辛いことなのです。


一番辛いときは、子供が何も知らずに「お父さん大好き~♪」とお父さんに懐いているとき。


不倫が終わって新たな関係性を築いているときに、このような親子の姿を見るとホッとする面もあるのですが、一方では腹ただしさもあるのです。


特に、お母さんに反抗的になった後に、子供がお父さんに甘えたとき。


「なんだよ!不倫をした癖に、私だけが苦しくて、子供はお父さんばかりを慕って!」


実は、こんな気持ちが出てくることもあるのです。


不倫をされると心が深く傷つけられます。


人は深く傷つけられることがあると、誰でも復讐心も出てきますし、仕返しをしてやりたい!という気持ちも出てきます。


それは家族であっても同じなんです。


自分を守るための防衛本能でもありますので、自然に出てくる感情です。


ただ、子供に伝えることによって、夫婦としての関係性が悪くなってしまうかも・・という不安や怖れも抱えています。


だからこそ、限界まで子供には言わないで我慢をすることもあるのですが、心はモヤモヤしたままのことも多いのです。


「自分だけが我慢をして、自分だけが苦しい」という思いも拭えないのです。


家族の関係性を悪くしたくないけれど、だからこそ我慢をしていたけれど、それは「相当な我慢をしている」と思って下さい。


仕返ししたい気持ちは自然なこと。


夫婦の関係性を良くしていきた気持ちも本当のこと。


その狭間でも辛い思いをしているので、もし妻が子供にぶちまけてしまうことがあったとしても、そんな葛藤をしている妻の心を受け止めてあげて欲しいと思います。


子供も困惑すると思いますが、子供は子供でちゃんと消化をする力があります。


そこはお子さんの持つ力、成長をする力を信じましょうにっこり




<新HP>


花夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリング (夫の不倫が終わっている方向け)


最新記事矢印

こちら「ごめん」だけでは妻の心は回復できない

こちら夫の不倫は終わったが、夫婦生活が戻らない

こちら夫の不倫による喪失感の深さ

こちら不倫の繰り返しを防ぐために(夫向け)

こちら夫に不倫のことを触れると逆ギレして聴いてもらえないとき

こちら再び夫が離れていくのが怖いとき

こちら溜め込むことは百害あって一利なし

こちら不倫をした夫は変わるのでしょうか?

こちら夫との関係性を元にもどすことができなくても・・

こちら夫への信頼度が強いほど、心の傷は深くなる

こちら不倫をした夫を許したい気持ちと許したくない気持ちの葛藤

こちら心を回復させる第一歩は~自己否定を手放すこと

こちら人は●●を変えない限り同じこと繰り返してしまう

こちら不倫相手への慰謝料請求に迷いを感じたときは



読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け)



いいね!(99)  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり


先日たくさんのメッセージをいただく中で、夫の不倫後で妻の心をサポートしている夫側からの声もいくつかいただきました^^


最近、夫の不倫が渦中の方向けの記事が多かったので、今回は「夫の不倫後の妻の心のケア」に関する記事を配信させていただきますね。


できるだけ交互に書けるようにバランスを取っていきたいと思いますflower*





妻が夫の不倫のことを思い出し感情的になってしまうと、「ごめん・・」とだけを繰り返し発する夫もいます。


ただ、妻からしたら「ごめん・・」だけだと、心は癒されないのです。


妻の心の回復へのサポートには、「ごめん」と謝罪するだけではなく、妻の気持ちに寄り添うサポートを行って欲しいと思います。


今回は、妻と一緒にブログやHP、夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック を読んで下さっている夫向けの記事です。


こちら「ごめん」だけでは妻の心は回復できない


良かったら読んでいただけると幸いですflower*




<新HP>


花夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリング (夫の不倫が終わっている方向け)


最新記事矢印

こちら夫の不倫は終わったが、夫婦生活が戻らない

こちら夫の不倫による喪失感の深さ

こちら不倫の繰り返しを防ぐために(夫向け)

こちら夫に不倫のことを触れると逆ギレして聴いてもらえないとき

こちら再び夫が離れていくのが怖いとき

こちら溜め込むことは百害あって一利なし

こちら不倫をした夫は変わるのでしょうか?

こちら夫との関係性を元にもどすことができなくても・・

こちら夫への信頼度が強いほど、心の傷は深くなる

こちら不倫をした夫を許したい気持ちと許したくない気持ちの葛藤

こちら心を回復させる第一歩は~自己否定を手放すこと

こちら人は●●を変えない限り同じこと繰り返してしまう

こちら不倫相手への慰謝料請求に迷いを感じたときは



読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け)

いいね!(74)  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

カウンセラーのNAOKOですにっこり


GWはいかがお過ごしですか?


私は、お引越しの手続きや荷造りに四苦八苦していますsweat*


離婚をして福島から富山県の祖母宅へ、祖母宅から今のところへ引っ越すときは荷物も少なくだいぶ楽だったのですが、普通に生活をしていると荷物もどんどん増えていき・・。


引越しは命懸けだ・・・とつくづく思います(^^;)。


更新が滞りがちですがsweat*、落ち着きましたらどんどん更新していきますからね(#^.^#)。



前回のアメンバー限定記事について、申請をして下さった方々、本当にありがとうございます!


同時に多くの方からメッセージやコメントをいただき、繋がりを持てたことに大変感謝をしていますカラフルなお花♪


1年半前に富山県において行った「夫の不倫後の妻の心をケアするワークショップ」に参加して下さった方々からもメッセージをいただき嬉しかったです。


今でもワークショップで行ったワークを続けて下さり、幸せになるための努力を続けて下さっていたこと、ご主人との関係性が良い方向へ向かっていることなどを知ることができ、心から安心しました^^


このブログにメッセージやコメントを下さった方もそうなのですが、みな「幸せになるための力」を持っていると感じます。


「自分を大切にする力」は「幸せになる力」となります。


幸せになる力ができると、今度は周りを幸せにする力が生まれ、「人との繋がり」ができます。


そんな人との繋がりが、心の支えになったり、励みになったり、前に進むための力にもなるんですね。


ブログを発信して感じることは、そうした「人との繋がり」が連鎖をして、無限に広がる輪になっているんだなぁって思いますflower*


私自身もメッセージやコメントをして下さっている方の声で励ましていただいたり、力を貰っています。


その力が、発信をする力にもなっていますので、本当にありがたく思いますにっこり






出口がない悩みを抱えているときは、まずは周りの方に聞いてもらったり、情報をもらったりして、「いくつかの道がある」ということを見つけてみましょう。


いくつかの道があるかもしれない・・と感じることで、「今を生きる」勇気になったり、力になったりします。


できるだけ今後の見通しをいくつか考えて、そこからは「今」をどのように過ごすかだけを考えましょう。


先々のことを考えすぎると、「今を見失ってしまう」こともありますので、いくつか今後の見通しを立てたら、そのあとは先々のことは考えすぎないように気をつけてくださいね。


このブログやサポートブックが「いくつかの見通しを立てる」きっかけの一つになればと思います。


そして、同じ悩みを抱えている方々が支え合えるような「繋がり」を持てるブログにしていきたいと思いますにっこり


これからも宜しくお願いします(#^.^#)


PS


5月11日~13日まで(東京へいきます)、16日~22日まで(お引越しでネットができなくなります)はお引越しのために、お申し込みやメール返信ができなくなります。


先月からご不便おかけして申し訳ありませんが、ご了承いただけると幸いです。




<新HP>


花夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリング (夫の不倫が終わっている方向け)


最新記事矢印

こちら夫の不倫は終わったが、夫婦生活が戻らない

こちら夫の不倫による喪失感の深さ

こちら不倫の繰り返しを防ぐために(夫向け)

こちら夫に不倫のことを触れると逆ギレして聴いてもらえないとき

こちら再び夫が離れていくのが怖いとき

こちら溜め込むことは百害あって一利なし

こちら不倫をした夫は変わるのでしょうか?

こちら夫との関係性を元にもどすことができなくても・・

こちら夫への信頼度が強いほど、心の傷は深くなる

こちら不倫をした夫を許したい気持ちと許したくない気持ちの葛藤

こちら心を回復させる第一歩は~自己否定を手放すこと

こちら人は●●を変えない限り同じこと繰り返してしまう

こちら不倫相手への慰謝料請求に迷いを感じたときは



読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け)

いいね!(49)  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり


新居探しのため、長い間ブログの更新ができずに本当に申し訳ありませんでした。m(_ _)m


普段はアメンバー限定記事はほとんど書く事はないのですが、次回の記事ではアメンバー限定記事を書く予定です。


めちゃめちゃプレイベートのことをさらけ出しますので、アメンバー限定記事とさせていただきますね。


・不倫をして勝手に家を出ていった夫のことが今でも許せない


・不倫なんてどうってことないさ。バレなければいいのさ。人生楽しく行こうぜ~なんて思っている既婚男性の方


・夫が不倫をして不倫相手と再婚をしようとしている


・不倫相手と幸せになることが許せない!


・不倫相手や夫に罰を与えてやりたい!


・過去に不倫をして、再度不倫をしたい衝動に駆られている方



このような方に読んでいただきたい記事です。


アメブロに登録をしていないと読めませんので、もし読みたい!と思っていただける方は、アメブロに登録(無料)して下さいね。


アメンバー記事を読む場合は、「アメンバーになる」というボタンを押して、私が手動で承認することによりアメンバー記事が読めるようになります。


本日の夕方までにはアメンバー記事を書く予定ですので、良かったら読んでいただけると幸いです。


私の身の回りに起こっている「たった一つの出来事・経験」に過ぎませんが、少しでも参考にしていただけたらと思います。


宜しくお願いします(#^.^#)。





<新HP>


花夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリング (夫の不倫が終わっている方向け)


最新記事矢印

こちら夫の不倫は終わったが、夫婦生活が戻らない

こちら夫の不倫による喪失感の深さ

こちら不倫の繰り返しを防ぐために(夫向け)

こちら夫に不倫のことを触れると逆ギレして聴いてもらえないとき

こちら再び夫が離れていくのが怖いとき

こちら溜め込むことは百害あって一利なし

こちら不倫をした夫は変わるのでしょうか?

こちら夫との関係性を元にもどすことができなくても・・

こちら夫への信頼度が強いほど、心の傷は深くなる

こちら不倫をした夫を許したい気持ちと許したくない気持ちの葛藤

こちら心を回復させる第一歩は~自己否定を手放すこと

こちら人は●●を変えない限り同じこと繰り返してしまう

こちら不倫相手への慰謝料請求に迷いを感じたときは



読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け)


いいね!(95)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり


どうか無事に物件が決まることを祈るのみです・・汗1




熱病状態に冒されている不倫夫の場合、以下の理由で妻に離婚を迫ることがあります。


・不倫相手に急かされている(早く離婚してくれないと別れるよ!と脅されている)


・妻に不倫がバレて、罪悪感や後ろめたさから家に居づらい(バレてからがポイントで、バレない限りは離婚とは言わない)


・不倫が始まってから半年くらいまでは熱病状態がMAXのため、「これは本気の愛だ」「もう離婚をするしかない」と錯覚し、視野が狭くなっている。


・離婚をすれば何かが変わると勘違いをしている。(今までの自分に嫌気が差して、生まれ変わり願望がある)


これらの理由であることが非常に多いんですね。


どれも本気で自分や家族のこと、未来のことは全く考えていません。


基本的に、不倫をしている人は、現実を生きてはいません。


今までの自分に嫌気が差して、何か大きな変化を起こせば「自分は生まれ変われるのではないか」と錯覚をしています。


現実を見ているのではなく、「生まれ変われるかもしれない」という「未来」に時間軸があるんですね。


現実を踏まえた上での未来ではなく、「現実を飛ばした上での未来」なのです。


ですから、周りから見れば言動がめちゃくちゃです。



上記の条件にほぼ当てはまっている方が多く、加えて不倫相手が情緒不安定になるタイプの場合は、既婚男性に強く離婚を迫ります。


「私たちの関係どう思っているの?そろそろ決断してくれないと別れるよ」


「奥さんに愛情ないんでしょう?私のことが好きなら早く離婚してよ!」


「調停やれば離婚できるよ。だからさっさと調停起こしてよ!」


挙句の果てには、できるわけもない「私がお子さんも一緒に育てるよ!だから早く離婚してよ!」


妻からしたら激怒の一言です。今まで大切に夫婦で育ててきた子供をよくもまあ抜け抜けと「私なら育てられるよ!」と言えたもんでしょうか(怒)。


こんな最悪なことを言っている不倫相手もいるのです。


離婚をしてくれるのならどんな手段も使います。


度々不倫相手に迫られるものですから、不倫をしている夫も「早く離婚をしないといけない」という強迫観念にとりつかれます。


ただ、不倫をしている男性は、「自分の強い意思」を持って行動する方はほとんどいません。


大概は、「不倫相手が別れるなら別れるけど、別れないなら別れない」とのように、不倫相手次第となっています。


全てがそうではありませんが、不倫が長く続くタイプはこのような方が多いです。


そもそも不倫をしている時点で「自分がない」ので、不倫続行中でも「自分がない」のです。


不倫相手に強くそそのかされると、その通りに動いてしまい、調停を申し立ててくる夫もいます。


そして、その調停場所に不倫相手までついてくるケースもあるんですね。


「はい?Σ(゚д゚lll)」と思うようなことがたくさんあります。


そもそも不貞行為をしている側からの離婚請求は、非常に難しいのです。


法律のこともよく知らない不倫相手や不倫をしている夫が、「調停さえすれば離婚できる」と思っている方が多いなと感じます。


勝手に不倫をして、勝手に家を出て行ったり、一方的に離婚を突きつけて、どうやったら離婚できるのでしょうか?と聞いてみたいです。


それこそ、調停や裁判所でも「はい?Σ(゚д゚lll)」って言われますよ。


「夫婦関係は破綻していた」とちょっと法律をかじった人が口にする言葉ですが、それなら「破綻をしていたという事実の立証ができるのですか?」と聞いてみたいです。


客観的にみても「破綻をしていたという事実」がない場合は、そう簡単に「夫婦関係の破綻は認められないですからね。


妻がご飯を作ってくれない、寝室は別だ、口も聞いてくれない・・これらは破綻理由にはほど遠いですから。


そもそも不倫直前や不倫中にも家族旅行に行っていた人が、「夫婦関係は破綻をしていた」などの言い分が通るわけがありません。


このように、後先考えずに、不倫相手の言いなりになってしまい「離婚を迫る」夫もいるのが事実です。



本気で離婚を考えて不倫をしている人はほとんどいません。


現実逃避をしたい人が、現実に離婚という行動を起こして、更には現実的な再婚なんて思考になるわけがないのですから。


「離婚」「離婚」と大騒ぎしていた夫でも、熱病状態が収まると同時に戻られる方も多いです。


妻はそれだけ振り回されてしまうと「戻ってきてもこの夫とやっていけるのだろうか?」と思うかもしれませんが、まずは夫や不倫相手の言いなりにならないことが大切です。


離婚をするかどうかは、妻が「したいか、したくないか」で決めればいいのです。


そう簡単に離婚はできることではないので、結論を急がないで下さいね。


自分が本当に「この夫とはやっていけないし、手放したい」という気持ちが出てきたときに、結論を出して欲しいと思います。


「夫の気持ちがないのなら、結婚生活を続ける意味もない」と感じたとしても、熱病状態が収まってくると同時に、心も戻ってくる方も多いのです。



不倫当事者に振り回されることも多く辛い状況でもあると思いますが、最終的には「自分はどう感じて」「どうしていきたいのか」が見えてくるまでは、結論を急がないで下さいね。


それすらも見えない・・ただ苦しいから早くこの状況を逃れたい・・という気持ちもありますよね。


どうか周りの方に支えてもらいながら、荒波が穏やかな波になるまで乗り切って欲しいと思います。


私もこうして記事を発信することで、少しでも支えになることができればと思いますにっこりflower*


(※10日から物件探しのため帰省をしているので、この記事は予約投稿となっています。)




<新HP>


花夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリング (夫の不倫が終わっている方向け)


最新記事矢印

こちら夫の不倫は終わったが、夫婦生活が戻らない

こちら夫の不倫による喪失感の深さ

こちら不倫の繰り返しを防ぐために(夫向け)

こちら夫に不倫のことを触れると逆ギレして聴いてもらえないとき

こちら再び夫が離れていくのが怖いとき

こちら溜め込むことは百害あって一利なし

こちら不倫をした夫は変わるのでしょうか?

こちら夫との関係性を元にもどすことができなくても・・

こちら夫への信頼度が強いほど、心の傷は深くなる

こちら不倫をした夫を許したい気持ちと許したくない気持ちの葛藤

こちら心を回復させる第一歩は~自己否定を手放すこと

こちら人は●●を変えない限り同じこと繰り返してしまう

こちら不倫相手への慰謝料請求に迷いを感じたときは



読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け)


いいね!(81)  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり


カウンセリングをしていてよくお聞きするのが、


妻「不倫相手に負けたと思うと悔しいです・・」


妻「不倫相手の方が好きでたまらないと思うんです・・」


という言葉です。


さて・・「本当にそうなのか?」ということに疑問を持ってみましょう。





誰でも夫が不倫をした時点で、


「私よりも、不倫相手の方が魅力があるからだ」


「私よりも不倫相手の方が好きなんだ」と感じます。


そう感じた瞬間は、女性として「負けてしまった・・」という敗北感を感じますよね。


でも、冷静になってきた頃によくよく考えてみると、全く違うことがわかります。



既婚男性と不倫を継続している段階で、本当に素敵な女性なのでしょうか?

真実・・・「自分さえ良ければいい」「自分が好きなんだからいいじゃない」と自分のことしか考えられず、想像力も欠如しています。


これが素敵な女性のすることですか?


●妻よりも不倫相手を選ぶということは、それだけ不倫相手には魅力があるのでしょうか?

真実・・不倫相手になってしまう方は、基本的に自分に自信がありません。自信がないからこそ、誰かと比べて優越感を感じたい欲求も強くなります。


それを手に入れるための手段は、人一倍長けています。男性を惹きつける能力とでもいいましょうか。


「1人では生きていけない」という孤独も抱えていますので、それを避けるためにありとあらゆる手段を講じます。そのために、男性を惹きつける「言葉」「しぐさ」は人一倍優れていると言えるでしょう。


ただ、本当に魅力的な人がすることでしょうか?


不倫期間が長いということは、それだけ不倫相手のことが好きでたまらないんだ

真実・・・本当に大切な人に「不倫」という不安定でリスクのある関係を長く強いるでしょうか?

不倫をしている期間は、不倫相手の未来はありません。誰かと巡り会えるチャンスも逃しています。


不倫相手が既婚者だった場合は、お互いに自分に都合の良い関係を続けるために「利用し合っている」ことの方が多いのです。



カウンセリングをしていると、不倫相手になる方の特徴として共通しているところがたくさん見えてきます。

 


中には、一対一でしっかりと向き合う強さがないために、結婚している男性を選んでいる方もいます。無意識的に選んでいる場合もあるんですね。


心の体力(力)がない方は、相手を好きになるほど「不安」も大きくなることがあります。


「いつか捨てられるのではないか?」「私のことを本当に好きなのだろうか?」と様々な不安が出てきます。


そうすると感情が常に揺さぶられるので、疲れてくるんですね。


だからこそ、一対一で向き合わなくてもいい「既婚男性」を無意識的に選ばれることもあります。


その男性の妻や家族を傷つけるから止めようという発想はあまりありません。


本当は心の底では誰かを強く求めているのに、自信がないために一対一で誰かと向き合う力がなく、結果、既婚男性と交際をし、そして「私はその程度の人間でいいんだ」とどんどん自分の価値を下げていっています。


「これが私にはふさわしいんだ」と。


本当に自信があって魅力がある女性は、いつも二番手と感じさせらる不倫という立場に身を置かないはずです。


妻よりも自分を選んでもらっている優越感を得たい欲求(自信がないために)と、一対一で真剣に人と向き合えないメンタル、反面、人一倍誰かに求められたいという想いが強い方が多いと感じます。


その手段として、過激な肉体関係も一つにあります。自信がない方ほど、目に見えないものを信じられないので、過激な肉体関係を持つことによって「必要とされている」実感を得ようとします。



不倫をする男性は、不倫をする段階ではメンタルが弱っている方が多いんですね。


その場合、「自分よりも弱っている女性を無意識的に選ぶことが多い」のです。


そもそもメンタルが落ちている男性は、魅力があって女性としても人としても素敵な人を選びません。


そのような人を選んでしまうと、自分の無力さを感じ、居心地も悪くなり優越感も感じられないからです。



ですから、今持っている妻の魅力を見失わないで欲しいんです。


不倫相手と比べて自分は劣っていると感じる必要はありませんよ。


妻が劣っているから、魅力がないから不倫に走るのではなく、夫自身のメンタルが弱っているがゆえに、メンタルが弱っている女性に走ってしまうのですから。


中にはちやほやされて調子に乗って不倫に走る方もいますが・・。


妻は今までとは違う何者かになる必要もなく、自分らしさを見失わないようにして下さいね。


不倫熱から目が覚めた方の多くは、「妻は悪くはない」と仰るのですから。


今までがんばってこられた自分、夫や家族を支えてきた自分をどうか見失わずに大切にしてあげて下さいね。




<新HP>


花夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリング (夫の不倫が終わっている方向け)


最新記事矢印

こちら夫の不倫は終わったが、夫婦生活が戻らない

こちら夫の不倫による喪失感の深さ

こちら不倫の繰り返しを防ぐために(夫向け)

こちら夫に不倫のことを触れると逆ギレして聴いてもらえないとき

こちら再び夫が離れていくのが怖いとき

こちら溜め込むことは百害あって一利なし

こちら不倫をした夫は変わるのでしょうか?

こちら夫との関係性を元にもどすことができなくても・・

こちら夫への信頼度が強いほど、心の傷は深くなる

こちら不倫をした夫を許したい気持ちと許したくない気持ちの葛藤

こちら心を回復させる第一歩は~自己否定を手放すこと

こちら人は●●を変えない限り同じこと繰り返してしまう

こちら不倫相手への慰謝料請求に迷いを感じたときは



読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け)


いいね!(91)  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり


いつもコメント下さる方、いいね!をして下さる方、本当にありがとうございますにっこり


読んで下さっている方がいること、読んで下さっている方の声を聴くことができると大変励みになります(#^.^#)。


10日から2週間ほど更新ができなくなりますので、時間を見つけては更新をしていきたいと思いますびっくりマーク(でも、1記事か2記事は、予約投稿していくかもしれません^^)


私は基本的に夫の不倫問題は「妻は悪くない」「妻に責任はない」と主張しています。


前回の記事 を読んでもらってもおわかりのように、「不倫をする側の心の問題」が大きいからです。


職場でのストレスや家庭でのストレスにおいて、一時的にメンタルが弱ってしまい、不倫に至ってしまう方もいます。


そのような方は、妻の苦しむ姿を見たり、自分がやってしまったことの罪の大きさを知ることで、心から反省し、それを行動に変えていくことができます。


サポートメールをお送りした後に、直接不倫をした夫側からメールをいただくこともあるのですが、その方々は本当に妻のことを大切に想っていて、自分のしたことを心から悔いています。


これからも罪を償い、妻の心が少しでも回復していけるようにと必死に行動に移されています。


一方で、「バレなければいいではないか」「安定した穏やかな生活だけでは満足できずに刺激が欲しい」「妻が苦しむことをわかっていながらも、不倫に手が出てしまう」という方は、根深い心の問題を抱えています。


認知の歪み、刺激や興奮が必要なほどストレスを抱えている、衝動性が抑えられない、理性のコントロールができない等の心の問題を抱えています。


これらは無意識にあるので、本人は気づいていないことがほとんどです。


このように、「妻が至らなかったから不倫」「妻に魅力がないから不倫」ではなく、夫側の心の問題が大きいんですね。


夫の不倫を「妻の責任」と捉えている以上は、夫の不倫問題に対処をすることが難しくなりますし、夫が不倫を止めても「良い妻」をがんばりすぎて心がボロボロになってしまいます。


例えば・・


「私の○○が至らないから、夫は不倫をしたんだ」と感じていると、心のどこかで「私も悪いんだから、夫に不倫のことを止めてと言えない」とのような気持ちが出てきて、適切な対処が難しくなるんですね。


「私の○○が至らないから、○○を治さない限りは、また夫は不倫をするのでは・・」という不安が大きいと、必要以上にがんばりすぎてしまい「本来の自分の姿」を見失ってしまいます。


心の底では「今の自分ではいけない」と禁止が多くなるので、どれだけがんばっても「心から満たされる」「心から安心」を得ることは難しくなってしまうんですね。


「がんばっている自分だから傍にいてくれるんだ」


「それなら、これから先もがんばり続けなければならない」


このような虚しさも出てきてしまいます。



夫の不倫が発覚すると自信もなくなりますので、どうしても今までの自分のあり方にも自信がなくなってしまうことがあります。


少しずつでも本来の自分を取り戻して、自分の問題と夫の不倫問題を切り離していくことが大切になります。(心の境界線といいます)


夫婦の問題は、夫の不倫問題が解決してから考えても遅くありません。


妻の心が回復してきて、お互いに気持ちの中で同じスタートラインに立てたときに、「じゃあ、これからどんな夫婦で生きていこうか」という気持ちが自然に芽生えたときでいいのです。


自分の心を守るためにも、適切に相手の問題に対処をするためにも「心の境界線を引く」ということは大きなキーになるでしょう。

 

人間関係においてのトラブルが長引くときというのは、この「心の境界線」が上手く引けていないことが多くあります。


ただ、親子関係や夫婦関係が一番「境界線を引く」ことが難しいんですけどね(^_^;)。



色々なことを考えすぎてしまうと心が疲れてしまいますので、目の前の問題を一つ一つクリア(乗り越える)していく気持ちで進んでいって欲しいと思います。


夫の不倫問題が渦中のときの妻の心理状態と、夫の不倫が終わった後の妻の心理状態はまた変わっていきますからね。


その都度、その時の感情や行動を大切にして下さいねflower*



<新HP>


花夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリング (夫の不倫が終わっている方向け)


最新記事矢印

こちら夫の不倫は終わったが、夫婦生活が戻らない

こちら夫の不倫による喪失感の深さ

こちら不倫の繰り返しを防ぐために(夫向け)

こちら夫に不倫のことを触れると逆ギレして聴いてもらえないとき

こちら再び夫が離れていくのが怖いとき

こちら溜め込むことは百害あって一利なし

こちら不倫をした夫は変わるのでしょうか?

こちら夫との関係性を元にもどすことができなくても・・

こちら夫への信頼度が強いほど、心の傷は深くなる

こちら不倫をした夫を許したい気持ちと許したくない気持ちの葛藤

こちら心を回復させる第一歩は~自己否定を手放すこと

こちら人は●●を変えない限り同じこと繰り返してしまう

こちら不倫相手への慰謝料請求に迷いを感じたときは



読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け)


いいね!(68)  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり


前回の記事(不倫問題と夫婦問題を一緒にしないこと )にて、不倫をした男性からコメントをいただきましたので、今日は不倫をしていた(している)男性向けに発信させていただきますね。





不倫をして妻に発覚してしまった男性であれば、どれだけ妻が苦しい思いをされるかわかると思います。


その際に、「妻が怖い」「妻が豹変した」などと表現される方も一部いますが、それだけ「心が殺されてしまった」ということです。


それは、図り知れないほどの壮絶な心の痛みなのです。


信じていた部分が大きければ大きいほど、感情の「落差」も大きくなりますので、PTSD(心的外傷後ストレス障害)になってしまう可能性も十分にあります。


そこからは地獄のような苦しい日々になります。


そのような妻を目の当たりにしても、それでも「快楽が忘れられないから、バレなければいいのではないか」「生きていくためには、不倫相手も必要」と過ぎってしまうのであれば、根本的な心の改善が必要になっていきます。


気の迷いで一度だけ不倫をしてしまった・・というタイプとは全然違ってきます。


興奮や快楽を「脳」が依存レベルで覚えてしまったということです。


やっていはいけないと思っていても、ついやってしまう。


これは、どのような依存性にも当てはまります。



昨日、テレビで「窃盗症」の女性について取り上げられているのを観ました。


その女性は「やってはいけない」と強く感じながらも、衝動的に万引きをしてしまっていました。


何度か逮捕されるのですが、どうしても盗んだ瞬間の刺激や快楽を忘れられない。


頭で意識するよりも、商品を見た瞬間に「手が出てしまう」という「依存症」になってしまいました。


このようになってしまうと、意識をして「やめる」ということはできません。


無意識レベル(ついやってしまう部分)の改善が必要です。


根っこには、深い心の問題があります。



不倫をしたら「どうなるのか?」ということがわかっていながらも、「刺激や興奮が忘れられない」「バレなければいいのではないか」「生きていくためには愛人は必要」と感じる方は、徹底的に自分の心の問題と向き合っていく必要があります。


興奮や刺激が依存レベルにまで達している場合は(それがないと生きていけない)、その衝動が収まるまでは代替刺激(女性以外の代わりの刺激)も必要です。


代替刺激については、他の依存症にならないために、健全な形で発散できるものですね。 


「バレなければいいのではないか・・」と感じる場合は、本当にそれでいいのか?結局はバレるのではないか?バレたらまた同じことを繰り返す(妻を苦しめ、自分も苦しむ)のではないか?とのように、まずは「歪んでしまっている認知」を修正していく必要もあります。


本気で不倫癖を治したい、妻のことを大切にしていきたいと思うのであれば、現実からも自分の心からも目を背けずに、自分に向き合っていきましょう。


私は不倫をされた妻の心をサポートさせていただいていますが、夫が本気で反省をし、改善を必要としている場合は、夫に対して妻を経由してサポートメールを送ることもあります。(必要とされている場合、一度のみ)


それだけ不倫問題というのは、「不倫をした側の改善」が必要なのです。


本当に妻のことを大切に想うのであれば、二度と不倫を繰り返さないための対処や、自分自身も含めて二度と苦しい思いをしないための改善が必要なのではないでしょうか?


夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック 」では、夫自身が根本的な改善ができるように、夫自身が取り組む対処法(二度と不倫を繰り返さないために)を載せています。


実践し改善されている方も多くいますので、本気で自己改善をしたい方はぜひ活用してみて下さいね。




<新HP>


花夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリング (夫の不倫が終わっている方向け)


最新記事矢印

こちら夫の不倫は終わったが、夫婦生活が戻らない

こちら夫の不倫による喪失感の深さ

こちら不倫の繰り返しを防ぐために(夫向け)

こちら夫に不倫のことを触れると逆ギレして聴いてもらえないとき

こちら再び夫が離れていくのが怖いとき

こちら溜め込むことは百害あって一利なし

こちら不倫をした夫は変わるのでしょうか?

こちら夫との関係性を元にもどすことができなくても・・

こちら夫への信頼度が強いほど、心の傷は深くなる

こちら不倫をした夫を許したい気持ちと許したくない気持ちの葛藤

こちら心を回復させる第一歩は~自己否定を手放すこと

こちら人は●●を変えない限り同じこと繰り返してしまう

こちら不倫相手への慰謝料請求に迷いを感じたときは



読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け)

いいね!(42)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり


前回の毒舌?記事について紹介をして下さった方々、コメントを下さった方々本当にありがとうございますflower*


「同じ気持ちを抱えている人がいる」ということが伝わって嬉しいです。





最近、またテレビで不倫問題が報道されている「乙武」氏。


教育関係にも携わっていた方だけに、ショックも大きいですね。


そこで妻の方から謝罪コメントもあったのは、本当に驚きました。


「妻である私にも責任がある」


はい??Σ(゚д゚lll)


かなり驚くと同時に、また変な風潮が広がらなければいいのだけど・・と不安になりました。


不倫をする人は、妻がどれだけ完璧な人でも不倫をします。


不倫をしない人は、妻がどれだけわがままを言っても不倫はしません。


今まで何千件という不倫問題を見てきた私としては、断言できます。


最終的に不倫に走るのは、夫の責任です。妻には何の責任もありません。



たとえ、夫が不倫に至る前に夫婦の関係性が悪かったにしても、「不倫に走ったという行動」については、夫に全責任があります。


夫婦生活を送っていくと、それは誰でも不満が生じますよ。全く不満を持っていない夫婦なんていないのではないでしょうか?


不倫に走る夫は、「妻からの愛情を感じられていなかったから」「妻が夜の生活に応じてくれなかったから」(たった1回でも)などの正当な理由を訴えてきますが、それで不倫をしてもいいことにはなりません。


最近、拝読させていただいているブログのコメント欄で不倫をしていた夫側が「妻が愛情をかけてくれたら、不倫に走りたいという気持ちは出ないはず。だから不倫をされる奥さんにも問題がある」とのようなことを仰っていました。


はい??Σ(゚д゚lll)


不倫をしていた(している)人は、「妻が○○だったから」と思い込みたいのでしょうね。自分の行動を正当化するために。


いくら夫婦生活がなくて不満だったとしても、夫婦の関係性がギクシャクしていても、そこでお互いにとことん話し合って向き合う努力を「なぜ飛ばす」のでしょうか?


それは、向き合おうとしない側の問題でもあり、そこでとことん話し合った結果、夫婦としてはもう難しい・・と感じたなら、なぜ不倫をする前に離婚をしないのでしょうか?


勝手に不満を溜められて(妻にぶつけることもせず)、勝手に不倫をされる方が、離婚をされる何倍も傷つき、心を殺されるということがなぜわからないのでしょうか?


なんだか取調室の尋問みたいになってきました(^_^;)。


人間なので100歩譲っても間違いは犯すことはあるかもしれません。


ただ、自分が不倫をした理由を正当化するために「妻に責任をなすりつける」のは止めましょう。


不倫に至る前に感じていた不満や問題があるのであれば、きっちりと不倫問題にけじめをつけ、心から反省・謝罪をし、妻が再び「夫とやっていきたい」という気持ちが芽生えたときに、夫婦のこれから先のことを考えていけばいいのです。


夫婦の問題と、不倫問題をごっちゃにしないようにして下さいね。



世の中の風潮は、まだまだ「被害に遭った方が避難される」傾向があります。


例えば、道を歩いているときに見知らぬ男性に襲われた。


これだけでも、PTSD(心的外傷後ストレス障害)になり得る出来後なのです。


そこで意を決して周りに相談をしたら、「あなたにも隙があったんじゃない?」「露出の多い服を着ていたんじゃない?」なんてことを無神経に仰られる方もいます。


こんなことを言う人がいるから、なかなか被害届けも出せないんですよ。


このようなことを無神経に仰る方は、過去に同じような経験をして「自分にも非があったからだ」と思い込んでいるか、何も経験していないが「相手の問題行動には自分にも責任がある」と思っている方です。


不倫の相談をしても、「あなたにも至らないところがあったんじゃないの?」と言われることはありませんか?


特に、親や義父母の方に。


きっとその方たちは、「夫が不倫をするのは、私にも非がある」と思い込んでいるのではないかと思います。


心の中で自分を蔑んでいるのではないでしょうか。


このような無神経な言葉は、ストレートに受け取ってしまわないようにして下さいね。



心が深く傷つけられているのに、周りにも傷つけられてしまうことも多い不倫問題。(性犯罪も含めて)


だからこそ、少しでもこの認識が世の中に届くことを願うばかりです。


これ以上、妻が自分の価値や自尊心を失うことがありませんように・・。





<新HP>


花夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリング (夫の不倫が終わっている方向け)


最新記事矢印

こちら夫の不倫は終わったが、夫婦生活が戻らない

こちら夫の不倫による喪失感の深さ

こちら不倫の繰り返しを防ぐために(夫向け)

こちら夫に不倫のことを触れると逆ギレして聴いてもらえないとき

こちら再び夫が離れていくのが怖いとき

こちら溜め込むことは百害あって一利なし

こちら不倫をした夫は変わるのでしょうか?

こちら夫との関係性を元にもどすことができなくても・・

こちら夫への信頼度が強いほど、心の傷は深くなる

こちら不倫をした夫を許したい気持ちと許したくない気持ちの葛藤

こちら心を回復させる第一歩は~自己否定を手放すこと

こちら人は●●を変えない限り同じこと繰り返してしまう

こちら不倫相手への慰謝料請求に迷いを感じたときは



読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け)


いいね!(88)  |  コメント(18)  |  リブログ(0)