夫にナイショの離婚講座~知らないとヤバい夫婦の話をカウンセラーがこっそり伝授

人には言えない「夫疲れ」にじんわりと効く、カウンセラー書下ろしの読むサプリメントはいかがですか。


テーマ:
【クライアントさまの声】中西さんは相手によって言うことが違うじゃありませんか
こんにちは\(*^^*)/

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。





【クライアントさまのお声】


「母に届いたメールを見せてもらったときには、中西さんは相手によって言うことが違うと思いましたが、そういう意図があってのことだったのですね。

相手によって同じことを言っている方が不誠実だわと納得できました。

これからも、私は私の課題を母は母の課題を取り組んでいこうと二人で話したところです。




(Iさまのお声)


※クライアントさまのご許可をいただき、実際のカウンセリングのやりとりの一部を掲載させていただきました。






私のカウンセリングは、母娘で受けてくださっている方が何人かいらっしゃいます。

Iさんも、その一人。

先に娘のIさんがお受けくださっていて、夫婦問題に悩むお母様にも勧めてくださったんです。

Iさんのお母さんは、ご主人(Iさんのお父さん)に対して

「○○してくれない」

という不満を沢山抱えてこらえた方でした。

満たしてもらいたいのに満たしてもらえずに、ずっと苦しんでこられたのですね。

その苦しさから抜け出すためには、「自分から」がキーワードになります。

自分から与える、自分から近寄る、自分から行動する・・・

そんな感じ。

ところが娘のIさんには

「ご主人と一緒にやりましょうね」

というようなお話をさせていただいていました。

Iさんは、幼い頃から人に頼らない生き方を選んできた女性です。

ご両親の夫婦仲が昔から思わしくなく、頼りたいとか甘えたいと思っても親御さんへの遠慮から自力で何とかしようとして踏ん張って生きてきたのです。

でもその生き方がパートナーシップにおいては、あまり良い方向に作用しませんでした。

何でも自分で抱え込み、一人でやってしまうので、ご主人が自信を失ってしまったんです。

Iさん自身も一人で抱え込みすぎて自分をすり減らしてしまったり、孤独を感じていたりして辛かったようです。

その場合の抜け道になるのは、「一緒に」なんです。


あるとき、Iさんとお母さんは、私から届くカウンセリングメールを見せ合いっこしたそうです。

そして同じ夫婦問題なのに、なぜ言ってることが違うのか、相手によって言うことが違うのはおかしいんじゃないのかと思われたそうです。

ですから、Iさんが今いるステージ、お母さんが今いるステージを説明し、それぞれの課題(抜け道)をお話させていただきました。

ひとくちに夫婦問題といっても、そして、たとえ母娘であっても、それぞれの状態によって取り組むことは違います。

ポイントは問題を見るのではなく、自分のステージを見極めること。

例えば同じ「浮気問題」に悩んでいても、その人のいるステージによって取り組むことは違うということです。




あなたのステージにあった抜け道を見つければ、あなたも自分で解決することが可能です。

もし自分一人では難しいなと感じるときには、カウンセリングをご利用になってみてくださいね(^^♪



【ふぃ~めぇる・みしまからのお知らせ】


事務局の営業は午前中のみとさせていただきます。

午後にいただいたお問い合わせへの返答は、翌営業日の午前中にさせていただきます。

振込み確認は、午前中のみとなりますので、午後に着金した分の確認は翌営業日になります。

尚、カウンセリングは通常通りのスケジュールで返信しています。


返信スケジュールはコチラ



すべての女性をヒロインに
ふぃ~めぇる・みしま  中西由里 でしたドキドキ





■ おしらせ ■

ベル自宅でこっそりカウンセリングが受けられます

(営業時間:9:00~18:00 ・ 定休日:日曜日 )


●海外からのお申込みはコチラ




ベルメルマガ ” 読んで鍛える「夫婦の絆」と「離婚テク」 ” まぐまぐで配信中です。
メルマガ登録はこちらから






























いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
アメリカからご感想をいただきました
こんにちは\(*^^*)/

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。





【クライアントさまのお声】


いつもあたたかいメールにホッとします。

日本と繋がっていられる感じがします。

親戚中から猛反対されて結婚したので、悩んでいるとか困っていると言うのは負ける気がして・・・


私と彼があまりにも違いすぎて、とても悲しかったのですが、その違いがわかっていることが強みだと言っていただけて、励みになりました。

国の違いを言い訳にしていたんだなって思います。

幻想ではない、本当の彼を見ることが出来るって思ったら、これまで何を悩んでいたのかと、メールを読みながらクスっと笑ってしまいました。

こんなふうに笑うのって、久しぶりです。

自分でも気もちが明るい方へ向いているような感じがします。

彼の嫌なところしか見えなくなっていたけれど、きっとゆりさんの言うように、自分の気もちが明るくなると、彼のいいところが見えるようになっていくんだろうなと思います。





(Kさまのお声)




※クライアントさまのご許可をいただき、実際のカウンセリングのやりとりの一部を掲載させていただきました。







Kさまは、アメリカ在住の日本人女性です。

メールでのカウンセリングですと、時差を気にすることなく、遠くにいる方とも繋がれて便利ですね(^^♪

そんなわけで、海外からのお申込みもお受けしています。


海外からのお申込みについては、こちらをご覧くださいね(^^♪



国際結婚されたクライアントさま(日本で暮らしている方も含みます)のお話を伺ってみると、夫婦間でぶつかる大きな壁は、文化の違い。

予想以上に高く立ちはだかる壁です。

あまりの違いに心が折れてしまいそうになる方もいらっしゃるのですが、これは相手の国籍にかかわらず直面する問題なんです。

でも、違うということがわかっているというのは悪いことではないんです。

人は好きな相手には

「私と同じであって欲しい」

と思うもの。

だから、勝手に期待して、期待が外れると

「裏切られた」

「信じてたのに」

って打ちひしがれてしまうんです。

そのとき、実は相手の本当の姿を見ていません。

彼の姿をした私の幻想を見ているんです。

「私と同じではない」

ということに気づくまでに何十年もかかる人もいます。

「同じじゃないのは、私を愛していないから」

と思ってしまう人もいます。

そうしている間は、本当の意味で親密な関係を築くことは難しいです。

その点国際結婚は、最初から「私たちは違うよね」ということをある程度覚悟して結婚しますから、腹の座り具合が違います。

もちろん、文化の違いはショッキングなものが多いので、振り回されてしまうこともありますが、不安な気もちを小出しにしてストレスを溜めないようにすれば、ちゃんとやっていける方が多いです。


ところが、周りにお友だちを作ることが難しいと、孤独なままストレスを抱え、どんどんネガティブになっていってしまいます。

ネガティブになっているとき、人は相手の良い面を見ることが難しくなります。

「こんなイヤなヤツとどうして結婚したんだろう」

ってイヤな面ばかり見てしまうようになります。

そして、覚悟を決めて暮らし始めた異国の地を、イヤな所に感じてしまいがちです。

感情一致効果というのですが、人は自分の心の状態がネガティブなときには、イヤな面や辛いことにばかり意識が向いてしまうんです。

最初は小さな不安だったのに、いつのまにか

「もう、こんなところでこんな人と一緒にいるなんて、イヤ!でも、日本には帰れない」

みたいになってしまうんですね。


繰り返しになってしまいますが、不安な気もちを小出しにして、ストレスを溜めないようにすることがとても大事です。

周りに気もちを打ち明ける相手がいないときには、メールカウンセリングをご利用になってみてくださいね(^^♪



話は変わりますが、昔、嫁ぎ先がビックリするほど田舎で(といっても同じ県内だったのですが)、男尊女卑が酷く、過去にタイムスリップしたかのように感じたものです。

その土地にどうにか馴染むために

「ここは外国だと思って割り切ることにしよう」

と思ったのですが、実際海外で暮らすクライアントさまのご苦労をお聴きすると、私は随分甘かったなと思います(^。^;)




すべての女性をヒロインに
ふぃ~めぇる・みしま  中西由里 でしたドキドキ




●最新動画「モテ子レッスン4.愛を受け取るエクササイズ」はコチラからどうぞ



「エキサイトお悩み相談室」で電話相談をお受けしています
*平日の11時~14時の間で待機しています。メールが苦手な方は、ぜひ(^^♪

・専門家ProFileでコラム執筆中です(^^♪
*「オールアバウトプロファイル」は2013年4月より「専門家ProFile」に名称が変わりました。


■ おしらせ ■

ベル自宅でこっそりカウンセリングが受けられます

(営業時間:9:00~18:00 ・ 定休日:日曜日 )


●海外からのお申込みはコチラ




ベルメルマガ ” 読んで鍛える「夫婦の絆」と「離婚テク」 ” まぐまぐで配信中です。
メルマガ登録はこちらから














いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
【ご感想】これさえ手に入れば幸せだと思っていました
こんにちは\(*^^*)/

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。




メールマガジンにご感想をいただきました。

ご本人さまのご好意により、匿名で、みなさまに紹介させていただきます。





「今週のメッセージ、楽しみにしています。

今回のメッセージも、ドキッっとしましたー!



“パートナーシップでは、かつて

「これさえ手に入れれば幸せになれる」

と思っていたものが、いずれあなたを苦しめる時期があるのです。”


って、まさに今の私そのものです。

彼と結婚すれば幸せになれると思っていました。

でも、その彼の存在が、今私を苦しめています。

しかもその原因が自己嫌悪だったなんて、、、ダブルでショック(笑)

私、自己嫌悪のかたまりだったのですねー。

自分に慈愛の気もちを持つということは、今週だけでなくこれからの私のテーマになりそうです。

来週のメッセージも楽しみにしています。」







去年の年末から、メールマガジンで【今週のメッセージ】というものを配信しています。

女性が女性として幸せになるためのちょっとしたヒントになっています。

毎週月曜に配信予定です。

ご興味のある方は、ご登録くださいませm(_ _)m







すべての女性をヒロインに
ふぃ~めぇる・みしま  中西由里 でしたドキドキ




「エキサイトお悩み相談室」で電話相談をお受けしています
*平日の11時~14時の間で待機しています。メールが苦手な方は、ぜひ(^^♪

・専門家ProFileでコラム執筆中です(^^♪
*「オールアバウトプロファイル」は2013年4月より「専門家ProFile」に名称が変わりました。


■ おしらせ ■

ベル自宅でこっそりカウンセリングが受けられます

(営業時間:9:00~18:00 ・ 定休日:日曜日 )

ベルメルマガ ” 読んで鍛える「夫婦の絆」と「離婚テク」 ” まぐまぐで配信中です。
メルマガ登録はこちらから

















いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
夫婦の親密度がアップする週間メッセージ
こんにちは\(*^^*)/

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。




メルマガにご感想をいただきました(^^♪

ご本人さまの承諾をいただきましたので、紹介させていただきます。




【ご感想】



今週のメッセージ、まさに今の私にピッタリなメッセージで驚きました。

痛いところを突かれてしまったような感じ?

「ありがとう」の言葉が大切なのは知っていましたが、夫婦間で主導権争いをしていたから、素直に伝えられなかったんだとわかりました。

実はまだ意地を張って(?)言えないのですが、挑戦していきたいと思っています。

ところで、この「今週のメッセージ」って、来週もあるのですか?

ゆりさんのお告げに従って1週間を過ごしているうちに、夫との関係が良くなりそうな気がするので続けて欲しいです。



(Nさまのお声)


*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆



お告げってほどでもないんですけどね(^。^;)

メルマガに「夫婦の親密度をアップするためのウィークリーメッセージ」というものを書いてみたんです。

先週のメッセージは

「あえて感謝をしてみましょう」

というものでした。


ちょっとした思いつきで書いてみたのですが、ご好評いただいているので、次号でも書いてみたいと思います。

明日配信予定ですので、ご興味のある方はご登録くださいませm(_ _)m




すべての女性をヒロインに
ふぃ~めぇる・みしま  中西由里 でしたドキドキ




「エキサイトお悩み相談室」で電話相談をお受けしています
*平日の11時~14時の間で待機しています。メールが苦手な方は、ぜひ(^^♪

・専門家ProFileでコラム執筆中です(^^♪
*「オールアバウトプロファイル」は2013年4月より「専門家ProFile」に名称が変わりました。


■ おしらせ ■

ベル自宅でこっそりカウンセリングが受けられます

(営業時間:9:00~18:00 ・ 定休日:日曜日 )

ベル年末年始営業のご案内

ベルメルマガ ” 読んで鍛える「夫婦の絆」と「離婚テク」 ” まぐまぐで配信中です。
メルマガ登録はこちらから

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
【ご感想】私たちは釣り合わない夫婦だと思っていました
こんにちは\(*^^*)/

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。




【クライアントさまのお声】


「夫は友だちも多いし、それに比べて私は友だちと呼べる人もいませんから、ずっと私たちは釣り合わないと思っていました。

いつでも大勢の人に囲まれている夫をいつも見上げていたと思います。

でも、引け目を感じなくてもよいのですね。

まさか夫が私と同じ課題を持っているとは思いませんでしたが、釣り合わないからと遠慮しないで堂々といきたいと思います」




(Tさまのお声)


※実際のカウンセリングのやりとりをクライアントさまのご許可をいただき掲載させていただきました。




夫婦は、不思議と共通の課題や、よく似た痛みを持っていることがあります。

Tさまご夫婦は、ご主人が社交的な方。

Tさまは一人でお家で過ごす時間が多い方です。

まるで正反対のようなお二人ですが、実は共通の課題をお持ちでした。


ご主人は確かにお友だちが多いですが、Tさまのお話を伺う限り、一人ひとりに心を開いているような様子はありません。

広く浅くというか、ただただ友だちの人数をかき集めているような感じでした。

とても魅力的な方のようで、人を惹きつける才能をお持ちです。

だから女性にもよくモテるとのことでした。

ですが新しい友人知人をとっかえ引っ変えするような感じで、Tさまもよく

「アイツのことはもう切った」

と友だちのことを突然切り捨てるような言葉をご主人から聞いていたそうです。

ご主人は、人間関係で傷つくことを怖れるあまり、自分と人との間に防壁を築いていたようです。

周りにはいつもお友だちがいて賑やかですので、とてもそうは思えないでしょう。

もちろん、ご主人も気づいていないと思います。

人に囲まれることで、ご主人も高く積み上げた防壁の存在を認めずに済むのですから。


一方のTさまも、人間関係で傷つくことを怖れていました。

ですから人とは極力関わらず、家で本を読み耽ったり、ネットの世界に入り浸り、そこで距離を保てる人間関係を築くことが続いていたと言います。

Tさまにとって、ご主人はキラキラと眩しく見えたとのこと。

そして、こんな自分はいずれ捨てられるのだという怖れとも戦っていたようです。

そのため、自分のことを後回しにして、ご主人の気にいるようにしようと頑張ってこられました。

そうやって頑張っても

「私は夫とは不釣合だから、身をひいた方がいいのではないだろうか」

と思うことも多かったそうです。

でも、お二人が同じことを怖れ、同じ課題を持つことを知ったことで、ずっと見上げていたご主人と対等な立場になれたように感じたそうです。


今、Tさまは自分で自分を認めるということに取り組んでいらっしゃいます。

時間はかかるかもしれませんが、自分を後回しにしてまでご主人に認められようとすることから抜け出せる日が来ると信じています。







【本日発売】


サンデー毎日に掲載されました。



【ただいま募集中】

●あなたの時代が来ると信じて、今から準備しておきましょう。

12月2日「スクールでは教えてくれないメールカウンセラー実務講座」お申込み受付中です(^^♪





すべての女性をヒロインに
ふぃ~めぇる・みしま  中西由里 でしたドキドキ




「エキサイトお悩み相談室」で電話相談をお受けしています
*平日の11時~14時の間で待機しています。メールが苦手な方は、ぜひ(^^♪

・専門家ProFileでコラム執筆中です(^^♪
*「オールアバウトプロファイル」は2013年4月より「専門家ProFile」に名称が変わりました。


■ おしらせ ■

ベル自宅でこっそりカウンセリングが受けられます

(営業時間:9:00~18:00 ・ 定休日:日曜日 )


ベルメルマガ ” 読んで鍛える「夫婦の絆」と「離婚テク」 ” まぐまぐで配信中です。
メルマガ登録はこちらから




いいね!した人  |  リブログ(0)