夫にナイショの離婚講座~知らないとヤバい夫婦の話をカウンセラーがこっそり伝授

人には言えない「夫疲れ」にじんわりと効く、カウンセラー書下ろしの読むサプリメントはいかがですか。

文句が多い夫
こんにちは\(*^^*)/

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。




文句が多い夫にお悩みの女性は少なくありません。

妻のやり方にいちいち文句。

子どもにも褒めずに、文句、文句。

テレビを見ても

「下手クソだな、よくこれで歌手になれたもんだ」

「偉そうなコメントぬかしやがって」

「こいつ、政治家に向いてねぇよ」

と、とにかく口を開けば罵詈雑言のオンパレード。

こんな状態の夫と一緒の空間にいるのは、気分が悪くなりますよね。



「夫から褒められるように頑張っているんですけど、うまくいきません」


このようなお悩みをお聴きすることがあるのですが、自分が頑張ることで褒められようとするやり方では、残念ながらうまくいきません。


文句が多い夫が抱えている問題は、「自己否定感」によるものです。

多くの場合、文句が多い夫は、自己肯定は傲慢だという家庭で育っています。

自己否定することを謙虚や美徳とはき違えている親のもとで育っているんです。

そのため自分を肯定できず、自分のことをとても惨めに感じています。

そして、そんな惨めさを感じなくても済むためにどうにかして「特別さ」を感じようとします。

そのやり方の一つが「文句」です。

誰かの文句を言っている間は、自分の方がマシな人間のように感じられます。

文句を言えば言うほど、周りの人たちが愚かで至らなくてどうしようもないクズに思えて、それに比べて自分はなんて特別なんだろうと思えるのです。

もちろん私たちは皆、特別な存在です。

でも、ここでいう「特別さ」というのは、「私だけが特別」という不健全なものです。

私だけが特別優れている、とか、私だけが特別に可哀想とか、そんな感じ。


特別さによって、人は自分を認めてもらおうとしたり、注目してもらおうとしたりします。

特別さを通じて、愛を得ようとしているのですね。

このやり方を持つ人は、子ども時代に沢山傷つき、苦しんだということを伺い知ることができます。

親から褒められもせず、自己否定感を抱き続けてきたのですからね。

その状態の人に

「わたし、こんなに頑張ってるから褒めて~」

って要求しても、上手くいかないですよね。

だって夫は誰かに文句を言っている瞬間しか、自分を肯定できないくらい強い自己否定の持ち主なのですから。

誰かを褒めたりしたら、自分が惨めでどうしようもなくなってしまいます。

でも、夫って、そんなにどうしようもない人なのでしょうか?

いいえ、そうじゃないと思います。

そもそも、夫の自己否定感は、その親が自分の自己否定感を和らげるために子ども時代の夫に文句を言い続けてきた結果です。

親から受け継がれただけであって、もともとは親の持ち物だったんです。

夫には、本人でさえ気づいていない素敵なところが沢山あるはずです。

本来は、誰かに文句を言うというやり方を採用しなくても、自分を肯定できていいはずの人なんです。

夫が自分を肯定できるように、夫の素敵なところを伝えてあげたり、夫の存在を喜ぶことが妻にできることなんじゃないかと思います。

もし、あなたが文句ばかりの夫と一緒に暮らしていきたいと思うのであれば

「自分には価値がなくて、誰からも愛されない」

という苦痛を打ち消すために文句を言わずにはいられない夫に

「あなたはとても大切な人です」

と伝え続けると決意することです。






【ふぃ~めぇる・みしまからのお知らせ】


事務局の営業は午前中のみとさせていただきます。

午後にいただいたお問い合わせへの返答は、翌営業日の午前中にさせていただきます。

振込み確認は、午前中のみとなりますので、午後に着金した分の確認は翌営業日になります。

尚、カウンセリングは通常通りのスケジュールで返信しています。


返信スケジュールはコチラ



すべての女性をヒロインに
ふぃ~めぇる・みしま  中西由里 でしたドキドキ





■ おしらせ ■

ベル自宅でこっそりカウンセリングが受けられます

(営業時間:9:00~18:00 ・ 定休日:日曜日 )


●海外からのお申込みはコチラ




ベルメルマガ ” 読んで鍛える「夫婦の絆」と「離婚テク」 ” まぐまぐで配信中です。
メルマガ登録はこちらから



























いいね!(24)  |  リブログ(0)
夫のココがストレスだ
こんにちは\(*^^*)/

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。




昨日の出来事です。

パソコンを使おうとしたら、Windows10へのアップグレードが始まっていました。

私はそんなこと、これっぽっちも望んでいませんでしたので、私の意思に関係なくこんなことになってしまって、とてもストレスを感じました。

そうなんですよね。

人はして欲しくないことをされるとストレスを感じるんですよね。

逆にして欲しいことをしてもらえないというのも、ストレスを感じるポイントだったりします。

この2つのストレスは、夫に対して感じやすいものです。

パートナーシップの初期の頃は、「して欲しいのにしてもらえないストレス」を感じることが多いように思います。

そのうち

「ああ、この人ってこういう人なんだ」

と相手に対して諦めの気持ちが出てくる頃になると「して欲しくないことをされるストレス」の方を感じる場面が増えてくるように思います。

「あなたには、もう何の期待もしていないから、せめて余計なことはしないでよ!」


こんな感じになってしまっているのでしたら、そのモヤモヤは言葉掛けひとつで、ある程度楽になれます。



「チっ!余計なことしやがって!!あんたは黙って給料を運んでくれば、それでいいんだよ!」

と思ったら

「あ、やってくれたんだ(^^♪」

と言ってみましょう。

出来そうであれば、「ありがとう」の一言も添えてみてくださいね。

そのとき、夫の表情を見てみてください。

口では「あ~」とか「う~」ぐらいしか言わないかもしれませんが、ちょっと口元が緩んだり、かすかに目がニヤケたりしてませんか?

あなたが嬉しく受け取ることで、あなたは夫に愛を与えることができるんです。

人の本質は愛ですから、しんどいときほど与えることでいい気分になっていくんです。

たぶん、あなたもやってみると、その「いい気分」を味わえると思います。

でもそのすぐあとに

「でもさ、して欲しくないのに何で私がありがとうなんて言わなきゃいけないの?ありがとうなんて言っても、いい気にさせるだけじゃない?」

というような心の声が聞こえてくるかもしれません。

その声に従いたい衝動に駆られるかもしれませんが、最初に感じたいい気分の方を信じてみてください。

「私はいつもありがとうって言ってるのに、私のストレス、増える一方ですけど?」

という方は、その言葉に感情が伴っているかどうか、振り返ってみてください。

おそらく感情をブチっと断ち切って、ありがとうと言っていると思いますよ。

ポイントは「嬉しく受け取る」です。

騙されたと思って、やってみてください。





【ふぃ~めぇる・みしまからのお知らせ】


事務局の営業は午前中のみとさせていただきます。

午後にいただいたお問い合わせへの返答は、翌営業日の午前中にさせていただきます。

振込み確認は、午前中のみとなりますので、午後に着金した分の確認は翌営業日になります。

尚、カウンセリングは通常通りのスケジュールで返信しています。


返信スケジュールはコチラ



すべての女性をヒロインに
ふぃ~めぇる・みしま  中西由里 でしたドキドキ





■ おしらせ ■

ベル自宅でこっそりカウンセリングが受けられます

(営業時間:9:00~18:00 ・ 定休日:日曜日 )


●海外からのお申込みはコチラ




ベルメルマガ ” 読んで鍛える「夫婦の絆」と「離婚テク」 ” まぐまぐで配信中です。
メルマガ登録はこちらから


























いいね!(18)  |  リブログ(0)
夫から拒絶されていると感じるのは・・・
こんにちは\(*^^*)/

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。




先週、小学校でやらせていただいた子育て講座では

「お母さんの孤独を癒す」

ということをメインにお話しさせていただきました。


人は孤独を感じると、誰かや何かに執着します。

子育て中のお母さんに多いのは、我が子への執着です。

我が子に執着した状態で子育てすると、どうしても過保護、過干渉に偏りやすいです。

ですから、お母さんが孤独を癒すことが子育てにはとても重要なんですね。



講座では、孤独を癒すための手段をいつか紹介させていただいたのですが、そのうちのひとつが夫に自分から近づいていくというものです。

でも、仕事から帰ってきた夫に

「ねぇ、ねぇ。今日、こんなことがあってね」

と話を聞いてもらおうとしても、聞いているんだか聞いていないんだか、気のない返事が返ってくるばかりで、傷ついてしまうという女性も少なくありません。

話しかけているのに、反応が薄い。

これを女性は「拒絶された!」と捉えることが非常に多いです。

でもね、「拒絶は投影」っていいますから、本当に拒絶していたのは妻の方なんです。


そもそも、夫の反応が薄くて「拒絶された!」と傷つくのは、もともと拒絶されることに対して怖れを抱いていた可能性があるからなんです。

そして、過去の経験から「私は拒絶されるに相応しい」という間違った思い込みをしていることもあると思います。



怖れを感じると、人は自分の心をあの手この手で守ろうとします。

でも、その防衛的な振る舞いは、自分が怖れている状況を引き起こすことになるんです。

例えば拒絶を恐ている人は、自分の心を守るために淡々とクールに振る舞うことがあります。

夫に対して淡々とクールに振る舞い、夫との接点を必要最小限に抑えることで、自分が傷つくリスクを減らそうとするんですね。

でもそれは、夫にしてみれば、「妻が俺を拒絶している」ように感じるんです。

そして

「お前のためにこんなに一生懸命働いてきているのに、そりゃないよ」

と、傷ついた夫は妻を拒絶するようになっていきます。

つまり、妻が怖れていた「拒絶される」という事態を自分で招いてしまうということですね。




「え~、でもでも。そもそも夫が話を聞いてくれないのが悪いんじゃない?」

と思う人もいるかもしれません。

でも、男性には仕事で張り詰めたマインドを緩める時間が必要なんです。

その時間に話しかけられても、ちゃんとした返事が出来ないんです。

その時間はテレビを見たり、スマホをいじったりしているので、妻にとっては夫が自分を拒絶し、家のことに無関心で、非協力的であるかのように見えるかと思いますが、そうじゃありません。

ただ、何ていうか、お仕事モードからご自宅モードに切り替えるための儀式が必要なんです。

言ってみれば、これはスポーツ選手のルーティーンのようなもの。

ですからこれを邪魔すると、その後のパフォーマンスに影響してしまうんです。

「あたしのことなんて、どうでもいいんだ。テレビやスマホの方が大事なんだ」

と怒ったりしないで、一連の儀式をちょっとだけ見守ってあげてください。

男性は本質的に優しいですから、タイミングさえ合えば、妻のために何かしたいんです。

だから、タイミングを見計らって話しかけてみてくださいね。




【ふぃ~めぇる・みしまからのお知らせ】


事務局の営業は午前中のみとさせていただきます。

午後にいただいたお問い合わせへの返答は、翌営業日の午前中にさせていただきます。

振込み確認は、午前中のみとなりますので、午後に着金した分の確認は翌営業日になります。

尚、カウンセリングは通常通りのスケジュールで返信しています。


返信スケジュールはコチラ



すべての女性をヒロインに
ふぃ~めぇる・みしま  中西由里 でしたドキドキ





■ おしらせ ■

ベル自宅でこっそりカウンセリングが受けられます

(営業時間:9:00~18:00 ・ 定休日:日曜日 )


●海外からのお申込みはコチラ




ベルメルマガ ” 読んで鍛える「夫婦の絆」と「離婚テク」 ” まぐまぐで配信中です。
メルマガ登録はこちらから


























いいね!(20)  |  リブログ(0)

テーマ:
反抗されるのが楽しみです
こんにちは\(*^^*)/

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。




子育て講座で参加者さまからいただいたご感想の後編です。






すごく楽しい講演でした。

今の自分を少し客観視できたように思います。

私個人も大切にしながら、子育てしていきたいです。

子どもが安心して成長できるように愛情と甘えをたっぷりあたえて、無事に自立と反抗期を迎えられたらと思います。

(変わっているかもしれませんが、くそばばあとか反抗されるのが少し楽しみです。今は2年生でまだまだ素直な時期なので・・・。)

今日の話を聞いて、なんだかスッキリ前向きな気持ちになりました。

ありがとうございました。


(匿名希望 さま)




今、OL仕事をやめて、子育て中心の生活となり、子どもの将来、勉強のことが中心で、余裕がなくなってるなと感じます。

主人にもなかなか子育ての事、相談できずにいました。

最近、以前からやっていた趣味をやったり、子どもとも楽しみたいな、と思います。

まず自分の今の生活、個としての自分を充実させて、子どもと向き合えるようにしたいと思います。

子どもがハグして言ったら、いっぱいハグしたいと思います。


(めぐみ さま)




「母親を愛したい」か「母親に愛されたい」子どもの行動を聞いて、息子の行動に納得。

すごく不器用だけど、私を愛したいんだなぁと思いました。

子ども達3人が愛しいです。

心の余裕の作り方だったり、パートナーとの関係だったり実践しますね。

ありがとうございました。


(Ryoko Takahashi さま)




パパの目線でお話を聞けて楽しかったです。

ママの心や子どもの心の状態が見えた気がします。

ストロークを大切にし、ママと子どもに向き合って、コミュニケーションを取っていきたいです。


(たたのままる. さま)




本日はとても楽しくお話を聞かせて頂くことができました。

私は一人っ子を育てているので、どうしても自分と子どもの距離が近くなりすぎているな。と日頃から感じています。

もう少し子どもの気もちを優先できる子育てをしていきたいと思いました。

また、主人のモードチェンジ、先生の話通りでした。

これからは主人にも優しく接していきたいと思いました。


(匿名希望 さま)




我が子をマザコンにするマザコンチェックリスト、少し当てはまる所があり、自分が過干渉気味なことがわかりました。

一番はじめの自分のイメージテスト、自分のことがわかり嬉しかったです。

子育ての本も読んでみたいと思いつつ、なかなかできず、今日、時間を作ってお話が聞けて良かったです。

なんとなくわかっているようでわかっていない子育て、我が子への態度、いろいろ振り返ることができました。

ありがとうございました。


(匿名希望 さま)







ご感想の公開に協力してくださった皆さま、ありがとうございました。

ここでご紹介出来なかった方のご感想も、とてもステキなことを書いてくださっていて、感謝の気もちでいっぱいです。

いただいたご感想を元に、更に面白くて、わかりやすくて、ちょっぴり目頭が熱くなる講座を作っていきたいと思います。

また機会がありましたら、皆さんとお話ししたいと思っています。

ありがとうございました。




【ふぃ~めぇる・みしまからのお知らせ】


事務局の営業は午前中のみとさせていただきます。

午後にいただいたお問い合わせへの返答は、翌営業日の午前中にさせていただきます。

振込み確認は、午前中のみとなりますので、午後に着金した分の確認は翌営業日になります。

尚、カウンセリングは通常通りのスケジュールで返信しています。


返信スケジュールはコチラ



すべての女性をヒロインに
ふぃ~めぇる・みしま  中西由里 でしたドキドキ





■ おしらせ ■

ベル自宅でこっそりカウンセリングが受けられます

(営業時間:9:00~18:00 ・ 定休日:日曜日 )


●海外からのお申込みはコチラ




ベルメルマガ ” 読んで鍛える「夫婦の絆」と「離婚テク」 ” まぐまぐで配信中です。
メルマガ登録はこちらから


























いいね!(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
子どもが「お母さんのせいで~できなかった」と言うときは
こんにちは\(*^^*)/

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。




昨日、長泉町立北小学校にお邪魔して、家庭教育学級の子育て講座の講師をさせていただきました。



参加者さまから、たくさんのご感想をいただきました。

公開OKの方のご感想を紹介させていただきます。











小学1年生の娘をもつ母です。

最近、娘は、すぐ「お母さんのせいで~できなかった」ということを言います。

(ほとんどがぬれぎぬなのですが、今日のお話を聞いて、愛・関わりを欲していたのかなと痛感しました。

最近子育てについて自信をなくしていたので、とても勇気をいただくことが出来ました。

そして“妻”“自分”を充実していこうと心に誓いました。


(匿名希望 さま)




先生のお話を聞いている中で、まさに自分のことを言われているようだと感じることが多々あり、子育て、また夫との関わりについて見直そうと思えるきっかけになりました。

特にミミズの話が印象的でした。

子どもが不可解なことをしてしまった時に、怒りながら「何でこんなことしたの!」と言ってしまっていたことに反省しました。

私がすごい剣幕なので、理由を言ってくれないのです。

それで「~だったからこうしたの?」と私から思いつく理由を言ってしまっていました。

これからは落ち着いて、話をきいてあげようと思います。

本日はありがとうございました。力を抜いて、子育てをやっていこうと思います。


(匿名希望 さま)




とってもおもしろかったです。

そして同時に耳が痛いことばかりでした。

子どもへの心のあり方、対応の仕方もさることながら、後半の自分の孤独との関わり合い方はとても勉強になりました。

私は日頃からよく人に「ネガティブだね」と言われ、家庭でも子育ても仕事もハンドメイドという趣味でさえ、常に自己嫌悪と自己否定だれあけでした。

これからは自分の持っている環境やつながりを実感し、感謝して、その気もちを娘や夫に愛という形で分けていけたらと思います。

「愛したいか!!愛されたいか!!」はいつも心に持っていたいと思います。

ありがとうございました。


(S.S さま)




・愛したくてやっている行動

・愛されたくてやっていう行動

に全て由来するんだという事、とても勉強になりました。

何か起こった時これを念頭において子どもに接することが出来るようにしたいと思いました。

ありがとうございました。



(みゆき さま)




お話を聞けて、とてもよかったです。

何でもバランスが大切なんだと感じました。

やり過ぎてもダメ。

やらな過ぎてもダメ。

片方ばかりでもダメ。

心に余裕と周りを広く見れる目を持って子どもと向き合って接していこうと思います。

ありがとうございました。


(かん さま)








長くなってしまったので、後半に続きますm(_ _)m





【ふぃ~めぇる・みしまからのお知らせ】


事務局の営業は午前中のみとさせていただきます。

午後にいただいたお問い合わせへの返答は、翌営業日の午前中にさせていただきます。

振込み確認は、午前中のみとなりますので、午後に着金した分の確認は翌営業日になります。

尚、カウンセリングは通常通りのスケジュールで返信しています。


返信スケジュールはコチラ



すべての女性をヒロインに
ふぃ~めぇる・みしま  中西由里 でしたドキドキ





■ おしらせ ■

ベル自宅でこっそりカウンセリングが受けられます

(営業時間:9:00~18:00 ・ 定休日:日曜日 )


●海外からのお申込みはコチラ




ベルメルマガ ” 読んで鍛える「夫婦の絆」と「離婚テク」 ” まぐまぐで配信中です。
メルマガ登録はこちらから



































いいね!(19)  |  リブログ(0)