夫にナイショの離婚講座~知らないとヤバい夫婦の話をカウンセラーがこっそり伝授

人には言えない「夫疲れ」にじんわりと効く、カウンセラー書下ろしの読むサプリメントはいかがですか。

許せない気もちの癒し方
こんにちは\(*^^*)/

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。


「夫が許せない」

「夫の親が許せない」

「自分の親を許せない」

「過去に付き合った人を許せない」

そんなお悩みをお聴きすることがあります。



あなたが誰かを許せないのは、大切な口実が無くなってしまうから。

もし許してしまったら、相手を攻撃する口実も、自己憐憫に浸る口実もなくなってしまうからです。



誰かを許せないとき、私たちは自分の辛さをわかってもらいたい気もちが大きすぎて、相手の気もちには気づきにくいです。

大切な口実を握りしめたままにしていると、ある日、自分が誰かを傷つける側にまわる日がやってきます。

そうなってはじめて、相手の気もちがわかるんです。

「私は人を傷つけることなんて絶対しない。傷つけられた側の辛さが痛いほどわかるから」

あなたはそう思うかもしれませんね。

でも、傷つけようと思っていたわけではないのに、誰かを傷つけてしまうことってあるんです。

もしかするとあなたを傷つけたあの人も、あなたを傷つけようとして傷つけたわけではないのかもしれません。


あなたが誰かを傷つけてしまったところを想像してみてください。

きっととても落ち込みますよね。

「うわ~。なんてことをしてしまったんだ」

って。

何をしていても身が入らず、食べるものも喉を通らず、思うように眠ることもできず、この世に存在していてはいけないような申し訳なさで自分を責め、周りの人がかけてくれた慰めの言葉があたたか過ぎて受け取れず

「いっそ罵倒してくれた方が楽なのに」

という気もちと、どうにかして責任逃れしたい気もちの間で激しく揺れ動き、なんかもう何もかも壊してしまいたい衝動に駆られ・・・


こんな状態の中で、これまで自分が許してこなかった人たちの顔が浮かぶんです。

「ああ、私はあの人たちにこんな思いをさせてきたんだ」

「許してもらえないっていうのは、こんなに辛いことなのか」

「反省していても話を聴いてもらえず拒絶されるのって、こんなに苦しいことなのか」

こういう経験をすれば、他者に寛大になれます。

そして、こういう経験をすれば、もしかすると許せない相手を許そうという気もちになるかもしれません。

いったん許してしまえば、これまで握りしめていた「口実」が、そう大切なものではなかったと気づけます。

そして、許すという行為が相手を大目にみてあげるためではなく、自分を楽にしてあげるためだということも実感できるだろうと思います。




【ふぃ~めぇる・みしまからのお知らせ】


事務局の営業は午前中のみとさせていただきます。

午後にいただいたお問い合わせへの返答は、翌営業日の午前中にさせていただきます。

振込み確認は、午前中のみとなりますので、午後に着金した分の確認は翌営業日になります。

尚、カウンセリングは通常通りのスケジュールで返信しています。


返信スケジュールはコチラ



すべての女性をヒロインに
ふぃ~めぇる・みしま  中西由里 でしたドキドキ





■ おしらせ ■

ベル自宅でこっそりカウンセリングが受けられます

(営業時間:9:00~18:00 ・ 定休日:日曜日 )


●ペットロスのお悩みはこちら


●海外からのお申込みはコチラ

●メディア取材実績


ベルメルマガ ” 読んで鍛える「夫婦の絆」と「離婚テク」 ” まぐまぐで配信中です。
メルマガ登録はこちらから
















いいね!した人  |  リブログ(0)
不妊治療と夫の浮気
こんにちは\(*^^*)/

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。


「赤ちゃんが欲しい」

そんな共通の思いで繋がり、共通の目的に向かって一緒に努力していたはずなのに、夫の浮気が発覚した。

胸が潰れそうになるくらいショックですよね。

でも、こういう事例は少なくないんです。


先ほど「共通の思い」「共通の目的」と書きましたが、不妊治療中に夫が浮気するというご夫婦は、同じ方向を向いているようでいて、実は別々の目的のために頑張っていることがあります。

もちろん、それが間違っているということではありません。

ただ場合によっては、それが浮気の原因になってしまうこともあるんです。

たとえば

妻が「赤ちゃんが欲しい」と強く願う気もちの奥に

「赤ちゃんを授からないと、いずれ嫌われ捨てられてしまう」

という怖れがあり、その怖れを払拭するための手段として不妊治療を選んだ。

一方夫は、赤ちゃんのことで妻がヒステリックになっていたり、とても辛そうにしていたり、いずれ自分を捨てるのではないかというあらぬ疑いをかけられて束縛がきつくなっている状況の中で

「これ以上辛く当たられるのはイヤだから」

という気もちから、不妊治療を受けることを承諾した。

というケース。

覚悟していたとはいえ不妊治療は想像以上に大変で、妻はこれまで以上にナーバスになり、そんな妻を支えることが辛くなってしまった。



そのうち自分の性が支配されているような感じや、利用されている感じがして、妻との関係が義務感だけの繋がりのように感じられるようになっていった。



そんなときにロマンスを感じさせてくれる女性と出会い、つい浮気してしまった。



妻にしてみれば「つい」で済まされる話ではありませんよね。

「子どもが欲しいって言っていたから治療を決めたのに!」

って。

確かに子どもは欲しかったんです。

お互いにね。

でも、それ以上に強いエネルギーを注いでいたのは

「捨てられたくない」

「辛く当たられたくない」

という思いだったんです。

強いエネルギーを注いだことは、そうなって欲しいことにしろ、そうなって欲しくないことにしろ、現実世界に反映されます。

捨てられたくない一心で頑張ってきた妻は夫に裏切られることになり、当たられたくなくて頑張ってきた夫は、さらに感情をぶつけられることになったわけです。


たとえばこのケースの場合、妻が自分の不安を夫に伝えていたとしたらどうでしょう?

夫が普段妻に対して感じていることを話していたらどうでしょう?

相手に対する理解が深まりますよね。

辛いときは自分の辛さ以外は気づきにくいものですから、言葉で伝えあわないと、わかっているつもりでちっともわかっていなかったということが起こりやすいです。

また、不妊のお悩みを抱えているご夫婦は、お互いに

「自分のせいで相手に迷惑をかけている」

と思っていることが多いです。

だからこそ

「こんな私は捨てられるんじゃないだろうか」

と怖れたり

「相手を幸せにできない自分は、この先もっと責められるかもしれない」

と怖れたりするのです。

もし、そんな気持ちを伝えることができたら、相手を思いやることもできますよね。

相手に対する理解を深め、相手を思いやる気持ちをもった上で、不妊治療をするかしないかを話し合ったとしたら、もしかすると「夫の浮気」という辛い出来事は起こらないかもしれません。




【ふぃ~めぇる・みしまからのお知らせ】


事務局の営業は午前中のみとさせていただきます。

午後にいただいたお問い合わせへの返答は、翌営業日の午前中にさせていただきます。

振込み確認は、午前中のみとなりますので、午後に着金した分の確認は翌営業日になります。

尚、カウンセリングは通常通りのスケジュールで返信しています。


返信スケジュールはコチラ



すべての女性をヒロインに
ふぃ~めぇる・みしま  中西由里 でしたドキドキ





■ おしらせ ■

ベル自宅でこっそりカウンセリングが受けられます

(営業時間:9:00~18:00 ・ 定休日:日曜日 )


●ペットロスのお悩みはこちら


●海外からのお申込みはコチラ

●メディア取材実績


ベルメルマガ ” 読んで鍛える「夫婦の絆」と「離婚テク」 ” まぐまぐで配信中です。
メルマガ登録はこちらから



















いいね!した人
夫との関係が一向に好転しない原因
こんにちは\(*^^*)/

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。


夫との関係修復に向けて、一生懸命努力している。

でも、一向に事態が好転しない。



とても焦りますよね。

考えられる原因は2つ。

ひとつは、努力する方向が違う。

自分に変化が求められているのに、これまでと同じやり方を強化するような感じで頑張っているので、夫からは

「結局お前は何にもわかっちゃいないな」

というような、冷めた感じで見られてしまっているケースです。

努力している方向が不安な場合には、信頼できるカウンセラーに話をしてみるといいだろうと思います。





そしてもうひとつの原因は「今じゃない」というものです。



私たちは誰しも、今取り組んでいることに対して、早く結果を求めたいと思うものです。

そして、その結果というのは「私の望むような形」であることにこだわりを持ちます。

それが私たちにとっての幸せであり、成功なのですよね。

でも、幸せというのは、私たちの想像を超えるような形でやってくることもあるんです。

自分にとって上手くいかない状態である今は、絶妙なタイミングでもっと上手くいくために必要なプロセスかもしれません。

幸せを追い求めている状態の自己概念は

「私は足りていない」

というものだろうと思います。

人は自己概念に相応しい人生を歩むものですから、幸せを追い求め続ければ、欠乏という現実がもたらされます。

「この状況を何とかしなければ!!」

と気負えば気負うほど、何とかしなければならない状況に見舞われます。


間違った方向に努力しているわけでもないのに、なぜかうまくいっていないというときには

「きっと今は、上手くいかなくてもいいんだな」

「今、これを手に入れていなくても大丈夫なんだな」

と捉えるようにしてみてください。

あなたが「失敗した!」と落胆している今の状況が、何年かのちには

「あのときは、あれで良かったんだな~」

と納得いくような出来事が、必要なタイミングで必ずやってきます。

大丈夫。

あなたが気づいていないだけで、水面下では着々と準備がすすんでいますからね。





【ふぃ~めぇる・みしまからのお知らせ】


事務局の営業は午前中のみとさせていただきます。

午後にいただいたお問い合わせへの返答は、翌営業日の午前中にさせていただきます。

振込み確認は、午前中のみとなりますので、午後に着金した分の確認は翌営業日になります。

尚、カウンセリングは通常通りのスケジュールで返信しています。


返信スケジュールはコチラ



すべての女性をヒロインに
ふぃ~めぇる・みしま  中西由里 でしたドキドキ





■ おしらせ ■

ベル自宅でこっそりカウンセリングが受けられます

(営業時間:9:00~18:00 ・ 定休日:日曜日 )


●ペットロスのお悩みはこちら


●海外からのお申込みはコチラ

●メディア取材実績


ベルメルマガ ” 読んで鍛える「夫婦の絆」と「離婚テク」 ” まぐまぐで配信中です。
メルマガ登録はこちらから



















いいね!した人  |  リブログ(0)
彼とお母さんとの関係性からわかること
こんにちは\(*^^*)/

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。


彼と彼のお母さんの関係は、上手くいっていますか?

・今は上手くいっているけど、子どもの頃は辛く当たられていた

・昔からお母さんとは折り合いが悪い

・一見とても仲良しなんだけど、彼がお母さんに過剰に気を遣って嫌われまいとしているようだ

という場合、彼は女性不信に陥っている可能性があります。

お母さんというのは、女性の象徴ですから、お母さんからの愛が感じられないと

「自分は女性から愛されない存在なんだ」

と思い込んでしまうことがあるんです。

自分は女性から愛されないと思っていると

「いずれパートナーから愛されなくなる」

という怖れが出てきますので、束縛がきつくなるかもしれません。

あるいは、いずれ愛されなくなったときのショックを最小限に抑えるために、代わりの女性を何人か準備する(つまり浮気ですね)かもしれません。

パートナーであるあなたに清らかで慈愛に満ちた「母親」を求め、ネットで出会った女性や風俗嬢に性的な満足感を求めるかもしれません。

こんな感じで、彼とお母さんの関係性は、彼とあなたのパートナーシップに大きく影響してきます。(もちろん絶対にこうなるというわけではないのですが)

彼との結婚に何か引っかかりを感じたときには、見ないふりをして急いで籍を入れてしまうのではなくて、彼とお母さんの関係を注意深く見てみてください。



【ふぃ~めぇる・みしまからのお知らせ】


事務局の営業は午前中のみとさせていただきます。

午後にいただいたお問い合わせへの返答は、翌営業日の午前中にさせていただきます。

振込み確認は、午前中のみとなりますので、午後に着金した分の確認は翌営業日になります。

尚、カウンセリングは通常通りのスケジュールで返信しています。


返信スケジュールはコチラ



すべての女性をヒロインに
ふぃ~めぇる・みしま  中西由里 でしたドキドキ





■ おしらせ ■

ベル自宅でこっそりカウンセリングが受けられます

(営業時間:9:00~18:00 ・ 定休日:日曜日 )


●ペットロスのお悩みはこちら


●海外からのお申込みはコチラ

●メディア取材実績


ベルメルマガ ” 読んで鍛える「夫婦の絆」と「離婚テク」 ” まぐまぐで配信中です。
メルマガ登録はこちらから
















いいね!した人  |  リブログ(0)
忙しすぎて、夫と向き合えない
こんにちは\(*^^*)/

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。



夫婦間に問題がある。

「今日こそ向き合わなくっちゃ」

そう思っているのに、なんだか怖気づいてしまう・・・

それは、失敗してしまったらどうしようという怖れかもしれません。

「今日こそは」

「今日こそは」

と思っていても、最初の一歩が踏み出せず、先延ばしにする自分を責める気もちも出てくるでしょう。

そんなときに限って、子どもが問題を起こす。

そんなときに限って、ママ友とトラブルになる。

そんなときに限って、会社で余計な仕事を押しつけられる。

そんなときに限って、実家の母が毎日電話をかけてきて愚痴を聞かされる。

「これじゃ、夫と向き合うなんてとても無理。私は向き合いたいんだけどね・・・」




いいえ。

あなたは「忙しい」という状況を使って、夫と向き合わなくて済むようにしているんです。

仕事を押し付けてくる人や愚痴のはけ口にする母親に

「私のことを利用して!!」

と怒りを感じるかもしれませんが、「夫と向き合わずに済む理由」として、あなたも利用していたんです。

そのことに気づくと、忙しさに振り回される毎日に少し余裕が出てくるはずです。







【ふぃ~めぇる・みしまからのお知らせ】


事務局の営業は午前中のみとさせていただきます。

午後にいただいたお問い合わせへの返答は、翌営業日の午前中にさせていただきます。

振込み確認は、午前中のみとなりますので、午後に着金した分の確認は翌営業日になります。

尚、カウンセリングは通常通りのスケジュールで返信しています。


返信スケジュールはコチラ



すべての女性をヒロインに
ふぃ~めぇる・みしま  中西由里 でしたドキドキ





■ おしらせ ■

ベル自宅でこっそりカウンセリングが受けられます

(営業時間:9:00~18:00 ・ 定休日:日曜日 )


●ペットロスのお悩みはこちら


●海外からのお申込みはコチラ

●メディア取材実績


ベルメルマガ ” 読んで鍛える「夫婦の絆」と「離婚テク」 ” まぐまぐで配信中です。
メルマガ登録はこちらから
















いいね!した人  |  リブログ(0)