夫にナイショの離婚講座~知らないとヤバい夫婦の話をカウンセラーがこっそり伝授

人には言えない「夫疲れ」にじんわりと効く、カウンセラー書下ろしの読むサプリメントはいかがですか。

結婚生活が虚しい
こんにちは\(*^^*)/

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。


「この人と結婚出来れば、私はきっと幸せになれる」

そう思っていたのに、いざ結婚生活が始まると

・なんだかしっくりこない

・心がからっぽな感じ

・思っていたのと違う

・虚しい

・何かが足りない


こんな感じがしていませんか?

「このままでいいのかな?」

って、焦って、答えを探そうと頑張ってみるものの、探し求めているものが何なのかもわからず、人生の方向性を見失ってしまったようになっていないでしょうか?

虚しさを拭うため

「私には、夫も子どもも家も預金もあるから、幸せよね」

と自分を納得させるための証拠集めに夢中になっていませんか?


もし当てはまるとしたら

「この人と結婚出来れば、私はきっと幸せになれる」

という願いが、心からの願いではなかったのかもしれません。

それは

「幸せとは、こういうもの」

「女性たるもの、こうあるべき」

という世間の常識を反映させた願いであって、いってみれば無難な選択だったのかもしれません。

無難な選択というのは、「難が無い」と書きますが、実際には難にまみれています。

無難に選んだ結婚生活は、結局は思い通りの状況ではありませんから、その状況を愛することができません。

人は愛することができない自分に無意識のうちに罪悪感を抱きます。

そしてその罪悪感をどうにかするために自分をかばうような言い訳を探します。

「夫が●●してくれない!」

「姑が●●して困る!」

みたいな、「誰かのせいで私は愛を発揮できないんだから、しょうがないよね、私は悪くないんだし」というような言い訳です。


また無難な選択をした人は、はた目には平穏で恵まれているように見えるでしょうが、本人はいずれ活気がなくなり、気分が落ち込み、面白みに欠ける人生になっていきます。

人の心は退屈を嫌います。

ですから、トラブルに見舞われるという形で人生に刺激を与えます。



無難な選択をしてしまったことに気づいたら

「私のこれまでの日々はムダだったの?」

と言いたくなるかもしれません。

でも、そうじゃないんです。

これは、あなたが心からの願いに蓋をしてしまったということに気づくための機会を得たというだけなんです。

心からの願いを探しましょう(^^♪

「私が本当にしたいことは何?」

そう自分に問いかけてみてください。

もしかすると、とてもワクワクするんだけど、何か突拍子もない答えが出てくるかもしれません。

それを「突拍子もない」と思ってしまうのは、あなたがその答えを「こうあるべき」で判断したから。

「こうあるべき」に従って、無難な道を選択すると、虚しさに襲われることは経験済みですよね。

「でも、上手くいくの?」

「すぐに結果がでるの?」

「お金はどうするの?」

と、あなたは心配になるかもしれません。

でも、心からの願いに正直になると、なぜかいろいろなサポートがあちこちからもたらされます。




【ふぃ~めぇる・みしまからのお知らせ】


事務局の営業は午前中のみとさせていただきます。

午後にいただいたお問い合わせへの返答は、翌営業日の午前中にさせていただきます。

振込み確認は、午前中のみとなりますので、午後に着金した分の確認は翌営業日になります。

尚、カウンセリングは通常通りのスケジュールで返信しています。


返信スケジュールはコチラ



すべての女性をヒロインに
ふぃ~めぇる・みしま  中西由里 でしたドキドキ





■ おしらせ ■

ベル自宅でこっそりカウンセリングが受けられます

(営業時間:9:00~18:00 ・ 定休日:日曜日 )


●ペットロスのお悩みはこちら


●海外からのお申込みはコチラ

●メディア取材実績


ベルメルマガ ” 読んで鍛える「夫婦の絆」と「離婚テク」 ” まぐまぐで配信中です。
メルマガ登録はこちらから



















いいね!した人  |  リブログ(0)
離婚したばかりのお母さんへ
こんにちは\(*^^*)/

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。


今日は私の失敗から気づいたことをお伝えします。



離婚したばかりのお母さんへ。

きっと今はお子さんを守りたい気もちがすごく強くなっているのではないでしょうか?

「これからは私ひとりで守るんだ!!」

「この子を幸せにするんだ!!」

って。

きっとその決意があればこそ、未来は素晴らしいものになっていくことでしょう。

でも、どうか気負いすぎないでくださいね。

守ろうとする気もちが強すぎると、どういうわけか「守らなければならない」という状況になってしまいます。

私の場合もそうでした。

帰る実家もなく、頼れるきょうだいもなく(親も姉も健在ですが)、自分ひとりで頑張るしかなかった状況の中で

「私が守らなくちゃ」

という気もちが過剰に働いていました。

そんな中で、息子に色々なことが起こり始めました。

最初は食べ物への異物混入で口を切るという小さなアクシデントが起き、それをきっかけに

「私が守らなくちゃ」

という思いが強化されていき、息子は徐々に大きなアクシデントに見舞われるようになっていきました。

あまりにもたくさんのアクシデントが起こるので、そのうち

「私が不幸のもとなんじゃないだろうか」

「私と一緒にいない方がいいんじゃないだろうか」

と思い悩むようになっていきました。


でも、そうじゃないんです。

私が強いエネルギーを注いだものが、私の人生に現れただけ。

つまり「私が守らなくちゃ」という思いが強すぎただけだったんです。


離婚したばかりのお母さんへ。

あなたが過剰に守ろうとしなくても、子どもさんに何かあれば、きっとあなたはしっかり守ってあげるでしょう。

だから、どうか、そんなに気負わないで(^^♪

「守らなきゃ」と思っているよりも「何とかなるわ」と安心感の中に身を置いている方が、きっと状況は好転しますから。

先のことが不安?

それは、どんな家庭環境の人でもそうですよ(^^♪

今幸せいっぱいの人も、不安で押しつぶされそうな人も、先の見通しが立たないことは同じです。

だから、どうか、不安になりすぎないで。

今日食べるお米があるなら、今日を過ごすために十分なお金があるなら、とにかく今日を豊かな気もちで過ごしてください。

どうなるかわからない未来のために、大丈夫な今日を不安で台無しにしないでください。

今日が何とかなるなら、今日をゆったり、安心して過ごしてください。

その方が人生上手くいきます。




【ふぃ~めぇる・みしまからのお知らせ】


事務局の営業は午前中のみとさせていただきます。

午後にいただいたお問い合わせへの返答は、翌営業日の午前中にさせていただきます。

振込み確認は、午前中のみとなりますので、午後に着金した分の確認は翌営業日になります。

尚、カウンセリングは通常通りのスケジュールで返信しています。


返信スケジュールはコチラ



すべての女性をヒロインに
ふぃ~めぇる・みしま  中西由里 でしたドキドキ





■ おしらせ ■

ベル自宅でこっそりカウンセリングが受けられます

(営業時間:9:00~18:00 ・ 定休日:日曜日 )


●海外からのお申込みはコチラ

●メディア取材実績


ベルメルマガ ” 読んで鍛える「夫婦の絆」と「離婚テク」 ” まぐまぐで配信中です。
メルマガ登録はこちらから




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
恐怖の分析女
こんにちは\(*^^*)/

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。





「こういうときの夫の心理ってどんなものなのでしょうか?」


クライアントさまからよく訊かれます。

ここには、夫のことをもっと理解したいという気もちがあります。

でも、そうじゃない気もちが隠れていることも多々あります。

ですから私がご主人の心の状態やご主人を取り巻く事情について考えられることをいくつかお伝えすると

「でも」

「だって」

「常識的に考えて」

「私だったらそんなことしませんけどね」

「まぁ、そうなのかもしれませんけど、人としてどうなんですかね」

という感じのお返事が返ってきます。

要は、まだ理解したくないのですよね。


じゃあなぜ夫の心理を知りたがるのか?

そこには、競争の心理があるんです。

夫の情報を得ることで、夫をよりコントロールしやすくなります。

「私はあなたのこと知ってるのよ」という優越感に浸ることもできます。

夫のことを知ろうとすることで

「私はこの問題とちゃんと向き合っている」

と感じることが出来ます。

もっと言うと

「それに引き換え、あなたときたら」

と自分がいかに正しく、夫がいかに正しくないかと証明することも出来るかもしれません。

こんな感じでパートナーシップには、夫の心理を知り、行動を分析することで、夫に勝とう、夫より優位に立とうとしてしまう時期っていうのがあるんです。

意識の上では夫との仲をより良いものにしたいとしてもね。

そんなときには

「今はまだ前に進みたくない気もちもあるんだな」

と思ってみてください。



ご主人が余りにも誤解されていて

「夫は私を傷つける人なんです!!」

となっている場合は、私の方でその誤解を解くお手伝いはさせてもらいます。

でも、そうじゃない場合に「夫の心理」についてあれこれ伝えてしまうと、多くの女性はそれを自己憐憫に浸るための材料や先ほどお伝えした競争に勝つための材料にしてしまいますので、私の方から積極的にお伝えすることはありません。



(2016.3.2の記事を再掲しました)



【ふぃ~めぇる・みしまからのお知らせ】


事務局の営業は午前中のみとさせていただきます。

午後にいただいたお問い合わせへの返答は、翌営業日の午前中にさせていただきます。

振込み確認は、午前中のみとなりますので、午後に着金した分の確認は翌営業日になります。

尚、カウンセリングは通常通りのスケジュールで返信しています。


返信スケジュールはコチラ



すべての女性をヒロインに
ふぃ~めぇる・みしま  中西由里 でしたドキドキ





■ おしらせ ■

ベル自宅でこっそりカウンセリングが受けられます

(営業時間:9:00~18:00 ・ 定休日:日曜日 )


●海外からのお申込みはコチラ

●メディア取材実績


ベルメルマガ ” 読んで鍛える「夫婦の絆」と「離婚テク」 ” まぐまぐで配信中です。
メルマガ登録はこちらから




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
夫のことを信じられるようになりたいのですが
こんにちは\(*^^*)/

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。


「夫を信じられない」

「夫を信じられるようになりたい」



これは、夫婦間にどんなお悩みを抱えている方でも一度はぶつかる壁のようです。

ですから私もカウンセリングにおいては、「信じる」ということについてお伝えする機会が比較的多いと感じています。


私たちが普段

「あの人の言うことは信じられない」

とか

「あの人のことは信じられる」

というのは、私の期待に応えてくれる人かどうか、自分を満たしてくれるかどうか、という視点で相手を判断するために使っていることばなんです。

つまり自分にとって都合よく相手が動くなら信じるし、そうじゃなければ信じられないという、かなり自分本位な判断基準で相手をジャッジすることばなんですね。

そして、相手の言動次第で相手が信頼に値するかどうかが左右されるということです。

これだと相手にさんざん振り回されますよね。

さっきは信じられたけど、今はもう、何だか信じられないわ、みたいなね。

そして自分を振り回すアイツのことをどんどん嫌いになってっちゃう・・・

だから信じられる、信じられないということだけで、みなさん結構疲れちゃうんです。



では、「信じる」ということについて、どのように捉えたらいいか・・・っていう話なんですけど。

まず大前提として、「信じる」というのは、「愛する」と同じ意味を持つと心得てください。

もっというと、信じるとか信頼というのは「相手を愛する覚悟」だと私は思っています。

「相手を愛する覚悟」ですから、相手のことを信じられるかどうかは自分次第なんです。

「え、それって彼を信じられない私が悪いってこと?」

と思う人もいるかもしれませんね。

そうじゃないんですよ。

そうじゃなくてね

「相手が変わらない限りこの状況に対して私は何もできることがありません。お手上げです。万策尽き果てました。可哀想な私は、あとは朽ちていくだけです」

っていう、無力で受け身の被害者状態から

「私には、この状況を変える力があるんだ」

っていう、自分のパワーを感じられるような状態にすることができるんです。

こっちの方が何となくいいでしょ?

かすかに希望のともしびが見えません?


でもね、多くの女性が相手を疑うことから抜けられないんです。

「私は夫に傷つけられた」という過去が「私は夫にこれからも傷つけられるに違いない」という未来予測をしてしまうので、どうしても疑っちゃうんですよね。

「また私のことを裏切るんでしょ?」

「私のことを騙し続けるつもりなんでしょ!」

ってね。

人の心って、変化に弱いので

「できることなら、未来も過去と同じでありますよ~に」

なんて思っちゃうんです。

それが辛い過去であったとしてもです。

ほんと不思議ですよね、人の心って。

だから、相手を疑い続け、自分にとってポジティブな現実が目の前にあったとしても、それを信じず、相手がまた私を傷つけるという未来がやってくるのを信じてしまうんです。


そして相手が変わったら信じてあげてもいいとか、相手がこの問題を解決してくれたら信じてもいいという順番で事態が収束することを期待してしまうんです。

でもね実際には、まず自分が先に信じるから、相手が変わったり問題が解決したりするんですよ。

まず「この人を信じる!」と腹を括る。

これが大切です。


ただ、無理やり信じようとしても上手くいくものではありません。

信じることへの不安や怖れも出てくるでしょう。

その不安や怖れとしっかり向き合うことで、本当は自分がどうしたいのかが見えてくることがあります。

「いいや、こんな奴。もう信じない」

「やっぱり、この人を信じるって決める」

どっちも間違いではありません。

そこにあなたの意思が反映されていれば、「信じられない」ということで心を重くすることも「信じなければ前へ進めない」と自分を追い込んでしまうことも格段に減るでしょうから。


(2016.10.5の記事を再掲しました)


【ふぃ~めぇる・みしまからのお知らせ】


事務局の営業は午前中のみとさせていただきます。

午後にいただいたお問い合わせへの返答は、翌営業日の午前中にさせていただきます。

振込み確認は、午前中のみとなりますので、午後に着金した分の確認は翌営業日になります。

尚、カウンセリングは通常通りのスケジュールで返信しています。


返信スケジュールはコチラ



すべての女性をヒロインに
ふぃ~めぇる・みしま  中西由里 でしたドキドキ





■ おしらせ ■

ベル自宅でこっそりカウンセリングが受けられます

(営業時間:9:00~18:00 ・ 定休日:日曜日 )


●海外からのお申込みはコチラ

●メディア取材実績


ベルメルマガ ” 読んで鍛える「夫婦の絆」と「離婚テク」 ” まぐまぐで配信中です。
メルマガ登録はこちらから




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
夫から別れを切り出される女性の特徴
こんにちは\(*^^*)/

夫婦のためのカウンセラー:中西由里です。





夫から離婚したいと言われる女性には、ある特徴がみられます。

それは、夫の価値を認めていないということ。

結婚するときには、こんなにステキな人はいないというくらい夫の価値を認めていたのに、今は夫がどうしようもなくつまらない男だと思う。

もしあなたが今、そんなふうに感じているとしたら、それはあなたが夫をコントロールしてきた結果です。

とてもステキなダンナさまと一緒に暮らしていくということは、幸せであり、その一方で恐怖でもあります。

そんなにステキな人なら、自分よりもステキな女性に横取りされてしまうかもしれませんから。

お付き合いしているときには、ステキな人であって欲しい。

でも結婚したら、ずっと私と一緒にいてくれるように、安全な人になって欲しい。

そんな気もちが心の奥の方にあると、人は自分でも気づかないうちにパートナーをコントロールしてしまうことがあるんです。

ある人は、夫を変えようと躍起になり、夫にダメ出しをし続けます。

またある人は主導権を握り続けることで夫を思い通りに動かそうとします。

そしてまたある人は夫がどこにも行かないように尽くし過ぎてしまい、彼を何もできない困ったちゃんにしてしまいます。

その結果、夫は見事、安全でつまらない退屈な男になったわけです。

妻が夫の魅力を封印したからですよね。

それなのに今度は

「何てつまらない男と結婚してしまったんだろう。アンタのせいで、私の人生、台無しよ」

という目で夫を見るようになるんです。

そんなとき、起こりやすいのが夫の浮気です。

そうなってから、改めて夫の価値に気づく人もいれば

「こんなつまらない男のくせに、私を放り出すなんて!絶対に自由にしてやらないから!!」

と復讐に燃える人もいます。


別れを切り出されたとき被害者になったような気分になるかもしれませんが、元々はあなたが夫の価値を認めていなかったことが原因かもしれません。

そして、夫の価値を認めていなかったのは、夫の魅力を封印しなければ私は見捨てられてしまうという自信のなさから、必死に夫をコントロールしてきた結果かもしれません。




最近、夫の素晴らしいところを夫に伝えましたか?

心から相手の価値を認めているとき、人はその人を失うことはありません。



(2016.3.9の記事を再掲しました)


【ふぃ~めぇる・みしまからのお知らせ】


事務局の営業は午前中のみとさせていただきます。

午後にいただいたお問い合わせへの返答は、翌営業日の午前中にさせていただきます。

振込み確認は、午前中のみとなりますので、午後に着金した分の確認は翌営業日になります。

尚、カウンセリングは通常通りのスケジュールで返信しています。


返信スケジュールはコチラ



すべての女性をヒロインに
ふぃ~めぇる・みしま  中西由里 でしたドキドキ





■ おしらせ ■

ベル自宅でこっそりカウンセリングが受けられます

(営業時間:9:00~18:00 ・ 定休日:日曜日 )


●ペットロスのお悩みはこちら


●海外からのお申込みはコチラ

●メディア取材実績


ベルメルマガ ” 読んで鍛える「夫婦の絆」と「離婚テク」 ” まぐまぐで配信中です。
メルマガ登録はこちらから




















いいね!した人  |  リブログ(0)