クリア美人になる方法:なかたさいこ(SAIKO)

クリア美人とは、自分の強みを活かしながら、幸せに自分の人生を生きている心美人な人こと。
心がクリアな人は、今この瞬間、自分を生きている。
自分の強みに焦点を当てて、自分らしい人生の創造ができ、自然と愛にあふれて生きている。


テーマ:
人生がときめくカラーサロン

もくじはこちら


第5章 チャレンジすることの素晴らしさ
①積み重ねることが苦でないことに才能の種が隠れている


カラースクールを始めて20年、色々な受講生と出会う中で、
どんどんご自分の才能を開花されてご活躍して行く人との出会いに
人の可能性の素晴らしさを感じずにいられません。

もちろん、趣味として楽しみの範囲で学ばれる方もたくさんいらっしゃるのですが
私のカラースクールでは、修了生をフォローするシステムもありましたので、
講座修了後、仕事として活動したいと希望される方が比較的多いスクールでした。

どんどんチャレンジして才能を開花されて行く人がいる一方で
なかなかチャレンジできずに、フェードアウトしてしまう人もいます。

チャレンジする人、しない人とでは、能力的には、
それほど差があるようには感じられませんでした。

しかし、チャレンジして羽ばたいて行く人には、2つの共通点があります。

1つは、課題をきちんとやる。
本当に好きだからこそ、仕事をしながらでも、子育てをしながらでも
寝る間も惜しんで、時間を作って、必ず言われた課題をやっていました。

 
まず、課題ができない時点で、もしかしたら
カラーを仕事をすることに憧れはあっても、実は、そんなに
好きではないのかもしれません。

本当に好きなことは、寝る間も惜しんでやっても
ストレスにならず、楽しくて楽しくてしょうがない・・・とみなさん言います。

そして、もう1つの共通点は、「素直さ」です。

例えば、パーソナルカラー診断ができるようになるには、
まず、50人に診断して、似合うファッションの資料を作ってあげると良いですよ。

と、教えればその通り、1年かけて50人に診断して、
ファッション雑誌を切り抜いて、似合う色、お客様の魅力を引き出す
ファッションを選んで、お客様に差し上げます。

すると、お客様が喜んで、お友達を紹介して下さるので、
練習相手に事欠きません。

そして、何より、自分の力がついて行きますし、頭の中に「軸」が
できてくるので、だんだん診断に対して自信も出て来ます。
こうした積み重ねが周囲への信頼となり、やがて、色々な人から
仕事の依頼が来るようになり、数年後には講師として活躍されていました。

また、ある人はカラーセラピーのセションができるようになると、
会う人会う人に、カラーセラピーの良さを伝えました。
これは、自分より少し先に、活動をはじめた先輩からのアドバイスでした。

言われた通り、カラーセラピーの良さを伝えて行くと、
「うちのお店でやりませんか?」というお話をいただきました。

まさか、そんなことになるとは・・・と、はじめは驚きと不安でいっぱいのようでしたが
その後も、周囲のアドバイスに対して素直に実践した結果、
そこからどんどんお仕事が広がるようになり、

今ではベテランのカラーセラピストです。

専業主婦で、パートしかしたことがないと言っていた人、
OLで週末だけ活動していた人、
みなさん、自分で仕事をしたことがない人ばかりでしたが、
とにかく、素直さがありました。

カラースクールを始めたのが今から20年前になるので
私から学んだ人たちの中には、ベテランで大活躍している人もたくさんいます。

私もそうですが、誰にでも「駆け出し」の時代があります。
いきなり、今ここにいるわけではなく、積み重ねて今があります。

チャレンジに躊躇する人、あるいは、
チャレンジしてみて、すぐにあきらめる人の中には、
何の下積みも無く、いきなり、すごい上を目指す人が居ます。

いきなりハードなコースを選びますから
努力が続かなくなり、頑張って燃え尽きて終わってしまいます。

一方、長く続けて今ここに来ている人は、
やればできるところに目標を設定するので、小さな「できた」を少しずつ積み重ねて
「気が付いたら、ここまで来ていた」という感覚の人が多いのではないでしょうか。

これは、カラーに限らず、何をする場合でも同じではないでしょうか。

あなたにとって、誰に何を言われずとも、コツコツやってしまうくらい
「好きなこと」って何でしょうか?

人によっては何か習ったりしなくても、既に、
そういう積み重ねて来ていることがある人もいます。

例えばそれは、「お弁当を作ること」かもしれないし
「節約すること」かもしれません。

あなたにとって、あまりにも当たり前すぎて気が付かないだけで
実は、それが才能だということがあります。

しかし、考えても思いつかない。
それどころか、自分には何もなく、このままで良いのかと思ってしまう・・・
そういう自分の無力さや人生の空虚感みたいなものを感じた時、
習い事がしたくなるのかもしれません。

才能が開花されるかどうかは、やってみないと分かりません。
色々な習い事をして、最後にカラーに辿り着いて開花する人もいれば
逆にカラーから始まって、色々巡り巡って、自分の道を見つける人もいます。

誰だって、初めからそれが自分にとって最善のものであるのかなんて分かりません。
また、才能があるのかどうかも、チャレンジしないことには分かりません。

カラーを選ぶことは、数ある選択肢の中に1つに過ぎません。

しかし、数ある中の1つであるカラーと出会い、
私のカラースクールに辿り着き、才能が開花して、
その後人生が変わった・・・という人に出会うたびに、
私は、この仕事をしていて本当に良かったなと思うのです。

だから、20年以上もやって来れたのでしょうね。


つづく


***

※連載!人生がときめくカラーサロン
 もくじは、こちら
 http://ameblo.jp/nakatasaiko/entry-12032895753.html




いいね!した人  |  リブログ(0)

なかたさいこ(SAIKO)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります