クリア美人になる方法:なかたさいこ(SAIKO)

クリア美人とは、自分の強みを活かしながら、幸せに自分の人生を生きている心美人な人こと。
心がクリアな人は、今この瞬間、自分を生きている。
自分の強みに焦点を当てて、自分らしい人生の創造ができ、自然と愛にあふれて生きている。


テーマ:

「人生がときめくカラーサロン」

もくじはこちら

第3章 自分探しではなく、自分と向き合うカラーセラピー

①選んだ色で心を読むのではなくコミュニケーションする

カラーセラピーとは何かについて、第2章でざっくりお伝えしましたが、
もう少し詳しく、ここでは解説して行きたいと思います。

カラーセラピーは現在、たくさんのシステムがあります。
そのシステムによって、やり方や考え方が違いますが、
共通点は、色を選んで、その色から自分と向き合うことです。

自分探しをするのではなく、自分の中に既にあるものに気づくことをします。

自分の中にあるものとは、具体的には、
感情、考え方、状態、状況、経験、生き方、価値観、希望、可能性、方向性などです。
 
システムによって多少違いはありますが、対象者は、
健康な人で、運命論者ではない人です。
運命論とは、世の中の出来事は、すべてあらかじめそうなる ように定められていて、
人間の力ではそれを変更できないとする考え方のことです。

カラーセラピーは、自分の意志で運命は変えられるという考え方を持った
健康な人であれば、どなたでも受けられます。


健康な人という前提があるのは、カラーセラピーは医療行為ではないからです。
心の健康を保つための予防にはなりますが、
心の病を治すためのカウンセリングではありません。

他は、システムによって違う場合があると思いますので、
私が開発したTCカラーセラピーを前提に、もう少し詳しく説明をして行きましょう。

初対面の人に、カラーセラピストですと言うと、
「〇〇色が最近気になるのですが、それはどういう心理なのでしょうか?」
と聞かれることがあります。

しかし、私は霊能者ではありませんので、その人の心理は分かりません。
ただ、そう聞いてくる意図は何かと言うと、自分のことが知りたいのだということです。

そして、その希望に答えるために、私は質問をするのです。
それは、その人が自分で何かに気づくための質問です。

質問をするための情報は、その人が気になっている〇〇色ということだけです。
だから、私はその人が気になっている色の意味をいくつかお伝えして、
それを聞いて何を感じたか?どんな思いが過ったのかと質問します。

もちろん、初対面なので、そこで自分のことを話し始める人は少ないですが
大抵の人は自分が質問した手前、「何か」は答えます。

もし、「あ~心当たりありますね~」などと言ったら、
「どう心当たるのですか?・・・」するとたいていの人は少し考えたり、
いきなり初対面の人に心を探られることに躊躇します。そこで・・・

「こんな風に会話しながら、自分のことを話してもらうのがカラーセラピーなのですよ。
今、途中まで出かかった言葉があったと思います。
でも、そういうことって、なかなか普段話す機会がないですよね?
話すと心がスッキリして、思考の整理にもなりますよ。
すると、自分が探し求めていた答えや、本当の自分の想いに気づいて、
人生に変化が訪れる人もいるんですよ」

とお伝えしています。

この会話をしている時、私は目の前の人が、
色の意味から何を感じ、何を思い出したのか、そのことが今にどう影響しているのか
あるいは、その人はどのような性格なのかなんて、まったく分かりません。

そう。だからコミュニケーションを図らないと、
選んだ色だけでは、その人の心理なんて分からないのです。
人の心は、そんなに簡単じゃないと思いますし、その人でない限り完全に分かるはずもありません。

 


色の意味をキッカケにして、話を聴くのがカラーセラピストなのです。
私は、クライアントが話しやすいように、体制を整えるだけです。

もちろん、根掘り葉掘り聞くわけではありません。
話したくないことは、話さなくても良いのです。
心の中だけで、そっと感じていたい時はそれでも良いのです。

話すまでに時間がかかる時は、クライアントのペースを待ちます。
そしてクライアントが話すことに、受容と共感をしながら、
クライアント自身を信じて、寄り添うだけ。

アドバイスは致しません。
なぜなら、クライアントに起こる問題や課題は
「学び」であると考えるためです。

時々、カラーセラピストなのに、アドバイスをする人を見かけますが
それは、価値観を押し付ける行為であり、
クライアントの問題をいつの間にか自分の問題に投影してしまい
クライアントをコントロールしようとしてしまっているからです。

そこに、「人の役に立ちたい」「助けたい」「救いたい」という
自分のエゴが入り込んでしまうと、ベテランのセラピストでも
ついアドバイスをしてしまうことがあります。

そういう時、大切なことは、
「今、私はアドバイスを通して、価値観を押し付けてしまった」
ということに気づいて、セッションの流れを立て直して行くことです。

実はこれ、セラピストだけでなく、あなたの家族や友達が悩んでいる時も同じなのです。

悩んでいる時は、必ずしも正論が聞きたい訳ではありません。
「こうした方がいい」というアドバイスを結構、身近な人からされている場合があります。

でも、できないからこそ、悩むし、苦しい。
そういう時に、カラーセラピーを受けに来られるお客様もいらっしゃいます。

だから、私たちカラーセラピストは、決して選んだ色で
人の心を読んでいる訳ではないのです。

つづく




TCカラーセラピストさんはお友達申請歓迎♪
メッセージ下さいませ~♡




*********************

無料 ★毎朝10時台に配信
「SAIKO先生の色彩のラブレター」
ご登録は、コチラに空メール☆
t164360@1lejend.com

       

 
 
 
 
明日のメルマガのテーマはラブラブ
「感情のコントロール」
SAIKO先生は、どうやって感情のコントロールを
しているのですか?
と質問されたのでシェアしたいと思います。
お楽しみに~☆

※メルマガは、カラーセラピーに興味のある方、
自分との向き合いに興味のある方、
TCカラーセラピー開発者、中田哉子の経営に対する考え方
など、日々私が学んだこと、気づいたことをシェアしております。

ご登録は、コチラに空メール☆
t164360@1lejend.com

※空メールが上手くできない方は、フォームもございます
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=164360

今日もお読みいただき、ありがとうございます^^
よろしければ、応援ポチをよろしくお願い致します♪
↓↓↓

カラーセラピーランキング  色彩・カラーランキング
いいね!した人  |  リブログ(0)

なかたさいこ(SAIKO)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります