浮気・不倫・夫婦トラブル・離婚相談110番! 広島の夫婦カウンセラー・行政書士が対応します

行政書士 なかもり法務相談事務所です!  
広島で夫婦問題やカウンセリング、離婚法務を扱っています。
    

広島市西区 行政書士 なかもり法務相談事務所





電 話 082-533-6036


メールでのお問い合せはこちら からどうぞ

ホームページはこちら から




【行政書士 なかもり法務相談事務所は・・・】



■身近な『プロの相談者』です。


  →離婚問題に特化した行政書士であり

    夫婦問題専門カウンセラーとして対応します。




■継続的なフォローも行います。


 →当事務所でカウンセリング・相談を受けられた後も、

   電話・メールでの相談は無料です。

   (但し、電話は10分以内)




不安・問題を解消し、再び子どもと笑顔で

暮らしていくためのお手伝いをさせて

いただきます。








NEW !
テーマ:





行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。




「うちのパパ、言わないと

家事も育児も全然やってくれないんです!」


・・・

そんなママたちの声をよく聞きます。




これに対してパパたちは、

「何をどう手伝ったらいいかよくわからない…」


これが本音だと思います。




~~~~~~~~





普段、ママほど家事育児を

していないパパにとっては、


「自分で考えて家事育児をする」


のはかなりハードルの高いものです。




そんな、男たちに対して、


「言わなくても気づいてほしい!」


というママの要求はなかなかレベルの

高いものです。




なので、


ママが、ただ「手伝ってよ!」と

パパに言うだけでは、伝わりません。




例えば

具体的に・・・


「パパが自分で使った食器を片づけてほしいのか?」


「家族みんなの食器を片づけてほしいのか?」


「洗濯物を毎日たたんでほしいのか?」

それとも、

「週末だけ」でいいのか?



「今、部屋を掃除してほしいのか?」

「後でもいいのか?」





・・・!?

・・・!?

・・・!?




これを見てママたちからは、


「そんなことも分からないの~!(怒)


とため息がでそうなことかもしれません。




しかし、パパたちは

『本当にわからない!・・・』

のです。




まずは、ママ自身が


「何を」

「どのように」、そして、


「いつまでに」、


やってほしいかを明確にして、それを

パパにきちんと伝えたほうが、ストレスも

少なくて済みます。






◆パパの出番を作る!


例えば、『ゴミ捨て』。



ママが分別して、パパが玄関から

ゴミ収集場所へ移動・・・



これだけでは、

パパはいつまでたってもママの

「お手伝いレベル・・・」のままです。



これでは、パパも面白くない。。。



そこで、
パパに分別から任せてみて、


分別の仕方やごみ箱の位置もパパ

がやりやすいように改善してもらったり、


新しいグッズをそろえたり・・・


こうなるとパパも責任感とやる気がでてきます。






◆家事を「分担制」から「シェア」へシフト


パパが家事を担当できるようになったら、



もう一つ、

またもう一つ、



と、担当を増やし、「分担制」

シフトチェンジしていきます。



パパのメイン家事が増えることで、


「夫婦二人が主担当」


という考え方に徐々に移行できます。




そして、


「分担制」が定着したら、さらに上を行く


「家事育児シェア」


へバージョンアップしてみます。



「分担」と「シェア」の違いは、


「分担」・・・

担当を明確に決めて責任を押し付ける、


ことですが、



「シェア」・・・

できる人ができる時にやる、


ことです。




責任を押し付け合うのではなく、

状況に応じてお互いを思いやりながら

フレキシブルに対応するのがコツです。





※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
行政書士 なかもり法務相談事務所では、


・誰かに話を聞いてもらいたい。

・誰にも相談できず悩んでいる。

・法的なことをもっと知りたい!

・解決策が見当たらない。

・内容証明、公正証書を作成したい。


などに対応します。


カウンセラーでもある行政書士が現在の状況

をお伺いし、今後の対応策や心構えなどを

アドバイスさせていただき、一緒に解決策を

考えていきます。


電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

ホームページはこちら から

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※



  




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:





行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。




夫が養育費の支払いを約束して、妻と離婚。


その後、元夫は約束した養育費を

払ってくれません。


どうやら、

元夫は現在、収入もなく、これといった

財産もないようです。



しかし、夫の両親は経済的に裕福です。


この場合、

夫の両親(子の祖父母)に、孫の

養育費を要求できるでしょうか?




◆収入や財産がなければ差押えできない


離婚する際、


公正証書で養育費の支払いが滞った場合、

強制執行ができるという文言(強制執行認諾約款)

を付けたり、


家庭裁判所の調停で養育費の支払いを

取り決めたりします。



しかし、

元夫の養育費の支払いが滞ってしまった・・・。



元夫の給料や財産を差し押さえしよう

としたが、転職を何度も繰り返し、

現在は無職・・・。


これといった財産もない・・・。



こうなると、


事前にあれだけ苦労して取り決めした

にも関わらず、養育費の差押えが

困難になってしまいます。




◆夫の祖父母に要求できる?


このような場合、
夫側の祖父母が次のいずれかに該当する

場合は、養育費を支払うよう要求できます。




①祖父母が夫と交わした養育費の

 契約書の連帯保証人になっている場合



夫が養育費を払わないと、連帯保証人の

祖父母は代わりに養育費を支払う義務が

あります。


当然ながら、祖父母が夫の養育費支払いの

連帯保証人になっていなければ、

支払いを要求することはできません。




②祖父母が経済的に裕福で、金銭的

 に余裕がある場合



民法では、夫の両親(祖父母)は、孫にあたる

夫の子を扶養する義務があります。

(民法877条)



ただし、必ず孫を扶養しなければいけない

わけではなく、


自分たちや未成年の子の扶養をした上で、

まだ経済的に余裕がある場合に限って、

扶養することになります。

生活扶助義務




②の場合、


夫の両親が経済的に余裕がある場合は、

たとえ養育費の支払いの保証人になって

いなくても、孫の扶養料を支払うよう

要求ができます。




なお、扶養料を要求するのは孫です。


実際には、

親権者である母親が手続きをしますが、

母親は子どもの法定代理人として、

夫の両親に要求することになります。





※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
行政書士 なかもり法務相談事務所では、


・誰かに話を聞いてもらいたい。

・誰にも相談できず悩んでいる。

・法的なことをもっと知りたい!

・解決策が見当たらない。

・内容証明、公正証書を作成したい。


などに対応します。


カウンセラーでもある行政書士が現在の状況

をお伺いし、今後の対応策や心構えなどを

アドバイスさせていただき、一緒に解決策を

考えていきます。


電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

ホームページはこちら から

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※



  







AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:






行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。




離婚を考えている方

また

これから離婚について

話し合うご夫婦の方で、




配偶者の収入がいくらぐらいなのか?



その金額が分からない方がけっこう

いらっしゃいます。




相手の収入が分からないと、

財産分与・養育費・慰謝料など、、、

具体的な金額を決めることが

できないばかりか、そもそも

受け取れるはずだった金額さえ

受け取れなくなる可能性

があります。




そこで、

相手の収入を確認する方法の

一つとして市区町村役場で発行

している


『課税証明書』


があります。





これは、

各年の1月1日~12月31日までの

1年間の所得に対する住民税額を

証明するものです。



所得金額も同時に記載されるため、

「所得証明書」

または

「収入証明書」

と呼ばれることもあります。





その年の住民税の課税額は、

前年の所得をもとにして6月に

決定されます。



このため、課税証明書の住民税額は、

1年か2年前のもの

になってきます。





【課税証明書の交付手続き】


■請求先   1月1日時点の住所地の市区町村の窓口

■請求者   本人、または本人と同居している親族

■必要書類  窓口で申し込む人の身分証明書

          (運転免許証・健康保険証 など)

※代理人の場合は、委任状と代理人の身分証明書

  

■手数料 350円(1件につき/広島市の場合)


※自治体によっては郵送での請求も可能です。
  広島市の場合は
こちら をご覧ください。





※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
行政書士 なかもり法務相談事務所では、


・誰かに話を聞いてもらいたい。

・誰にも相談できず悩んでいる。

・法的なことをもっと知りたい!

・解決策が見当たらない。

・内容証明、公正証書を作成したい。


などに対応します。


カウンセラーでもある行政書士が現在の状況

をお伺いし、今後の対応策や心構えなどを

アドバイスさせていただき、一緒に解決策を

考えていきます。


電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

ホームページはこちら から

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※



  




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。