浮気・不倫・夫婦トラブル・離婚相談110番! 広島の夫婦カウンセラー・行政書士が対応します

行政書士 なかもり法務相談事務所です!  
広島で夫婦問題やカウンセリング、離婚法務を扱っています。
    

広島市西区 行政書士 なかもり法務相談事務所





電 話 082-533-6036


メールでのお問い合せはこちら からどうぞ

ホームページはこちら から




【行政書士 なかもり法務相談事務所は・・・】



■身近な『プロの相談者』です。


  →離婚問題に特化した行政書士であり

    夫婦問題専門カウンセラーとして対応します。




■継続的なフォローも行います。


 →当事務所でカウンセリング・相談を受けられた後も、

   電話・メールでの相談は無料です。

   (但し、電話は10分以内)




不安・問題を解消し、再び子どもと笑顔で

暮らしていくためのお手伝いをさせて

いただきます。








NEW !
テーマ:

 







行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。




父親が不在がちだと、母親は孤独を

感じ、不安になります。



そして、それは、


「育児不安」

という形になることもありますが、



「母親の、子どもへの依存」

という形になることもあります。



要は、子どもが母親の寂しさや

不安を埋める手段になってしまいます。


特に、男の子の場合は、異性という

こともあって、その結びつきは、

さらに強いものになるようです。





その結果、子どもは、



・母親のパートナーであろうとして

 過剰に母親の機嫌をとる。


・母親を守ろうと背伸びする。


・母親を安心させようとして慰め役になる。




子ども時代から、大人の役割を

せざるえないアダルトチルドレン

となってしまいます。







◆母親から離れられない・・・


子どもは母親を守ろうとして、

背伸びをすることがあります。


特に、男の子の場合、青年期に

なっても、そういう役割意識から

母親にまったく反抗できず、

母親からはなれられない、、、、


いわゆる「マザーコンプレックス」

なることもあります。




また、父親がいるにもかかわらず、

家庭にいない・・・


ということが続くと、母親によっては、

その不安や寂しさに耐えられず、

子どもに強く依存してしまう

ことがあります。



そうすると、子どもは何よりも親を

傷つけたくないので、母親から

精神的に離れる(自立する)ことが

できなくなってしまいます。





そのような、母親の依存から、

子どもが脱出できるための

一番の方法は、


父親が、母親の不安や寂しさを、

しっかり受け止める


ことです。



母親が安心すれば、子どもも安心して、

本来あるべき母親への反抗や攻撃を

出せるようになります。



父親が母親を支え、子どもと直接

関わることは、


子どもの自立のために、とても

重要な意義があるのです。






※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
行政書士 なかもり法務相談事務所では、


・誰かに話を聞いてもらいたい。

・誰にも相談できず悩んでいる。

・法的なことをもっと知りたい!

・解決策が見当たらない。

・内容証明、公正証書を作成したい。


などに対応します。


カウンセラーでもある行政書士が現在の状況

をお伺いし、今後の対応策や心構えなどを

アドバイスさせていただき、一緒に解決策を

考えていきます。


電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

ホームページはこちら から

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


   

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:







行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。

 


 

 


 

 

もし今、夫婦関係がうまくいかず、

離婚を考えているご夫婦がいらっしゃれば、

まず何から準備をしていく べきでしょうか?

 


 
離婚の際、一番もめやすいのは

「お金」「子ども」 です。

 


 

 


 

 

お金に関しては、


現在の財産(家・土地・預貯金・

マイナス分を含むローン等)

いくらあるかを把握 します。



家や土地に関しては、住宅会社など

が行っている「無料査定」などを

利用すればだいたいの資産価値

が分かると思います。


 

あと夫(妻)の収入もいくらあるか

調べておきます。

 


不明な場合は、各市区町村で

夫(妻)の「課税証明書」を取り寄せ

調べることもできます。 


 


 


 

 


 

 

子どもに関しては、二人で向き合って

よく話し合ってください。


 

子どもが小さいほど、親権は母親に

有利ですが、


父親(母親)から無理に引き離して

しまうと、その子の 人生に何らかの

影響があると考えてください。


 
その子は大きくなり、結婚し、

子どもを生み、そして親となりますが、


自分の原点である父親(母親)が不在 

だった事実は、心にぽっかりと空いた穴

のように埋めることができないものに

なるでしょう。 



夫婦は離婚すると他人になりますが、

子どもにとっては永遠に「父と母」

なのです。 


 

 


 

 


 

 

あと、女性の場合、考えておかなけ

ればならないのが、「離婚後の生活」

です。 


 

 

・どこに住むのか?

・生活費はどうするのか?  

・仕事はどうするのか?  

・子どもが小さい場合は保育をどうするのか?


 


 離婚が成立した翌日から、夫からの

収入はなくなります。


精神的自立はもちろんですが、

経済的自立を どうするか?


これはできるだけ離婚前に準備して

おきたいところです。



また頼れる親族・友人がいれば遠慮なく

頼りま しょう。

 

体調を崩してしまうと、家のこと・子どもの

こと、全てがストップしてしまいます。




※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
行政書士 なかもり法務相談事務所では、


・誰かに話を聞いてもらいたい。

・誰にも相談できず悩んでいる。

・法的なことをもっと知りたい!

・解決策が見当たらない。

・内容証明、公正証書を作成したい。


などに対応します。


カウンセラーでもある行政書士が現在の状況

をお伺いし、今後の対応策や心構えなどを

アドバイスさせていただき、一緒に解決策を

考えていきます。


電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

ホームページはこちら から

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


  

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:






行政書士 兼 離婚情報コーディネーターの中森です。


 


子どもがいて離婚した後に新しい恋人ができたとき。。



ぜひ慎重にゆっくりと関係を深めて

いけたらと思います。


新しい健全な異性関係は離婚後、

前向きに生きるための積極的な

一歩になりますが、


親も子どもも傷つかないように、

ゆっくりと時間をかけ、注意深く選び、


新しい生活に対する準備ができたら

いうことはありません。




以下、子連れ再婚の際の効果的な

10のアドバイスです。






1.新しい異性関係を始めるまでに、前の関係を

 終わらせておく。


前の離婚が法的に解決している

だけでなく、精神的にも解決して

いることが望ましいです。


独立した自信ある個人として、

新しい関係を築いていけるように、

精神的健康にも 気を配ることが

大切です。

 



 


2.離婚後は、子どもと健全な関係を作る。


離婚後は子どもと健全な関係を

作り、それを維持するように十分に

気をつけます。

この時期には、子どもは変化に対応

するために、親の愛情と援助が特に

必要になります。


そうすることでこどもは安心し、親に

とっても新しい出会いがあっても、


子どもは親の心の中で自分が 特別な

位置を占めていることに自信を持ち

続けていられます。




3.異性との付き合いはゆっくり進める。


異性とデートする心の準備ができたら、

ゆっくりと進めていきます。


子どもには、新しい友だちと会う 

つもりであると伝えます。



現実のことになる前に、子どもが

その可能性について準備する時間

を与えることです。 


子どもにどう感じているか尋ね、

質問しても良いと言い、

 

その質問の背後にある意味を

聞き取る姿勢が大切です。 



子どもが本当に知りたいと思っている

ことは、多くの場合、


「親の人生に誰かが入ってこようと、 

親がずっと自分を愛し、世話をして

くれるのかどうか?」

 


ということです。

 





4.恋人としてだけではなく、友人・親友としても

 深く付き合う。



パートナー候補を生涯の伴侶と考えて

いるなら、親としてあなたと責任や

価値観を共有できるか どうか?

を徹底的に考えてみます。



その人があなたにとって良い伴侶に

なるかどうかを吟味するだけでなく、


同様に大切なことは、 新しいパートナー候補

が子どもにとって良い継親になれるかどうか

考えなければなりません。


パートナーがあなたの人生の中で、

子どもを最優先しなければならない

ことを理解し、 


あなたの親としての大切な役割を

喜んで支援するつもりがあること

を確認します。





5.親密な関係になる状況の際は、

  子どもがいるときに家に連れ込まない。

子どもが家から離れているとき、

子どもがあなたと一緒に居ないときに、

その人と会うように計画することです。


子どもは見知らぬ人とお風呂場や

朝の食卓で会ったりすると、とても

動揺してしまいます。




6.元配偶者にも伝える。


ふさわしい人に巡り合い、真面目に

お付合いすることになったら、


子どもにもそれを知らせる前に、

元配偶者に伝えると良いでしょう。



そうすれば、子どもは、もう一人に

親にそれを隠しておかなければ

ならないという負担から解放 されます。



2人は別れた後も、子どものために

関係を続けていきますが、


新たな人と巡り合ったという出来事 

を伝えることで相手に敬意を払って

いることが明らかになります。


それが親同士の関係に良い影響

を与えます。





7.子連れで行きやすいところで紹介。



子どもとパートナー候補を早い時期に

会わせるときには、短時間でざっく

ばらんなものにして、


できれば公園のような、子連れで

行きやすいところがいいでしょう。



子どもは時間をかけて、徐々にその人

と知り合い、自分自身の印象を作って

いけるようにする必要が あります。



このような初期の出会いでは、

愛情を身体で表現するのは避ける

ようにします。


親が自分の知らない誰かの恋人

なのだということを目の当たりにすると、


子どもはどうにもならない 

くらいショックを受けてしまいます。






8.有意義な時間を過ごす手配をする。


今後、ずっと関係を続けていけると

思える人ができたら、


その人と子どもが共に有意義な時を 

過ごせるように手はずを整えます。



また、パートナー候補を子どもに

会わせる前に、子どもに心の準備

をする時間を与えます。


年齢にふさわしい表現で、親たちの

関係を説明すると良いでしょう。


ただし、その人を子どもたちに

「売り込む」のは避けます。

 

その人の長所を詳しく説明したり、

 

「きっとその人のことが気に入るよ」

など期待させるのはやめておきます。


ある程度の年齢の子どもであれば、

何か作為的な物を感じ取ってしまう

恐れもあります。



9.新しいパートナーは自分たちにとって

  どんな意味を持つのか?

親の人生に新たに現れた人が、自分たち

親子にとってどんな関係を持つのか?

 

子どものが不安に思っていることを

理解してあげてください。



子どもは親の愛情、親と過ごす時間、

家庭の資産さえも失ってしまうかも

しれないと心配しています。


親の心の中にある、子どものための

特等席を決して失うことがないことを

行動で示して、安心させてやら

なければなりません。




10.付き合いと子どもの時間は切り離す。



それぞれの子どもと1対1で過ごせる

時間を確保します。


新しいパートナーとの付き合いと、

子育ては切り離すことが大切です。

親が別の人といるときに、自分が隅に

追いやられているとか、

 


無視されていると感じたら、子どもは

憤りを感じるでしょう。

 


それはいつまでも消えることなく、

将来の親子関係を損なう恐れ

があります。




新しい人間関係を築くには、時間と

配慮と忍耐が必要ですが、


い目で見れば、じっと待って努力

するだけの 価値は十分にあります。

 





※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※
行政書士 なかもり法務相談事務所では、


・誰かに話を聞いてもらいたい。

・誰にも相談できず悩んでいる。

・法的なことをもっと知りたい!

・解決策が見当たらない。

・内容証明、公正証書を作成したい。


などに対応します。


カウンセラーでもある行政書士が現在の状況

をお伺いし、今後の対応策や心構えなどを

アドバイスさせていただき、一緒に解決策を

考えていきます。


電 話 082-533-60361(広島市西区)

メールでのお問い合せはこちら から

ホームページはこちら から

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※


  







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。