1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-29 23:40:21

子どもたちへの合理的配慮

テーマ:主義・主張

昨日はかなりの興奮状態だったようで、寝つきもいつもよりも悪く(といっても、ほかの人ほどじゃないし笑)、寝不足でも朝もぱっちり目が覚めて、朝から携帯でスポーツニュースを読みながら幸せを再度かみしめていました。

 

仕事の忙しさとファイターズ愛ですっかり私の無尽蔵なエネルギーも今日の夜にもなると気が抜けて、若干、枯れ気味です(苦笑)。

 

そんな日々でしたが、昨日はいつもお世話になっている定時制の高校に相談に行き、今日は保健室の先生たちの勉強会に若者たちと一緒に行ってきて、連日で高校の先生たちとあれこれ話をしてきました。

 

先生を通して、あるいは直接高校生やお母さんと話をしたり、また昨日も今日も先生たちに今の子どもたちを取り巻く実態や使える社会資源について話をしたのですが、そうした時間が重なるほどに深刻な実態を再認識すると同時に本気で何とかならないものかと歯がゆい気持ちでいっぱいになります。

 

子どもや若者たちを大事にしていない国、社会だとつくづく思います。

 

それは、けしていじめているとか、邪険にしているとか、そういったことではなく、無自覚に大事にしようとは思っているものの、余裕がないとかほかのことが優先されてしまったり、結果としてかなりの悪影響をもたらしている、悪意のないものだとは思います。

 

でも、悪気がないから、一生懸命だからいいということはありません。

 

今年からスタートした障害者差別解消法でも「不当な差別」と「合理的配慮の不提供」の二つが禁止されています。

 

つまりは、子どもたちに対する合理的配慮があまりにも欠けているというのが私が今、もっともフィットする感覚です。

 

子どもは私が育ったころの地域、社会、暮らしの常用であればある程度、放っておいても日常の中にいろいろなスキルを身に付けるチャンスがありました。

 

力を発揮する機会もありました。

 

そうした日常の蓄積で健やかな成長を促進し、人とのつながり、セーフティネットが作られていきました。

 

しかし、今は全体的にそうした日常の機会は裕福な層も貧困な層も減っているし逆に成長を阻害するもの誘惑物はかなり増えています。

 

今日の研修講師の際には思わず「スマホはこの世からなくしたほうがいい」と結構本気で言ってみたら、若者たちに「それは、無理だ。死んじゃう」と言われましたが、子どもたちの成長のためを考えたらあながち冗談ではありません。

 

もちろん、なくなることなんかないとは思っていますが、ある状態で使い方をどーのこーのする状況ではないと思っているので、気持ちとしては結構まじめなのです。

 

冷静に言うと、なくさなくても、子どもたちにそれよりも楽しいことやイキイキできることやものをたくさんたくさん提供できればそれでいいと思います。

 

週末はFFPの定期活動があります。

 

今回は三重からお客さんも来たり、久々にじっくりと活動を楽しめそうです。

 

その前に、明日はファイターズの最終戦!!

 

楽しみです!

AD
 |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-09-29 01:15:34

やった~~~!

テーマ:趣味

いや~やりました!

 

嬉しいです!

 

北海道日本ハムファイターズがリーグ優勝しました!!

 

大谷が最高の舞台で最高のピッチング。

 

仕事をしながら見ようと思っていたのですが、途中から「こりゃ、仕事は無理だ」となって、ドキドキしながら見ました。

 

そして、家に帰ってくる途中で最近全く飲んでいないビールの350ml缶をひとつ調達して、ビールかけを見ながら、美味しく飲みました。

 

クライマックスシリーズのチケットも買いました。

 

今日はずっと特集番組が続いていて、これまた最高の幸せ気分です。

 

こういう時に本州に出張だったらこの番組が見れなかったと思うとぞっとします。

 

でも、ここ数日は寝不足なので、そろそろ寝なくちゃ。

 

そうそう、明後日は最終戦のチケットを買っているのですよ。

 

引退する武田勝さんの投球が見られると思います。

 

ファイターズ、本当にありがとう!

AD
 |  リブログ(0)
2016-09-27 00:59:29

身近な暮らしが大切

テーマ:場づくり

いや~、ファイターズのマジックがいよいよ1になりました!!

 

明日が楽しみです。

 

きっと、明日は嬉しい日になりますよ。

 

今日も一日よく働いて、気が付いたら夜遅い。

 

セミナーを含め千葉の様子もお伝えしたいのですが、眠い(苦笑)。

 

今回のセミナーは自分が主な企画と実行を担当したのでどうも客観的なコメントがしにくいです。

 

若者たちと行ったセッションはこれまでよりも全体的に深められた感じでもあり、具体的なアイディアも出たりして、事例検討の実績が蓄積できました。

 

セッションもさることながら、事前にちょっと打ち合わせをした時の話やみんなでしゃぶしゃぶの食べ放題を食べながらしゃべったのが面白かったです。

 

事前の打ち合わせではなぜか「私と仕事、どっちが大事なの?」をめぐるフィバ研が始まり、これがなかなか深い(笑)。

 

また、事例検討もハーマンの勉強会も若者たちと研修の場で一緒にしゃべるとしばしば私を支援者として頼もしいとかいい関係とか、私が支援者だからみたいなコメントをもらうことがありますが、今回もあっちこっちでそんな話題が…

 

私も「またその反応か」と思うのですが、若者たちも同じように感じるらしく、そのあたりの残念感もどこから来るのか知りたくなりました。

 

今回、全体交流でゲストとして呼んだ西川さんもおっしゃっていましたが、これからはプロが増えるのではなく、拠点型みたいな特別な場を増やすのではなく、ごくご当たり前のところにちょっとした場ができたり、その辺の人たちが少しずつ子どもの味方になったり、お互いに支えあったり、学びあうための環境づくりが重要だと思うのです。

 

私が特別だから若者たちが育ったのではなく、若者たちにもともと潜在能力があったし、いろいろな人たちやいろいろな環境がそれを可能にしていったのですよ。

 

そうそう、西川さんが「暮らし方」を考えようって言っていましたが、そうなんですよ。

 

どんな暮らしを実現していくかということをまじめに足元から考えていきたいと思います。

 

さて、明日はとってもいい日になることを楽しみに、そろそろ寝ます。

 

AD
 |  リブログ(0)
2016-09-26 01:33:41

とりあえず

テーマ:ブログ

全国セミナーが無事に終了し、札幌に戻ってきました。

 

日曜日だからか、東京からの最終便は満席。

 

家に着いたら、12時近くになっています。

 

いやいや、さすがに疲れました~。

 

無事に新刊も発行され、筆者謹呈をもらったのですが…

 

常用タブレットの不調で画像がアップできません(苦笑)。

 

また、明日以降にビジュアルに紹介します。

 

まだ、書店では売っていないようなので、慌てて宣伝しなくてもよさそう。

 

http://www.chuohoki.co.jp/plan/ 

 

中央法規の発売予定リストに紹介されていました。

 

とりあえず、セミナーも本の完成も予定通りに進んだという報告で、今日は寝ます。

 

明日からびっちり札幌で仕事です。

 

ファイターズがマジック3になり、きっと今週はとびきりうれしい出来事で歓喜することを楽しみに、頑張ります!

 |  リブログ(0)
2016-09-23 23:29:55

社会を知る

テーマ:主義・主張

東京で仕事を終え、千葉に移動してきました。

 

明日、明後日と千葉で相談員のためのスキルアップセミナーを開催します。

 

全国から150名あまりの人たちが参加して、実践的な研修を行います。

 

この実践的な研修というのが実はあまりウケないという噂もあります。

 

学びが好きではない人は受け身に参加するだけの方が気が楽なようで、参加型を嫌がる人もいるようです。

 

それはそれで、個人的な好みではありますが、少なくと対人援助なかでも人の人生や生活を扱う者は自分自身を見つめる機会は絶対に必要だと私は思っています。

 

自分自身は研修を企画し、実施する立場ではありますが、参加する人たちの感触を含めて自分の研修に対する姿勢や内容が問われます。

 

相手がある仕事というのは常に自分の目的、満足度と相手の目的、満足度とのすり合わせのような気がしています。

 

すり合わせというのは妥協しあうということではなく、自分と相手の共通基盤である「社会」つまりソーシャルな視点にどれだけ近づけるかということだと私は思っています。

 

今回、出版した本でも「ソーシャル・アドボカシー」という概念を提案していますが、社会的な視点や考え方を支援の中でどう気づきあい、学びあうのか、それが両者ともに養われていくプロセスに成果があると考えています。

 

そうなると社会について私たちは知らなくてはなりません。

 

社会を知るというのは実はそんなに簡単なことではありません。

 

一方で、そんなに高度で難しいことでもありません。

 

生活者として自分で感じ、自分で考え、そして自分として発信すること。

 

そして、自分とは異なる人の感性や意見、発信を受け止めて、返すこと。

 

その蓄積でしかないのです。

 

時代の流れやシステムの事情から、感じない、考えない、発信しない方がリスクが少ないし、逆に感じたり、考えたり、発信すると生きづらいという実態もあります。

 

そこから脱却するために、私はそうした思いを共有できる人たちとともに地道に感じ、考え、発信し、そして誰かを受け止めて、返すことの繰り返しをやめないのです。

 

明日、明後日もそういう場にしたいと思います。

 |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。