菅直人オフィシャルブログ「未来世代に手渡せる日本を」をめざして Powered by Ameba

菅直人オフィシャルブログ「未来世代に手渡せる日本を」をめざして Powered by Ameba

NEW !
テーマ:

 国会では激しい議論が戦わされる事はこれまでにも多くあった。しかし最近の安倍総理の国会での発言は質問者を馬鹿にするような、見下すような発言が多く、一種のヘイトスピーチになっている。政治家では橋下元大阪市長が過激な攻撃的発言で目立っているが、過去の総理では私の知る限りこれまでに例がない。

 

 まがりなりにも日本の最高権力者である総理大臣が連日ヘイトスピーチに類する発言を国会で繰り返すことは、国民の中にそれを真似てもいいと勘違いする人が出てくる。子供の教育にも悪影響を及ぼし、大問題だ。

 

いいね!した人  |  リブログ(2)

テーマ:

 人気の高い政治家が中心となって新党を立ち上げることははこれまでにも多くあった。古くは1976年河野洋平氏が自民党を離党して立ち上げた新自由クラブと、翌年江田三郎氏が社会党を離党して立ち上げた社会市民連合。私もこの政党の結成に参加した。55年体制と呼ばれた自民党と社会党の古い体質を批判しての立党で、その政治理念に共鳴する人が参加した。

 
 その後政権交代につながったのが1992年に細川護熙氏が立ち上げた日本新党。知事や市長経験者が新党を立ち上げる例がこれから広がった。最近では橋下徹氏の日本維新、小池都知事の都民ファースト。
 
 人気のある新党には候補者が集まる。政治信念に共鳴して参加する人と、政治信条に関係なく議員になりたいために参加する人とがあり、多くの場合玉石混交だ。そのため、日本維新のように、当選後次々と離党したり、非常識なトラブルを起こす議員が後を絶たない。
 
 都民ファーストはどんな政党か。どんな政治理念を持つ政党か。維新の党も最初は「分権の党」、「第三極の党」と称したが、実際には「集権的な党」で、しかも自民と民主の間の第三極ではなく、自民より右翼の党であることが明らかになった。
 
 都民ファーストの場合、都政に関わる政策以外の政治理念は全く分からない。原発ゼロに賛成かどうか、共謀罪に賛成かどうか、全く不明だ。そうしたことを東京の有権者はどう判断するのだろうか。
 

 

いいね!した人  |  リブログ(4)

テーマ:

 昨日の、豊洲市場の土壌汚染対策を検討する専門家会議は、安全性を保つための追加対策案を提示した。しかし石原都知事時代に始まったこの専門家会議は、2008年に①地下水を環境基準以下に保つこと、②土壌中のベンゼンやシアン化合物が大気中に出ないように盛土をすること、の二つを生鮮食料品市場にする条件として挙げ、二つの条件が満たされる前提で計画が進んでいた。

 

  しかし、小池都知事になった後の調査で、この二つの条件が全く満たされていないことが判明した。この段階で専門家会議は抗議の意思を明確にすべきであった。それにもかかわらず、今回追加対策でも二つの条件は満たされないのに、安全性が確保されるかのように提案している。それでは前回に条件提示は何だったのか。専門家としての見識が疑われる。

 

 昨日の専門家会議は「豊洲の汚染を無害化できるのか」という意見が噴出し、提案の審議に入れなかったという。当然の疑問だ。

 

 

 自民党と公明党の都議は豊洲市場が安全性に問題があることを知りながら、豊洲への移転を急がせている。武蔵野の前都議松下玲子さんは石原知事時代から豊洲市場は安全性に問題があるので反対という姿勢をとり続けてきた。ブレていない。築地を含め、豊洲以外での新市場が必要という意見だ。

 

 また松下玲子前都議は「都議は都知事の子分ではない」と明言している。一方、都民ファーストの予定候補は何も言っていない。小池知事のイエスマンなので知事が結論を出すまでは何も言えないのだ。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(2)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
      芸能ブログニュース