女性閣僚の問題発言

テーマ:

高市総務大臣のテレビ局への圧力発言、丸川環境大臣の「被曝上限根拠ない」発言、島尻北方相の歯舞群島が読めなかったことなど女性閣僚の問題発言が続いている。特に高市総務大臣の発言はテレビ報道を委縮させており、この問題を新聞は大きく報道しているがテレビ局は沈黙している。


このような問題発言が続く背景には安倍総理が予算委員会などで一方的な放言を繰り返しても、大きな問題とならないことがある。政府の顔色をうかがってメデイアが報道を自粛するようになっては民主主義社会とは言えない。