「 俺が使うのは日本語オンリー 」





AD

偽善には偽悪を

テーマ:

yamann




とあるビルの地下駐車場にある喫煙所に、煙と共に偽善が充満していた話。


僕が喫煙しようと中に入ると、既に6,7人のスモーカーがそこに居た。


イップクする前に持っていたジュースで喉を潤そうとした時、異変に気付いた。
灰皿の中の吸殻が燃えているらしく、カルク煙突状態になっている。


目の前にいる、同僚と思われる男女がいらない会話を始めた。


オス「中で燃えてるね。」


メス「結構煙出てますね。」


オス「飲み物でもあったら消せるのにね・・。
   これ、このまま放っておくと大変な事になるよね。」



え?飲み物って?ぼく??


なんかねぇ。偽善に満ち溢れた適当な会話。
大変なことって何??




その狭い空間で飲み物を持っているの僕だけ。

がしかし。

あえて空気をよまない。AKYマザファカ。



ヒーローになれるとこを、ヒールに徹した。

偽善には偽悪を。





更に男は偽善を通り越して、ただの野次馬的発言をはいた。



オス 「消したくても、どうしょうもない・・・。」
メス 「・・・。」



とうとう何もしないくせに、ボヤきおった!!


そりゃ女の人も無言になるわ!
そりゃ僕も追い詰められるわ!


さっきから何がしたいねん!!
そこまでボヤくなら、自分で水でも買ってこいや!!




数分後。




皆が出ていった後、すぐさま消火活動する僕。



最初から消せって?ひねくれてる?


なんかねぇ。偽善に満ち溢れたあの会話が、どうしても許せなくて。


あとねぇ。僕がすぐ消す事によって生まれる空気も予想できて嫌だったんよ。






◎おまけ

【すぐ消火活動しちゃったら】



メス 「やったぁ。消えたよぉ。」


オス 「おお。無事鎮火したね。」と僕をチラ見。



僕  「ども。」ハニカむ。



オス 「いやぁ。俺もこれからイップクする時は飲み物持参だなぁ。てへへ。」



メス 「えー。何それ意味わかんな~~い。でもトシ君のアドバイスがあったから、ミルクティーのお兄さんが鎮火に成功したんだよ。 トシ君    好き。」


オス 「マサコぉ。それは消化してくれたミルクボーイに失礼じゃないか~。俺も   好き。」






僕   ハニカむ。


AD

残りの20%がミソ

テーマ:

明けましてやーまん!

今年の抱負は 『80%攻める!』 に決まりました。


 年間の目標なのであまり具体的すぎると、小学生の夏休み勉強計画ばりに守れない恐れがあると思い、精神的な目標にしました。


後は月間ごとの目標設定をすれば、大人の階段のぼる2008達成。


先日、休みを利用して数軒の服屋をめぐった。



オシャレとは??



考える事を5年前に放棄した僕にとっては、服屋めぐりなんてものはレアなイベント。



中々ほしい服なんて見つからない。

むしろ


「僕は今服がほしいのか?」


と、その日の行動を全否定する結論にたどりつく。




邪念を振り払い、一軒のサーフブランドのショップにたどりついた。


せまい店内を10分くらい歩いた。

ほしい服がみつからない。

むしろ


「僕はサーファーなのか?」


0.5秒で答えが出る疑問が無駄に頭をよぎる。



そして桜の刺繍入りのかわいいロンTを発見した。

これでいいじゃないか。

それを手に取りレジに向かおうとした時、異物が視界に飛び込んできた。







THE 福袋。



その手の物を、最も毛嫌いする自分の足が止まってしまった。


どうした?


どうした俺。


しばらく袋とニラみあった。


ちょっと袋の中をのぞこうとしてみた。


入り口がかたく閉ざされている。当然だ。



自分の中のハト派が話しかけてくる。


「やっぱりやめよう。らしくないよ。」


そうだね。今日はロンTだけ買って帰ろう。



すると、タカ派がこう切り出す。


「言ってる事とやってる事が、ちゃいますね~♪」


え?


なんのこと?


「おまえ、80%攻めるんちゃうんか」



くらった。

一撃だった。


気付けば袋をもってレジに立っていた。


5000円ナリ。


10000円の袋もあったが、そこは80%。




大きな達成感を胸に、店内を後にした。

あえて、ほしかったロンTは買わなかった。

 

あえて


攻めてるなぁ僕。



帰宅した僕は、福袋という名の戦利品をしばらく見つめていた。

この袋を飾っておくのはどうだろ。

あえて、中身は見ずに。


「あえて」


このアエテは無理だった。



1着ずつ出していく方針に決めた僕は、

目をつぶりながら袋の中に手をのばした。




1着め。赤いスウェット。(上)


すさまじいスピードで、パジャマに決定した。


パンパンだった袋に、随分余裕ができてしまっている。




2着目。ピンクのロンT。


「JAPAN」という文字が入っている。「HAWAII」でなくて良かった。と言い聞かせる。


インナーのインナーに決定。




3着目。くつした3足。


なぜか安心する。



最後4着目。青?紫?系のダウン。


コレすごく微妙。

大人っぽいダウンがほしかった自分には、超カジュアル。




ま、普段自分では選ばない代物を手に入れることによって、オシャレ新境地が開拓できるような気もしてきた。

そんなポジティブ思考の元、1着目と4着目を合わせて着てみた。



超ダセー!!!


FUCK自分がオシャレだと自負してる奴!!



AD