【ふるさと便り】

 母の日のカーネーションに比べて認知度の低い「父の日」(6月第3日曜日)のバラを定着させようと、鳥取県米子市淀江町でバラを生産する森田園芸が27日、市民らを招いてバラを摘んでもらう体験イベントを開いた。

 同市などから8人が参加し、「ルーレット」や「ニューミラクル」「サンティアゴ」など20種類が栽培されている約1200平方メートルのハウスで、好みのバラを採花した。

 摘んだ花を使ったフラワーアレンジメント教室も開かれ、参加者らは赤やピンク、黄色など色鮮やかな作品を仕上げていた。

 参加した鳥取県大山町の中原喜代子さん(74)は「何種類ものバラを摘んだのは初めて。父の日には夫にバラを贈りたい」と話していた。

【関連記事】
お父さんはやっぱりノケモノ「自宅難民」急増中、どうする!?
育児楽しむ男性応援 父の日に「イクメン大賞」
明治製菓 父の日商戦で「甘さ控えめ」の新チョコ菓子
色とりどりのバラ見ごろ、港の見える丘公園
格安のバラがズラリ あらかわバラの市にぎわう

民主・石井選対委員長「現段階で48議席程度」 東京3人目は断念(産経新聞)
「ぎりぎりまとまれるか」…閣僚から懸念の声(読売新聞)
職質のコツを伝授、若手育成の現場=同行ルポ(読売新聞)
むずむず脚症候群の認知度は3割未満(医療介護CBニュース)
<降雨>西日本で土砂崩れ、通行止め(毎日新聞)
AD