旬の野菜と加工品に挑む!柴海農園の毎日

千葉県印西市で旬の野菜セットと加工品を作ってます。レストラン向けの変わった野菜、甘麹ジャム、受託加工などさまざまな分野にチャレンジ中。2014年 夢農楽より名称変更。


テーマ:
春のレタスと言えばコレ!


パリグリーンという品種が私は好きです。
作りやすいですし、苦味も少ないです。
来週から5月上旬まで出荷しています!



AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
ゆうやです。

今年から今まで使っていた籾殻豚糞堆肥に加えて
バーク堆肥をラインナップに加えました。

自分の畑は痩せている畑が多かったのですが、
ある一部分の畑は土壌分析の結果が良く、
そろそろ動物性堆肥は良いかな?と思うような結果に。

そんな時は緑肥でソルゴーとかを作付するんですけど、
その時間がない場合もある。
そんな時のために、やっぱり植物性の堆肥が欲しかった。
前から探していたんですが、なかなかないんですよ植物性が。

でも常に探していると不思議と見つかるんです!
配達中に見つけたある会社の敷地内に、山積みにされたバーク堆肥が。
すぐ問い合わせをして、自分で土壌検査にだして、
余計なものが入ってないか聞き取りをしたところ、大丈夫そう。

2トンダンプで運んでもらえるし、結構安かったので助かりました。
一番いいのは農園で再発酵したいんですが、
そんな設備もないので、畑の微生物と、クロストリジウム菌、納豆菌に
分解してもらいます。畑によっては太陽熱もやれば絶対いける。

これで高品質な野菜作りに欠かせないピースが揃いました。
水、有機物、人、ミネラル、技術
があれば最高の野菜は作れると思っています。

最後の肝は「技術」
こればかりは終りがないです。

今年は人も増えたけれども、面積は増やさずに、
野菜としっかり向き合っていきたいと思っています。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さん 大根の花をご覧になったことはありますか?

9月に種をまき、12月~3月まで収穫をした冬大根は
4月上旬から中旬に満開になります。



とても綺麗です!
他の菜花と違い、白い花!
白菜や小松菜は黄色い花なので、桜みたい!

味は大根に似た辛みがあります。
ステーキなどの肉料理に花を散らしたり、
野菜炒めなどに茎ごと刻んて最後の方に加えたりすると美味しくいただけます。

柴海農園でも4月は大根の花で飲食店様に出荷しております。

5月になると鞘をつけますので、
その鞘は「大根の鞘」として出荷しています。
こちらも後ほどご紹介しますね!

ゆうやでした。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
お久しぶりです。ゆうやです!
イタリア、フランスで学んだことを実現したくて
今年は、西洋野菜に色々とチャレンジしていきます。

色々種まきしましたよ!











さて畑が足りなくなるかもしれない。。。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ブルターニュからパリに戻った5日目。
パリでの目的はフランスの野菜料理を勉強すること。
そのために、予め野菜料理に定評のある星付きのレストラン、「アルページュ」に行ってきました!

星付きのレストランで食事をしたことがなかった私。アルページュは星3つ。
値段もかなり高く本当にランチなのか?と思うほどの価格でした。
アルページュの特徴はなんといっても野菜料理。ブルターニュ地方に自家菜園があるようで、
新鮮な野菜を使い野菜のみのコースを提供しています。
農家6人でいった私達は、もちろん野菜メインのコースを注文!合計13皿の野菜料理を堪能してきました。

彩り、野菜のサイズ感、西洋野菜の料理方法。
どれをとっても新鮮でとても勉強になりましたが、流石に13皿毎回野菜料理となると最後の方は食べきるのが大変に。。
12時からスタートして終わったのはなんと15時半!!
こんなに頭の中も、井の中もこんなに野菜に満たされたのは生まれて初めてかもしれません。
それと感じたことがもう一つ。野菜の使い方、見せ方はとても斬新でしたが、使用量は極わずか。
農家目線で見ると「このダイス状の黒大根1本で100人前取れるぞ。」とか、
「このスライスされたカリフラワーは1株で70人前はいける!」など農家ならではの意見も繰り広がりました笑

星付きレストランはやはり、他では味わえない体験が出来ました。
けれども野菜の使い方がどこか特別すぎて野菜が美味しいのか、
料理が美味しいのかイマイチよく分かりませんでした。
私が目指すのは普段の野菜がとっても美味しくて、
作り手の気持ちが伝わってくる旬の野菜。
そう考えると、星付きのレストランに出荷することが目標では無いです。
そういう意味で、もっと野菜を極めたい。どんな野菜も作りこなしたい。
そしてそれを食べてもらいたい。勉強すればするほど、答えは不思議とシンプルになっていきます。
技術、想いを磨き上げて行くことが私の一生の仕事ですね。

以下写真です。















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ボンジュール!フランス帰りの代表ゆうやです。無事に農園に戻ってくることができました!
仕事を2週間しないなんて就農をした時は考えてもいなかったのですごくリフレッシュ出来ました。
不在中に農園を守ってくれたスタッフの皆、子供を見ながら仕切ってくれた佳代には本当に感謝しています。ありがとう!

フランス、イタリア研修に行くことが決まったのは昨年2月頃。
農家仲間で行うはりまざかマルシェ(都内文京区の中勢以さんで毎週行っているマルシェ)メンバー
で野菜セットを共同で出荷しているのですが、そのお金を2年間積み立てて旅費の足しにしました。

行き先はフランスブルターニュ地方。夏は涼しく、冬は暖かいというとても恵まれた地域で畑作、酪農ともに盛んな場所です。
その地域で5件位の農家さんを見学しました。
育苗の仕方、土質、売り方似ているところも多いのですが、日本とは全く違っているところもありました。
特に違いを感じたのは「休暇」に対する意識の違い。
ある農業法人を見学した時のこと。
その農家は25ヘクタールの広大な土地で有機農業を営んでいました。
なんとスタッフはたったの5人!一人あたり5ヘクタール!
因みに柴海農園は3ヘクタールを5人くらいで回しています。
さぞ忙しいのでは?と思った私は「休みは有るのですか?」と訪ねてみました。

「週休2日で1年の間に5週間バケーションを取ります。」との返答が!
なんと!!こんなに広大で、人数も少ないのに、
5週間のバケーションも取れちゃうってどういうこと?と正直耳を疑いました。
その後日本人は長期休みはとるのか?と聞かれてそうですね。
年末年始の1週間くらいでしょうか。と答えるとフランス人はびっくりしたようで。。

彼らにとってはロングバケーションは必然な文化のようです。
農業=休みがないという現実は甘えなのでしょうか?
確かに生き物相手なので目を離せないときもありますが、
休みに対する執念があればそうなるように仕事を変えていくのでしょう。
少なくともフランスでは休みに対する執念を感じました。

以下農家さんの写真です


連棟ハウス 入口が全面空きます!


フランスの育苗の様子。
写真はマーシュ。 機械で成型し自動で種まきをします。
コンクリーとに直置きしてスプリンクラーで散水。
合理的ですね。。

こちらはカブ。あちらでは定植するものみたい。
日本のかぶの方が私は好きですが、この作り方、回転は速そう

レタス。マルチは4m幅くらいで余計な草が生えません。

②につづく


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
まだまだ寒い季節ですが、春の便りが届きました(^^)

{79FA8FEF-8B2B-4D61-A358-D2CFBBDB75EA:01}

家のすぐ横でふきのとうがとれるという幸せ。

{96D6AC52-B929-4DE3-B607-976503BD67B9:01}

しかもふきのとうを取ろうと言った、言い出しっぺは5才の長男。

「これはちっちゃいなぁ~」なんて言いながらしっかり探してたくさん見つけてくれました(^^)

帰って早速ふき味噌に。

めちゃうまにできた!!

と思ったのですが、やはり大人の味。

子供たちは、取るのは一生懸命ですが。。
この味が分かるのはもう少し先のようです。

いつか「これを食べないと春がきた気がしないな~」なんて思ってもらえるように来年もまた作ろうと思います(^^)

佳代でした~
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
祐也です

1月29日~2月12日までフランス イタリアにて
農家視察に行っています。

今回の旅の目的の一つはルタバカ セロリアック
の栽培を学ぶため。
現地コーディネーターも同行してもらい
農家さんを5件視察しました
{1425BE69-0BC5-432D-92E2-FF2E0CB1747E:01}

{74CB1B79-CE8B-47E3-9584-9950C62D05CF:01}

{FA62622F-A282-4C27-8F71-B5220DDD900D:01}

{E498C5B4-01B9-4CC1-AC10-E98D1F78ED24:01}

{8DCE050A-99F5-44B2-9CA2-EA25C751F25A:01}

{AB579094-AC56-438E-A978-E77286C77EC0:01}

{1404D7DF-AA1E-42D2-AE66-B37BA33500F8:01}

特にセロリアックの栽培特性は誤解してました。
今年の柴海野菜にもご期待下さい!


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
佳代です。1月も中旬ですね(^^)七草を食べ、かがみ開きもしたら、もうそろそろお正月気分は冷めてきましたが我が家ではまだおもちを食べています!

何故なら私がおもち大好きだから!!

本当に好きで毎食でもいいくらい好きです(≧∇≦)

こちらに嫁いで初めて搗き立てのお餅を食べたあの衝撃の日から私はお餅のとりこです。

それまでパックのお餅しか食べたことがなかった私は、自分で蒸して搗いたお餅がこんなに美味しいのか!
と驚きました。

なので毎年、年末に自家用と販売用に180キロのお餅をつくのですが、全く苦ではなく毎年楽しみにしてました(^^)

しかし!昨年末お義父さんから衝撃の一言が。

「今年からお餅つきはやらない」

がーん(°_°)

そんなのお餅好きな私には耐えられない!

「それならやらせて下さい!」

と昨年からお餅つきを任せてもらえることになりました(^^)

知り合いの「小さい農園」の小川さんの無農薬のもち米を使用し、白米のお餅と玄米餅をのしもちにしました。

もっと早くお知らせできればよかったのですが、バタバタしており、ブログではお知らせできず。。
昨年は宅配のお客様にたくさんご購入頂きました(^^)ありがとうございましたm(_ _)m

初めてついた玄米餅も美味で一安心。

今年の年末こそはブログでもお知らせします(≧∇≦)

そんな餅好きの私が食べているお餅レシピは。。
{B2B0C67E-9246-4B65-9DC9-26547EC3F02F:01}

お餅ピザ!

お餅って野菜をあまり食べられないイメージがありますが、ピザにすると結構なんでもいけます(≧∇≦)

あとよくやるのは大根のからみ餅(^^)
そして卵の黄身だけをからめた卵餅(^o^)

甘い系では甘さ控えめのあんこにかぼちゃジャムをのせたものが今年のヒットでした!

本当にお餅ってごはんにもおやつにもなるからだーい好き(≧∇≦)

まだ冷凍庫に控えているので小出しにして楽しみます!

佳代でした~

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、佳代です(^^)

今年の冬は暖かいですね~!

寒がりな私には過ごしやすくて有難いのですが、やはり野菜の冬の本来の美味さは寒さがあってこそ!!


小松菜などの葉物の成長が早すぎる!

縮みほうれん草が例年よりまだ甘みがのってない!

カブがどんどん大きくなってる!

など、野菜を出荷する方としてはやはり例年通りの寒さが恋しいです(ノ_<)


さて、カブの話しが出ましたが、カブは小さい程カブの回りの繊維が硬くなりにくく、食感が良いです。
丸のまま蒸したり、サラダや漬物には小さめがおすすめです(^^)

でも大きなカブを美味しく食べられる調理法もあります!

カブには皮から中心にむかって5ミリ位の所に繊維があるのですが、その繊維の部分を皮を剥く時に一緒に剥くと、トロッとした食感が美味しい味噌汁や煮物ができます!

{A010E7B1-21F0-4875-8C04-08B95F41C7B0:01}
皮を厚く剥いていくとガリっとした触感を手に感じます。その部分の下の方まで包丁を入れて剥く感じです。だいたい5ミリ位でしょうか。
{0C1653E7-168C-4ED2-80C2-F2E8C1ABF437:01}

皮を厚く剥いたカブの、その食感はまるでとろけるようで、1歳児のうちの下の子も夢中で食べます(^^)
煮物にする際は崩れやすいので大きめにカットがおすすめ。

皮はコリっとした食感を活かしてにんじんときんぴらに。

{95EE66E0-7390-4A78-B7B4-841B670C883A:01}

ぜひお試し下さい(≧∇≦)

佳代でした~!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。